Loading

仕事のやりがいとは?前向きになるやりがいの見つけ方

仕事にやりがいを感じていますか?感じている人は、どんな時に感じていますか?また、感じていない人はなぜ感じることができないと思いますか?仕事のやりがいといっても、性別や価値観によっても、何にやりがいを感じるかは様々です。自分が仕事に対するやりがいを見つける方法を紹介します。

仕事のやりがいとは?前向きになるやりがいの見つけ方

仕事にやりがいを見つける方法とは?男女別!やりがいのある仕事ランキング

昔の人は、社会に出て仕事をすることは大変であることを「男子家を出ずれば7人の敵あり」ということわざで表しました。これは男の人が玄関の敷居をまたいで家を出たらば、そこにはたくさんの競争相手や敵がいる。つまり仕事をしてお金を稼ぐことは、楽しいことよりも、難しいことや苦労が多いということを伝えています。

ですが最近では、昔のように仕事は「辛く」「苦労が多い」ことだけでなく、いかに「やりがい」「生きがい」が感じられるか、といったことが注目されています。

そもそも仕事のやりがいとは?やりがいには個人差がある

仕事のやりがいを探している女性

それは考えてみれば当然のことで、例えば大学を卒業し23歳から、60歳の定年まで、一日9時間、週休二日で働くと仮定すると、一年で2160時間、82080時間も働くことになります。
祝日やお盆、年末年始を含めるともう少し少ないかもしれませんが、実際は一日の労働時間が見積もり以上のことがほとんどでしょうし、さらには今後定年が伸びることを考えれば、もっと多くの時間を仕事のために費やすことになります。

もし仕事がただつまらなく辛いだけにしか感じないのであれば、それは人生の多くの時間をつまらなく辛いことに費やしていることになり、とても勿体ないことだと多くの人が気づき始めたのでしょう。

ですが、仕事のやりがいとは何でしょうか?そして、人はどのようなことにやりがいを感じるのでしょうか。

一つ言えるのは、何にやりがいを感じるかは人それぞれということです。性別によっても、年齢によっても、価値観によっても様々です。女性においては結婚や子育てを考えた時、仕事に対する考え方や取り組み方も流動的にならざるを得ませんし、20代と40代では体力も違います。
どんな大義名分があったとしても、年齢が上がるにつれて、体力的に厳しい状況で仕事を続けてはモチベーションが保てません。
また、収入面でやりがいを感じる人もいれば、お金ではなく業務内容に興味を持てなければやりがいを感じられない人もいます。

150730_workthatsuitable-foryourself2
向いてる仕事が見つかる自分探しの方法7つ

仕事にやりがいは必要なのか?

やりがいとは何か自問自答する男性

最近は「好きを仕事に」「昔からの夢を叶えて~になりました」というような人ばかりがクローズアップされています。では、「好きを仕事に」できない人、していない人は、負け組なのでしょうか?そうした人は、仕事に対してやりがいを感じることはそもそも無理なのでしょうか?

はっきりと言えることは「やりがい」と言うと、まるで水を得た魚のように、自分にしかできない仕事を生き生きとやっている人が言うセリフのように思ってしまいますが、そうではありません。
仕事を通じ、お金という対価を頂く以上、それは誰かの役に立っていること。やりがいに上も下もありません。誰であっても、どんな仕事であっても、考え方一つ、見方一つで「やりがい」を持つことはできるのです。
誰しも、仕事に行き詰まりを感じた時、自分に言い訳をしてしまいます。それは多くの場合、「自分はこの仕事に向いていない」「好きなことを仕事にしているわけではないから、やりがいを持てない」というもの。
それは、半分当たっているのかもしれませんが、半分間違っているのです。
なぜなら、やりがいは「好きを仕事に」している人だけの専売特許ではないからです。誰に対しても、何に対しても、門戸は開かれています。あなた自身が、今の仕事にやりがいを見出したいと思いさえすれば。

150724_the-work2
仕事とは何か?迷った時の参考になる仕事哲学

仕事のやりがいを見つける方法

やりがいのある仕事が見つかった女性

よく、「仕事は仕事と割り切って、その分余暇の時間を充実させることを考える」という人がいます。もちろんそれは個人の価値観ですから、間違っているとは言えません。
しかし、それではお金のためだけに自分の大切な人生の時間を捧げているのと同じ。仕事と割り切るほどに、仕事の仕方においてもコストパフォーマンス重視で機械的になってしまいます。
では、仕事のやりがいを見つけるためにはどうすればいいのでしょうか?

