ヒールが痛いなら対策を実践しよう!足の負担を減らす方法

ハイヒールが痛いと思う方は多いでしょう。働く女性が履く靴といえばヒールというイメージがありますが、合わないハイヒールほど足に負担をかけるものはありません。靴擦れ、外反母趾、偏平足などの不具合に負けずに、綺麗な足元と颯爽とした歩き姿や立ち姿をキープするための対策法をご紹介します。

ヒールが痛いなら対策を実践しよう!足の負担を減らす方法

痛い原因を知ってヒールと付き合おう!

大人の女性の靴といえばハイヒールが定番です。パブリックやビジネスの場でのイメージはもちろん、おしゃれなデザインの靴を選ぶとほとんどの場合かかとには高さがあります。ハイヒールを履く負担によって引き起こされる足の痛みに、皆さん内心悲鳴を上げたことがあるのではないでしょうか。

ハイヒールではなくスニーカーやぺたんこ靴でビジネスシーンに出られたら、ヒールが高くなくてもおしゃれな足元を演出できる靴があったら、と思ってしまうことは当然です。しかし、ハイヒールを履いてスタイリッシュな立ち姿や颯爽と歩く女性に憧れを抱くのもまた事実です。上司や恋人、世間の期待に応えてかっこいい女性でいたいなら、正しい靴選びを考えてみましょう。

ヒールを履くことで起こる様々な痛みや不具合の原因と影響を知り、予防と対策をとることで不自由なく履きこなしましょう!

ヒールを履くと痛い原因はこれだ!

ハイヒールを履いて過ごしていると、足が痛くなったり、ものすごく疲れたりします。短期的な痛みは靴が合わなかったり生地が硬かったりすることで起きる靴擦れであることが多いですが、疲れは中長期的に足と体全体に影響を及ぼします。

一晩靴を脱いで回復するものならいいのですが、ハイヒールを履くたび同じ疲労が蓄積することによって、靴擦れとはまた違った痛みや不具合へと変化していくでしょう。足に影響をもたらす不具合とその原因をまとめてご紹介します。

靴擦れ

靴擦れで踵を押さえているヒールを履いた女性

靴擦れはハイヒールでなくても起こりうる痛みで、原因は主に自分の足に合っていない靴を履いていることです。足と靴の間に摩擦がおきて裂傷や水膨れを引き起こし、ひどい時には靴の中が血まみれという事態になることもあります。また、靴擦れの痛みをかばって歩き方が変になると、腰痛など体の他の部分にも重大な不具合を引き起こす可能性もあります。

外反母趾

外反母趾はとても有名な症状で、苦しんでいる人も多くいます。足に合っていない靴を履き続けるなどの原因により親指が変形し、靴を履いた時に付け根部分が靴に圧迫されて痛みを覚えたり、親指の爪が他の指にあたり傷つけてしまったりすることになります。

ハイヒールの靴はつま先にかけて細くなっているものが多く、外反母趾の症状を悪化させる大きな要因になります。また、外反母趾の原因はかかとへの負担もあるので、体重の支えるバランスが不安定になるハイヒールは、かかとから始まっている足の骨にも悪影響をもたらします。

偏平足

正常な足と偏平足な足を解説したイラスト

偏平足とは、簡単にいえば足の裏が平たい状態です。本来、人間の足の裏には骨への衝撃を和らげる機能を持つ土踏まずがあるのですが、偏平足になっている方は足裏が平らになっているため負荷をダイレクトに受けることになり、とても疲れやすく痛みや違和感を常に抱えている状態にありがちです。

特に、ハイヒールは体の重心を取りづらくする形状なので、足の裏の筋肉を使った正しい歩き方が難しく、筋肉が徐々に衰えて偏平足になりやすくなります。

足底筋膜炎症

全体重を支える足の裏には、土踏まずの内側あたりに足底筋膜という腱があります。足底筋膜も足への負担を軽減する役割を担うばねの役割を果たしています。しかし、ハイヒールで歩くと足に負担がかかり、足底筋膜が傷つき炎症が起こります。ハイヒールで歩くことを控えなければ治まらず、悪循環になりやすい為とてもやっかいです。

足のむくみ

デスクワークをしている会社員の女性

朝は普通に履けていた靴が夕方にはきつくなってくるのも、足に起こるトラブルのひとつです。デスクワークや立ちっぱなしの仕事をしている方によくあらわれる症状で、ずっと同じ姿勢でいるせいで血の巡りが悪くなることで起こります。

ヒールを履いていると踵をずっと上げた状態になっているため、足の血流を促す役割のあるふくらはぎの筋肉がずっと緊張してしまいます。その結果、足に水が溜まってむくみが生じてしまうのです。

足の酷使が招く全身への影響

足に合わない靴、特にハイヒールを履き続けることで足だけでなく全身に悪影響が出てきます。正しい歩き方をせずにいると、足はもちろん膝や腰に大きな負荷がかかり痛みが出てきます。膝痛や腰痛をかばうことで姿勢や骨盤にゆがみが生じ、血行が悪くなることで冷えや重い生理痛を起こします。果ては、体型や顔のゆがみに繋がることも十分考えられます。

