劣等感を克服する9つの方法

仕事はもちろん恋愛などプライベートでも参考になる劣等感の克服方法です。劣等感の強い人は周りに溢れています。劣等感がない人を探すほうが難しいかもしれません。しかし劣等感が強すぎた場合は辛い気持ちになりうつなどを発症してしまう可能性もあります。大事になる前に劣等感を克服することが大切です。紹介する方法を参考にして克服しましょう。

劣等感を克服する9つの方法

辛い思いをしている人は劣等感を克服しよう

劣等感は誰もが持っています。しかし劣等感が強すぎる人は、仕事で辛い思いをするでしょう。他人と比べてしまうこと、それに対して自分を責めることが劣等感の強い人の特徴です。

ここでは、劣等感が強い人に参考にしてもらいたい、職場でも実践できる劣等感の克服方法を紹介します。

劣等感の克服方法1.他人と比較しない

劣等感の強い人は、他人と自分を比較します。比較する対象が自分より下であるなら良いのですが、自分より優れていた場合は大変な事になります。自分を責めてしまい、やる気まで下がってしまいます。

自分と戦う競輪選手

劣等感が強い人は、他人と比較するときに相手の良い所ばかりを比べてしまう特徴があります。そのため、他人と比較するということは自分にとってデメリットでしかありません。それならば、最初から比べないようにした方が良いでしょう。

他人と比較しないためには、他人を気にしないことです。自分の成果のみを追求することが、劣等感を克服する方法です。

劣等感の克服方法2.自分を客観的に見る

自分を客観的に見られないのも、劣等感の強い人の特徴です。劣等感の強い人は、自分がいかにダメな人間かを考えます。しかし客観的に見ると、劣等感の強い方は優れている人が多いです。なぜなら劣等感のある人間は、責任感が強く負けず嫌いな性格だからです。

客観的に自分を見下ろす男性

仕事もでき人格者も多いので、世間一般と比較しても仕事が出来る優秀な人と言われています。しかし本人からすると、仕事ができない、何をしてもミスをするなど盲目的に自分を否定します。

克服する方法は簡単で、自分を客観的に見ることです。紙に一日の仕事量を書くのも良いでしょう。誰かに自分の評価を聞くのも良いでしょう。とにかく自分の成果を知ることが必要になります。そうすることで自分に自信がつき、劣等感を克服する事ができます。

劣等感の克服方法3.自分の長所をだけを見る

自分を客観的に見ることがなかなか難しい場合は、自分の長所だけを見るようにしてみましょう。自分の短所が気になる人も自分の長所だけを見るようにしていくことで、自分が劣等生ではない事に気づいていきます。「ミスをしても反省することができる」とか、「上司に注意されても素直に謝ることができる」とか、小さなことでいいのです。仕事が終わったら自分の長所を思い出してみることを習慣にしてみてください。

劣等感の克服方法4.どんどん仕事を引き受ける

劣等感を覚える時間がないくらい、次から次へとどんどん仕事を引き受けてみてはいかがでしょう。自分は仕事ができないと劣等感を抱いていても、仕事をたくさんこなすとそれだけ仕事ができるようになります。はっと気が付いたころには劣等感を払拭するどころか、仕事ができる人になっている可能性もあり、仕事をガンガンするのは一石二鳥といえます。

劣等感の克服方法5.劣等感を持っている人をよく観察する

劣等感を克服する方法としては王道ではありませんが、自分の他に劣等感を持っている人を探してその人の仕事ぶりをよく観察するのも方法の一つです。「他人の振り見てわが振り直せ」の言い伝えのように、劣等感の塊のような人の様子を見て、そこから自分が直すべきことを感じ取るのです。自分の劣等感を克服したいのなら、劣等感を持っている人を反面教師にするのも悪くはありません。

劣等感の克服方法6.責任感を捨てる

劣等感が強い人は、責任感が強いです。それは自分が他人よりも劣っているため、頑張ろうという気持ちが強く出るためです。責任感にがんじがらめにならずに、ある程度の責任感を捨てると、気楽な気持ちで何事にも挑戦できます

責任感を捨て去った大食いの男性

責任感は仕事で必須ですが、その責任感が枷となる人もいます。特に劣等感の強い人にとっては、責任感を持つのが辛いと言えます。1人で任される仕事よりも、チームで働くほうが楽な人もいるでしょう。

強い責任感がもたらす劣等感を克服する方法は、働き方を変えることです。責任を持つ必要のない仕事をするのが克服には最適なのですが、転職するのも勇気が必要です。それなら今の職場で、最低限の責任感で勤まる職種を探すのも良いでしょう。

自分が楽をすることを最優先にすれば、スッキリした気持ちで仕事に取り組むことができます。

仕事を失敗したときにとる最適な行動5つ

劣等感の克服方法7.ポジティブ思考を身につける

劣等感が強い人は、ネガティブ思考の方が多いです。自分は他人よりも劣っていると常に思っているのが、最大の理由です。ネガティブ思考をポジティブ思考に変えることより、劣等感を克服することができます。

ポジティブなポーズをする男性

ネガティブ思考の人は、常に不安やプレッシャーを感じています。そして、思い込みが強い部分もあるので、何をするにも悪い結果を想像してしまいます。これをポジティブ思考にするには、真逆の思い込みをすれば良いのです。

具体的には、堂々とした振る舞いで自信を持つ事。自分の行動は全て成功すると思い込むことが大切です。そうしたことが本当の成功体験を生み、経験を重ねることでポジティブ思考に変わり劣等感を克服することができます。

ネガティブを克服する7つの思考法

劣等感の克服方法8.成功体験を重ねて自信を持つ

劣等感を克服するために一番効果的な方法は、自分に自信を持つことです。自信を持つことができると、他人と比べる必要もありません。では、どのように自信をつけることができるのか紹介します。

涼しげな表情の成功者

体を鍛える

体を鍛えることにより、自信がつきます。同時に心も鍛えられるため、ストレス耐性も付き仕事でも役に立つでしょう。また、美容や健康にも良いので心身ともに衰えを感じている方にも効果的な方法です。

難関資格を取得する

難しい難関資格を取得しましょう。難関資格を取得するのは、一筋縄ではいきません。だからこそ、取得できたときの喜びと自信は相当のものです。資格の取得は大きな自信となります。誰かに自慢する事もでき、将来の転職にも役に立つでしょう。

自信をつけられるかどうかは、成功体験をいかに多く積み重ねられるかによります。経験が多ければ多いほど、自信に繋がります。自信は心を強くするので、劣等感もなくなるでしょう。

心が折れるときにやる仕事疲れや就活疲れに効く5つの行動

劣等感の克服方法9.劣等感は克服できないとあきらめる

劣等感を克服する方法をいろいろ試してみても難しい場合、劣等感を克服するのは諦めて気にしないようにするという選択肢があります。劣等感が克服できないのは「気にし過ぎ」が大きな原因でもありますから、劣等感を克服するために頑張るのを止めてしまえば気持ちが楽になるはずです。これは最終手段としたいところですが、気にし過ぎてあまりにも前に進めないようなら開き直ってみるのもいいでしょう。

劣等感を克服するポイントは比較せずに自信を持つこと

劣等感を克服することで、仕事もプライベートも楽しくなります。しかし無理して劣等感を克服しようとすると、自分が辛くなるだけかもしれません。少しずつ負担にならないように克服することが重要です。

ポイントは、「他人と比較せず、自分に自信を持つ」こと。これは劣等感を克服する上で、非常に大切なことです。このポイントを実践すれば、劣等感を克服することができるでしょう。