履歴書は手書きかパソコンか?作成方法を選ぶ際の判断基準

履歴書を手書きにしようか、パソコンで作成しようか迷った時に、判断する基準が分かれば苦労はしません。ところが、簡単に分かる方法があるんです。ここでは、手書きが好まれる企業とデータが好まれる企業の違いは何か、分かりやすく解説しています。

履歴書は手書きかパソコンか?作成方法を選ぶ際の判断基準

履歴書は手書きかパソコンか?就活におすすめの書き方はどっち?

就職活動において、もっとも気になるポイントの一つといえるのが履歴書の手書き問題です。実は、履歴書については、「絶対○○で書くべき!」というはっきりとした決まりがないことから、応募者としては、どちらにしたらいいのか迷ってしまうのは当然のことです。

そんな迷える就活者のために、ここでは手書きとパソコンのどちらで作るべきなのか、それぞれの長所と短所を交えながら選び方について解説していきます。

手書きかパソコンかを選ぶ際の基本的な考え方

履歴書を書いている就活生

履歴書は手書きか、それとも、パソコンがいいのか…という終わりの見えない論争の中で、どのように判断して履歴書の書き方を選ぶといいのでしょう?実は、履歴書の書き方については賛否両論で、これが正解という方法がないのが現状です。そのため、企業の履歴書に対するスタンスは、次のような3つのパターンに分かれます。

パターン1.手書きで書くのが常識

手書きの文字からは性格や心理が読み取れるほか、日本では「手書き=心がこもっている」と判断されて好印象を与える効果があることから、手書きの履歴書がもっとも一般的です。ただし、手書きなら何でもいいというわけではなく、手書きにしたことで逆に悪い印象を持たれる場合があります。

特に、最低限のルールとして、次のようなことには注意が必要です。

手書きの履歴書のチェックポイント

・文字は丁寧に気持ちを込めて書かれているか
・誤字や脱字はないか
・熱意や志望度は感じられるか
・修正は適切に行われているか

パターン2.パソコンで作るのが望ましい

特に、IT関連企業などに好まれるのがパソコンの履歴書です。手書きの履歴書について、「今どきナンセンス」とか「効率が悪い」などの意見が多いことからも、パソコンの履歴書に対する否定的な見方が分かりますよね。

企業によっては、パソコン作成しないとマイナス評価になったり、初っ端で外されてしまう可能性もあるようです。

170227_resume-computer2
履歴書をパソコンで作るメリット・作成時のポイント

パターン3.どちらでも構わない

内容に間違いがなければ、手書きだろうがパソコンだろうが何でもいい、というスタンスがこのパターンの特徴です。このタイプの企業は特に履歴書へのこだわりがないため、必要事項が明記されていれば、よほどのことがない限りは履歴書のせいで評価が下がるということはありません。

知っておくべきそれぞれの履歴書の長所と短所

履歴書は手書きかパソコンかを議論する大学生

履歴書を手書きにすべきか、パソコンにすべきか迷っているという人は、まずは、それぞれの履歴書の特徴について再確認してみましょう。手書きの履歴書にもパソコンの履歴書にも、短所があれば長所もあります。そのため、それぞれの特徴を理解した上で、目的にあった履歴書を選ぶことが大切です。

手書きの長所

・文字から人柄が感じられる
・きれいな字の人は有利な可能性がある
・温かみがある

手書きの短所

・失敗したら書き直しが必要
・字が汚い人は不利な可能性がある
・時間がかかる

最近は、パソコンの履歴書も認知されつつありますが、まだまだ手書きが当たり前だと考えている企業も多いようですが、一方で「まだ手書きなの?」と捉えられてしまう可能性もあります。

手書きの書き方を迷った時はどうすればいい?

