仕事でミスしない対策と気分の切り替え方

仕事で何度指摘されても同じミスをしてしまうなら、かなりの自己嫌悪に陥ります。「わたし、仕事には向いていないかも・・・」と考えてしまうこともあるでしょう。そんな方でも簡単に実行できる仕事のミスを減らす技についてご紹介します。ミスをした場合は気持ちまで落ち込んでしまいます。落ち込んだ気持ちのまま仕事をしてもまたミスをしてしまう可能性もあります。気分の切り替え方法も併せて紹介するので参考にしてください。

仕事でミスしない対策と気分の切り替え方

仕事のミスを減らすために、ミスを3つの種類に分類しよう

あまりにもミスを連発すると、「この仕事、向いていないのかな」「私って、駄目な人間かも」と落ち込んでしまいます。仕事上のミスを減らすためには、ミスの種類を分類することから始めるのが得策です。ミスの種類を把握し、種類ごとに対策を立てましょう。

1.思い込みによるミス

本来すべきことではないのに、「このようにするものだ」と思い込んで行動してしまうことがあります。例えば、会議室のテーブルに資料が何百枚も無造作に置かれていたとします。「だれかが散らかしたのかな」と思い込んで、きれいに整えたとしましょう。

思い込みが激しいキメ顔の男性

ですが、実はその資料は意図があって積まれていたのかもしれません。「せっかく、区分けをしていたのに!」とあとで大目玉を食うこともありえるのです。

思い込みによるミスを防ぐには、

  • 普段から行動をする前に、周囲に確認することを徹底する
  • 事務処理などを、極度にパターン化しないようにする
  • 自分に課せられた仕事なのかを考える

この3つを実行することで、思い込みによるミスや、先走った行為を防ぐことができるのです。

2.確認不足によるミス

ちょっと確認しておくだけで防げるミスも、非常に多いです。「何度も確認するのは、面倒」「確認ばかりして、怒られるのではないかな」とは考えないで、確認不足ミスが多い人はしつこいくらいに確認する癖をつけましょう。

確認不測によるミスをしてしまった男性

確認不足ミスを防ぐためには、

  • 仕事の体系をしっかり把握して、どの業務はだれに確認するかを理解する
  • 確認したかどうかをチェックするために、一旦仕事が終わったら「要確認」と書いた付箋をつけておく
  • 「仕事→確認」のくせをつける

確認ミスが続くなら、仕事における信頼度だけでなく、チームとしての自覚欠如と考えられて今います。ちょっとくどいかなと思う程度に確認することが大事です。

3.うっかりミス

ミスの中でも「あ、うっかりした」「あれ、そうだっけ」といううっかりミスが最も多く、もっとも厄介といえるでしょう。

うっかりミスを防ぐためには、

  • 急いでこなせそうな仕事でも、必要以上に急いでこなさないようにする。「時間より正確さ」と常に自分に言い聞かせる
  • 適度に休憩をはさんで、処理能力が落ちないようにセルフコントロールする
  • 途中で異なる依頼を受けた場合も、急ぎの用事ではない限り仕事に一段落つくまでは取り掛からないようにする

うっかりミスをなくせば、仕事上のミスのほとんど克服できたといっても過言ではありません。うっかりミス撲滅をめざし、努力していきましょう。

150415_self_control2
【就活生のメンタルセルフコントロール術】折れない心のつくり方5つ

仕事でミスが出やすいのは、こんな時

ミスが出るには、それ相応の理由があると言えます。ミスをなくす努力も大切ですが、ミスをなくす環境作りを行うことも大切です。

仕事のミスに厳しい男性

ミスが出やすいのは、疲れているとき、睡眠不足の時、仕事以外で気に取られることがあるとき、仕事の目的を把握できない時です。体調管理や目的把握など、自分で調整できることを着実に行うことが、ミスをなくす最善策といえるのです。

ミスをしないようにと緊張するのではなく、「準備も確実にした。ちゃんと休養もとれている。きっとミスなく仕事をこなせる」と自己暗示をかけることも、ミスを減らすことにつながります。

それでもミスをしてしまった時は気分を切りえる方法3つ

体調管理も万全に行い、仕事の準備や理解すべき点などもしっかり把握したにもかかわらず、ミスをしてしまった時は、どうやって気分を切り替えることができるでしょうか。

1.考えるよりまず休養

休養中のねこ

思ったよりも体に疲労が残っていたのかもしれません。「どうしてミスをしてしまったんだろう」と悩むよりも、明日の業務に向けて早めに就寝しましょう

2.時間を決めて反省する

一人でミスについて考えていると、「会社に行ってまた怒られるのが怖い・・・」「こんなにミスが続くならクビになるかも」と、だんだんネガティブな思考に走っていきます。もちろんミスを反省するのは大事なことですが、後ろばかり振り返っていては成長できません。

「このことについてはあと10分だけ考えよう」と、時間を決めて反省するだけ反省してしまいましょう。決めた時間内で反省点を手帳に書き出し、今日のミスについては忘れましょう

3.運動して、気分転換

体を休めていると、ミスについて何度も考えてしまいます。人間の体と心は密接に結びついていますので、体を忙しく動かしているときは、考え事はあまりしないで済むのです。

会社帰りにゴルフの打ちっぱなしやヨガ、ジムなどに出向き、リフレッシュするのも良い方法です。気持ちの良い汗をかけば、落ち込んでいた気持ちも明るく前向きになっているでしょう。

150412_method_diversion2
気分転換でストレス解消する方法7選

仕事のミスを受け止めると社会人として成長できる

新入社員の方は一度ミスをすると仕事に対して萎縮してしまいミスがミスを呼ぶスパイラル状態に陥ってしまう可能性もあります。ミスをしない人間などいません。どんなベテランでも、ミスをしつつ仕事をこなしているのです。ミスは隠そうとするのではなくしっかり受けとめることで、社会人として成長することができるのです。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