Loading

仕事の悩みの人間関係を解決する方法

仕事の人間関係でお悩みの皆さん、会社を辞めてしまう前に「自分が一体どのようなことに苦しんでいるのか」を分析してみませんか?!そうすることで辛い状況から抜け出せるヒントを見つけることができるのです。

仕事の悩みの人間関係を解決する方法

仕事の悩み・第一位!辛い人間関係から脱出する方法とは

誰でも一度は抱えたことのある問題、それが仕事の人間関係の悩みです。辛い日常を続けた末に、会社を辞めてしまう原因にもなってしまいます。

しかし世の中、「辛くない仕事なんて存在しない」のです。自分だけが悩みを抱えているだけではなく、涼しい顔をしてあなたの隣で働いている人だって同じくらいの悩みや問題を持っています

それでも逃げずに続けなければならないのが仕事です。勢いで仕事を辞めてしまい後で後悔する前に、あなたが抱えている人間関係の悩みを分析することから始めましょう。頭の中でぼんやりと「辛い!」「辞めたい!」では、自分の気持ちの方向転換をすることさえできません。

ここでは「仕事を辞める!」という瀬戸際で最悪の事態を招かないために、仕事の人間関係お悩み解決法をご紹介します。

1.会社の上司がウザい?!小言が多い先輩の本心を探れ

仕事の人間関係での悩みと言えば、やはり上司との関係性が大きいのではないでしょうか。しかしお小言がうるさい上司が「なぜ自分に対して怒るのか」を分析すると、「ウザいウザい!」と思うだけではなく心の逃げ場を見つけることができますよ。

上司がウザくて態度にでる社員

とにかく誰に対してもケチをつけたがる上司

人を選ばずにみんなに対してケチをつけたがる上司や先輩、こちらは全く悩む必要ありません。お小言を言いたい人は、どんな状況下でも口を出さずにはいられない性分なのです。「お小言キャラなんだな」と割り切って、怒られないように頑張るのみです!

自分だけに厳しく当たる上司

他の同僚には甘いのに、なぜか自分にだけキツく当たる上司や先輩がいます。この手の先輩や上司は、以下に挙げる4つのタイプに分けることができます。

【タイプ1.そもそも人間的に会わない】

人にはそれぞれ相性があります。意地悪をされていると感じなければ、「合わないな」と割り切るか、少し頑張って好かれる努力をしましょう。

【タイプ2.あなたに可愛げが無い】

仕事をする上で無理して媚を売る必要はありません。しかし仕事場の雰囲気が良くなるように自分の態度や受け答えを感じ良くするのは、社会人として当然のことです。

「仕事するのに感じ良い人を演じるなんて馬鹿みたい!」と割り切っている人は考え方を変えましょう。自分の大人げない態度が仕事の人間関係の悩みの根源になっているかもしれません。

【タイプ3.あなたが仕事をできない】

仕事で失敗やミスが多く、何度注意されても改善されない人は、上司や先輩に厳しく当たられても仕方がありません。ミスを繰り返す人は怒られたことにショックを受けますが、自分の失敗を言及することはありません。

「私は頑張っているのに!」と思いながらミスをする人、それは「頑張れていない」ということなのです。頑張り方が分からない人は、ミスをしなくなくなるまで上司や先輩にすがりついて仕事を叩きこんでもらう熱意を見せましょう。

自分のプライドや体裁を気にして誰にも助けを求めず、涼しい顔をして同じ失敗を繰り返していると「ダメだ、こりゃ」と怒られることもなくなり孤立してしまいますよ!

【タイプ4.意地悪をされている】

仕事はきちんとしていて態度も良いのに冷たく当たってくる上司というのは、どこの会社にも一人や二人いるものです。諦めて放っておくしかありません。しかし万が一、仕事の邪魔をされたり陰口を叩かれて孤立させられるような場合は、それは明らかに意地悪です。

早い段階で会社の上司や人事部などに相談をしておきましょう。「大事にしたくない!」と思われる方も多いかと思いますが、自分が苦しい思いをして嫌な環境で働き続けることはありません。

可能であるならば違う部署に異動させてもらうことをおすすめします。その際には会社内にある保健室や精神科などのカウンセラーの先生に心の診断をしておいてもらいましょう。

心の問題はひどくなるにつれて体の健康を崩してしまう強い力を持っています。「意地悪」だと感じたら早い段階で公的に自分を守る方法を模索しましょう。

150624_workplace-stress2
職場のストレスが限界になる前にするケース別対処法

2.こんな人、いますよね?!まるで昼ドラの悪役のような同僚

仕事の悩みの種となるのが、「人を嫌な気持ちにさせる性格の悪い同僚」ではないでしょうか。そんな昼ドラの悪役のような同僚への対処法をご紹介します。

悪役のような凶悪な表情の上司

【歩く週刊誌?!噂話が大好きな同僚】

人のことばかり気になって詮索をかけてくるウザい同僚、仲良いわけでもないの好き勝手な噂を流されて困っている人も多いかと思います。

この手の同僚に面と向かって戦いを挑むのはエネルギーの無駄です。ムキになるだけ周囲の注目を集めてしまい逆効果になってしまいます。

どんな噂を流されても毅然とした態度で仕事に打ち込んでさえすれば、周囲の人間は噂に惑わされずに正当な評価を下してくれます。

【ライバル心むき出し!足を引っ張ってくる同僚】

あなたをライバル視してくる同僚、こちらもムキになって相手にしてはいけません。仕事を邪魔してきたり足を引っ張ってくる場合は、気付いた時点で上司や周りの人に報告をしておきましょう。

ライバル心を向けてくる同僚には、大きく力の差を見せつけることが大切です。仕事に活かせるような資格を取ったりして、同じ土俵にいないように自分磨きに集中しましょう。

150514_workplace_human2
職場の人間関係を改善して快適なオフィスライフにする方法

仕事で「意地悪」を感じたら即対処!自分を守る技を身に着けよう

仕事の人間関係ほど複雑なものはありません。しかし人間関係の悩みの根底を探ると、自分次第でどうにか改善できることも多いのです。

意地悪をする悪い顔の上司

しかしその悩みの人間関係に明らかな「意地悪」が存在していると感じたら、すぐに自分を守るために動き出すことが大切です。毎日理不尽な意地悪に傷ついて仕事を辞め、働くことができなくなるほどのトラウマにならないことが重要なのです。

まずは自分が抱える人間関係の悩みの原因を突き詰めることから始めましょう。もちろん客観的な意見を知るために友人や知人に相談し、あらゆる人の意見を聞いた上でそれが「意地悪」だという結論に至ったら以下のステップを踏みましょう。

  1. お世話になっている先輩に相談する
    まずは身近な人に相談してみましょう。


  2. 直属の上司に報告する
    ここまでくると相談ではなく、自分に起きている現状を報告しましょう。


  3. カウンセラーに診断してもらう
    心の病も立派な病気です。気負わずに話を聞いてもらい、必ず診断書を出してもらいましょう。


  4. 人事部に相談する
    なかなか状況が改善されない場合は、上司と相談して人事部にかけあってもらいましょう。上司の助けを得られない場合は、カウンセラーの診断書を持って人事部に異動の相談をしに行くことをお勧めします。

明らかに自分に非が無い場合は、上記のようなステップを踏んで早急に今の状況から抜け出すように努力しましょう。

150501_work-_humanrelations2
仕事の人間関係を円滑にする6つのポイント

病気になってしまうくらい嫌な環境に居続けることが、「頑張る」ということではありません。

自分が壊れてしまう前に早めの処置を取って、より良い環境で働けるようにしていきましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