会社の飲み会で出た料理は?新米幹事必見のメニュー選びのコツ

飲み会で出る料理は様々です。会社の飲み会に参加した経験がある皆さんに、どんな料理を食べたのかを聞きました。幹事を頼まれた新入社員は大勢で食べられる鍋ものや大皿メニューがいいのか、コース料理か単品料理かなどについても調べながら、お店・料理を選ぶようにしましょう。

会社の飲み会で出た料理は?新米幹事必見のメニュー選びのコツ

会社の飲み会で出る定番の人気料理

和食、洋食、中華料理と選ぶお店のジャンルによっても、人気の定番料理は違ってきます。

新入社員歓迎会や忘年会、新年会などの飲み会でいつも出てくる定番料理を飲み会参加経験者15人に聞いたところ、次のような結果になりました。

  • から揚げやポテトフライなどの揚げ物
  • 枝豆
  • サラダ
  • お刺身の盛り合わせ
  • ステーキや焼肉
  • しゃぶしゃぶ
  • 鍋料理

今回の体験談では1人で複数回答してくれた人も多かったので、主なものをピックアップしましたが、中でも飲み会料理として多かったのは、から揚げ、枝豆、お刺身でした。どれも酒の肴にぴったりのメニューです。

会社の飲み会で食べた料理で一番のお気に入りは?

会社の飲み会でいつも出てくる料理が一番好き!という人もいれば、そうでない人もいます。飲み会で食べた料理の中で一番美味しかったお気に入りメニューを見てみましょう。

「皆の好きなメニューは何?」と考えている幹事役の新入社員は、以下の人気メニューを要チェックです。

肉料理

ジンギスカン

肉料理では、お気に入りとしてジンギスカンやしゃぶしゃぶが挙げられました。大勢でジンギスカンやしゃぶしゃぶの鍋を囲み、わいわい言いながら食べるのは、その楽しい雰囲気も相まって、より美味しく感じるものです。

また、このような肉料理は飲み会で飲むことを楽しみたい人にとっても、お腹を満たしたい人にとっても満足できる料理ではないでしょうか。

魚料理・鍋料理

魚料理では、お刺身の盛り合わせや旬の魚を使った鍋料理などが人気です。海に面しておらず新鮮な魚が手に入りにくい土地出身の人などは、会社の飲み会で食べたお刺身の味に感動することもあるでしょう。

お刺身・焼き魚

お刺身

飲み会でのお気に入り料理として、お酒とも相性抜群のお刺身も好まれています。自分の好きなものを選んで食べられる数種類のお刺身の盛り合わせは、飲み会料理の定番中の定番です。

また、焼き魚も人気があります。生ものが苦手な人でも焼き魚なら美味しく食べられるでしょう。

ふぐ料理

体験談では、飲み会の会費がいつもより高かった時にふぐ料理を堪能したという人もいました。お刺身、鍋もの、お寿司、雑炊、から揚げなどふぐ料理には様々な種類があり、ふぐの美味しさを存分に味わうことができます。

鍋料理

ちゃんこ鍋

大人数でにぎやかに食べられるものという点では、鍋料理も飲み会メニューとして人気です。入れる食材によって色んな味を楽しめるのも、鍋料理の良さと言えるでしょう。

飲み会の際は鍋奉行がいると助かりますが、嫌われない鍋奉行になる人は「直箸をしない」「食べられないものを聞く」「仕切りすぎない」などのマナー・心配りを忘れないようにしたいものです。

お米料理

会社の飲み会は夕飯タイムに行われることも多いため、行ったお店で夕飯を済ませようと思う人もいるでしょう。また、あまりお酒を飲めない代わりに、食べることを楽しみたいと考えている人にもお米料理は好まれます。

カレー

飲み会ではお店によって、カレーが出される場合もあります。体験談にも「飲み会にカレーが出るのは珍しく、とても美味しかった」との声が聞かれましたが、実際のところ飲み会にはあまり適さない料理かもしれません。カレーは冷めると味が落ちてしまうので、会話を楽しみながら食べるのには不向きと言えるでしょう。

パエリア

パエリア

鮮やかな見た目とボリューム感でインパクトが大きくて飲み会での話のネタにもなり、みんなで盛り上がることができます。魚介類がたっぷり使われているパエリアは、お酒にもよく合います。お酒を楽しみたい人、ご飯を食べたい人双方の希望が叶えられる料理がパエリアではないでしょうか。

お茶漬け

飲み会の料理と言えば、から揚げやフライなどの脂っこいものが多くなりがちです。何かさっぱりしたものを食べたいと思った時に出されると嬉しいのが、お茶漬けです。その中でも、家ではなかなか食べる機会がない鯛茶漬けなど少し高級感のあるものだと、気分も上がります。お茶漬けは、お酒のシメとしても適しています。

会社の飲み会にふさわしい料理はこれ!

