仕事のやる気がなくなった原因・考えられる対策

仕事のやる気をなくしてしまった、という方にその原因と対処法を解説します。仕事に対してやる気をなくすという事は多々あるものです。それについて自覚していなかった思わぬ原因や、読書や名言を参考に具体的にどうすればやる気を取り戻せるのかという方法についてご紹介していきます。

仕事のやる気がなくなった原因・考えられる対策

最近仕事にやる気が出ない…そんな時はどうしたらいい?

多くの人が、仕事をするにあたってやる気が重要だと感じているのではないでしょうか。毎日取り組む事なのですから、そこに自分の気持ちがかかわってくるのは当然です。一日の始まりからやる気を充分に持って仕事に取り組むことができたら、その日の仕事は気分が良いまま進めていけることになります。きっと家路につく時も、清々しい疲れを得ることができるでしょう。

しかし、どうしても気分が乗らない、仕事をしたくない、そんな気分に悩まされていませんか? ここ最近ずっとやる気が出ないという人も、そう少なくはないはずです。では、そもそもなぜやる気が出ないのでしょうか。そこには、自覚していない原因があるのかもしれません。では、その原因にどう立ち向かっていくべきなのか。今回は、やる気の低下について解説していきます。

仕事のやる気がなくなる原因を考える

仕事へのやる気をなくした会社員

まずは仕事のやる気がなくなった原因について冷静に考えてみましょう。一番に考えられる事としては、労働環境が自分に合っていないという事ではないでしょうか。この事に関して悩みを抱えている方は多いでしょう。しかし、具体的に自分はどの点を苦痛だと感じているのか、もう一度見直してみましょう。

残業が多すぎる、休日出勤が続いている、人間関係が自分の思うようにいっていないなど、職場で周りから受けるストレスは、自分が考えているよりも複雑に、幾重にも重なっているのです。何となく嫌だ、という漠然とした気持ちを持つより、自分は今置かれている環境のどこに不満を持っているのかという具体的な原因を考えてみましょう。ひとつだと決めつけていた原因だけでなく、思い当たるところが他にもあるかもしれません。そうであれば、それらが重なって自分のストレスを作っているのだな、と改めて自覚する事ができます。原因を知る事は解決への一歩です。敵がわからないまま戦う事はできません。

仕事以外の問題について考える

そして、意外と忘れがちなのがプライベートでの問題です。家族関係について考えなければならない事があったり、友人とうまくいっていなかったり、恋人とぎくしゃくしていたり、一見すると仕事には関係ないように見えますが、これらも充分やる気をなくしてしまう原因なのです。

他に気になっている事を抱えたまま目の前の仕事に集中する事はできませんし、自然と気持ちが仕事から離れていき、結果的にやる気がなくなってしまうのです。

「うつ」の可能性を疑う

また、原因のひとつとして忘れてはいけないのは「うつ」という病気です。ぐっすりと眠れない、頭がぼーっとしてしまう、などといった事はないでしょうか?体重に大きな変動があったり、わけもなく生きづらさを感じたりするのは、「うつ」の症状である可能性が高いと言えます。

病気、と聞くとなんだか大げさで、そこまでの問題ではないと考えてしまうかもしれません。しかし「うつ」は誰にでもかかる可能性のある「心の風邪」と呼ばれる病気です。自分だけがかからないという考え方は、とても危険です

161121_work-busy2
仕事が忙しい人の特徴は?リフレッシュして余裕を作る方法

仕事のやる気を出すにはどうすればいい?

仕事中に一人になりたくて地下に逃げ込む男性

では、やる気を出すためにはどうすればいいのでしょうか。実際に効果的な方法をご紹介していきます。

良質な睡眠で仕事のやる気を取り戻す

忙しい現代人にとって欠かせないのは、良質な睡眠です。仕事に時間を持って行かれて、睡眠不足が続いているなどといった事が続くと、頭にもやがかかったようになり、体は上から押されているようにだるくなってしまいます。毎晩長く睡眠時間をとれないのであれば、せめて休日には長く寝てみたり、仕事中に少し目を瞑るだけでも効果があります。

150420_spend_the_holiday2
社会人にお勧めの休日の過ごし方!カップルや一人で楽しむ方法

音楽鑑賞も仕事のやる気復活に効果的

好きな音楽を聴く事も効果的です。もし可能であれば、入浴中に聴いてみると良いでしょう。入浴もまた、リラックスして気持ちを穏やかにし、切り替える方法のひとつであるため、音楽と組み合わせてみると効果が増します。

シャワーよりもお風呂に浸かる

リフレッシュに最適なお風呂

シャワーが日課になっている方も多いとは思いますが、全身をお湯に浸す事は身体的にも精神的にも疲れを癒してくれる効果があるので、少しでも時間が取れる日はぜひバスタブにお湯を張ってみてください。肩こりや頭痛など、一日酷使した体を休める事も大切です。体が疲れていると、心もそちらに引きずられがちになります。心身ともに休める事が重要である事を心に留めておきましょう。

