仕事を選べない優柔不断な自分にできる適職の選び方

仕事が選べないという時には、どこから手をつけて良いかわからずに八方塞がりになってしまいがちです。ですが、そんな時こそ積極的に行動するべきなのです。仕事が選べない時はどのように行動すれば良いのかを、しっかりと自分の中で考えていきましょう。

仕事を選べない優柔不断な自分にできる適職の選び方

誰にでも仕事を選べない時がある

仕事を選べないマッチョで優柔不断な青年

どのような仕事に就けばいいのかわからないという時には、まず自分のことを改めて知る必要があります。仕事を選べないという悩みは、決してネガティブなものではありません。選べないということに対して、後ろめたさや重苦しさを感じる必要はないのです。自分がどういった仕事に就くべきなのか、どういった仕事で力を発揮していくべきなのかについて、腰を据えて考えていくべきであると言えるでしょう。

仕事を選べない時にはどういった行動をすれば良いのか?

自分がどのような仕事に就けば良いのかわからない時には、行動を起こすべきでしょう。時間が解決してくれる問題ではありませんから、悶々と悩んでいるよりも、まずはやってみることが重要です。上手くいくかどうかということは、その後に考えるべきです。実際に自分がどういった行動を起こすかということを、しっかりと考えていきましょう。

興味を持ったアルバイトに挑戦してみる

ギャルソン・宅配サービスの女性・パン屋の女性・花屋の男性

興味のある仕事があればアルバイトで経験してみるというのも、仕事を選ぶためには良い行動であると言えます。実際に働いてみることによって、その仕事の実態を知ることができますし、給料をもらうこともできますから、一石二鳥であると言えるでしょう。

また、アルバイトはかけもちをすることができます。もしいくつかのアルバイトに興味を持ったのであれば、シフトをずらして働くことも可能です。そういったことを繰り返していく中で、自分に合った仕事を見つけることができることでしょう。

実際にどのような仕事をすることになるのか、ということは、傍から見ていただけでは決してわかりません。そこに飛び込んでいくことができるきっかけとしては、アルバイトはとてもおすすめできる方法のひとつです。そういったところを糸口として、仕事選びを進めていきましょう。

求人サイトやフリーペーパーをこまめにチェックする

求人誌のイラスト

求人サイトや、コンビニや駅などで手に入れることができるフリーペーパーは必ずこまめにチェックするようにしましょう。そこに掲載されている求人情報はとても有益なものですし、何よりも無料で大量の情報を手に入れることができるというところは魅力的です。

求人情報の入れ替わりは激しいものですから、気になった企業があればすぐに応募するべきだと言えます。仕事が選べないと思っていても、そういった行動を繰り返していくうちに、自分に合った仕事を見つけることができるようになるからです。

また、求人情報は豊富に掲載されているものですから、何度も繰り返してチェックするようにしてください。一度か二度見ただけで、良いものがないな、と諦めず、チェックする習慣をつけていきましょう。そうすれば必ず自分にとって合うもの、興味がわくものが見つかります。

求人サイトでは、職種や業種でカテゴリに分かれて求人情報が掲載されている場合が多くありますから、初めからあたりをつけて探すのもおすすめです。

消去法でやりたい仕事を選んでみる

いろいろな職業の人物

仕事が選べないという場合には、消去法を使うのもひとつの手段です。例えば、「自分は体を動かすのが得意ではない」というのであれば、肉体労働には向いていないでしょう。となれば、事務仕事などのように、屋内での仕事が適していると考えられます。

また、「自分はじっと事務仕事をしているのがあまり好きではない」というのであれば、外回りの多い営業の仕事を選ぶという選択肢もあります。このように、自分が好きなものは何なのかを無理に絞り出そうとするのではなく、苦手なものを先に考えれば、そこから適した仕事を選ぶこともできるのです。

好きなもの、得意なものを考えるというのは意外と難しいものです。ましてや、それを仕事にしていくとなると、本当に選んでいいものかどうかというところで悩んでしまうのは無理もないことでしょう。ですから、逆に自分に向いていないことを出発点にすれば、仕事選びはグッとやりやすくなるのです。

