Loading

仕事をしたくない人の5つの原因と改善方法

社会人になり毎日働くようになると仕事をしたくないと思うことがあるでしょう。仕事でミスをしたわけでもなく毎日真面目に働いているのに仕事をしたくない感情になる原因はどのような理由があるのでしょうか。原因と改善方法を解説します。

仕事をしたくない人の5つの原因と改善方法

仕事をしたくない理由から改善方法を紹介

生活する上で必要なのはお金です。お金を稼ぐためには働かなくてはいけません。しかし長い人生の中で仕事をしたくない、働きたくないという気持ちになることは一度や二度ではないでしょう。このように仕事に対してモチベーションが上がらないときには原因があります。紹介する5つの原因を理解し改善する方法を紹介します。

1.朝起きるのが辛い

仕事をしたくない原因の一つに朝の起床が辛い、と言う事があります。毎日残業続きの場合は慢性的な寝不足となっています。朝起きること自体がストレスとなっている可能性があります。早く寝るのが一番の解決策なのですが、仕事の状況で早寝もできない事もあります。

気持ちよさそうに寝る女性

改善方法は深い睡眠を効率よく取ることです。睡眠は量より質と言われている通り、睡眠方法を工夫することで睡眠時間が短時間でもスッキリと目を覚ますことができます。

睡眠の質を上げるためにやること

・寝る2時間前には食事を済ませる
・お風呂の温度はぬるめにする
・寝る前にストレッチや筋トレなどの軽い運動をする
・起きる時間を一定にする

熱いお湯の場合は交感神経が活性化され眠気が覚めてしまいます。お風呂の温度をぬるめにすると長時間の入浴も可能になり体の芯を温めてくれます。質の高い睡眠には身体的に適度な疲れが必要です。ストレッチなどの軽い運動をすることで程よい疲れを感じられるでしょう。

毎日起きる時間を一定にすることで体にクセをつける事も質の高い睡眠を取るためには必要なことです。体のリズムも整うので健康にも良いでしょう。

寝る前にしてはいけないこと

・飲酒する
・スマートフォンなどの明るい光を浴びる
・寝られないときに時計をみる
・目覚まし時計のアラームを頭に響く音にしている

寝ながらスマホは絶対にしてはいけません。特に電気を暗くしてからのスマートフォンの操作は光が直接目に入ってくるため、目のダメージも大きく健康にも良くありません。脳も冴えてしまうので睡眠の質も悪くなってしまいます。

寝られないときは時計を見がちですが、これもやってはいけません。時間を確認すると「早く寝ないと」という強迫観念に襲われ不安になってしまいます。この不安が睡眠を妨げてしまうのです。

起床時に注意することは目覚まし時計のアラーム音です。頭に直接響くような、大音量の金属音はやめましょう。このような音は逆に目覚めが悪くなり、機嫌も悪くなります。

このように睡眠の質を上げることで、仕事をしたくない原因となる朝の辛さを改善する方法となります。

2.満員電車がストレスに感じる

満員電車は殆どの方にとってストレスの原因となります。特に通勤時間のラッシュ時には相当のストレスを受けていると言えるでしょう。このストレスが「仕事をしたくない」原因となっています。

山手線の電車の様子

改善策はいくつかあるのですが、どれも行動力が必要なものなので慎重に選択しましょう。

満員電車のストレスを受けない方法

・会社近くに引っ越す
・自転車通勤をする
・会社にお願いして通勤時間を変える

転職の予定がないのであれば、会社から歩ける距離に引っ越すのも一つの改善方法です。会社から近いのであれば朝夕の通勤時間にも余裕がでるので、ストレスも大きく減らすことができます。

引っ越す時間もお金もない方は自転車通勤をおすすめします。満員電車からのストレスを無くせる上に交通費も節約でき運動不足も解消できる、とても効率的な方法です。最初は慣れない自転車通勤に疲れ、仕事が手につかない可能性があるので多少の覚悟が必要です。

現実的な改善策として、会社に勤務時間の変更をお願いすることです。会社によって許可が下りない場合もありますが、聞いてみないことには始まりません。満員電車のストレスが原因でうつ病などの疾病を抱える前に会社に相談してみましょう。