会社の飲み会でいつも出される定番料理や今まで食べた中で美味しかった料理が、必ずしも飲みの場にふさわしいものとは限りません。

幹事役の新入社員は、お店のおすすめ料理や参加者のだいたいの食べ物の好みなどをリサーチするほか、飲み会にふさわしい料理についても知っておくことが大切です。

ここで、会社の飲み会にふさわしい料理選びのポイントを紹介するので、幹事を引き受けたものの、お店やメニュー選びに悩んでいる新入社員はぜひ参考にしてください。

から揚げなどの気軽につまめる料理

会社の飲み会の目的は、お酒や料理を楽しみながら社員同士の親睦を深めることです。ですから、会話のしやすさを重視しなければいけません。

そのため、皮をむいたり焼いたりなど、食べる前に何かひと手間必要なものではなく、から揚げやポテトフライなどのようにそのまま気軽につまめるものをおすすめします。話に夢中になり少し冷めてしまっても、美味しく食べられる料理を選びましょう。

焼肉や鍋ものなどの大勢で一緒に食べられる料理

鍋料理

大勢でにぎやかに食べられる料理を選ぶなら、焼肉や鍋ものが良いでしょう。大きな鉄板や鍋などを一緒に囲むだけで、何となく楽しい雰囲気になるものです。

特に鍋ものを飲み会料理に選ぶ場合、上手に仕切ってくれる人も見つけておきましょう。鍋奉行として適当な人が見つからない時は、スパッと諦めて他の料理を選び直すという手もあります。

大皿料理より取り分け不要の個別コース料理

小皿のサラダ

会社の飲み会では、大皿料理が出されることも少なくありません。しかし、取り分け係が誰になるのか、最後に少しだけ残ったものを誰が食べるのかなどの問題で、大皿料理を嫌う声も聞かれます。

そのほか、単品料理を選ぶ際なども、同じテーブルに着いているメンバーの好みをある程度聞きながら注文しなければいけません。

大皿料理の取り分けや、単品メニューの注文時に他の人の好き嫌いも聞くなどといったことに大変さを感じる人もいることを考えると、個別のコース料理が良いでしょう。個別コース料理であれば、取り分けや食べ物の好き嫌いを把握するなどの気遣いが不要になります。

お店選びの際には個別コース料理の有無、コースで頼める場合はその内容も確認しておきましょう。

会社の飲み会で食べた料理の体験談

会社の飲み会に参加経験のある皆さんは、どんな美味しい料理を食べたのでしょうか。会社の飲み会で食べた料理の体験談を紹介していきます。幹事に抜擢された新入社員は、飲み会のメニュー選びにお役立てください。

私の会社の飲み会メニュー

メイ(29歳)


フライドチキン

医療職勤務で、3年半勤めています。私の会社では新年会や忘年会を含め、飲み会が多いほうです。

飲み会によって、料理のコース内容は変わってきますが、私の勤めている会社の飲み会の定番料理は、揚げ物やサラダ、焼き物です。立食形式の飲み会の場合は、揚げ物やサンドイッチなど簡単につまめる料理が多いです。揚げ物は特に唐揚げやポテトフライが多いです。会社の飲み会で、一度カレーが出てきたことがあります。飲み会でカレーなんて、なかなか出てきたことは無かったのですが、とても美味しく気に入ったことを覚えています。

でも、会社の飲み会として、カレーはあまりふさわしく無かったと思います。冷えてしまうと美味しくないし、話しながら食べるには適していなと思います。やはり飲み会には、気軽につまめるような唐揚げ等の揚げ物や焼き物が適していると思います。

いつも変わりない、飲み会に一番に出る料理

バビ(57歳)


