仕事で気分が落ち込む自分を立ち直らせる対処法

仕事で気分が落ち込むことは珍しくありません。ですが、そういった時にどうやって立ち直るかが問題でしょう。自分の気持ちを立て直すためにはどうしたら良いのか、落ち込んだ時に気分転換する対処法について詳しくご紹介していきます。

仕事で気分が落ち込む自分を立ち直らせる対処法

仕事が原因で気分が落ち込むことは珍しくない

ベンチで頭を抱えるスーツ姿の男性

仕事で気分が落ち込んでしまうということは、誰もが身に覚えがあるでしょう。仕事はいつもうまくいくとは限りませんし、自分の思うように物事が進むことが続くばかりではありません。そうなれば、落ち込むことは自然なことであると言えます。大切なのは、落ち込んだ時にどうやって立ち直るかということなのです。落ち込んでしまっても、そこで立ち止まらないようにすることが大事なのだということを忘れないでください。

仕事で気分が落ち込んだ時にはどうやって立ち直ると良いのか

仕事で気分が落ち込んでしまったら、まずは対処法を考えていきましょう。沈んでしまった気持ちを立て直すためには、自分が今、何ができるか、どうやって気分転換するかということを冷静に考えるべきだと言えます。

仕事で気分が落ち込むようになってしまった理由を考える

虚空を見上げる男性の後ろ姿

仕事で気分が落ち込む、と言っても、何となく落ち込むこととハッキリした原因があって落ち込むのは対処法が全く異なります。ですから、自分が落ち込んでいるのはなぜなのかという理由を考えるところから始めるべきでしょう。

例えば仕事で大きなミスをしてしまったという場合には、それを取り戻すように働く気持ちを持たなければいけません。確かに大きなミスは心にくるものがありますし、周囲からの視線も厳しいものとなります。苦言を呈されることもあるでしょう。ですが、それを挽回できるくらいに働こう、と考える他にないのです。

また、小さなミスが重なってしまったことが原因で落ち込んでしまったのであれば、失敗は誰にでもあることだと前向きに考えましょう。ミスをすることで深く落ち込んでしまうのは、自分が仕事に真摯に取り組んでいる証です。決して悪い事ではありません。

何となく気分が落ち込むようなら自分は低迷期にいると考える

落ち込む理由がわからず、ただ仕事で気分が落ち込むようになってしまったという時には、自分が低迷期にいるのだという自覚を持つことが大切です。仕事は常に好調を保っていられるわけではありません。決め手となるような何かがなくても、日々のじわじわとしたストレスで元気を奪われるということは珍しくはないのです。

一番いけないのは、気分が落ち込むことに対して嫌悪感を抱いてしまい、更に落ち込んでしまうという負のループに陥ることです。気分が落ち込むことは決して悪いことではないという認識を持ってください。

仕事のミスが原因で落ち込んだ時には繰り返さない対策を考える

こめかみに手をあて考える男性

仕事のミスが原因で落ち込んだ時には、同じミスを繰り返さないために対策を考えることも忘れてはいけません。落ち込む原因となってしまったミスのことを考えるのはあまり気が進まないでしょうが、きちんと向き合っておかないと、また同じことを繰り返してしまう可能性があるのです。

どうして自分がそのミスを犯してしまったのか、自分だけに責任があるのか、やり方は正しかったのかなど、確認しておくべき点は多々あるでしょう。仕事のミスの原因を的確に分析することで、次に繋げることができることは間違いありません。

そして、必死に原因を探ることによって、知らず知らずのうちに落ち込んでいる気持ちを払拭することもできるでしょう。気分が落ち込んでいる時は、どうしても暗い気持ちだけを見つめがちです。ですから、他のことに目を向けることによって、落ち込んだ気持ちを追い出す効果を期待することができます。

また、仕事のミスについて考えるのであれば、メモに原因と対策を書き出すことを忘れないようにしておきましょう。それを仕事中にいつでも見られる状態にしておいて、こうすればミスを防げるのだな、と間違わないように気をつける癖をつけるのがベストです。文字に起こすことは考えることの整理にも役立ちますから、仕事のミスについて掘り下げるためにはメモは必須アイテムです。

