退職を後悔しています!戻りたいけれど戻れない体験談15

思い切って退職したものの、やっぱり退職をしなければよかったと後悔しても後の祭りです。前の会社に戻りたいけれど戻れないと後悔しないように、退職を後悔した経験から得た教訓体験談を確認してみましょう。

退職を後悔しています!戻りたいけれど戻れない体験談15

前の会社を退職しなければよかったと後悔したのはなぜですか

体験談では、前の会社を退職しなければよかったと後悔した理由を聞きました。そこには、転職してみて初めて気づく前の会社の良さがありました。

  • 収入が減ったから
  • 月々の支払いが大変になったから
  • ボーナスがなかったから
  • 前の会社の方が待遇がいいと分かったから
  • 開業したけれどお金が全然入ってこなかったから
  • 休日が減ってしまったから
  • 今の会社では信頼されていないから
  • 今の仕事は自分に向いていないから
  • ベンチャー企業は不祥事もなあなあにしてしまうから
  • 仕事にやりがいがないから
  • 勉強不足を痛感したから
  • 前の職場の仲間と会えなくなってしまったから
  • 転職先がなかなか決まらなかったから

そもそもどうして前の会社を退職したのですか

仕事をしていると、どんな人にも一度や二度くらい「辞めたい」と思う時があります。それは、働いている職場に不満を感じた時、自分の未来が見えなくなった時が多いです。「給料が少ない」「人間関係に我慢できない」「自分のやりたいことができない」など、こんなはずじゃなかったという思いが芽生えた時がその時です。

寄せられた体験談では、今自分が置かれている環境よりももっと高い所を望んだ時に退職の道を選んだことが分かりました。仕事をしているなら、退職したいという思いは、いつでも誰にでも芽生えることを覚えておいた方がいいでしょう。

後悔しないように退職をする前にすべきこと・考えること

思案する女性社員

退職したいという思いが芽生えたら、次の仕事を選んだことを後悔しないように準備をしてください。やっぱり前の会社に戻りたいと思っても戻れないケースの方が圧倒的に多いです。退職しますと今の会社に伝える前に、考えることとするべきことを忘れないようにしましょう。

今の会社の待遇に不満がある人は、自分自身を見つめ直し、自分の市場価値を考えてみてください。今よりももっと給料がもらえる会社、休日が多いところで働きたいと思っても、そこで求められる力を提供できるのか、自問自答が必要です。私は御社にこんな利益を与えることができますと自信を持って言えるのかどうか、考えてみましょう。

自分の夢を叶えたい人は、夢を叶えるための準備として十分な資金があるのかを確認してください。気持ちだけ先走っても、お金がないと夢を叶えることは難しいです。世の中には何とかなるさで成功している人がいますが、それはほんの一握りの人に過ぎません。夢を追うなら、お金は必要不可欠な準備と心得ておきましょう。

転職したら前の会社の事は忘れよう

転職したら退職した会社のことは忘れるようにしてください。前の会社に戻りたいという思いは、前の会社と今の会社を比べてしまうからこそ芽生えます。転職先を一生懸命研究して考え抜いた末の決断、準備もしっかりやった結果が今なんだと思えるなら、退職を後悔することはないはずです。

たとえ思うような転職でなかったとしても、転職にリスクはつきものと思い、前に進むことだけを考えるようにしてみてはどうでしょうか。戻りたくても戻れないと退職前に肝に銘じておけば、退職の決断を後悔しないで済むかもしれません。

転職で後悔する前に知っておきたい6つの予備知識

戻りたいけれど戻れない退職後悔の体験談

ここからは、寄せられた退職を後悔した体験談を紹介していきます。転職が当たり前の時代だからこそ、退職の決断は慎重に行うべきと言えます。やっぱり前の会社に戻りたいと退職を後悔しないように、十分な準備を行ってから転職をするようにしてください。

