退職する時の保育園退園問題は仕事を辞める前から考えよう

親が退職する時に、保育園に子どもを預けている場合はどうすれば良いのか困ってしまうという人も多いでしょう。働いていなければ保育園に子どもを預けることはできません。そこで、新しい保育園を含めて、子どもを預ける先について考えていきましょう。

退職する時の保育園退園問題は仕事を辞める前から考えよう

退職したら子どもは保育園を退園しなければならないのか

子どもを持つママが退職を考えている場合、心配なのは保育園をどうするかという問題でしょう。今まで子どもを預けていた保育園を利用できなくなってしまったとなると、これから誰に面倒を見てもらえば良いのかわからなくなってしまいます。突然の退職にもあわてないで済むように、子どもを保育園に預ける条件と親の退職との関係を知って、退職後でも子どもを安心して預けることができるようにしておきましょう。

子どもを保育園に預ける条件を確認しよう

まず、子どもを保育園に預けるための条件を改めて確認しておきましょう。保育園に子どもを預ける条件としては、親が働いていることが大前提となります。ただし、そこから更に細かく条件が分かれています。親が働いているからといって、誰でも子どもを保育園に預けることができるというわけではありません。

保育園は自治体によって条件にランク付けや点数付けがされている

住んでいる自治体によって基準は異なりますが、ランク付けや点数付けがされて子どもを保育園に預けることができるかどうかが決定されます。親の就労時間の長さや、家庭環境などを加味して、子どもを保育園に預けるべきかどうかといったことの優先順位を決定づけるのです。

親の就労時間が長いほど、ランクや点数は高くなります。フルタイムで働いている方が、パートタイムで働いているよりも高くなるという仕組みです。勤務時間が短すぎると、そもそも点数に数えられないという場合もあります。

保護者が退職し、求職活動中でも保育園に預けることは可能

子供を抱えて困っているスーツ姿のお母さんと背後で〇を掲げる保母さんのような女性のイラスト

家族に介護をしなければいけない人がいたり、子どもの世話をしなければいけない人自身が病気にかかってしまったりしている状態と同じく、親が求職活動中という場合も保育園に子どもを預けるための条件に当てはまっています。

ですが、これは保育園に入園するにはかなり優先順位が低いため、あまり期待することはできません。退職してからすぐに次の保育園に入園できるということはほとんどないと考えた方が良いでしょう。

子どもは自分が住む市区町村の保育園にしか入れないことに気をつけよう

気をつけなければいけないのが、自分の住んでいる市区町村の保育園にしか子どもを預けることができないということです。たとえ離れたところにある保育園なら受け入れてくれそうだと思っても、自分が住んでいる自治体から外れていては入園することはできません。これは公立でも私立でも関係ないため、気をつけておきましょう。

ただし、広域入所という制度があります。これを使えば、自分が住んでいる自治体から離れたところにある保育園に子どもを預けることができます。広域入所とは、違う自治体に引っ越す時に現在の保育園に通い続けることを希望することや、通勤などの都合のために他の自治体の保育園を利用したいと希望を申し出る制度です。

広域入所が通れば、子どもを預かってくれる保育園の選択肢は一気に広がります。退職して他の自治体に移ってしまっても、諦めずに交渉してみましょう。

保育園には2つの種類がある。認可保育園と認可外保育園の違いとは?

認可保育園とは、児童福祉法に基づく施設で、その名の通り国に認められた保育園です。ある一定の基準を満たした設備や制度などが整っていることが特徴であり、何よりも比較的保育料が安いことが魅力的です。

一方、認可外保育園とは、何らかの理由があって行政からの認可が下りず、国から支援金を受け取ることができていないため、保育料が認可保育園よりも少し高いことが特徴です。子どもを保育園に預ける時は、認可保育園と認可外保育園の違いをよく理解してから選ぶようにしましょう。

子どもが認可保育園に入るためにはどのような条件が必要なのか

車椅子を押したり車椅子に乗ったりいろいろ大変女性のイラスト

認可保育園に子どもを預けるためには、親が外で働いているか、または家の中で家事以外の労働をしていることが求められます。その他にも、病気を患っていることや、誰かの介護をしていること、求職活動をしていることも挙げられます。

待機児童をすり抜けて子どもを保育園に入るためのコネはあるか

保育園の待機児童の問題は何かと取沙汰されています。そのため、何としても子どもを保育園に入れたいというママがコネや裏技を使えないものだろうか、と考えてしまうのも当然のことでしょう。しかし、残念ながらそういったものは存在しません。

待機児童を押しのけ、自分を優先的に扱ってもらえるようなコネはありません。もちろん、保育園の園長先生や職員の人たちに賄賂を贈ったりするのも無意味です。ですから、諦めて自分の順番が回ってくるのを待つしかないのです。退職してしまい、求職活動をしている中で焦ってしまうでしょうが、こればかりは仕方のないことだと考えてください。