読書をして気持ちをリフレッシュ

空いた時間に本を読んでみる事もおすすめです。成功者のエッセイ本などを読んでやる気を高めるのも良いですし、自己啓発本を読むのも良いでしょう。こういった種類の本は、書店でもコーナーが作られているようにとても需要があるものです。需要があるという事は、それを求める現代人が多くいるという事実の現れです。そこからやる気を得られる可能性が高いと言えます。温かいコーヒーやお茶などを飲みながら、興味のある部分だけでも読んでみましょう。何か琴線に触れるものがあるかもしれません。

仕事前の振り返りも大切

そして、自分に働きかける事も重要です。自分の仕事ぶりに対して「自分が悪い」のではなく、「自分がどうするべきか」を考えましょう。反省は大切ですが自分を責めてはいけません。具体的に取り組む事を決め、小さなノルマを一日にひとつ作り、そこに向かって一日の仕事を始める事も効果的です。まずこれをやってから今日の仕事を始めよう、と何かを決めておくのも良いでしょう。

150324_itcan_features2
仕事ができる人が実践する9つの特徴

やる気が出ない時に思い出したい言葉

未来への希望を表す朝日

ジョン・ワナメーカーは「自分の仕事を愛し、その日の仕事を完全に成し遂げて満足した、軽い気持ちで晩餐の卓に帰れる人が、世界で最も幸福な人だ。」という名言を残しています。自分も今の仕事を少しだけ愛してみれば、今日家へ帰る時に少しだけ幸福になれるかもしれない。そんな気持ちで家を出るといいかもしれません。

また、アロンゾ・N・ベンは「物事を始める勇気と、喜んでそれをやり続ける気概が成功の必須条件である。」という名言を残しています。朝目が覚めた時、その日一日の仕事を成功させるために、一歩踏み出す勇気を持つという心構えを持ちましょう。ほんの少しの勇気を出せば、一度湧いたやる気を継続させる事は、思いのほか簡単な事なのです。

そして、リチャード・チェンバーランドは「日々全力で取り組むことが重要。すり減らす方が錆び付かせるましだ。」という名言を残しています。一日全力で仕事をするのは確かに大変な事です。ですが、重要なのは全力で取り組んだという事。だらだらと取り組むよりは、全力を出す方が結果的には気分が良くなるものなのです。

161114_effort-quotation2
努力の名言でやる気アップ・読むと勇気が出る偉人の名言集

仕事への考え方を見つめ直してみる

自分の仕事を見直すやる気のある猫

自分が今不得意だと感じている事はないでしょうか?エクセルのこの使い方が少し遅いかもしれない、電話応対に緊張してしまう、タイピングをもっと正確にしたい、など、仕事をする上で何か引っかかる事があるかもしれません。ならば、それがあるから憂鬱だと考えるのではなく、今日はそれを少しでも上手くいくようにしよう、と考えるのがいいでしょう。小さな事がやる気をなくしてしまう原因ならば、小さな努力でそれに打ち勝ちましょう

心の支えになる人を見つける

また、知らないうちに自分を責めすぎる人ほど、憂鬱になり、やる気を失いがちです。暗い気持ちのまま自分だけで抱え込むと、どうしても悪い方に考えがちになってしまいます。どうしてもつらい時に、一番相談しやすい人を見つけておくことも大切です。仕事で頭がいっぱいになりがちだと思ったら、家族や友人、恋人、職場の同僚、カウンセラーなど、少しでも自分が今考えている悩みを打ち明けてみましょう。誰かに話す事で仕事への考え方が変わるかもしれませんし、相談相手のほんの一言が思いがけずあなたの支えになるかもしれません。

仕事へのやる気は自分に合った方法で上げる事ができる

仕事のやる気がなくなった、という事は誰もが一度は経験するでしょう。心がもやもやとしていて、なかなか晴れない、気分がすぐれない、という事は決して悪い事ではありません。人間として、社会人として生きているならば、当然起こり得る事なのです。それに対して自分を過度に非難するのはやめましょう。それはマイナスにしかなりません。

仕事のやる気をなくしてしまう原因は、人それぞれ多岐にわたります。できるだけ原因を明確にして、それを取り除けないか考えてみましょう。また、どうしてもその原因を解消したり、遠ざける事が難しいのであれば、思い切って目を逸らしてしまうのもいいかもしれません。

休日は趣味に没頭すると決めてみたり、帰宅したらすぐに寝る支度をしてしまえばいいと考えてみたり、簡単な事を常に頭の中に置いてみるだけで、つらい気持ちから離れる事ができます。仕事だけが自分や、人生の全てだと思い込まないようにする事が大事だと言えるでしょう

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