雇われていた方がラク

マロンローズ(40歳)


カイロプラクターの仕事

今カイロプラクターとして、自営業でやっています。この仕事をする前は、病院調理師として働いていました。退職した理由は、残業100時間以上毎月あり、体の調子が悪くなったことで、先の事まで考えていませんでした。

退職してカイロプラクターの資格を取り、インターンをし、失業保険を貰いながら勉強をしていましたが、失業保険が貰えなくなって、収入がなくなり、カイロプラクターでは食べて行けず退職したことを後悔しました。インターンをしてもお金は全然入ってこなかったので、バイトと実家の1室でカイロプラクターとして仕事を始めていました。

勉強を沢山積んでもなかなか最初の頃は固定のお客は付かず、生活が苦しかったですが、実家にいたのでなんとか出来ていました。田舎で自分で事業をするのは、人もいないし難しい、雇われていた方がラクだし、調理師の仕事の方が楽しいと思ってしまい後悔しています。

調理師で働けるのであれば、どっか探して行きたいのは本音です。自営業だと収入の波がありすぎだし、天気によってキャンセルされたりと、色々大変な仕事についてしまいました。

前は信頼されていたと思う

みどり(34歳)


現在も事務職ですが、以前は派遣関連の事務職をしていました。退職を決意したのは色々な事の積み重なりもありますが、労働環境が良くはなく業務量がどんどん増えていったことや、同僚や後輩の退職が多く、どうしても合わない上司がいたことです。

退職後はせいせいした気持ちでしたが、転職して3ヶ月後ぐらいから辞めなければ良かったなと後悔するようになりました。次の職場とどうしても比べてしまい、在職時は耐えられないと思っていましたが、振り返ると業務量は増えていたものの、信頼されていたし、自分のペースで仕事ができており直属の上司はとても良かったからです。

人間どうしても不満は出てくるものですし、悪い方に考えてしまうと転職しかないと思いますが、次の職場が以前より良くない場合もある事を踏まえた上で冷静に考えないと退職を後悔すると感じました。

やっぱり前の仕事の方が自分に向いている

さらら(24歳)


私は清掃業をしています。退職した以前の会社の業種はコックをやっていました。コックの仕事を辞めようと決意したのはコック3年目の時で、なかなか給料が上がらずに給料に対して結構不満がでてきたため、これ以上続けて給料は上がるのかと悩んだ末に退職を決意し、今の清掃業という全く違う業種に転職をしました。

退職してから半年後に転職したことを後悔し始めました。何故後悔したかというと、改めて料理の仕事から離れて別の仕事をしてみると、自分はやっぱり料理を作る事が好きで、将来の夢に向かってコックの道を選んだのに、給料だけの不満さえ少し我慢していれば、今も尚コックの夢に向かって日々頑張っていたのではないかと後になり後悔しました。

退職をした後悔から得た教訓は、やはりどんな仕事も自分の意思で決めて頑張って始めているはずなので、どんなに不満があったとしてもやり続けてさえいれば、自分の夢に向かっていけるし、不満以上に楽しい事も待っている気がしました。

ベンチャーにがっかり

ひろの(30歳)


頬杖をついて考えこむ男性

金融機関に6年勤めましたが、じつはずっと仕事が嫌で嫌でたまりませんでした。6年目にとうとう退職し、とにかく事務の仕事と思い、業界など選ばずに定時上がりで帰れそうな今のIT関係の会社へ転職しました。

金融機関に比べると本当に仕事が楽で、毎日お客様に怒られていた日々が嘘のようでした。仕事も定時で帰るのがほとんどで本当に転職してよかったと思いました。

ただ、転職して3年目の年始、会社で悪質なセクハラが発覚し、被害者は退職、セクハラした社員は会社に残り普通に仕事をしています。なぜ?という気持ちが強く、セクハラ社員を残す会社に不信感を募らせ、前の会社を退職してしまったことを後悔しました。