親の退職が決まった時に保育園を退園する前に考えることとは

いざ退職が決まった時に、親がしなくてはならないのは保育園を退園するまでにできることです。退職してから保育園を探そうとか、転職活動を始めようとか、のんびりとした考えを持っていては子どもを預けることはできなくなってしまいます。

退職が決まった時に考えるべきことのイメージイラスト

自己都合退職なら雇用保険がもらえる期間を勤めている会社に確認する

自己都合で退職する場合は、雇用保険の受取待機期間中に無給で転職活動ができるかどうかは自分で判断するしかありません。雇用保険をもらえるまでの間に、もしも無給で転職活動をしなければならないのであれば、保育園に子どもを預けるのは少し難しくなってしまいます。

雇用保険に関することは会社によってそれぞれ違うので、確認を怠ってはいけません。雇用保険がもらえる期間の長さによって、転職活動の予定などが決まるからです。

会社都合退職ならすぐに待機期間なく雇用保険を受け取れるので転職活動ができる

会社の都合で退職せざるを得なくなった場合には、待機期間なく雇用保険を受け取ることができます。ですから、すぐに転職活動に移りましょう。転職活動をスムーズに進めることができれば、保育園に子どもを預けることもできます。

保育園に子どもを預けるための条件には求職中であるということも含まれていますから、転職活動をしていることはプラスの要因として捉えられます。できるだけ早く転職活動に取りかかり、次の保育園に子どもを預けられるようにしましょう。

失業保険のもらい方~ハローワークで申請する手続きの仕方

保育園に退職することを報告して退園までの猶予期間を聞いてみる

保育園は、退職してしまったからといってすぐに入園者を追い出したりはしません。求職中、大体1~3ヶ月は継続して預かってくれるのです。ただし、この場合の正確な期間は自治体によって異なるので、役所で確認するか、保育園に直接聞いてみるべきでしょう。

保育園が子どもを預かってくれている間に新しい職を見つけるのがベストですが、焦りすぎるあまりに自分の望ましい職業に就いてしまうのは避けたいところです。ですから、保育園にもきちんと事情を説明して、常に求職活動をしていることを伝えておく必要があります。

保育園を退園しないで済むように、猶予期間中にできることを考える

猶予期間中に考えるべきことは、どうしたら保育園を退園せずにいられるかということです。求職活動を続けていれば保育園が子供を預かり続けてくれるのであれば、保育園に求職活動をしていることをアピールするべきです。

また、退職してしまったからといってすぐに正社員になる必要はありません。パートなどですぐに働ける道を選び、とりあえず保育園を退園せずに済むようにしておくという方法もあります。そうすればまた保育園に在籍することができるので、落ち着いて求職活動に戻れば良いのです。

一番大切な事は転職活動は退職後すぐ、保育園退園前から始めること

職探しに走り回るスーツ姿の女性のイラスト

保育園を退園せずに済むためには、何よりも早く転職活動を始めることです。退職した後にすぐ次の仕事が決まっていれば、保育園を退園する必要はありません。追い出されるような形で退園するようなことがないようにするためにも、転職活動は退職後すぐに行っておくべきです。

また、退職を検討しているのであれば、その時点から並行して転職活動を始めてしまうのが理想的でしょう。そうすれば保育園を退園するリスクを背負うことはグッと少なくなります。

もしものために保育園以外の子どもの預け先も考えておく

退職してから、保育園に子どもを預けることができなくなってしまったということもあるでしょう。どうしても子どもを預けないと求職活動ができない場合には、何らかの手段を考えなければなりません。そこで、子どもの預け先の選択肢を増やしておく必要があります。

保育園以外の預け先を思案するスーツ姿の女性

家から離れた保育園に入園することを考えてみる

退職すると、通勤しなければいけないということがなくなるので、家から多少離れた所にある保育園に通うこともできるでしょう。確かにそれは交通の便が悪く、負担にはなってしまいますが、転職活動をする上で仕方ないことだと割り切ってください。もし受け入れてくれるのであれば、そのチャンスを逃す手はありません。

幼稚園に預けることを考えてみる

幼稚園は保育園とは違って、親が働いていてもいなくても、子どもを受け入れてくれます。ですから、求職中には幼稚園に子どもを預けるという選択肢も考えておくと良いでしょう。幼稚園はお迎えの時間が平均的に早かったり、保育園とはだいぶ勝手が違うために子どもが混乱してしまうこともあったりと、なかなか難しい点も多々ありますが、求職中にはとても役立ってくれます。

また、幼稚園は保育園とは違って自治体の縛りがありません。自分の住んでいる自治体とは異なる自治体の幼稚園でも問題なく入園することができます。ただ、保育園から幼稚園に転園すると、子どもがうまく馴染めるかどうかが気になりますので、子どもの心のケアも考えておいてください。

子どもを幼稚園に入れたいなら待機児童のことも考えなくてはならない

ただし、幼稚園に入るためには待機児童という問題を乗り越えなければなりません。これは保育園でも問題になっていますが、入園するためには順番待ちをしなければならないのです。ですから、多少無理をして空いている幼稚園を探すしかありません。

