海外で働く方法は?働き方の特徴とメリット・デメリット

日本で働くより海外で働きたい!という方必見の日本の企業と海外の企業の働き方の違いをご紹介。海外で働きたいけど、どうすれば良いの!?という方もご安心ください!海外で働く方法や、海外企業のメリットやデメリットを合わせて紹介します。

海外で働く方法は?働き方の特徴とメリット・デメリット

海外で働くには、どんな方法があるの?

日本人が海外で働く方法は、いくつかあります。どの方法を選ぶかによって、海外で働く目的も変わってくるでしょう。見識を広めるため、自分のスキルアップをする為、海外で一攫千金を狙うため、様々な目的に合わせて働き方を選択しましょう。ここでは、海外で働くにはどんな方法があるのかを紹介します。

南の島の景色

短期間の渡航制度を使用して海外で働く

ワーキングホリデー制度や大学のインターンシップを活用し短期間の海外勤務をする事が可能です。また社会人の方は青年海外協力隊などの支援団体、ボランティアや団体を経由する事で海外勤務をする事ができるでしょう。

企業やNGO団体に所属して駐在員として海外で働く

公務員や企業に勤めている社会人の方は海外にある企業の拠点に異動する事で海外勤務が可能です。海外で働くことを希望しているなら、異動願いを出してみるのも良いかもしれません。また、国際協力事業団(NGO)などに所属することでも、海外で働く道が開ける場合もあります。

日本から求人を探して海外で働く

海外で働く方法の1つとして、日本で求人を探すというものがあります。この方法は自分で探す必要がある為、非常に大変で手間がかかります。最近ではインターネット上でも海外勤務の求人を見つけることができるようなので活用してみては如何でしょうか。

独立して海外で働く

海外で企業に所属せずにフリーランスとして働いたり、独立開業をして仕事をする事もできます。当たり前のことですが、自分がやりたい仕事が自由にできる分、仕事をスムーズに進めるための知識や技術が必要なだけでなく、リスクに対する責任も背負う覚悟がなければいけません。

永住して海外で働く

海外に永住して働く方法もあります。この方法はその国の国籍を取得する必要があるためハードルが高めです。国際結婚が国籍取得の一番の近道となるでしょう。永住する前に海外で働き、その流れでパートナーを見つける方が多いです。

このように海外で働くといっても幾つか方法があるので自分の環境、考えに合わせた働き方を選択する必要があります。海外で働きたいと思う理由は、「海外に憧れを持っている」や「日本で働くのに疲れた」など人によって様々です。海外で働く前にもう一度、自分が何故海外で働きたいかを考えてみましょう。

【履歴書・英語版ダウンロード】すぐ使えるフォーマットと記入例

海外で働くために知っておきたい働き方の特徴

海外で働く方法をいくつか見てきましたが、ここからは海外での働き方の特徴を紹介します。日本との様々な違いが見えてくるので、それらを充分に理解した上で海外で働く準備を進めましょう。

海外では自分の意思をしっかり持つ必要がある

個人プレーに走る男性

海外の企業は仕事とプライベートの線引きがしっかりしています。日本では会社の社員旅行などは全員参加が一般的ですが、海外の企業では自由参加となっています。皆が参加するから、自分も参加しなければならないなどと思う必要はないのです。

日本で重要視されるのは組織、海外で重要視されるのは個人なので、海外で働くときはその点に大きなギャップを感じる人も多いのではないでしょうか。

海外では仕事よりも家族を優先させる

仕事よりも家族のことを優先させるのも、海外での働き方の特徴です。先述の通り、海外では仕事とプライベートの線引きがしっかりしているため、定時きっかりに仕事を終了し残業は全くしません。大事な仕事があるとしても、家族を優先し仕事を後回しにする事もあるほどです。

幸せそうに浜辺を歩くカップル

バリバリ仕事をしたい人が海外に行くと、のんびりとした雰囲気の職場に唖然とする事もあるかもしれませんが、海外ではごく当たり前の光景なのです。

実力主義の海外では成果を出す社員には多くの報酬を出す

何かの実力がある男性

海外の仕事は実力主義です。企業によって違いはありますが、基本的にボーナスはスズメの涙ほどした支給されずに基本給もあまり高くはありません。その代わりにインセンティブという形で成果を出している社員に報酬を還元するシステムになっています。