履歴書の書き方に悩む就活生

送られてきた履歴書をみて「この人を採用したい」と思わせるような、採用担当者の目を引く履歴書を作るためは、どのような書き方にするのがいいのでしょう。ここでは、手書きとパソコンの履歴書を選ぶ基準についてご紹介します。

一般的な履歴書の書き方の見極めポイント

履歴書の書き方の見極め方として最も分かりやすいのが、履歴書の提出方法です。応募時にWeb上で提出する場合やメールに添付して送る場合は、基本的にパソコンでの作成となります。反対に、面接時の持参や郵送が求められている場合、特に提出方法の指定がない場合は手書きと判断されます。

また、手書きかパソコンかは、次のような業種によっても分かれます。

手書きの履歴書が好まれる企業のタイプ

・歴史のある大手企業
・公庁関係
・社員の年齢層が高い企業
・パソコンスキルが不要な業種

歴史の長い企業や公庁関係は、手書きの履歴書に対していい印象をもちやすいようです。また、パソコンを使用することがない業種や、お年を召した方が多い職場では、履歴書は手書きが当たり前という考え方は強いといえます。

パソコンで作成した履歴書が好まれる企業のタイプ

・IT関連・Web開発系企業
・外資系企業
・先進的なベンチャー企業
・社員の平均年齢が若い会社

これらの企業では、パソコンのスキルの有無について判断するために、パソコンで作成された履歴書を提出させる場合があることから、くれぐれも手書きの履歴書をスキャンしたデータを送付することのないよう注意しましょう。

添え状や職務経歴書は手書きNG?

パソコンを使って職務経歴書を書く女性

履歴書を手書きにするのか、パソコンで作成するのかは企業によって異なりますが、一緒に提出する添え状や職務経歴書の場合、どちらがいいのでしょう?実は、添え状や職務履歴書はパソコンで作成したものを提出するのがいいとされています。

特に、添え状は、相手の氏名や所属部署、時候の挨拶などを記載した、ビジネス文書を送付する際に欠かせない書類のため、基本的に手書きは避けた方がいいでしょう。また、履歴書は法律上「私文書」として扱われているのに対して、職務経歴書は「ビジネス文書」という考え方が一般的なことから、添え状と同様にパソコンで作成することが望ましいと言えます。

また、これらの書類をパソコンで作成するのには、次のようなメリットがあります。

一度作成すると複数の企業に使える

添え状とは、「履歴書や職務経歴書を送るので見てください」というようなことが書かれた書類のことで、企業ごとの内容を変える必要がないため、パソコンで日付や宛先を変更して使い回すことができます。

過去の職歴を記載する職務経歴書も、基本的には企業ごとの内容を変える必要はありませんが、自己PRについては、応募する企業によってアピールのしかたを変更する必要があることから、使い回しは避け、その都度書き換えるように心がけましょう。

個性をアピールすることができる

履歴書や添え状は一般的に形式が決められているのに対し、職務経歴書にはこれといって決まったフォーマットがない自由形式のため、個性を出すことができる唯一の書類だといえます。そのため、応募する企業に対して、どのようなフォーマットにすれば自分の職務経歴や自己PRを効果的にアピールすることができるのか、十分に考慮して作成することが大切です。

150225_cover-letter-thumb
履歴書の送付状・添え状の例文・見本・書き方

アルバイトに応募する場合はどうすればいい?

新しいアルバイト先を探す女性

アルバイトに応募する場合、特に指定がない限りは手書きが一番無難だといえますが、新規採用や中途採用と同じように、応募する職種によって使い分けた方がいい場合があります。

例えば、売り上げの集計や書類作成を行うようなパソコンスキルが求められる職種の場合は、パソコンで作成するのがベストです。逆に、POPや手書きメニューを作成する機会があるような、小売や飲食店に応募する場合は、あえて手書きを選んだ方がいいでしょう。

150915_part-resume-selfpr2
アルバイトの履歴書を書くときの自己PRの考え方

履歴書は手書きかパソコンか事前に確認しましょう

履歴書を手書きすべきか、それとも、パソコンで作成すべきなのかという判断は難しいことから、作成する際には必ず、応募時の注意事項として提示されていないか?また、企業説明会などで担当者から説明がなかったか?など、あらかじめ確認しておくことが大切です。

事前に書き方の指示が出ていたにもかかわらず、それに反した履歴書を提出してしまうことで、不採用となってしまう恐れがあることから、企業側からの連絡事項には十分に注意しましょう。

未経験業界への転職を考えているなら、業界未経験転職支援実績が約60,000人以上、
転職内定率80.4%以上の就職支援サービスを活用してみてはいかがでしょうか?

>>>関東で未経験業界へ転職するならハタラクティブ

「完全に未経験でも正社員として就職できる求人」をメインに取り扱っています!3stepで簡単登録。まずは一歩踏み出してみませんか?

おすすめコンテンツ