旅行代理店の楽しくてハードな仕事内容体験談9

旅行代理店の仕事内容にはツアーの企画を立てたりお客様の要望を叶えたプランを手配したりする仕事です。旅行代理店と旅行会社の違い、ツアーコンダクターやカウンターセールスの業務内容、資格などを紹介します。就職を考えている人は、旅行代理店の良さと大変さを伝える生の声も参考にしてください。

旅行代理店の楽しくてハードな仕事内容体験談9

旅行代理店の仕事内容とは?

旅行が趣味でなくても、修学旅行といった学校行事で旅行をしたことのある人がほとんどでしょう。思いがけないハプニングに見舞われたり、地元では食べられないグルメに舌鼓を打ったりと、旅行はワクワクするものです。そんな旅行の思い出作りのお手伝いをするのが旅行代理店の役割です!旅行代理店の仕事内容を体験談と併せて説明しますので、気になる人はぜひチェックしてください。

そもそも旅行代理店とは?

お客様に旅行のプランを説明をする旅行代理店の男性スタッフ

旅行代理店とは、自社で企画した交通や宿泊等込みのパッケージツアーや、他社の企画を仲介して販売する会社のことを指します。旅行業法では旅行業者は以下の3つに分けられ、旅行代理店は以下に区分された会社と契約を結んで商品(パックツアー等)を代理で販売する「旅行業者代理業」に区分されます。

旅行業者の区分(注1)

  • 第一種旅行業者:観光庁長官のもとに登録され、国内外の企画旅行を立てたりお客様が希望する旅行を手配したりできます。
  • 第二種旅行業者:都道府県知事のもとに登録され、国内の企画旅行を立てたり旅行の手配をしたり出来ます。
  • 第三種旅行業者:都道府県知事のもとに登録され、他社からの受託販売や旅行の手配が出来ます。

法的には明確に区分されていますが、一般的には旅行業者も旅行業者代理業もひとくくりに「旅行会社」と表記しているケースが多いです。もしも旅行会社に勤め始めた際、何か重要な局面になったときは勤めている会社が旅行業者なのか旅行業者代理業なのかを確認してください。

旅行代理店社員の仕事

旅行代理店の主な仕事は、交通機関のチケットや宿泊施設の予約・手配を請け負ったり、ビザの申請を代行したりします。旅行代理店特有の3つの職種と併せて業務内容を紹介しますが、このほかにも旅行代理店によっては法人営業やツアーオペレーションといった業務もあります。

カウンターセールス

旅行代理店ではカウンターセールス、つまりお客様が店舗に訪れた際にカウンターで対応するオフィスワークがメインになります。カウンターにてお客様と対面しながら希望する旅行先や日程等を聞いてツアーを提案したり、航空券の予約を受けたりします。最近はパッケージツアーを利用しないお客様も増えているため、単に商品を販売するだけでなく、いかにお客様の希望に沿った交通機関や宿泊施設の提案が出来るかというコンサルタントとしての力も求められています。

ツアープランナー

ツアーをプランニング(計画)するのがツアープランナーの仕事であり、旅行代理店の中でも人気の仕事です。ツアーの企画や開発、実施したり、マーケティング調査からプランを練ったりします。

パッケージツアーを年中発売するような大手の旅行会社であればツアープランナー専門の部署がありますが、小さい旅行会社ではプランニングに加えてツアーコンダクターやカウンターセールスを兼業することもあります。

ツアーコンダクター

日本語では添乗員と呼ばれているため付き添いというイメージがありますが、英語ではコンダクター、つまり「指揮者」という意味になります。旅行に同行して、あらかじめ組み立てておいたツアーの旅程通りに観光案内したり出入国の手続きなどの説明をしたりと、お客様に旅を快適に楽しんでいただけるように働く仕事です。深い知識や状況に合わせて的確な判断・対応が求められる部分が、「指揮者」と呼ばれる所以でしょう。

役立つ資格

旅行代理店に勤めるときに持っていると役立つ資格

旅行代理店に勤めるために資格が必須と決められてはいませんが、持っていると有利になる資格がいくつかあります。

資格1 旅行業務取扱管理者

旅行業務取扱管理者とは、旅行業者や旅行代理業者が営業所ごとに選任して旅行の取引条件の説明や契約書面の交付といった業務の管理と監督が出来る人のことを指します(注2)。国家資格である旅行業務取扱管理者が営業所ごとに居なくてはいけないのは旅行業法で定められているため、資格を取得しておくと就職・転職に役立ちます。

旅行業務取扱管理者には2種類あり、種類によって取り扱える旅行業務が異なります。国内外の旅行を取り扱う営業所においては総合旅行業務取扱管理者資格が、国内旅行のみの営業所では国内旅行業務取扱管理者資格が必要になります。職務に大きな違いはありませんが、前者の方が取り扱える業務が増えていますので試験科目も1科目多いです(注3)。

資格2 旅程管理主任者

旅行業法で、企画旅行(ツアー旅行等)に同行する主任添乗員は「旅程管理主任者」という国家資格に準ずる、公的な資格を持っていなくてはいけないと決められています(注4)。

