体調管理の方法を覚えよう!生き生きと働く自分を作るには

「体調管理は社会人の基本」という言葉は、誰しも聞いたことがあるでしょう。しかしながら重要視される理由がわからないという新入社員も少なくないはずです。社会人にとっての体調管理の重要性ならびにその方法とポイントについて解説します。

体調管理の方法を覚えよう!生き生きと働く自分を作るには

体調管理が社会人にとって重要とされる意味

実際に言われた経験の有無を問わず、「体調管理は社会人の基本だ」、「体調管理もできないなんて社会人失格だ」といった言葉は誰もが知るところです。社会人なら当たり前に持ち合わせているはずのスキルとされている体調管理ですが、なぜそれほどまでに重要視されているのか、社会人にとって体調管理が重要とされる意味について考えていきましょう。

体調不良では仕事が進まない

心身が本調子でない日は、出社しても仕事が順調に進まないものです。体調不良の日は、普段は絶対に犯さないようなミスを犯してしまう可能性が一段と高まります。社員が本来の能力を発揮できないことは、会社にとっては損失となるため、各社員による体調管理が重要になってくるということです。

体調不良で欠勤すると仕事のスケジュールに響く

一人が倒れると他の社員にも影響が及ぶ

体調不良で会社を休むことになってしまうと、当然その日にこなさなければならなかった業務が後ろ倒しになってしまったり同僚にカバーしてもらわなければならなくなったりします。大切な商談などアポイントメントがある場合は、ビジネス相手のスケジュールも台無しにすることになるのです。

体調管理をおろそかにして会社を休んだ場合、自分は言うまでもなく周囲の人の仕事のスケジュールにも悪い影響が出てしまったり迷惑をかけたりするということが、「体調管理は社会人の基本だ」と言われる最たる所以です。

体調管理ができない人は仕事の自己管理もできない

チームで取り組む業務であれ、個人で取り組む業務であれ、社会人として仕事をするには業務の進め方やスケジュールなどの自己管理ができるスキルが必須となります。体調管理が十分にできない人は、体調を崩した際に仕事に影響が出ることが想像できていない人物であるとみなされても仕方がありません。つまり、体調管理ができない人は仕事の自己管理もできない人であるということです。

体の調子を整える体調管理のポイント

体の調子が良くないと、仕事に差し障りがあります。毎日元気に仕事に取り組むための、身体の体調管理のポイントについてご紹介します。

毎日、十分な睡眠をとる

職場で欠伸する社員

睡眠は健康の基本です。体調管理をするためには、十分な時間の質の良い睡眠を毎日とることが不可欠です。とはいえ、残業で帰宅が遅くなったり、同僚と飲みに行ったり、社会人にとって毎日一定の時間に就寝し、十分な睡眠をとるのはきっと困難でしょう。

「睡眠不足はいつの間にか身体をむしばんでいく」ということを自分に言い聞かせて、ベッドに入ったらスマートフォンをチェックせずにすぐに眠るなど、質の良い睡眠をとることを心がけてください。

栄養に偏りのない食生活を送る

食生活は健康にとってとても大切です。学生時代に家族と住んでいた場合は、お母さんが毎日食事を用意してくれていたという人が大半でしょう。しかしながら社会人になると、付き合いで外食が増えたり、残業で帰宅が遅くなり、カップラーメンに頼ってしまったりしがちです。

学生時代から一人暮らしで自炊生活に慣れている人は、社会人になってから生活に大きなギャップがないかもしれませんが、社会人になると同時に一人暮らしをスタートさせた新入社員は、食生活が急激に悪化して体調を崩すというパターンが非常に多く見受けられます。

偏食を止める

いきなり毎日お弁当を作り、毎晩自炊をするという生活は難しいので無理をする必要はありません。コンビニやスーパーの総菜であっても、野菜が多いものを選んだり、油の多い総菜を夜遅くに食べないようにしたりするなど、心がけしだいで栄養の偏りをできるだけ減らすことができます。

体調管理をするにはどのような食生活がよいかを自分でよく考え、できることから始めていきましょう。

手洗いとうがいを実行する

風邪をひきやすい人は、「手洗いうがい」という体調管理の基本中の基本である行いが普段から十分にできていないことがほとんどです。もしも子どものころから手洗いうがいの習慣が身に着いていないのであれば、社会人である責任として一念発起してその習慣を正してください。

腕に注射を打つ

インフルエンザはかかってしまえば長期間会社を休まなければならなくなります。同僚にもうつしてしまうおそれがあり、大変迷惑です。しかしながら、不特定多数の人がひしめく満員電車での通勤や、数多くの社員が詰め込まれたオフィスで一日中過ごすとなると、いくら注意をしていてもどこから感染するかわかりません。