苦手なものを仕事にしては長続きしませんし、ストレスが溜まってしまいます。そうならないためにも、仕事を選ぶ時には、自分が苦手としていることが何なのかということもしっかりと考えておく必要があるのだと意識しておきましょう。

就職説明会やイベントに参加してみる

就職するために不可欠なのは、会社の情報です。一社でも多くの会社の情報を得て、その中から自分に合う会社を選ぶ必要があります。ですから、説明会やイベントに行くことができる機会があれば、積極的に参加しましょう。

仕事を選べないというのは、まだ自分に適した会社に出会っていないからであるという可能性もあります。会社選びの選択肢はひとつでも多い方が良いですから、説明会などの場で、どのような事業展開をしているのか、どういった仕事内容なのか、といったことをきちんと把握するように努めましょう。

会社説明会に行くことのメリットとしては、実際にその会社の空気に触れることができるということが挙げられます。自分の肌に合った雰囲気かどうかということは、その会社に足を踏み入れてみなければわからないことですから、直接出向くのが一番手っ取り早い方法なのです。

また、就職活動、転職活動をする人に向けての合同イベントでは、多くの企業が集まりますから、この機を逃す手はないでしょう。仕事を選べないという悩みに対して、多くの選択肢を目の前に用意してくれる場ですから、大いに活用してください。興味があるブースには必ず顔を出し、大手であっても中小企業であっても説明は聞くようにしましょう。

就活の説明会で企業の注目を集めるために実践すべきこと4つ

先入観を持たないようにして仕事選びを考えてみる

いろいろな職業・子供編

知らず知らずのうちに、この仕事はこんなことをするのだろう、とか、この仕事は何となくこんなイメージがあるな、といった先入観を持っていると、それが邪魔になって仕事を選べないということに繋がってしまうことがあります。ですから、仕事に対する先入観は持たないようにしましょう。

どういった仕事を選べば良いのかわからないという時に、先入観を持っていると、どうしても穿った見方をしてしまうことになってしまいます。そうなると、自然と選択肢も狭まってしまいますから、仕事選びはますます困難になってしまうでしょう。

この仕事はこんなことをするんだな、としっかりと調べ、知識を蓄えた上で、自分に適しているかどうかを判断するようにしてください。そういった手間を省き、きっとこんなことをするんだろう、という先入観を持ち、良いイメージや悪いイメージを抱いていると、それが間違っているという可能性も大いにあり得ます。

派遣のスタッフに登録して働いてみる

仕事が選べない時は、派遣のスタッフに登録して働くのも良いでしょう。派遣紹介所からはさまざまな仕事を紹介してもらえますから、その中から自分に合っていると感じる仕事を見つけることも難しくはありません。派遣社員として、さまざまな職場を経験することによって、自分にはこういった仕事が一番向いている、と確信を持つことができるようになるでしょう。

仕事が選べない状態で、長期の案件に挑戦するのは腰が引ける、という場合も、短期の案件を選べば問題ありません。3ヶ月程度という期間を限定しているという案件なども数多くありますから、色々な仕事に触れる実地体験だと考えることもできます。

また、派遣スタッフとして働くためには、資格を取っておくことをおすすめします。クライアントに雇い入れてもらうための面接や、選考の際に、資格を保有していると有利に働くことがあるからです。TOEICでの高スコアや、MOSのようなパソコンスキルをアピールできるものなどは、特に重宝される傾向にあります。

周囲の人にどういった仕事が良いかを相談してみる

年配の男女に相談を持ちかける人とその反応

仕事を選べないと行き詰ってしまった場合には、周囲の人に相談してみることもおすすめします。自分の長所や秀でているところを自分で気づけないということはままあることですから、周囲の人にそれを指摘してもらえれば、仕事選びに活かすこともできるでしょう。