セクハラした社員は社内でも頼られる存在、会社としても辞めさせるのは痛手ということでしょう。しかも小さなベンチャーなので支店などもなく異動もさせられません。会社の対応にがっかりし安定した金融機関を退職したことを本当に後悔しました。

私も転職しますが、次は支店があり同い年の女性社員が多い大きめの会社にしました。ベンチャーは家族経営的なところがあり、不祥事もなあなあにしてしまうのか、とショックでした。

転職するなら十分な蓄えが必要

タカニャン(35歳)


私は、転職しようと考えて会社を退職しました。現在は仕事を探している状況なのですが、やはり転職するにあたってしっかりと考えて次の仕事に繋げなければ、結構大変だと後悔しています。

私が以前勤めていたのは、建設業の土木関係の会社で、主に水道土木関係の部署を担当していました。会社を退職しようと決めたのは、自分の体調が優れなくて今後の為に、体を養生しようと思っていたのと、そろそろ職を代えてスキルアップをしようと思ったからです。

しかし丁度、退職した頃に少し体調が悪くなり転職活動をしようと考えていた時期が退職してから3ヶ月程延びていしまって、会社を退職後、3ヶ月程で後悔の念が少し出てきました。

会社を辞めてしまうとそれまであった収入もゼロになり、月々の保険料や各支払い等も大変になります。それまで安定していた社会保障の面を考えると、退職しなければ良かったと思っています。

転職はしない方が良いとは言いませんが、これらの事で勉強になったのは、転職にあたり、十分な蓄えと次へのビジョンを持ちながら、事前に少しだけでも準備をしておく事です。自分だけじゃ無く、家族にも迷惑を掛けますので。

前の会社はやり甲斐があった

かおり(30歳)


現在は旅行会社で働いています。大学卒業後、新卒で入社した会社も旅行会社でした。入社して約6年経った時に、自分がこの会社で定年まで働いていけるのか?これ以上どんな仕事が出来るのか?と不安になりました。

新卒で入社した会社は業界では比較的規模の大きな会社だった為、会社の中での自分の立ち位置が今後どの様になるのか突然不安になったのです。そして、仕事をしたまま転職活動をして、規模は小さくなりますが、会社の中で自分を出して行くことが出来る新しい会社に出会い退職を決意しました。

しかし、新しい会社での業務に慣れてきた半年後、少数精鋭という事もあり、仕事をしないスタッフの業務が自分に回って来るようになりました。明らかに私よりも多いお給料をもらっている人の仕事のフォローばかりをする事に納得がいかなくて退職を後悔することになりました。

前の会社は良い意味で個人主義だったので、この様な不満は無く、頑張れば頑張った分だけ自分に返ってくる会社でした。やり甲斐はあったと思います。今はやっぱり前の会社を退職しなければ良かったと後悔しています。転職をする時はしっかり企業の仕事のスタンスなどを調べる必要があるとひしひしと感じています。

休みが減ってしまった

たかひろ(42才)


製造業で機械設計の仕事をしています。退職前も同じように、製造業で機械設計の仕事をしていました。企業規模が大きい会社で働いていると、自分がやった成果が見えにくいし、縦割り業務だったのでお客さんと顔を合わせることもなく、非常に狭い仕事と感じるようになり退職を考えました。

退職して小さい規模の会社で働くようになり、お客さんと顔を合わせたり仕事自体は非常に満足ですが、すぐに月に1回の土曜日出勤をしました。子供と遊ぶ時間が減った事はかなり残念で退職したことを後悔しています。

転職の際、土日祝日は休みと記載されていましたがよく見ると、会社カレンダーによるとも書かれていました。転職活動の面接で土日は働きたくないと言うのはネガティブな印象を与えるので嫌ですが、活用した転職エージェントを介して聞いておけばよかったと後悔しています。

退職する前にもっと勉強しておけばよかった

マイロ(36歳)


