仕事が終わらない…帰れない辛さから脱出する方法

仕事が終わらないことで悩んでいる人は少なくないでしょう。仕事が終わらないことは働く上で大きなストレスになってしまいます。ですが、それを解決する方法は必ずあるのです。自分に合った方法を見つけ出して、上手く対処していきましょう

仕事が終わらない…帰れない辛さから脱出する方法

仕事が終わらないのは辛すぎる

仕事の山に、もう嫌!とつぶやく男性

仕事が終わらずに、なかなか定時に帰ることができないという悩みを抱えている人は少なくないでしょう。残業はなるべくならしたくないものですが、仕事が終わらないのであればどうしてもしなければならない厄介なものです。では、仕事が終わらない時に自分がどのような行動をとるべきなのか、まずはそれをじっくりと考えてみる必要があります。終わらない仕事に毎日苦しめられて、ストレスが溜まってしまうことを避けるためにも、きちんと対策を考えていきましょう。

仕事がなかなか終わらない時はどうすればいい?

仕事が終わらないからといって、適当なことをするわけにはいきません。もちろん投げ出すこともできませんから、しっかりと仕事に向き合うためにはどうすれば良いのかを考える必要があります。素早く、かつ丁寧に仕事を終わらせるための方法を探っていきましょう。

何が原因で仕事が終わらないのかを考える

仕事が終わらないのであれば、まずはその原因を考えてみる必要があります。なぜ仕事が終わらないのかがわからないと、対策を立てることはできないからです。仕事が終わらない理由は、色々考えられます。

パソコンの前で原因に思いを巡らす赤ちゃん

仕事が終わらない理由として、自分が原因であるものと、他から与えられたことが原因であるものが挙げられます。

自分が原因であるものとしては、集中できていなかったり、眠かったりして、仕事を進めるスピードが遅いということが挙げられます。これは、自分の努力によって解決するしかないことですが、改善しようと思ってもすぐにどうにかなるというものではないでしょう。ですが、原因となっているということは意識しておいてください。

他から与えられたことが原因であるものとしては、会議の時間が長すぎて自分の仕事に手をつける時間がなかなかとれないとか、回ってくる仕事の量が多すぎるといったことが挙げられます。こういった理由で仕事がなかなか終わらないという場合には、対策を立てることは難しいと考えられるでしょうが、全くどうにもできないというわけではありません。

いずれにせよ、自分がどういったことが原因で仕事に時間をとられているのかということをはっきりとさせておく必要があります。なぜいつも仕事が終わらないのだろう、と疑問に思っている人は、自分を取り巻く環境から、その原因を突きとめてみてください。

手順を工夫して仕事を効率的に進めるようにする

効率的な人

仕事が終わらないのは、無駄なプロセスを踏んでしまっているからである可能性も考えられます。いつもしている仕事は、何となく惰性でその手順をなぞっているものだ、という人も少なくはないでしょう。ですから、もう一度どういったやり方で仕事をしているのかを考え直してみる必要があります。

仕事の手順を試行錯誤することによって、一番効率良く進めていける方法を考えましょう。ああでもない、こうでもない、と試してみた結果に、必ず成果はついてきます。無駄をそぎ落とした方法で仕事をしていけば、それまでにかかっていた時間を大幅に短縮することができますから、終わらなかった仕事を終わらせることも難しくはないでしょう。

仕事が多すぎる場合は誰かに手伝ってもらう

仕事まみれの女性

仕事を一人で片付けるのが無理だと感じたら、周囲の人にうまく頼むのもひとつの手段です。もちろん迷惑になってしまわないように配慮することは大切ですから、その点には注意が必要です。手が空いている人や、仕事を振っても問題なさそうな人を見つけて、自分の仕事を手伝ってもらいましょう。

明らかに自分だけではさばききれなない量の仕事を抱え込んでしまえば、仕事が終わらないのは当然のことです。それは能力不足が原因なわけではありませんから、自分を責めたりして悩む必要はありません。

仕事が多すぎる原因とは?負担を減らすための打開策

どうしても仕事の量が多すぎて、毎日手が回らないようであれば、一度上司に相談してみるのも良いでしょう。仕事の量が自分に適しないために終わらないことを伝えれば、上司は何らかの対策をとってくれる可能性があります。もっと他の人に均等に仕事を割り振ってくれたり、ちょっとした雑務は頼まないようにしてくれたりしてくれたりするといった配慮をみせてくれることもあるでしょう。