信頼できる人に相談するのも立ち直る方法のひとつ

下あごに手をかけ首を傾げ斜め上を見上げる男性

仕事で気分が落ち込むことがあったら、信頼できる第三者に話を聞いてもらうのも良いでしょう。この時、茶化したり、馬鹿にしたりして、自分の話をきちんと聞いてくれないだろうと思うような人を相手にしてはいけません。本当に気分が落ち込んでいるのであれば、ただの飲み友達ではなく、きちんと話ができる相手を選びましょう。

どうしたら良いか、という質問をして、的確なアドバイスをもらえるかどうかは相談相手の立場や、その時の状況にもよるでしょう。ですが、話を聞いてもらえるだけで気持ちは格段に楽になることは間違いありませんから、とりあえず話すことだけを目的として相談してみてください。

誰かと話すことは、自分が思っている以上にストレスを発散し、気持ちを軽くしてくれるものです。仕事で気分が落ち込むことがあったら、相談するという選択肢を作っておくことをおすすめします。

仕事で落ち込む気持ちを忘れられるような趣味に没頭する

ギターを弾きまくるスーツ姿の男性

落ち込む気持ちは、忘れることを目標とするのが一番良いでしょう。ですから、仕事で落ち込んでいることを忘れられるほどに没頭できる趣味を見つけると、仕事で落ち込んでも比較的早く立ち直ることができるようになります。

特に趣味がないという人は、今からでも趣味を見つけてみてください。色々なことに手を出してみると、意外と自分に合うものが見つかるものです。敬遠していたようなものでも、やってみたら楽しかった、ということはままあることでしょう。

アウトドア派の人はゴルフや登山、インドア派の人は読書や映画鑑賞など、好きなものがひとつもない人というのはいないですから、何らかの趣味を見つけて、落ち込む気持ちを上手に忘れられるようにしていくことが大事です。

仕事で落ち込んでも、この趣味があるから何とかやっていける、という域にまで達してしまえれば、十分強い気持ちで仕事に臨めるようになるでしょう。

社会人におすすめの6つの趣味と選ぶポイント

ヒーリング効果のある音楽を聴く

ヘッドフォンをかけ横たわる男性

ヒーリング効果のある音楽を聴くことも、仕事で落ち込む気持ちから立ち直る時に役に立つ方法の一つです。音楽を聴き、癒されることによって疲れを取り、リラックスした状態で0からやり直す気持ちを取り戻すという効果が期待できます。

ヒーリング効果のある音楽としては、ゆったりとしたジャズやクラシックなどが良いでしょう。また、そういった音楽だけではなく、波の音や雨の音などもおすすめです。雨粒がさまざまなシチュエーションで色々な物にぶつかる音を再現したアプリを無料でダウンロードすることもできるので、雨の音に癒されることが多いという人はぜひ試してみてください。

音楽には癒しだけではなく、気分転換の効果も期待できます。お気に入りの曲を聴いて元気を出したり、気を取り直して頑張ろうと気持ちをリセットしたりと、自分の中で変化を感じることができるでしょう。

睡眠時間を多めにとるようにする

仕事で気分が落ち込んだ時は、睡眠時間をいつもより多めにとるようにしてください。思い悩んでしまうと、どうしても眠れなくなってしまいがちですが、睡眠不足は気分を憂鬱にする原因のひとつです。睡眠時間が足りていないと、頭の回転も鈍ってしまいますし、仕事でのミスを引き起こしてしまう可能性も高くなります。

睡眠を多くとることは、落ち込む気持ちを緩和する方法のひとつとしてとても有効です。睡眠によって疲れた脳を休めることで、疲れを癒すことができることは言うまでもありません。ですから、できるだけ質の高い睡眠をとることができるように心がけましょう。

仮眠を繰り返すようなことは決してしないようにして、7~8時間の睡眠をとれるようにしてください。ぐっすりと、深く眠れるようにしないと、体にはだるさが残ってしまいますし、頭にもぼんやりと霞みがかったような気持ち悪さがまとわりついてしまいます。連続した睡眠はとても重要であるということを強く意識しておいてください。

適度な運動は仕事のストレス解消に効果的

運動する男性

仕事で気分が落ち込むことがあったら、運動をしてみることも良いでしょう。適度な運動はストレス解消にとても効果的です。特にデスクワークが多く、あまり日常的に運動する環境になかったり、体を動かすことから離れていたりする人には、運動はおすすめです。

とはいえ、ジムに通ったりするのはお金がかかってしまいますし、ハードルが高いという点から気が引けてしまうという人も多いでしょう。そういった人には、ジョギングやウォーキング、家の中でできる軽い筋トレやストレッチなど、簡単な運動をおすすめします。