以前の事となりますが、通信販売会社で企画の仕事をしていて勤続年数は7年ほどでした。

飲み会でいつも一番に出てくるのは枝豆で、その後に造りなどが続いて出てきます。枝豆で呑み助は一時間ほど時間が経ってしまいますし、お酒があれば何も要らない人が多いのもその要因です。

僕に関してですが、一番気に入った料理はやっぱり鍋料理です。ですが、時間を見計らって具材を煮ていかなくてはならないために、鍋奉行が必要になってきます。

飲み会にふさわしい料理は一人ひとりに別々にコース料理が出てくるタイプが良いと思いました。鍋奉行みたいな人も必要ないですし、お酒とおしゃべりに熱中できますので。魚料理などの熱い内に食べないといけない物ではない、時間がもつ料理が良いと思います。

会社の飲み会には米料理が良い

ルイ(33歳)


鯛茶漬け

私は、保険の営業の仕事をしています。現在この仕事をして6年です。

私の会社でよく出る定番の料理は、ステーキです。ある程度会社から決められた目標を達成すると、そのご褒美に肉というパターンが毎回恒例になっています。

しかし、私が今までの会社の飲み会で一番気に入った料理は鯛茶漬けでした。なぜかというと、あまりに高級なステーキ肉は、一般庶民である私の口にはあまり馴染みがないからで、それよりもちょっと普段よりも美味しいお茶漬けの方がほっとするからです。

ですので、会社の飲み会にふさわしい料理は、日本人なら誰でもなじみのある米料理が一番ふさわしいと思います。米を食べればすぐにお腹いっぱいになって、会社の付き合いの飲み会もダラダラと長引かないので良いと思います。

飲み会で食べた料理について

さくらの花(43歳)


職業は会社員(事務職)で勤続年数は13年になります。

会社の飲み会でいつも出る定番の料理は、お刺身の盛り合わせです。私が一番気に入った会社の飲み会の料理は、からすみです。

会社の飲み会にふさわしいと思う料理は、刺身の盛り合わせと焼き鳥の盛り合わせだと思います。理由をざっくり言いますと、魚、肉と両方あるので片方が苦手な人でもどちらかを食べられるので。

お刺身の盛り合わせは何種類かあるので、好きなものを食べることができますし、同じように焼き鳥の盛り合わせいろんな種類があるので、自分の好きなものを選んで食べることができます。また盛り合わせでなくても、単品を注文すれば好きなものが食べられるのでいいかと思います。

個別のコース料理が良い

取り箸(40歳)


コース料理

サービス業界に勤めて6年です。

飲み会での定番は色々ありますが、やはり刺身が一番大変多いと思います。今までの料理の中で、もう一度食べたいと感じたのは珍しいヤガラの唐揚げピリ辛ソースでした。一口大に切られた身に大葉を一緒に巻いて揚げていて、さっぱり味のふっくらの身にチリソースが絶品です。

やはり会社の飲み会では個別に出されるコース料理が最適だと思います。気を遣い自分自身もまともに食べられず、上司の好みもどれを食べるかも分からずに料理を取り分ける部下の気持ちを考えると、個別に料理が確定していれば安心して食べられるし、会話も楽しめて皆の満足感が増すと感じます。

食べ方は人それぞれ違いますし、マナーもあります。楽しい食事が揉め事にならない為にも、取り分けタイプの料理は避けたいと思います。

会社の飲み会の料理について

なおみ(34歳)


事務職で勤続年数は5年です。

会社の飲み会で出る定番料理といえば、唐揚げやお店の名前のついたサラダですが、私が一番気に入った会社の飲み会の料理はふぐ料理です。その時は会費が少し高かったのですが、刺身や鍋が出てきてシメの雑炊がおいしかったです。

会社の飲み会にふさわしい料理は、鍋料理だと思います。理由としては、会社の飲み会はこれからも一生懸命仕事を頑張っていこうという確認の場所でもあると思うので、同じ鍋をみんなでつつきながら同じものを食べれば、仲間意識というのが芽生えてくると思うからです。

また、会社はいろいろな年代の人が勤める場所でもあるので、かわった料理だと年代によって好き嫌いがあると思いますが、鍋料理を嫌いな人は基本的にはいないと思うからです。

職場の飲み会での料理

ばーば(38歳)