総合旅程管理研修と国内旅程管理研修があり、どちらも法令や添乗実務の研修を受けた後に修了テストを受験し合格すると総合、または国内旅程管理者となれます(注5)。合格率は90%以上と高いですが、実務経験がないと試験に合格していても証明書が発行されません。

資格3 言語系の資格

日本を訪れる外国人の数は年々増えており、2016年の時点で英語圏(英・愛・米・加・豪・新)からの訪日外客数は2,326,422人と2015年に訪れていた1,962,931人から36万人以上増えています(注6)。そのためTOEICで良いスコアをとっていると優遇されたり、初めから条件に「TOEIC750点以上」と書いたりしている企業もあるようです。

また2016年の訪日外客数の内、中国語圏(中・台・香・澳)から来た人は12,479,694人にも上りますので、中国語(北京語や広東語など)の需要も高まってきています(注6)。

旅行代理店ツアーコンダクターの仕事内容体験談

添乗員をしてみて

りんご(36歳)


私は旅行会社で主に添乗員の仕事をしていました。添乗の準備の場合は9:00~18:00時が基本の勤務時間になります。準備では旅行コースの確認で手配、予約が入っているか、宿泊先の部屋割り、立ち寄り先の確認、バスの配車、席順の内容で進めていきます。最後に行くお客様へ最後の確認のため電話します。

添乗業務は基本的に出発時間によって勤務時間はバラバラです。朝早く夜は遅いです。当日はバスでお客様のお迎えから始まり観光地の案内、お昼の案内、ホテルの案内をします。帰りは忘れ物がないか確認したりします。一番大変なのは常に気を遣わないといけないことです。

添乗中は気が抜けないので大変ですが最後にお客様から楽しかった、またお願いねと言われるとホッとします。おやすみもバラバラで月に少ないと5日くらいの時もありますが遣り甲斐のある仕事です。

お客様を案内する添乗員の女性スタッフ

どんな仕事より毎日がおもしろい旅行代理店

カウル(32歳)


私が勤務した旅行代理店は、定時が8:30~17:30でした。主に受注型団体旅行を販売する旅行代理店だったので、週末は休みでした。

ただ、一般的に団体旅行は週末によく出発するので、ツアーコンダクターとして同行したり、出発時に見送りに行ったりすることがよくありました。ツアーコンダクターとしての仕事が入った場合は平日が振替休日になるので、だいたい月8日は休みがありました。

私は法人と学校を対象とした飛び込み営業と、旅程管理(添乗)を経験しました。旅行代理店で最も大変なことは、競合他社から受注を勝ち取ることです。価格、プレゼンテーション、サービスなどを見直し、他社との差別化を図るようにしていました。旅行代理店で働く醍醐味は、毎日が違うということです。たくさんのお客様に出会い、日本国内や世界各国へ見送ることのできる、とても素晴らしい仕事だと思います。

旅行代理店カウンターセールスの仕事内容体験談

派遣社員で2年ほど勤めました。

あいぴー(39歳)


勤務時間は、定時が9時20分~18時でした。それ以降は忙しければ残業という感じです。春と秋が繁忙期だったので、20~21時近くまで残業することもありました。休日は旅行会社のイメージと違って、しっかり土日祝休みで、急に休日出勤があるということもほとんどありませんでした。

入社当初は電話のコールセンターで予約業務を行い、仕事に慣れてくると、ツアーの手配業務やカウンターでの接客、企画なども少しさせてもらいました。

大変だったことは、休日でも自分が手配したツアーが無事に出発しているか、何か問題がないかなど気になることも多く、気が休まらないこともありました。旅行会社で働いて、国内外の観光名所に詳しくなりましたし、いろいろな業務があるので事務経験としてもスキルアップが出来ました。

お客様との電話対応をする旅行代理店の男性スタッフ

やりがいのあるお仕事です!

たまご(47歳)


旅行会社に約12年勤務しております。勤務時間は月曜から金曜の9:00~18:00、土曜日は9:00~15:00です。休日は月に約6日程度です。繁忙期には残業もありますが、平均すると月に10時間程度です。

カウンター業務(お客様と接して、予約手配を行います)と経理事務と時々添乗員の業務もこなしております。添乗業務は早朝から夜遅くまでの勤務で体力的にもきつい部分はありますが、自分も行った事のない場所に行けることや、全国各地の美味しい料理は温泉もしっかり楽しめます。

常にお客様と行動を共にするので、反応がダイレクトに分かります。旅行行程終了時に感謝のお言葉を頂く時にはとても嬉しく、やりがいを感じます。人とコミュニケーションをとることが得意な方にはオススメの職業だと思います。

旅行会社で働く幸せ

箕輪ゆきこ(55歳)


私は、駅構内にある旅行センターのカウンター業務をしておりました。勤務時間は午前10時から午後19時、休日は月に7~8日のシフト勤務です。

どんな仕事でも当たり前ですが、ミスは絶対に許されません。お客様から頂いたクレームの処理に心が折れそうになりますが、お客様からの信頼を取り戻すために必死で対応します。