1.生き生きと働いている人を観察する

職場には、必ず人から頼られ、生き生きと働いている人がいるはずです。そういう人を見つけたら、ランチに誘ってみるなど話しかけてみて下さい。
仕事が上手くいっている人の思考法やメンタルは、その人と話したり、観察することで取り入れることができるもの。
同じ仕事を与えられても、与えられた仕事以上に結果を出そうと努力する人もいれば、与えられた仕事をいかに低燃費でこなすかということに尽力する人もいるのです。

前者の人と後者の人は、何も生来の働き者だとか怠け者だとかいう違いではなく、ひとえに「習慣」と「意識」の差だと言えます。自分の周囲に前者の人のようなモデルが多ければ、自然に自分もそのようになれるのです。

まずは、自分がなりたい姿を体現している先輩や同僚を探し、その人の習慣や意識を真似てみましょう。

2.自分の仕事が誰の役に立っているかを深く考えてみる。

営業など直接外部とやり取りできる職種なら、自社の商品を使うユーザーや消費者を思い浮かべるのが分かりやすいかもしれませんが、例えば経理や総務などの内勤の場合、直接的に自分の仕事が誰かの役に立っていると感じることは難しいかもしれません。

ですが、たとえ誰でもできる仕事であったとしても、誰かがそれをしなければ困る人がいるのです。それをやることで、助かる人がいるのです。
一人の仕事はとても些細なことで小さなものに感じられても、会社全体の仕事の中で意味を持ったものと理解することで、やりがいを感じることができるかもしれません。

3.働くことで、好きなものを買う・家族を養う

仮に仕事そのものにやりがいをどうしても持てない場合は、仕事をすることで自分の好きなことにお金を使えたり、家族を養えることにやりがいを見出すのも一つです。
実際、家族がいる人は、家族や子供の笑顔が、仕事を頑張る張り合いになっているでしょうし、旅行や買い物が、仕事のストレス発散の上位に来るのもそうした理由でしょう。仕事を頑張ることで得られる対価によって、こんな生活ができるという実感が持てれば、仕事に対するモチベーションも上がるでしょう。

やりがいのある仕事とはどんなもの?男女別ランキングTOP3

工場の仕事が生きがいの男性

先述したように、人によって何にやりがいを持つかは違いますが、やりがいのある仕事というと、一般的にどのようなものが挙がるのでしょうか。

男性がやりがいを感じられる仕事

1位 臨床・治験関係

理由:専門性が高く、社会貢献性の高い「健康」に貢献できる。

2位 秘書

理由:周囲から評価され、仕事を通じて毎日成長できる分野。

3位 コンサルタント

理由:自分にしかできない仕事で、プロセスから結果まで自分次第というやりがいがある。

女性がやりがいを感じられる仕事

1位 美容師・理容師・アシスタント

理由:専門性があり、技術が必要でお客様に喜ばれた時に成長とやりがいを実感できる。

2位 貿易事務

理由:技術通訳が上手くできた時など、社内とクライアント間の人の間に立つ仕事ならではのやりがいがある。

3位 看護師

理由:退院した時、病状が快方に向かった時に患者さんに感謝される。ハードな局面も多いが人の役に立っていると実感しやすい。

男性と女性で違う「やりがい」

自分の好きなことを仕事にしている女性

このように見ていくと、男性はやりがいのある仕事に対して、「収入」と「専門性」を意識しているのに対し、女性は「資格」や、人に感謝されるなど、直接役に立っていることを実感しやすい仕事を「やりがいのある」仕事と考えている傾向があるようです。
実際、女性は子育てなどで一時仕事を休止せざるを得ないことが多く、美容師や看護師などは子育てが一段落してからも復帰しやすい仕事と言えます。
また、貿易事務のような専門性を活かしつつ、一般の事務では得られないようなやりがいも得られる仕事は女性の人気も高くなるのでしょう。

まずは小さなことから始めよう!

150713_work-painful3
仕事が辛いときに気持ちを和らげる方法

やりがいというと、どうしても大きなことを思い描いてしまいますが、まずは小さなことから考えましょう。
例えば、「今日はいつもより〇件多く訪問できた」「昨日よりも〇件多く電話をかけられた」「ミスなくタイピングできた」「資料を整理して見やすくできた」など、そのようなことを一日一日、積み重ねることから始めていくのです。

些細なやりがいや達成感を積み重ねていくと、「この仕事を任せてみようか……」と上司に思われたり、得意先から仕事がもらえたりと、これまでと違う仕事が舞い込むことだってあるのです。大切なのは、どんなに小さな仕事でも軽んじることなく、後回しにしないこと
そうすることで周囲から信頼され、任せてもらえる範囲が広がっていきます。もしかしたらそれは、学生時代にあなたが思い描いていたような「やりがい」ではないかもしれませんが、好き嫌いではなく、まずは着実に目の前の仕事に全力投球することが、いつか本当に「やりがい」のある仕事に巡り合うための一歩となるはずです。

スポンサーリンク