看護師で、勤続年数は17年です。

職場で開かれる歓送迎会の他に、気の合った職場の友人達と月に1回飲み会をしています。飲み会での定番料理は、サラダ、お刺身、空揚げ、出汁巻き卵、どて、締めのチャーハンです。これらはメニューにあれば、私や他の人が必ず頼んでいます。

私が、一番気に入った飲み会の料理は、「ホッケとホタルイカの刺身」です。海なし県に住んでいるので、すごく新鮮な刺身はなかなか口にできません。いつもホッケは焼き魚で、ホタルイカはボイルしたものです。たまたま、すごく新鮮なものが入ったとの事で、店長さんが刺身を出してくれました。その日の友人達との飲み会は送迎会も兼ねていたため、いつもよりも特別だったので、余計うれしかったです。もちろん、とてもおいしかったです。

飲み会にふさわしいと思う料理は、出汁巻き卵です。私の周囲の友人たちは、みんな好きです。全員が好きな料理を食べて「おいしい」と言い合えると、一体感が沸きます。また、ビールやサワーなどの冷たいお酒の間に、温かい出汁巻き卵を食べると、ほっとします。お店の人が人数分に切り分けてくれるので、平等に食べられるのが良いです。

わたしの職場はいつもビール園

ゆっちょん(25歳)


4年目の理学療法士をしています。

会社の飲み会でいつも出る料理は、ジンギスカンとしゃぶしゃぶです。わたしの職場では年に一度の新人歓迎会は必ずビール園で行います。新人さんを含め仲間たちと食べる焼肉やしゃぶしゃぶは格別です。

色々な料理がある中でジンギスカンとしゃぶしゃぶが会社の飲み会にふさわしいと思う理由としては、やはり大人数で囲んで箸をつつきあうことで普段話さないようなプライベートな話をして打ち解け合うことで、仲間意識が高まると思うからです。

肉も野菜も一緒に取れるため栄養バランスもいいですし、一度に大量に出来上がるのでみんなで平等に分けられて、遠慮なく好きなだけ食べられるところも良いと思います。

料理は脇役で

ベンジャミン(39歳)


パエリア

不動産業を7年している者です。

会社の飲み会でいつも出る定番料理は、枝豆でしょうか。中華や和食のお店で飲む際にも、おつまみとして枝豆は幅広い人気がありますね。

一番気に入った会社の飲み会の料理名は、パエリアですね。ご飯ものですが、見た目もいいですし、その大きさに盛り上がります。魚介類がたくさん入っていますので、どんなお酒にも合いますね。

会社の飲み会にふさわしいと思う料理は、これといって具体的ものは思い浮かびませんが、強いて言えばインパクトがあるものと味の濃いものですね。飲み会ではお酒を飲むことが目的なので、料理は脇役としてとらえています。インパクト大であれば、話のネタになりますね。盛り上がるほうが楽しいですし。味が濃くないと、お酒がおいしく感じません。

会社の飲み会の料理

さかな(27歳)


私は通信制高校の教員です。勤めて5年目になります。

飲み会は決まった店で行わないので、決まった料理は出ないです。しかし、有志が勝手に開いているので、焼き肉や手作りの飲み会もよくあります。

居酒屋で飲み会を行う時は各々が好きなものを頼みますが、ポテトは毎回誰かが頼んでいます。そのなかで一番美味しかったのは、もやしのとんぺい焼きです。家庭料理のようですが、私の提案で同僚が作ってくれました。手作りの飲み会だからこそ食べられる料理だと思います。

一般にイメージされるような会社の飲み会なら、中華料理のコースなんかが無難だと思います。刺身のような生ものもないですし、食べられるものをシェアできるので良いのではないでしょうか。また、ビュッフェも好き嫌いやアレルギーに対応しやすくていいと思います。

僕らの鍋

だし(20歳)


私の職業は、和食の料理人です。この世界に入ってまだ3年目という修行中の身であります。

毎年1年目の子が入社してくると、決まってあるお店に行き、皆で鍋をつつきます。そのお店は表のスタッフのお店で僕ら調理場メンバーの行きつけのお店でもあります。野菜だけはそのお店で用意してもらい、その他海鮮物や肉はこちらで用意します。

他店舗は居酒屋などで歓迎会をするのですが、僕らの飲み会といえばこのスタイルで、このスタイルが一番だと思っています。料理人が用意した鍋は格別です。季節によって入る食材も違い、夏なら鱧、冬ならフグやカニといった風に旬のものもいただけます。

僕らの職業にはこういった事も勉強で、この職場にはふさわしい形だと思っております。

新潟市の飲み会の定番料理(?)