日本とは違い、年功序列で在籍している期間が長いと給料が毎年増えていくというシステムはありません。その考え方の違いを理解していないと、トラブルの原因になることもあるので注意が必要です。

海外で働くメリットとデメリット

海外で働く事には、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。日本とは仕事に対する考えが違う海外で上手く働くにはメリット・デメリットをよく理解する事が重要です。日本では到底考えられない事もあるので、是非参考にしてみて下さい。

メリット:日本では考えられない長期休暇がある

海外で働く場合の大きなメリットは、休暇が多い事です。例えば、オーストラリアでは2週間の長期休暇が労働法で定められていたり、フランスでは3週間のバカンス休暇があったりします。これらの休暇中も当然賃金が支払われるので、おもいきり休暇を満喫する事ができます。

バカンスを楽しむ男性

長期休暇制度が設けられているというのは、日本の企業には滅多にないですが、海外の企業では当たり前の事で、プライベートの休暇を満喫する為に仕事をすると言っても過言ではありません。

メリット:プライベート優先のため残業がない

プライベートを満喫する男性

『働き方の特徴』の項目でも紹介したように、プライベートが優先される海外では残業がありません。終業後はプライベートな時間というのを企業も認識しているからです。

これは、残業が当たり前のようになっている日本企業とのギャップを感じる部分ではないでしょうか。

メリット:実力に見合った報酬が支払われる

実力に見合った報酬が支払われるという点も残業なしということ同様、『働き方の特徴』とかぶる点です。結果が出せれば女性であろうと未成年であろうと関係なく、正当に評価してくれるのが海外の企業です。

仕事のできる女性

基本給は低いのですがインセンティブと言われる成果給が支払われるので実力のある方はどんどん高給を得る事ができます。 しかし、いつまでたっても成果がだせない社員はいつクビになるかわからない厳しい側面もあるので、注意が必要です。

日本のように終身雇用、年功序列に慣れている方には想像できないほどシビアな世界です。チャンスがある代わりに続けて雇用される保障が無いことを覚えておきましょう。

社会人が苦手な英語を身につけるために覚えたい6つの方法

デメリット:雇用が不安定

不安駆られる男性社員

雇用が不安定というのが一番のデメリットです。 日本の場合は正社員になると会社をクビになる事はほぼ無いのですが、海外では公務員すらクビになる危険性があります。ましてや民間企業の場合はいつクビになってもおかしくない状況で経営をしているケースも多く見受けられるのが現状です。

実力主義の弊害もあるのですが、個人の成果に厳しい海外の企業では人材をクビにする事に抵抗がないので、企業にふさわしくない人材はすぐに切り捨てられます。

デメリット:日本に比べて治安が良くない

大事なものを没収された男性

海外は日本に比べて治安が良くないと言われていますが、会社の中でも治安は良くありません。同じ会社で働く同僚に物を盗まれた・・・なんて事は日常茶飯事です。会社側もそのような事には首を突っ込みません。

全ては自己責任なので、自己管理を徹底するようにしましょう。

海外で働くなら日本との違いを理解することが大切

今回紹介したように、海外で働くにはいくつかの方法があります。どの方法を選んだとしても、海外で働く目的を明確にし、海外と日本での働き方の違いを理解していなければ、異国の地で仕事をする事はできないでしょう。

日本での働き方に慣れている人は、海外での働き方に驚く事があるかもしれません。しかし、郷に入っては郷に従え、という言葉通りに海外の働き方に合わせる事で自分らしい働き方を発見できるかもしれません。

やる気に満ち溢れた男性社員

日本では当たり前のことは海外では通じないかもしれない、でも海外の価値観からするとそれが当たり前の事なのです。

海外で働きたいと思っている方やこれから海外勤務を控える方も、日本との働き方の違いを知って新しい価値観を持つ事で自分自身を成長させる事ができるでしょう。