常勤非常勤の定義は?求人探しの前に働き方の違いを知ろう

常勤と非常勤の区別について、正規雇用か非正規雇用かという意味と混同している社会人は少なくありません。求人応募の際によく見る言葉ですが、常勤・非常勤は労働時間によって決定されるもので、契約期間によって定められるものではないことに注意が必要です。

常勤非常勤の定義は?求人探しの前に働き方の違いを知ろう

常勤と非常勤は何が違うのか

求人広告などを見ていると、「常勤」「非常勤」と書かれた求人も多く見られます。

「常勤は待遇的にも安定していて非常勤は不安定なのだろう」と漠然なイメージを持っている人も多いですが、安定不安定はひとつの傾向ではありますが、常勤や非常勤の実態を表すものではないのです。

求人を選んだ後に失敗することのないよう、常勤・非常勤について正しく理解しましょう。

常勤・非常勤の定義と特徴

図解:常勤・非常勤の定義と特徴

「常勤というのはいわゆるフルタイムで働く人のことで、その他の人は非常勤の扱い」と考える方が多いですが、常勤と非常勤の定義は法的には明確に定められていません。

常勤か非常勤かということは雇用契約時に定まっているのが普通で、それに伴い給与や待遇などの様々な条件が決定していきます。給与や福利厚生の内容が常勤・非常勤を決めるわけではありません。

また、常勤と非常勤は正規雇用と非正規雇用と同一視されやすいのですが、これらは別物ですので混同しないよう求人探しの際には注意が必要です。

労働時間

常勤は非常勤よりも労働時間が長く、非常勤は常勤の従業員よりも短いのが一般的です。

ただ、これは週に何日何時間と決まりがあるのではなく、雇用時の契約に従って決定され、職場によって違います。そのため、求人には「非常勤」と記載があっても一般的なフルタイム勤務と変わらない場合もあります。

また、非常勤の場合には決まった勤務時間がない(もしくはシフト勤務のように不安定)ケースも多く、自分でスケジュールや体調をコントロールする必要があります。

給与

給料袋をスーツから取り出すスーツを着た男性

給与面では、常勤の従業員の方が多くなるのが一般的で、手当なども充実していることが多いです。ただし、職種によっては非常勤の方が時給換算で高くなるケースもあります。

時給換算では非常勤の方が高くなるとしても、常勤の従業員の方が労働時間が長いため、支給される額は常勤の方が多くなります。

福利厚生

福利厚生については、常勤の従業員の方が手厚くなります。非常勤の従業員に対しても常勤の従業員並みの待遇を与えているところは今のところ多くはありません。もし非常勤で働く場合には、福利厚生はしっかり確認しておく必要があります。

教育

常勤の従業員はしっかりと教育していく傾向があるのに対し、非常勤の従業員はあまりしっかりとした教育を受ける機会は多くありません。

教育の成果を発揮する場面(時間)も短く、人員の穴埋めという性質が強いため教育に時間を割かない傾向があります。スキルアップを目指すなら常勤の方が有利です。

雇用期間

雇用期間は雇用契約によって定められますが、これは常勤か非常勤かとは関係がありません。特に定めがない限りは非常勤だとしても継続的に雇用されますし、あらかじめ契約期間の定めがある有期契約の場合には、常勤だとしても継続雇用がされない可能性があります。

ただ、国立大学の場合は定年までの勤務を前提とした場合を常勤、それに該当しない場合を非常勤と呼称する傾向にあったりと、勤務先によって常勤・非常勤に対する認識が異なるケースがあるため、事前に確認が必要です。

仕事上の責任・出世のしやすさ

仕事上の責任が重くなりやすいのは常勤の従業員です。その一方で出世や昇給などもしやすくなっています。「非常勤の役員」などの立場もあり一概には言えませんが、非常勤はどうしても職務に投入できる時間が限られ、責任ある役割を任せにくいためです。

「常勤=正社員」ではない

指を指しながら驚きをかくせないスーツ姿の男性

求人票では「常勤」「非常勤」と言う括りがありますが、これは正社員かその他の雇用形態かを表すものではないということに注意が必要です。

「常勤」は正社員や契約社員、「非常勤」は派遣やパート・アルバイトという考えを持っている人も多いのですが、これは間違った認識です。

「常勤」「非常勤」は労働時間による立場の違いを示すものであり、正社員や契約社員、派遣社員などはどのような労働契約を結んでいるかによる違いであり、主に雇用契約の期間を示すものです。常勤のアルバイトや派遣社員もいれば、非常勤の正社員もいます。