いずれにせよ、自分だけの問題だとして一人だけで抱え込むことはやめた方がいいでしょう。仕事が終わらないということは、職場での問題ですから、職場で解決したいものです。

仕事が早く終わるやり方について周りの人からアドバイスをもらう

仕事が終わらないことに関して、誰かからアドバイスをもらうのも良いでしょう。どうすれば仕事を早く終わらせることができるのか、いつもサッと仕事を終わらせているような人に聞いてみるのもおすすめです。

先輩や同僚に、仕事が終わらなくて困っているということを打ち明けてみてください。そうすれば、こうしたら良いんじゃないか、こういったところが問題なんじゃないか、などといった指摘をされることもあるでしょう。

無表情にアドバイスする男性

そういったアドバイスは真摯に受け止め、次の日から早速仕事に反映していきましょう。仕事を早く終わらせるためには、第三者からの意見も大切です。自分だけではどうしてもアイディアは行き詰ってしまうものですから、どうしたら良いのかわからなくなった時には、他の人にアドバイスをもらうということは非常に大切なことなのです。

特にいつも仕事を片付けるのが早い人のアドバイスは貴重なものとなります。手際が良い人のやり方というのは、真似しようと思ってもなかなかできるものではありません。ですが、コツやヒントだけでも教えてもらえれば、仕事を早く終わらせるために役立つ可能性があります。

こうした方がもっと早く終わると思う、といったことを言われた時に、横から口を出さないでほしい、と思ってはいけないということが総括だと言えるでしょう。相手は自分のためを思ってアドバイスをしてくれているのですし、それは必ず自分のためになるものです。きちんと聞き入れて仕事をしていきましょう。

仕事をしている間は集中力を切らさないように心がける

仕事がなかなか終わらない時には、集中力が切れていることが原因であることが多いと言えます。目の前の仕事に対する集中力が切れてしまうと、当然ながら仕事は進みませんし、そうなれば仕事は終わりません。

色んなことが気になってしまって、思考があちこちに飛んでしまうと、仕事のことが頭に入ってこなくなってしまうという経験は、そう珍しくはないでしょう。疲れていたり、睡眠不足が続いていたりすれば、誰でも集中力を保つことは難しいものです。

ですが、その状態が長く続いてしまうと、ぼーっとしていてやる気が起きないまま、無駄な時間が過ぎていくだけということになってしまいます。そうすれば定時までに仕事は終わらない、仕事は積み重なっていく、といった状況に陥ってしまうのです。

仕事中に集中力を上げるスイッチの入れ方

集中力を保つためには、まずしっかりと前日に睡眠をとっておく必要があります。睡眠不足は最大の敵であると考えてください。眠ければ仕事に集中することはできませんし、うとうとしてしまうと思考がぶつ切りになってしまいます。そうなると、また一から物事を考えなければならなくなってしまうので、手間が二重にも三十にもなってしまうため、時間がかかってしまい、仕事が進まなくなる原因となります。

起きてるフリをする男性

そして、可能な環境であるならばガムを噛んでおくのも良いでしょう。スポーツ選手が噛んでいるのを見かけたことがある人も多いでしょうが、ガムを噛むことで集中力を高めることができます。ただし、ガムを噛んではいけないような職場であれば、絶対にやめておきましょう。勤務態度が悪いと思われてしまっては、元も子もありません。

また、集中力が切れそうになったら一度席を立つというのもひとつの手段です。ぐだぐだと続けるよりも、いったんリセットした方が頭はすっきりとするものです。いったん仕切り直して、それから仕事にとりかかりましょう。そうすればシャキッとした頭で集中して仕事をすることができます。

行動や思考、仕事のやり方に無駄がないか考えてみる

仕事が終わらないのは、色々なことに無駄があるからだと考えられます。やらなくても良いようなことをやっていたり、考える必要のないことを考えていたり、といったように、必要のないことをしてしまっていることが仕事に使うべき時間を圧迫しているのです。回りくどいやり方をしてしまったりしていて、肝心の仕事にたどり着くまでに無駄な時間を使っているということが考えられます。