足に合わない靴、足に痛みを生じさせる靴を履き続けるということは、身体への悪影響を蓄積させることになるという事実を必ず理解しておきましょう。

足への負担を軽減する靴選び

外反母趾や偏平足にならない為には自分の足に合った靴を選ぶことが絶対条件ですが、足への負担が軽くなる靴選びはどうすべきなのでしょうか。好きなデザインだしサイズもいつも履いているものと同じだからといって、通販やお店で即決してしまうのはとても危険ですので避けてください。

靴選びのポイント

  • 履いた時につま先に少し余裕があるサイズを選ぶ
  • 革などの柔らかい素材を選ぶ
  • ヒールの高さは無理をしない(5cm程度)
  • ヒール部分が太めのものを選ぶ
  • 必ず両足を試着して歩いてみる
  • 出来れば昼~15時くらいに試着する

腕を組み微笑んでいるシューフィッターの女性

店によっては、足にあった靴を専門的な視点から見つけてくれるシューフィッターがいるところもあります。シューフィッターは足にあった靴選びだけでなく、足の痛みや不具合への対策にも詳しいのでぜひ相談してみましょう。

bumps-forsuit-icatch
スーツに合うパンプスの選び方!色・ヒール高さ・種類は?

おしゃれな靴とうまく付き合えるインソール

二枚重なったインソール

足に合ってないけどヒールを履きたいという方には、足への負担を軽くするインソールの利用をお勧めします。靴にオプションとして使われるインソール(中敷き)には、色々な種類や機能があるのでごく1部を紹介します。

  • クッションの役割をするもの
  • つま先へのすべり止めになるもの
  • かかとに貼ってぬげにくくするもの
  • 消臭機能があるもの

金額は幅広く、安い物だと100均で買えるものもあります。中には外反母趾の進行防止や疲れにくくなる、歩き方を補正するなどの機能をうたっている商品もありますが、効果のほどは人によります。

足を健康に保つ方法

ヒールの靴は負担があるといわれても、靴を履かずに生活できません。足の不具合が起きないようにするために、ケアの仕方を考えてみましょう。

足のケア1:ストレッチ

足への負担が起きると初めに血流の悪化が始まりますので、まずは生活習慣に簡単に組み込めるストレッチを紹介します。

足指のストレッチ

足の指でグーとパーを繰り返すイメージです。ギュッと力を入れて足指を丸め、指を思いっきり開いてパーを作ります。この動作を左右の足5回ずつ繰り返してください。

ふくらはぎのストレッチ

アキレス腱伸ばしをしている女性のイラスト

準備運動で欠かせないアキレス腱伸ばしが、ふくらはぎのストレッチにあたります。何度も屈伸するよりも、1回伸ばすときにぐぐっと体重をかけてじんわりほぐしていくと効果的です。ふくらはぎの裏側を意識して、少しだけ鈍痛を感じるくらい伸ばしてください。

足のケア2:マッサージ

マッサージもストレッチと同じ効果を狙って行うものです。特にむくみが激しい人は、お風呂の中などで出来るマッサージを取り入れると症状の軽減を期待できます。

土踏まずのマッサージ

足の裏の土踏まずに沿って、指の腹または第二関節部分で痛気持ちいいなと思えるくらいの強さでゆっくりマッサージしていってください。足の裏は多くのツボが集まっているところですので、過度な刺激は禁物です。また、食事後1時間は足の裏のマッサージは避けましょう。

足の甲のマッサージ

足の裏に両手の人差し指から小指まで、足の甲に親指がくるように包み込んでつま先から順番にもみほぐしてください。少し痛みを感じるでしょうが、マッサージに慣れていないだけですので優しくマッサージを続けて、くるぶしや踵の周りをほぐしましょう。自律神経を整える効果もあるので一石二鳥です。

最後に、新しい靴を履くときのケアもご紹介します。おろしたてで堅い靴はどうしても足の締め付けや摩擦が多くなってしまいますので、ドライヤーで熱を当ててみたり、形を崩さない程度にもむなどして柔らかくすることが予防策になります。

ヒール=痛いは間違い!颯爽と履きこなす女性を目指そう

ハイヒールの靴は足にとても負担がかかるものですが、痛みを我慢して履き続けては色々な不具合に悩まされることになります。ハイヒールを履きこなすカッコいい女性を目指しても、ハイヒールのせいで歩く姿や立ち姿が歪んでは本末転倒です。

足に合わない靴は身体に影響があるものだということを必ず念頭に置き、負担を少しでも減らすために自分に合った靴を選ぶようにしましょう。足に合う靴を履いていれば、綺麗な姿勢を無理なく出来るようになれるので、憧れるキャリアウーマンに近付くことになります。また1日ハイヒールを履いた後は、頑張った足のケアを忘れずに行うことも重要です。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