仕事の人間関係を円滑にする6つのポイント

職場の人間関係で孤立してしまい、仕事に行くのが辛いという方に読んで頂きたい6つの人間関係を円滑にするポイントを紹介します。ストレスで疲れてもう限界!となる前に仕事と割り切って人間関係を築くのも有効な手段となります。

仕事の人間関係を円滑にする6つのポイント

人間関係を良好にしてストレスのない職場環境を構築する

どれだけメンタルが強い人でも仕事の人間関係に悩む事があります。仕事は順調でも人間関係が良好にならなければ根本的な悩みを解決する事は難しいでしょう。ではどのような方法で悩みを解決するのか、少しだけ見方を変える事で考えも変化してきます。職場の上司や同僚、部下との人間関係は上手く行っていない方は参考にしてください。

1.積極的な挨拶で職場環境を改善する

職場に苦手な人や、あまり得意ではない人がいる場合、どうしてもその人のことを避けがちになってしまいます。それでは人間関係が円滑にならないので、ストレスを感じてしまうこともあるでしょう。

気だるい挨拶をする社員達

仕事に良くない影響がでる可能性もあるので、早めに改善する必要があります。ではどのように改善すると良いのでしょうか。それは自分から積極的に挨拶を交わすこと。

社会人として当然のことですが、苦手な人がいる場合は無意識に挨拶をしていないことがあります。このようなことが続いてしまうと相手にも嫌われてしまうので、さらに関係が悪化する可能性もあるでしょう。

挨拶する時のポイントは相手の目をしっかり見ることです。そうすることで相手も自分に挨拶をしているな、という意識を持たせることができます。

仕事の人間関係で辛い思いをしている方や、孤立ぎみな方の会話のきっかけとしても挨拶は効果的な改善方法と言えます。また、挨拶をきっかけに会話する事もできるので、苦手な人との関係改善を考えている方は挨拶から始めて見ましょう。

2.苦手意識を持たずにコミュニケーションを取る事が大切

職場の人間関係の改善には相手とよくコミュニケーションをする事が重要です。苦手な人と話すのはムリ!という方も一度じっくり話しをしてみると、意外と気が合うかもしれません。

苦しみながらも頑張る男性

しかし唐突に話しをするのは得策ではありません。相手の方が仕事で忙しいときもあるので、仕事場の空気を読み判断しましょう。また相手と話をするときは、機嫌を伺いながら話をする事が重要です。

相手に合わせるのは絶対に嫌、という方もいると思いますがこれで人間関係が良好になり、ストレスから開放されると思ってグッと堪えてください。

コミュニケーションを取ったことがないのに人を嫌うことは良い事ではありません。決して見た目で判断する事はしないでください。

嫌な人でも必ず良い所が一つはあるはずです。その良い部分を会話から発見することで、その人を好きになる可能性もあるのです。仕事のグチを相談し合える仲に発展する事もあるので、第一印象で人を判断せずにしっかり会話をして円滑な人間関係を築きましょう。

3.話を良く聞く事で自分を好きになってもらう

仕事の人間関係を改善するにはコミュニケーションが大切です。でも趣味や性格が合わないので話ができない、と考えている方は無理に話をしなくても大丈夫です。それでは会話が成立しない、と思う方も安心してください。話をする時は相手に喋ってもらうのです。

人間関係を改善する方法は、その人を好きになる事です。しかし相手のことを知らなければ好きになるどころか不安になる一方です。

話を聞いてもらうという事に抵抗がある人は少なく、むしろ殆どの人が自分の話を聞いてもらいたい、と思っているでしょう。話を聞いてくれる人に好意を持ちやすいのはその為です。