そのため、個人で実行できるできるかぎりの予防策として、インフルエンザワクチンは毎年接種することをおすすめします。

精神の体調管理のポイント

体調管理は、身体だけのためのものではありません。心身の調子が整ってはじめて「健康」であると言えます。精神も元気でなければ、仕事に前向きに取り組むことはできないでしょう。ここでは、精神の体調管理のポイントを解説していきます。

いつも睡眠を十分とる

睡眠は、身体の健康のみではなく、精神の健康にとっても最も大切であると言えます。毎日、十分な時間かつ質の良い睡眠をとることは、体調管理をするために不可欠です。睡眠不足の状態では、頭もよく回らず仕事のミスも出てきがちです。「最近心が疲れているな」、「やる気が起きないな」ということを感じたらまず、十分な睡眠をとれているか自問自答しましょう。

睡眠アプリのおすすめをビジネスマン15人にリサーチ!

仕事の悩みを相談できる人を見つける

先輩社員に相談する女性社員

新入社員に悩みはつきものです。年齢の近い先輩社員で、仕事の悩みを相談しやすそうな人がいればいいですが、そのような恵まれた環境にいる人ばかりではありません。

おすすめなのは、社外の人で愚痴や悩みを相談できる相手を見つけることです。いくら信頼できる人であっても、同じ会社の人には言いにくいことがあったり、万が一話が漏れて社内での自分の立場が危うくなってしまったりする可能性もゼロではないからです。

仕事でたまったストレス発散の手段を見つける

休日に身体を動かしたり、没頭できる趣味を見つけたりするなど、仕事のストレスを発散させる自分なりの手段を見つけることは、精神の体調管理にとって大変重要です。

仕事に疲れたときのストレス解消法7つ

完璧を目指さない

新入社員の頃は、何もかもがわからないことばかりで、常に気を張っているような状態となっていることでしょう。「同期の新入社員があんなにできているのになぜ自分はできない?」などと、自分を責めてしまうこともあるかもしれません。

最初から完璧を求めて頑張りすぎると、どこかで心が折れてしまうおそれがあります。客観的な視点を持って、「でも今日はこれができるようになったから進歩した」といった、前向きな考え方にシフトチェンジしていきましょう。

体調を崩した場合はどうする?

電車の吊革につかまりながら目を閉じる男性

いくら体調管理に気を配っていても、仕事中に熱っぽくなってきたり、朝起きたときに身体がだるかったりすることはあります。そのようなときに、社会人としてどのような行動をとるべきかについてまとめました。いざというときに焦ることがないよう、頭に入れておきましょう。

病院を受診する

勤務中に寒気がしてきたり、熱が出てきたりしたときは、昼休みなどの休憩時間を使ってオフィス近隣の病院を受診しましょう。急な発熱はインフルエンザなどの感染症にかかっているおそれもあるので、自己判断で市販薬を飲んで出勤し続けるのは危険です。

病院へ行って、医師の診断を受けることを心がけましょう。受診したうえで医師に処方してもらった適切な治療薬を飲めば、回復も早くなります。

定時で退勤する

パソコンのモニターの前で頭を押さえ目を閉じる女性社員

体調が悪いときに無理は禁物です。残業が常態化している人は定時に退社しましょう。もちろん、著しく体調が悪いときは早退すべきです。

病気まではいかなくとも、「少し体調が悪いな」「身体がだるいな」というときに定時退社をして、しっかりと身体を休めることで、本格的に体調を崩してしまうことを防ぐことができます。適切なタイミングで身体に休養する機会を与えるようにしましょう。

いかに早く体調を回復させるか、どうすれば健康になるかを考えて行動することが、社会人に求められている体調管理であるということです。

どうしても辛い時は無理をしないで休暇を取る

風邪をひいているときに出勤し続けて同僚にうつすのは社会人失格です。また、無理をして出勤して体調を悪化させ、結果として長く休まざるをえなくなってしまうのも社会人として最悪のパターンです。

どんなに重要なアポイントメントがあったとしても、会社に自分の代わりになってくれる人は必ずいます。どうしても体調が優れないときは無理をせずに休暇をとるのも体調管理の方法のひとつとしてありです。

順調な社会人生活を送るために体調管理の方法を身に着けよう

社会人生活を順調に送るためには体調管理が重要です。体調管理は働くためだけではなく、未来の自分の生活の質を左右するものです。体調管理の方法を身に着けることで、バリバリと思う存分働き、年齢を重ねていってもいきいきと元気に過ごせる自分を作っていきましょう。