ですから、一度自分の行動を振り返ってみてください。良かれと思ってやっていたことでも、実際にはそれほど役に立っていないということも考えられますし、そのせいで逆に仕事が終わらなくなってしまっているということもありえます。

ムリ・ムダ・ムラと向き合う男性

ラストスパート志向はやめる

仕事を終わらせるためには、先を見通した計画を立てることも重要です。仕事が終わらない原因は、計画性を持たずに仕事を始めることにある場合が多いです。ですから、まずは仕事の全体像を把握しましょう。この仕事はこれくらいまでにここまで進めよう、と余裕を持って計画を立てておいて、その期日までにノルマを達成しておけば、仕事が終わらないということで悩まずに済むのです。

先がわからないまま、だらだらと仕事を始めてしまうと、自分がどこにいるのかがわからなくなってしまい、結果的に仕事が終わらなくなるということになってしまいます。計画を立てることは仕事に区切りを付け、実際に行動する上で何よりも重要なのです。

あと2日あるとか、締め切りまで残り3時間で頑張ればいいとか、ラストスパート志向は仕事が終わらない状態を生む大きな原因となりますので改めるようにしましょう。

モチベーションを保てるように努力する

仕事をする上で大切なのは、モチベーションを保つことです。嫌な気分を持っていたり、やりたくないな、と思っていたりしながら仕事をしているのでは、仕事の進みが遅いのは当然のことです。ですから、まずはモチベーションをしっかり上げてから、それを保つように心がけていく必要があります。

モチベーションアップの男性

この仕事が終わったらあれをしよう、とか、あれを買おう、とか、そういった目標を設定するのもモチベーションを保つためのひとつの方法です。仕事そのものがつらい時には、仕事が終わった後に何をするかといったことに目を向けると良いでしょう。そうすれば、目の前の仕事に対してのやる気も出てくるものです。

また、仕事に対してのやりがいを見出すことができれば、モチベーションを保つことは難しいことではありません。上手い仕事のやり方を覚えてしまうことができれば、やる気もがぜん上がりますし、仕事が終わらないほど手が止まってしまうといったこともなくなるでしょう。

仕事のモチベーションを上げる8つの方法

この仕事をすることが楽しい、と強く思える、あるいは、この仕事は自分に向いているな、と思うことができれば、仕事に対するモチベーションを上げることができます。ですから、一度自分が仕事についてどう感じているのかを考えてみてください。本当は仕事にやりがいを感じられるのではないか、モチベーションを保つことができるのではないか、といったことを熟考してみることをおすすめします。

どうしても仕事が終わらない時には転職を考えるのも方法のひとつ

転職へのゲートをくぐるスーツ姿の男性

仕事が終わらないことが続いている場合は、その仕事が自分の能力に見合っていないということが考えられます。そういった仕事を続けていても、ストレスが溜まってしまいますし、キャリアを積むことは難しいでしょう。ですから、自分のスキルアップのためにも、転職を考えるというのもひとつの選択肢です。

終わらない仕事に苦しめられるよりも、もっと自分に適した仕事でのびのびと力を発揮するという働き方をした方が断然良いということは言うまでもないでしょう。どういった仕事なら自分はサクサクこなせそうか、自分のスキルを活かすことができるのはどのような職種なのかといったことについて、改めて考えてみる良い機会だと考えてみてください。

もちろん転職は軽々しく決断して良いものではありませんし、覚悟を持ってしなければなりません。そのため、気が進まないという人も少なくはないでしょう。ですが、転職をして心機一転がんばろうという気持ちになった、というケースは山ほど見受けられます。転職は決してマイナスなことではありませんから、ポジティブに考えて、今後の人生のためにできることのひとつだと捉えましょう。

仕事が終わらなくて辛い時は早く仕事を終わらせる方法を考えよう

仕事がなかなか終わらないからといって、毎日だらだらと仕事をするのではなく、早く終わらせるために何かしらの工夫をしてみましょう。仕事を終わらせるために必要なことは、人それぞれ違うものです。今の自分に欠けているものが何なのかをはっきりとさせて、自覚し、理解することから始めてみる必要があります。そこから、どうすれば仕事を効率良く進めていけるのかということを工夫して考え出してみましょう。考えることによって、必ず答えを見つけることができると言えます。