150415_self_control2
【就活生のメンタルセルフコントロール術】折れない心のつくり方5つ

会話で相手のことを質問すると話のタネにもなり、相手のことを理解する事もできるので仕事の人間関係は自然と改善する事でしょう。

あまり話しをしない方には、一言で答えられるような会話を選ぶと良いでしょう。一言の会話でも繰り返し話をする事で相手との信頼関係を構築する事ができます。

話を良く聞いて、相手に自分の事を好きになってもらいましょう。

4.楽しい会話を演じて良好な人間関係をキープする

職場で苦手な人に話しかけられた場合、あまり良い返事をしない方がいますが、それは非常にもったいない事をしています。相手から話しかけてきたという事は仕事の人間関係を改善するための絶好のチャンスなのです。

楽しいフリをする男性社員

そのチャンスを活かすのは自分次第なのですが、どのように活かすと良いのでしょうか。会話が続かない、早くどっか行ってくれないかなー、と思っていても態度に出さずに、ハキハキ話し楽しい会話を演じましょう。

楽しい会話を演じるというとハードルが高く感じますが、ただいつもより少しテンションを上げぎみで会話をするだけです。あまり上げすぎると不審に思われ職場に噂が広がってしまうので注意が必要です。

演じるという事は暗示に近いものがあり、「楽しい会話としている」と自分に言い聞かせることで気分も楽しくなるのです。楽しさが相手にも伝わるので人間関係も良好になるでしょう。

5.社内グループはストレスの巣窟!ストレスを感じたら早めに退避

仕事の人間関係の悩みで多いのが社内でグループを作ってしまい近い関係なのに、それがストレスに感じるケースです。このケースは特に女性に該当する場合が殆どです。近い関係であればあるほど、ストレスの蓄積具合はより大きなものになります。

グループ内で陰口など言われてしまうと、気分が落ち込み最悪のケースだと鬱になってしまう事もあるでしょう。

このグループ内の人間関係を改善する方法は唯一つ。社内でグループを作らない、という事です。グループをつくってしまうと他の人との繋がりが少なくなり視野が狭くなってしまいます。そうなると考えも固定されてしまう、それがストレスの原因となるのです。

150501_work-motivation2
仕事のモチベーションを上げる8つの方法

このストレスのはけ口としてグループ内の相手に当たってしまう、という事になります。こうなってしまうと改善するのは難しいので既にグループが出来ている方は、昼食の時間を変更するなどして、一度距離をとる事をおすすめします。

社内のグループの人間関係で悩んでいる方のストレスは、非常に大きいので爆発する前に出来る限りの方法で逃げ出すことを優先して考えましょう。

6.人間関係に限界を感じたら即座に割り切る

仕事の人間関係に疲れた方には、人間関係を割り切るという究極の方法をお勧めします。これは職場の人間関係で悟りを開いたベテラン社員がよく使う方法です。

ストレスで行き倒れる男性社員

具体的にどのような方法かと言うと、職場の全ての人間関係を「仕事だから」と割り切り、ひたすら業務に没頭します。社内に聞こえるような声を出すのは出社時と退社時の挨拶のみ、仕事中は必要のない会話はせずに、退社時間になると、すーっと帰宅していきます。

実はこのような働き方が仕事としては一番効率が良い働き方と言えます。職場は本来仕事をする場所なので実に理に適った考え方でしょう。

仕事の人間関係は人によってはストレスでしかなく、メリットがない場合もあります。そのような方は無理に人間関係の構築をしなくても何も問題はないでしょう。

人間関係に煩わしさを感じ、そろそろ限界を迎える方は割り切るという方法を試してみましょう。

150702_wantto-quitwork2
仕事を辞めたい人のやる気アップ術7つ

円滑な人間関係でストレスのない職場環境に

仕事のストレスは人間関係と密接に関係してきます。逆にとらえると人間関係さえ良好に保っていると、今の仕事はストレスフリーな居心地の良い職場と言えます。このように居心地の良い職場環境をつくる、という目標を持つ事で自分から積極的に人間関係の改善をしようと思えるでしょう。

仕事の人間関係には悩みが尽きないですが、全ての社会人が円滑な人間関係を望んでいます。自分から行動に移すことで、職場全体が明るい雰囲気になりストレスのない職場環境を構築する事ができます。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