美容室

現在は個人で美容室を経営しています。以前はサロンにお勤めで美容師をしていました。元々、独立の夢があり、いずれは自分で経営をしたいと思ったことと、年齢を考慮して退職を決意しました。

しかし、退職して数ヶ月たち少しずつ後悔するようになりました。それは雇用されている立場から経営者へ変わった時のギャップの戸惑いが大きいです。お勤めしているときは見えない経営者の努力を痛感し、辞める前にもっと経営を勉強しておけば良かったと思いました。

そして何よりお給料が確約されていることですね。自営業は自分で稼がなければお給料はゼロですから。

退職をしてから今日まで考えてきたことは、まず辞めたい理由が自分にとって納得できるものなのかをしっかり考えること。様々な理由があると思いますが、私のようにいつかできたらと言うふんわりした理由ですとほぼ後悔します。辞めて後悔しないのかじっくり自分と向き合うことが大切だと思いました。

次に周りの意見に流されないこと。周りの人は責任を取ってくれません。相談するのは良いことですが決めるのは自分自身です。自分の心が答えなんだと強く思いました。

仲の良いみんなと会えなくなった

アイアンドラゴン(21歳)


産業系の会社員です。退職した会社は主に軽作業の会社でした。退職を決意した理由は元々かなり休みがちだったので、会社の規約上の問題で5か月間休職できるのですが、私は丸々5か月を使ってしまい、休職から復帰しても1日でも休んだら自主退職をせざるを得ない事になりまして、しぶしぶ退職することになりました。

退職を後悔したタイミングも、そのあと1日休んだら自主退職になるという状況になった時で、「あぁ、もっと耐久力や強靭な精神力をつけていたらな。もっと休まずにがむしゃらに働いていたらなぁ。」と後悔しました。

会社を退職しなければよかったと思った理由は、まず職場のみんなとかなり仲が良かったので、職場の皆さんと会えなくなるのは心残りです。それが会社を辞めなければよかったと思う大きな理由です。

退職を後悔した経験から得た教訓は「絶対にできるだけ休まない!!」です。どんな理由であろうとも病気以外の理由で休むことはもうやめようと思いました。強靭な精神で自分自身に厳しく、会社を休まないように自分に毎日言い聞かせて、今の会社に出社しています。

やりがいを見出せない

あやや(40歳)


私は千葉県のサービス業の事務員をしています。以前は都内でOA機器会社で営業事務を18年していました。退職を経験する事になる2年前から会社の経営が厳しくなり、私は出向という形で神奈川県の方に通勤していました。

出向が2年目を迎えた時に会社は清算という事で畳んでしまいました。会社は吸収合併という形になり、残った従業員は出向先で働くか退職をするかという事で選択がありました。

給料も今までと変わらないし出向先で仲良くなった方もいましたので、そのまま出向先で社員という道もあったのですが、私は18年も働いたし、ここで一回退職して新しい環境になるのもいいと思いました。

しかし、転職活動は大変で何度か面接が落ちたことで退職を後悔し始めました。残った方とあったりするとうらやましい気分になったりしました。そして今、給料は下がり仕事にもやりがいを見出せません。退職にあたって自分がどのような事がしたいのかをしっかり考えて動かないと後悔してしまうと思いました。

転職先が決まらなかった

なみ(30歳)


現在は、中小企業で事務でフルタイムではないお仕事をしています。以前の会社はサービス業で洋菓子などを販売していました。以前の会社を退職しようと思った理由は、人間関係です。

女性が多い職場なので、どうしても派閥がありました。お局の方から好かれていなかったので、常に嫌な気持ちで働いていました。いつも悪く言われていたし、職場も忙しかったので、もう辞めてしまおうと決めました。

