ビジネスサンダルの選び方・足の健康を守るおすすめの一足

ビジネスサンダルをオフィスで履く人は増えてきました。1日中、革靴を履くよりもオフィス内では通気性の良いビジネスサンダルを履くほうが、足の健康にはオススメです。選び方やおすすめ商品など、最近ではカラーやデザインもビジネス向きのものが増えてきたビジネスサンダルについて紹介します。

ビジネスサンダルの選び方・足の健康を守るおすすめの一足

足を蒸らすのは危険!ビジネスサンダルで乗り切ろう

水虫の原因である白癬菌(はくせんきん)は、靴の中が高温多湿になりやすい夏のような暖かい時期だけだと油断していませんか?仕事で1日中、靴を履いたまま過ごす方は秋や冬でも水虫になりやすくなります。白癬菌が好む高温多湿の所に足を置かないように予防を講じる必要があります。

足を蒸らさないように意識しようと思っても、革靴を履かなくてはいけない会社勤めの方には難しいでしょう。1日中、革靴を履き外回りやデスクワークに追われているのですから無理もありません。しかし、ビジネスのために身体を壊していては意味がありません。そこでオフィスワークの間、足の負担を減らしてくれるおすすめのアイテム・ビジネスサンダルについてご紹介します。

ビジネスサンダルの利点

メンズのビジネスサンダル

ビジネスサンダルは何らかの利点が無ければ会社という組織の中には溶け込みません。なぜなら、会社にはスーツに革靴、さらにネクタイはきっちり締めて仕事である認識を強く持つという慣習があるからです。そのために着崩しや異色なものというのは避けられるべきものとして扱われているからです。

ビジネスカジュアルが認められるようになりその慣習も緩和されてきました。自由な発想や個性の重要視を言った気風がそのように緩和を認めることになったわけですが、そこにビジネスサンダルも便乗したというかたちです。元もとやっていたという企業もありますが、あまり大っぴらに言えるようなことでもありませんでしたので、今の時代は恵まれていると捉えられるかもしれません。

社員の健康は仕事に影響する

ビジネスサンダルの最大の武器は通気性です。通気性を向上させることで水虫やかゆみの軽減ができ社員の健康に繋がります。社員が健康であるということは、集中して仕事ができる時間が延びることになります。効率的に仕事をこなすには集中力が、集中力を持続させるには心身の健康が必要なのです。

業務内容によっては嫌われることもある

ビジネスサンダルというのは残念ながらどこでも歓迎されているものではありません。確かに通気性は高いですし、周りの迷惑の元になってしまう臭いの軽減にも繋がりますので、オフィスワークが中心の方にとっては重宝するものでしょう。

しかし営業に来た方がサンダルで応対して来たらいい気はしないでしょう。むしろ「何しに来たんだこいつは」という気持ちになってしまいます。それがわざとじゃないにしろ社会人としての自覚が足りないという印象が強くなってしまいます。

またスーツというのは仕事に限らず、自分にとって特別な時に使う服装の一つです。スーツはジャケットやシャツ、ボトムス、ネクタイだけがその中に含まれているわけではありません。足元にある靴下や靴も十分に大事なスーツという服装の中に含まれています。服装というのは一式揃って初めて好くなるものです。これを崩すというのは誰かに会ったり、大事な機会の時にはふさわしい恰好とは言えません。

ビジネスサンダルの選び方

ビジネスサンダルは主にオフィスワークに追われている方に対して販売されているサンダルのことで、革靴やクロックスに似たデザインもあります。外回りをするための靴ではなく、あくまでもオフィス内で着用するサンダルです。

メンズのビジネスサンダルの選び方

ビジネスサンダルを履いているビジネスマン達の足

男性用のビジネスサンダルの多くは、革靴からかかと部分をなくしたようなデザインが多いです。禁止されてはいないものの社内でサンダルを履くのは気が引ける方や、スーツ姿なのに足元だけサンダルでラフ過ぎて浮くことが無いようにといった配慮によるものでしょう。革靴のような見た目でありながら革靴よりも通気性があり、軽快な履き心地です。