また、どういった仕事が向いているかということについてもアドバイスを貰えるでしょうから、大いに参考にしてください。自分ではこの方向性しかないと思い込んでいたとしても、周囲からの意見を取り入れることによって、もっと多くの可能性が広がっていることに気付けることもあり得るのです。

周囲の人に相談することのメリットとして、自分が知らなかった仕事を教えてもらえるということも挙げられます。求人サイトやフリーペーパーを見ることももちろん大事ですが、その他にも自分が知らなかったり、全く専門外だったりする仕事というのも世の中にはたくさん存在しています。ですから、周囲の人からの情報も大切にするべきなのです。

自分に合う仕事が選べない時には、客観的な視点を取り入れることも大切だということを覚えておきましょう。凝り固まった物の見方では、仕事を選ぶことは難しいと言えます。

交通の便を考えた仕事探しをしていく

仕事を選べないという時に、交通の便から会社を絞り込むこともひとつの手段であると言えます。通勤というのは毎日のことですから、それがあまりにも大変であるとストレスが溜まってしまうので、会社へのアクセスはできるだけ簡単な方が良いでしょう。

自宅から通いやすいところにある会社をピックアップしていって、そこから自分に適している仕事を探していくというのもおすすめの方法です。もちろん、通勤のために引っ越しができるというのであれば問題はありませんが、金銭面などの都合でそれが難しい場合は、やはり交通の便を考慮するべきだと言えます。

仕事を選べないという場合には、まずは近場を見渡してみることが大事です。近場に良い職場があれば、悩む必要はないのですから、遠い所から探すよりも効率的だと考えられます。

資格を活かせる仕事を選ぶようにする

調理師をエンジョイする女性

仕事が選べない場合は資格を活かせる仕事を選ぶのも良いでしょう。資格を取ったということは、自分は少なからずその分野に興味や関心があったということですから、それを仕事に結びつけると良い結果が生まれる可能性が高くなります。

また、資格を活かせる仕事は限られている場合が多いため、専門的なものであれば特に需要は高いと言えるので、採用される確率も高くなるでしょう。どのような仕事なら自分の持つ資格を活かせるのか、調べてみることをおすすめします。

気になっている仕事に就くために資格を取る、というのももちろん良いでしょう。仕事を選べない場合、気になったことは全て行動に移しておくべきです。その仕事に関することであれば、特に活動的になっておくことが大切だと言えます。

こういった資格が必要とされる仕事なのだ、といったことを勉強していくうちに理解できれば、仕事に対する具体的なイメージを持つこともできますから、資格に対して意欲的になることは仕事選びにとって、とても重要だと考えてください。

就職に強い取得するべき7つの資格

自分の今までの経験で一番楽しかったことを考える

腕組をしながら「やったぜ」と英語で語る双子の男性

仕事を選べないということは、自分が何をしたいのかがわからないということに繋がっています。ですから、今までの経験の中で一番楽しかったことを考えてみてください。そうすれば、自分が何に向いていたり、何を好きだと感じていたりするのかを知ることができるでしょう。

一番楽しかったことを元にして選んだ仕事は、大変でもやりがいを感じることができます。何がどのように楽しかったのか、自分はその経験のどの部分に楽しさを感じたのかなど、できるだけ深く掘り下げて考えていくことで、仕事を選ぶ参考にすることができます。仕事を選べない時には、自分の興味や関心の根源を探ってみることが大切です。

仕事を選べない時も焦らずできることから始めていこう

ホースヘッドをマイクに見立てて歌うマイペースな男性

仕事を選べない時は、誰でも焦ってしまうものです。早く仕事を決めなければいけないと考えてしまうでしょうが、慎重になるべきだと考えてください。確かに、仕事を選ぶためには行動的にならなければいけませんが、焦って空回りしてしまっては意味がありません。自分の行動ひとつひとつにどういった意味があるのかを考えながら動き、次はどうするべきか、何をすれば仕事を選ぶことに繋がるのかを意識するようにしてください。そうすれば、焦る気持ちを抑えることができるでしょう。決して先走ることなく、まずは目の前のできることから始めていくべきです。