もう嫌だと限界に思ったので、その場で退職の意思を伝えてすぐに辞めることが出来ました。ただ、退職してから半年後に後悔しました。

次のお仕事はすぐに採用されると思っていたけれど、なかなか決まらなかったのです。その理由は、以前の会社をすぐに辞めたからでした。新しい職場を決めてから転職したほうが良いと思い後悔しました。

退職後に失ったものは大きかった

あき(28歳)


洋菓子の売場に立つ女性店員

洋菓子製造工場を退職後、現在は洋菓子販売員として働いています。洋菓子を作るのも楽しいですが、お客様の顔を直接見たいと思ったのが転職のきっかけです。

最初は、お客様の顔も見られるし、販売員の気持ちも分かり、楽しかったのですが、2~3ヶ月もすると、やはり製造の方が恋しくなってきました。お客様の顔もご意見も見聞きすることができたし、販売は販売で楽しいけれど、製造に戻りたいなと思う気持ちが出てきて退職したことを後悔しました。

退職した会社は中途採用を取ってないので、もう戻れません。製造で、給料・ボーナス・健康診断・休暇・有給の待遇が良い企業は少ないと、後から知りました。もちろん、転職して良かったこともあります。

でも、退職後に失ったものの方が大きく、洋菓子製造で食べていく大変さを知りました。退職を後悔しないように、転職前に、他業種や転職後に務めたい業種の給与や福利厚生をしっかり見比べることはとても大事だと思っています。

お金と時間に後悔

test-user(33歳)


私の現職はメーカーの工場で主に事務系の仕事を行っています。前職はSEでした。私が転職をしようと思ったタイミングは、結婚して子供がなかなかできなかったからです。

SE(私の前職)は特に時間にルーズで、残業もたくさんあり、帰りが遅くなるのがあたりまえでした。結婚しても妻と話す時間が少なく、また将来家族が増えてとなった時に家族の時間が取れないと思い、退職を決意ましたしました。

前職と顔色を比べると、給料面ではやはり前職の方がよく、家計的にも厳しい部分があるので退職しなければと後悔することがありました。

しかし、現職も評価されれば給料は上がるので、仕事を頑張るしかないです。時間面はある現職の方がいいので、昇級試験を頑張るしかないです。ただ、転職時に給与の交渉ができるのであれば、横ばいもしくはアップする転職をオススメします。

全然稼げない

生涯旅人(38歳)


現在は、個人事業主になる為に勉強をしながら生活をしています。販売業をずっとしていましたが異業種に転職したく2年間活動していました。退職を決意したのは、会社の方針が変わったからでずっと我慢していました。でも、他の先輩や上司も自分と同意見が多かったです。

会社を辞めてからは、安定した収入が無くなったことで支払いや生活が苦しくなりましたが、それはいい経験になりました。それからは、自分で稼げる道を選んでいます。まだまだ全然稼ぐまでにはなっていませんので、そこは退職したことを後悔しています。

でも、こつこつ自分で起動して、修正して行動に移している自分が大好きです。これからの時代は、もっともっと明るい個人で稼げる時代が来るはずです。その時代になるまで今は自分を信じてコツコツ頑張ります。

ボーナスがない会社だった

ウィンドーショッピングする女性

ぴのちゃん(41歳)


現在は、専業主婦です。退職した会社は、アパレルの会社です。ショップ店員をしていましたが、休みが少なかった為、退職しました。休みが少なくて疲れていたので休みの多い会社に転職したかったので辞めました。

辞めて新しい会社に入って休みが増えましたが、ボーナスがない会社だったので以前より、使えるお金がへり、3ヶ月ぐらいで後悔しました。やっぱりボーナスって大きい存在でした。

1年ぐらい働いて、そこの会社を辞めて今は、専業主婦ですが、最初に勤めた会社を辞めるのは、あまりよい選択では、ないと思いました。給料がだいたい減ることが多いから、あまり転職をおすすめできません。よく考えてから、会社を辞めたほうがよいです。後悔しないようにしましょう。