求人広告を見るときに誤った認識から「常勤だから正社員だと思って入社してみると、実際には正社員の待遇を受けられなかった」といったトラブルが生じることもありますので、長期的に安定した求人を探したいのであれば、「常勤」で探すよりも「正社員」で探すことをおすすめします。

常勤と非常勤のメリット・デメリット

図解:常勤と非常勤のメリット・デメリット

常勤と非常勤、それぞれの働き方をメリットとデメリットの観点から考えてみましょう。

時間の自由が多いのは非常勤

労働時間が短くなるのは非常勤の方ですので、自由に使える時間は常勤よりも非常勤の方が多くなります。そのため、主婦や育児・介護をしている人、ボランティアなどの市民活動をしている人の場合には、非常勤の方が働きやすくなる可能性があります。

ただし、職種によって夜間の長時間勤務などがあり、そのために生活のリズムの問題で使える時間はそれほど多く確保できない場合もあります。

仕事を気楽に楽しめるのは非常勤

常勤では仕事上は責任も大きく、また嫌なことが合ったとしても毎日職場に通って働く必要があります。

非常勤は仕事上の責任も軽く、ストレスがあるとしても常勤ほど頻繁に通勤したり、長時間職場にいる必要がありませんから、精神的な負担があったとしてもガマンしやすくなります。

仕事に就きやすいのは非常勤

業界・業種にもよりますが、常勤よりも非常勤の方がスキル上のハードルが低く、仕事に就きやすくなっています。

ただし、非常勤ではあっても、時間的な都合が合わない募集も多く、実際に選べる仕事は限られることも少なくありません。

職場の待遇が良く生活が安定するのは常勤

給与や福利厚生、社内教育が充実しているのは圧倒的に常勤です。

非常勤の場合は人員不足のために補充されるというケースも多く、待遇面への投資が不十分で、どうしても常勤に劣ることがほとんどです。そのため、生活が安定しやすいのは常勤の従業員となります。

常勤と非常勤はどちらの働き方がベスト?

働き方に様々な選択肢がある時代ですが、常勤が良いのか非常勤が良いのかは各自の状況によって違います。

主婦の人であれば、家事や育児などの関係から常勤よりも非常勤の方が働きやすいということもありますし、同じ主婦だとしても、自分が主に生計を支える立場であれば安定する常勤を選ぶべきです。

常勤が良いのか非常勤が良いのかは、一般的には常勤が良いと考えられがちですが、実際に良いのか悪いのかは十人十色です。言葉に対する先入観を持たず、現在の自分の状況やライフスタイルを考えて都度判断することが望ましいです。

「常勤」または「非常勤」の求人を見る時のポイント

スマートフォンでチェックする女性

求人票をチェックする際のポイントとして、いくつか気を付けたいことがあります。

「常勤」「非常勤」の求人があった時には、その文字だけでなく、無期雇用(正規雇用・正社員)なのか有期雇用(非正規雇用・契約社員・派遣社員)なのかを確認するようにしてください。

そして、給与や福利厚生などの面を考慮して、十分な収入が得られるのかをしっかり検討しましょう。昇進・昇給などの面などについても、具体的なことがわからない場合は確認をした方がベターです。

また、最初は非常勤から始まっても後から常勤になっていくケースもあります。非常勤だからとネガティブに考えず、スキルアップや求めるキャリアにつながると判断できる場合には非常勤から始めてみるという選択肢もあります。

求人票の見方のポイント・ブラック企業を見抜くコツは?

常勤・非常勤の定義は決められていない

常勤と非常勤の区別について、「正規」「非正規」と同じものと誤解されていることも多いのですが、実際には全くの別物です。常勤と非常勤の違いは労働時間であり、雇用上の契約期間ではありませんし、ましてや待遇面でもありません。

常勤や非常勤という働き方に給与や待遇はついてくるもので、その内容は業界や業種、職場によって実に様々です。

今はワークライフバランスをよく考えるべき時代になっていますので、常勤か非常勤かという選択は非常に大事な選択となります。イメージだけでなく、地に足をつけて自分の状況を考えて判断しましょう。