メンズのビジネスサンダルはメンズスーツに多い黒や紺といった色と合うようなシンプルな造りにしてあるものが多く、正面から見るとサンダルを履いているとは分からないものが多いのが特徴です。急な来客や会議でも、靴を気にせず対応できるようになっています。

レディースのビジネスサンダルの選び方

ビジネスサンダルを履いた会社員の女性

レディースはよく見ないとビジネスサンダル分からないほどデザインが整っているものが多いです。パンプスのようにかかとの部分がしっかりあるものは少なく、スーツに違和感なくなじむようにヒールのついたサンダルも多くあります。

オフィスカジュアルな服装にも合うように色も豊富になっているため何色を選ぶべきか迷うでしょうが、基本的には来客用あるいは外回り用に履くものと同じ色のものを選ぶ方が多いです。しかし、外回り用に似たデザインのサンダルもあるため、間違えないようにご注意ください。

おススメのビジネスサンダル

ビジネスサンダルを選ぶときは見た目だけでなく、その機能も考慮しなくてはいけません。見た目と機能の2点どちらも満足のいくサンダルならば、値段もチェックしてみましょう。

おすすめのメンズビジネスサンダル

メンズのビジネスサンダルならAIR WALKING WILSONの「ビジネスサンダル 720」がおススメです。見た目は革靴にしか見えないデザインで、サンダルなのに高級感があるためスーツとの相性は抜群です。通気性が高く、足裏はスポーツシューズのように滑り止めがついていますので、激しく動いても大丈夫です。お値段は2,500円程度です。

おすすめのレディースビジネスサンダル

楽天市場で20,000足を売り上げた「NEWコンフォートプレーンナースサンダル」が、レディースのビジネスサンダルの中ではおススメです。NEW コンフォートプレーンナースサンダルは通気性が抜群であることはさることながら、ヒールがあるので足をスラッと見せてくれます。色は黒と白があり、普段の仕事着に合わせて選びましょう。お値段は2,000円程度となっています。

ビジネスサンダルと靴下の組み合わせは慎重に!

ビジネスサンダルを履くときにはサンダル自体の心配だけでなく、靴下にも配慮しなければなりません。サンダルは靴下が見えやすく、ビジネスに相応しいものをつけているのかがすぐに分かるので、普段から気を抜かないようにしましょう。

×マークがついたスニーカーソックスのイラスト

スーツからくるぶしや足首が見えてしまいだらしない印象を相手に与えてしまうので、スニーカーソックスは好ましくありません。やはり普段から足首までしっかりとカバー出来る靴下を履き、派手な色のものは控えるようにしましょう。

女性の場合は靴下よりもストッキングやタイツを履かれることの方が多いでしょう。パンツスーツの場合でもストッキングを履く方が良いですが、靴下をどうしても履きたいのであればハイソックスをお勧めします。

通気性対策に五本指ソックス

濁った紺色の五本指ソックス

現在では単に靴下を履くのではなく、靴下にも通気性を求められています。その中でも人気なのが五本指ソックスです。これを着用することで指の隙間が広げられ通気性が上がります。中には指先がカラフルになっていたりイラストが描いてあるものがありますが、それらを除けばビジネスサンダルとの相性も良い商品です。

五本指ソックスにもいろいろとありますがビジネス用の商品も数多くそろえられています。中には給水速乾機能がついており水虫やかゆみの防止になるほか適度な締め付けで足の負担を軽減するものもあります。

現在はまだデザイン性に偏りがあり若者の間では広まりにくい状況ですが、仕事に行くときに切り替えるアイテムとしてデザイン性が拡充されればますます売れていく商品でしょう。

雰囲気を壊さないビジネスサンダル選びを心がけよう

オフィスカジュアルに続きビジネスサンダルというものが許容され始めてきましたが、ビジネスサンダルはあくまでもオマケです。どこでも履いていって良いわけではありません。時と場所を踏まえて使い分けましょう。

また服装のバランスを崩さないビジネス選びを心がけ周囲に違和感を与えず、社内をいい雰囲気にしたまま自身の健康維持に努めていきましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