ネット上にはさまざまな筋トレプログラムが公開されていますから、これなら自分にもできる、と思ったプログラムを試してみるのも良いでしょう。お金をかけなくても色々な運動をすることができるのが、メリットであると言えます。

運動に抵抗がある人も、一度体を動かしてみると、意外と気持ちがすっきりするものだということに気づくでしょう。動き終えた後に、なんだか落ち込んでいた気持ちが軽くなっていた、という経験もできますから、ぜひ試してみてください。

美味しいものを食べて精をつける

大きなサブマリンサンドに食らいつく男性

仕事で気分が落ち込むと、あまり食欲がなくなってしまうということもあるでしょうが、落ち込んでいる時だからこそ好きなものや美味しいものをたくさん食べて精をつけましょう。いつもは行かないような少し高級なレストランで食事をとってみたり、好きな料理を心ゆくまで食べてみたりしてください。

また、自分で料理をするのが好きだという人は、とっておきの品を作ってみるのも良いでしょう。料理をすること自体がストレス解消に繋がりますし、作った料理を食べることも気持ちを明るくしてくれるため、まさに一石二鳥であると言えます。

美味しいものを食べることによって、元気になることができるというのは、一見単純なように思えるでしょうが、決して的外れなことではありません。自分の好きなものを思うがまま食べれば、気分が上向きになるのは実に自然なことです。

ですから、仕事で気分が落ち込むことがあったら、できるだけ美味しいものを食べるようにしてください。カップ麺などで食事を済ませるようにしてしまうと、体調にも支障をきたしてしまいます。気分が落ち込んでいると、体調も崩しやすくなってしまいますから、精神面と身体面の両方からしっかりとケアをしていく必要があります。

休暇をとって仕事を忘れることも重要である

山に向かって歩く男性のシルエット

どうしても落ち込んだ気持ちを拭いきれない場合は、思い切って会社を休み、休息をとることも重要です。重い気持ちを引きずったまま仕事をしていても、良い結果に繋がるわけはありませんし、また落ち込むようなことを招いてしまう可能性もあります。

休暇をとったら、思い切り好きなことをしましょう。この時に大切なのは、休暇をとったことに対して後ろめたさを感じないことです。休暇をとってしまった、という意識があると、せっかくの休みが台無しになってしまいます。

休暇を存分に活かすためにも、仕事のことは一度全て忘れましょう。そしてまた明日から頑張ろう、と気持ちを切り換えるように心がけられれば、休暇をとったことは成功したと言えます。

リフレッシュ休暇の取得経験者14人に過ごし方を聞いてみた!

小旅行に出かけるのも良い気分転換になる

秋の林に立つスーツ姿の男性

仕事で気分が落ち込むことがあった時には、近場に旅行をしに行くのもおすすめです。温泉に入るのが好きだという人は、それを目的とするのも良いでしょう。旅行は気分転換の代表とも言えます。新鮮な空気を吸って、いつもとは違う風景を見ることによって、塞いでいた気持ちが晴れていくことは間違いありません。

ずっと行ってみたかった場所に行ってみるのも良いですし、旅行と言えば自分の中ではここと決めている、という場所に行くのも良いでしょう。人の役に立てるボランティアに参加してみるのもいいです。じっと家に閉じこもっているよりも、外に出て解放感を味わった方が精神面において健康になれます。

ボランティア休暇制度とは?会社を休んでやってみた体験談10

旅行の思い出を糧に仕事に打ち込むこともできるようになる、という効果も期待できます。ですから、旅行中はなるべく色々なものを見たり、さまざまなものに触れたりして、思い出作りに全力を投じてください。

仕事で気分が落ち込んでも立ち直って前に進めるようにしよう

草原でオフィスチェに座りながら両手を広げる男性の後ろ姿

仕事で気分が落ち込むことはつらいことで、なるべく避けたいことですが、残念ながら経験せざるを得ないと言えるでしょう。ですから、落ち込んでもそこで立ち止まらないようにする方法をあらかじめ考えておくことが大切だと言えます。仕事で気分が落ち込んでも、自分には次があると奮い立たせることができれば、前に進むのはそれほど難しいことではないのです。落ち込んだ時にどのような方法で立ち直れるのかをしっかりと考えて、自分のために強い気持ちで進んでいきましょう。