一番嬉しいのは、自分が担当したお客様が、いい旅行だったありがとうと言ってくださる事。そして、そのお客様がまたリピートしてくださる事です。お客様に素敵な思い出ができたという満足感と、またその思い出作りに関わらせていただけるという喜びは、本当にこの仕事に携わって良かったと思える瞬間です。

お客様の旅行プランを作成するのも楽しいのですが、もちろん旅行好きのスタッフの集まりですから、それぞれの旬な情報の交換など、趣味としての話があうのもまた楽しくうれしく幸せな事です。

華やかに見られがちだが、現実は厳しい職場

あつこ(33歳)


勤務時間は9:00から18:00でしたが、定時で帰れたことは殆どありませんでした。業界全体が慢性的な残業体質です。サービス残業は当たり前で実際の労働時間よりも短い時間を勤務表に書くように言われたりしている人を見たことがあります。

給料も他の業界と比べると低いです。私が働いていた期間は暦通り休日を取っていました。休日については会社によって異なると思います。また、担当業務や配属部署によっても異なると思います。

私は営業担当者をサポートする営業事務として働いた経験があります。お客様からの電話対応、お客様への送付物や資料の発送等、営業担当者が外回りをしていて、できない事を全て行いました。大変だった事はたくさんありますが最も大変だった事は常に残業しなければならない事、皆が忙しすぎて余裕がなかった事です。

旅行代理店で働いて社会の厳しさを知りました。旅行業界にいなかったら体験できなかった事もたくさんありましたが自分の働き方を変えたくて転職しました。世話好きな人には向いている仕事だと思いますが、そうでない人には薦めません。特に「旅行が好き」という理由でこの職場を選ぶ方には慎重になってほしいです。

旅行代理店は大変

よしこ(29歳)


私が働いていた旅行代理店は朝10時から19時までの営業時間でした。しかし、営業時間が終わってから私たちの仕事は本番でした。何故なら営業時間中はお客様からの問い合わせ対応で精一杯だからです。

1人で2本の電話対応をするというのも当たり前で、電話で対応しながら、別件のメールを返信するというのも日常茶飯事な程多忙でした。休日は日曜日でしたが、何かあれば上司から電話が入るのは当たり前でしたので正直心が落ち着く日なんて無かったです。

私が主に行なっていた業務はお客様からのお問い合わせを受け、手配を行うことでした。しかし旅行のパンフレットや準備なども自分でやらなければなりませんでしたので、本当に23時や24時まで働くという毎日でした。その上給料は低いです。体力的に限界を感じ退職してしまいましたが、根性はかなり鍛えられて、精神的にとても強くなれました。また、旅行の手配をしていく中で日本や海外に詳しくなれるので全く無駄ではないよい経験をすることができたと思います。

カリフォルニアの旅行パンフレットをお客さまに紹介する旅行代理店の男性スタッフ

旅行代理店勤務は激務です

あや(36歳)


私が勤務している旅行代理店は朝9時半から18時までの営業です。勤務時間もそれに合わせてありますが、残業は毎日あります。あと、朝から空港や駅でのお見送りの仕事がある日があるので、朝早い日は6時半くらいからの勤務です。休日は基本日曜日ですが、日曜日が仕事の日は平日に週に一度か二度お休みです。

仕事内容はツアー会社なので、電話受付や接客、コースの企画、手配、チラシの校正、ツアーの添乗とほとんどのことをします。仕事で大変なことは何より朝が早い日が多いこと。前の日にどんなに遅くまで残業していても、お客様を待たせてはいけないので寝坊は絶対に出来ません。。

あとは接客業のため様々なお客様がいらっしゃるので、若い時はイライラせずに上手にお付き合いしていくことが難しかったです。ただお客様がお土産を買ってきてくだったり、名前を覚えてくださったりするので、仕事をしていて良かったと思えます。

私は楽だったけど

R13(35歳)


9時から18時15分という中途半端な時間帯で、休日は基本的に週2日ですが、3週に1度土曜出勤があります。

私は発券業務を担当しており、航空券の発行を全て機械に任せているだけなので大して大変なこともありませんでした。その当時、週に1度ボイド作業があるのですが、これは、その1週間で、廃棄し航空券をカウントするとか、ちゃんとボイドできているかをチェックするもので、それも、3ヶ月に1回ペースで当番が来ました。

ボイド作業以外は、非常に穏やかでしたし、ほとんど機械がやってくれた仕事だったので楽だったのですが、きちんとしたシステム作業が身につかないような気がし、もうちょっと専門的な旅行知識が欲しいなと、この会社では思いました。

旅行代理店の仕事内容は甘くない

お客様の旅行の思い出作りのお手伝いをさせていただく旅行代理店という仕事には、旅行と同様の華やかさを感じてしまいますが、店舗によっては残業も仕事量も多い職業です。また、添乗員となるとツアー中は常に仕事となるので気の休まることがなく、肉体的にも精神的にお大変な仕事です。

しかし、ツアーを一から企画する楽しさやお客様と共に作ったプランに満足頂いて感謝されると、この仕事をやっていてよかったと思えるでしょう。また旅行のプロフェッショナルを目指せるので、私生活で役立つ知識を得られます。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