32式(35歳)


平成19年に大学法人に務めてから、9年6か月になります。

職場は大学ということで、8月の夏休みの期間に納涼会をします。法人は新潟市にあるのですが納涼会では必ずと言っていいほど、ゆでた大量の枝豆が大鉢に盛られて出てきます。私自身、新潟市の出身ではないので最初は山のような枝豆に驚きましたが、2年目以降からは納涼会に枝豆がないと落ち着かないほど気に入るようになりました。

後で調べたところ、新潟市周辺は昔から大鉢に盛られた枝豆が夏の風物詩になっていて、新鮮な枝豆は安く、何よりもおいしくビールやウーロン茶といった居酒屋の飲み物とも相性抜群です。何より大きな鉢に盛られた枝豆は、大皿料理と違って各自に取り分ける必要がないですし、残った最後の料理をだれが食べるかというような気づかいがいらないためおすすめです。

難点としては、フォーマルな場には向かないことと、夏の新潟市以外ではほぼお目にかかれないということでしょうか。

会社の飲み会の定番料理

さき(27歳)


鶏の唐揚げ

営業事務を始めて4年目になります。

新入社員の歓迎会やコンパで行われる飲み会ですが、定番料理といえば鶏の唐揚げです。食事メニューとしてガッツリ食べられますし、お酒にも合いますから、特に男性には必須料理ですね。

とは言え、私の1番のお気に入りはエイヒレですが。甘辛いエイヒレにマヨネーズをつけるとついついお酒もトークも進んでしまいます。みんなでつまみあえるのもいいですね。

会社の飲み会の定番料理として私が最もおすすめするのは、焼肉です。みんなで「焼く」という共同の作業をすることで自然に会話も増えますし、焼き加減についてあーだこーだ騒ぐことで相手との距離が縮まります。普段話さない社員とも話すきっかけが出来るので、会社という組織の飲み会には持ってこいです。

飲み会の定番料理

test-user(33歳)


私の職業は製造業の事務職で、勤続年数は8年になります。

私の会社は、大手家電メーカーの子会社ということもあり、親会社の社員さんが多く出張に訪れます。

親会社の社員さんが出張に来た時は、必ず飲み会が行われますが、そこでの定番の料理は鯨の刺身になります。会社の土地柄、鯨が食べられる場所のため、親会社の社員さんにとっては珍しい品になるので必ず頼みます。やはり遠くからの出張者に出す料理として、話のいいネタにもなる鯨の刺身はおすすめです。

また、社内の社員だけの飲み会となれば、やはり焼肉になります。焼肉はみんなでテーブルを囲んでわいわいできるし、焼肉を嫌いな人はそうそういないですから、飲み会では間違いない料理です。また、飲み会への出席率も高くなります。

身体と健康効果を考えて和食

Inf(35歳)


電話業務に就いて15年になります。

会社の飲み会でいつも出る定番料理と言えば、夏なら枝豆とかサラダに焼き鳥、から揚げ、秋冬にはサンマのお刺身、それに和食の煮物でしょうか。今まで食べた中で一番気に入った会社の飲み会の料理は、暑い夏に飲むビールと枝豆です。ごく普通ですが、この組み合わせが和みます。冬時期はなんといっても寄せ鍋、肉とか魚よりカキ鍋が好みです。

会社の飲み会にふさわしいと思う料理は、人数が多い時の定番とも言える鍋料理の他、やっぱり和風の焼き鳥やから揚げだと思います。エスニックとか海外の珍しい料理もたまにはよいですが、和食がないと物足りないです。洋酒、ビール、冬の熱燗でも最初にナッツなどをつまみながら肉じゃがを食べるのも好きですね。

お酒を飲み始めた20歳頃からの嗜好で、いつも同じような料理ですが飽きないです。それに秋冬問わずタンパク質豊富で滋養になる枝豆は常備しています。栄養素のバランスとか身体への効果を把握し、おつまみを用意しています。