自分の家よりも遠い所にあって、少し便が悪くても、もし受け入れてくれるようであれば子どもを預けるのが良いでしょう。求職活動に専念して、少しでも早く定職に就くことを考えるべきです。

親や親戚などに預かってもらうことを考える

退職したことを話し、親や親戚など、子どもを預かってくれそうな親族に頼み込むのもひとつの手段です。保育園以外にも子どもの面倒を見てもらう方法はあります。快く引き受けてもらえればそれで良いでしょうし、だめで元々と思ってたのんでみましょう。

友人に預かってもらうことも考えてみる

同年代の子どもを持つ友人がいれば、ぜひ一緒に面倒をみてほしいと頼んでみてください。遊び相手にもなってくれるし、丁度良いでしょう。

「働いています」と保育園にうそをついてはいけない

退職しても、保育園に何も言わなければ子どもを預けていられるのではないかと思ってしまう人も少なからずいるでしょう。確かに何食わぬ顔で毎日同じ時間に朝送り出し、お迎えに行けば先生たちは不自然に思わない可能性もあります。ですが、すぐにぼろは出てしまうのです。

黙っていても退職したことは保育園にばれてしまう

ウソがばれてアワアワしているスーツ姿の女性のイラスト

そもそも、退職したことを保育園に隠し通すことは不可能です。働いていなければ就労証明書と源泉徴収票が提出できないため、保育園にはすぐに看破されてしまうのです。また、子どもが怪我をしたり、熱を出したりした場合に、前の職場に連絡をされてしまったために嘘がばれてしまったというケースも多く見られます。

保育園に在籍するためには、雇用証明書、内職証明書、自営業証明書、就労証明書のいずれかが必要となります。ですが、退職してしまうとこれらが無効になってしまいます。ですから、働いているという嘘は書類によって全て無駄になってしまうと言えるでしょう。

書類の偽造などはもちろん論外です。即刻退園という厳しい処分は免れないでしょうから、求職活動どころではなくなってしまいます。育児をしながらの求職活動というシビアな生活を送ることがないようにするためにも、退職してからは必ず保育園や役所に報告する義務を全うしてください。

退職後の転職活動はマザーズハローワークを利用してみよう

退職後の転職活動に活用したいのが、マザーズハローワークです。マザーズハローワークでは、子どもを持つ人の就職活動を支援しています。キッズスペースが設置されているので、子どもを連れて行っても問題ありませんし、親身になって相談に乗ってくれるためぜひ一度足を運んでみてください。

マザーズハローワークで受けられるサービスとは

退職後の転職活動が上手くいかない時は引っ越しも選択肢の一つとして考えてみる

どうしても転職活動が上手くいかず、自分に合った会社が見つからないという場合は引っ越しも視野に入れましょう。引っ越し先で新しい職場を見つけることができるかもしれませんし、受け入れてくれる保育園を見つけられる可能性もあります。

保育園に子どもを預かってもらう期間を延ばしてもらえないかお願いしてみるのも一つの手段

どうしても仕事が見つからない、転職活動がうまく進まずに悩んでいる人は、仕事を探していることを保育園に伝えて、なんとか子どもを預かってもらう期間を延長してもらえないかと掛け合ってみるのもひとつの手段です。一生懸命仕事を探していることや、どうしても子どもを預かってもらえないと困ってしまうということを切実に訴えれば、理解してもらえる可能性もあります。

そういった努力によって、実際に子どもを預かってくれる期間を延ばしてくれた保育園もあります。ですから、一度きちんと保育園の先生と話し合う機会を設けてもらうのが良いでしょう。退職したことや、自分が今置かれている状況を細かく説明することは、子どもを預かってくれることに繋がるのだということを覚えておきましょう。

子どもの預け先に困ったらファミリーサポートセンターも利用してみよう

子供を抱いている様々な人たちとスーツ姿の女性

保育園を見つけることができず、どうしても子供の預け先が見つからないという場合は、ファミリーサポートセンターを利用するのも良いでしょう。

ファミリーサポートセンターとは、子どもを預けたい人と、子どもの面倒をみたい人をマッチングさせる会員制のサービスです。子育て支援のひとつとして国が実施しています。ここに会員登録しておくと、子どもの面倒をみてくれる人が名乗り出てくれる可能性があります。

ファミリーサポートセンターでは特別な資格などを有する必要はないので、子どもの預け先に困ったらぜひ登録してみてください。うまくいけば、子どもを預かってくれる人と巡り合うことができるでしょう。

退職前に子どもを保育園に預けられる条件をきちんと把握しておこう

子どもを保育園に預けていられる条件を把握しておかないと、いざ退職した時にどうしていいのかわからないといった事態に陥ってしまいます。もし退職するのであれば、保育園との関係を十分に理解しておきましょう。