3.人間関係が嫌で会社を辞めたい

社会人は1日の時間の殆どを会社で過ごします。そのため社内にソリが合わない人や苦手な人がいるとストレスを感じてしまい「仕事をしたくない」と思うようになります。このような人間関係の悩みは社会人にとって当たり前のようになっています。

ソリが合わない上司と部下

特に女性間に多いのが陰口など陰湿的ないじめに近い行為です。学生ではないので直接的ではないですが、被害にあった方は余儀なく退職の道を選ぶこともあるようです。

人間関係による原因を改善する方法

・自分から挨拶をする
・社内の人と距離を保って接する
・結婚して寿退社をする

社内に苦手な人がいるとつい避けてしまいます。そのようなことが続くと相手にも避けられ気まずい雰囲気がいつまでも続いてしまいます。改善する方法は自分から積極的に挨拶することです。そうすることで会話のきっかけが始まり、お互い感じていたことが解決される可能性もあります。

また社内の人とは一定の距離を保ち接するのも人間関係を楽にする方法です。付かず離れずの距離を保つことで自分のキャラを確立すると気分もスッキリするでしょう。

奥の手は結婚して寿退社することです。これは相手がいることが前提となるのですが、人間関係による「仕事をしたくない」気持ちを改善するには一番の方法と言えます。今後は会社に行く必要がないからです。

150501_work-_humanrelations2
仕事の人間関係を円滑にする6つのポイント

4.同じ仕事の繰りかえしで嫌気がさしてる

同じ仕事の繰り返しでつまらない、単純な仕事ばかりでもう働きたくない、と感じている方は多いのではないでしょうか。誰でも出来る仕事で自分がやらなくてもいいだろうと感じて「仕事をしたくない」感情が生まれます。

嫌気がさして白目になった男性

新卒者やルーチンワークの多い仕事をしていると陥りやすい感情です。

同じ仕事の繰り返しによる原因を改善する方法

・上司に相談して新しい仕事をもらう
・自分なりの楽しみを見つける
・転職して新しい環境で仕事をする

同じ仕事の繰り返しはメリハリがなく時間が経つのも長く感じるでしょう。その場合は上司に相談して新しい仕事をしましょう。会社にもよりますが、新しい仕事を要求する場合は向上心があるとみなされます。上司や会社にとっても良い印象に映るでしょう。

もしも新しい仕事が無い場合は今の仕事に自分なりの楽しみを見つけましょう。例えばいつもやっている仕事のタイムトライアルをする、いつもより精度を上げて仕事をするなど、違う考え方で仕事を進めることで気分もリフレッシュします。

それでも仕事をしたくないと思うのであれば転職するのも一つの改善方法です。新しい職場と同僚で気分も一新されるでしょう。

150414_hatarakitakunai2
働きたくない人の7つの心理と脱出方法

5.社内の評価が低くやりがいが無い

他の社員よりも努力し、成果も上げているのに何故か評価が低い人がいます。仕事のモチベーションを保つ秘訣は評価が上がることが一つのバロメーターとなります。その為いつまでも評価が低い状態が続くと「仕事をしたくない」と思うでしょう。

ヒールで踏まれる評価が低い男性

何故社内で評価が低いのでしょうかその原因を理解すると改善方法が見えてきます。

社内の評価が低いことによる原因を改善する方法

・自分の成果をアピールする
・社内での発言を増やす
・自分の意見を主張する

自分の成果をしっかりアピールするのも社会人として必要なことです。アピールすることにより会社も評価を見直すきっかけを作ってくれます。

そして社内での発言を増やし存在感を出していきます。成果をだしている方の発言はよっぽどのことが無い限り考慮されるでしょう。そして自分の意見を主張します。そうすることで社内の評価は高くなり仕事に対してやりがいが生まれるでしょう。

150623_meaning-work2
働く意味を見出す7つの方法

仕事をしたい!と思えるように工夫することが重要

仕事をしたくない理由は人により違いがあります。しかし、どのような理由があろうと働かなくてはなりません。解決できずにストレスを溜め、病気になってしまっては大変です。そうなる前に改善する必要があります。

仕事をしたくないと思う5つの原因を自分に当てはめ、考えてみてください。改善方法を参考にし「仕事をしたい!」と思えるよう工夫することが、楽しんで仕事に取り組める秘訣と言えます。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