Loading

仕事とは何か?迷った時の参考になる仕事哲学

「あなたにとって仕事とは」そんなことを考えて仕事に取り組んでいる人はほとんどいないでしょう。ここではあなたが仕事をする理由についていくつか例を挙げています。また、ドラッカーの名言についても紹介していますので参考にしてください。

仕事とは何か?迷った時の参考になる仕事哲学

「あなたにとって仕事とは」…それは人それぞれの考え方によって違うもの

「あなたにとって仕事とは」と聞かれてあなたは答えられるでしょうか?普段、当たり前のように働いていると、答えられない人のほうが多いかもしれません。辞書で「仕事」と引くと“業務または職業としてすること”“何かを作り出すまたは何かを成し遂げるための行動”とあります。「何のために仕事をするのか」それはしばしば就活の場面でも聞かれます。

社会貢献のために仕事をする

会社の窓から外をのぞく男性

誰かの役に立ちたい、世の中の為になるようなことがしたいと考え、仕事をしている人もいるでしょう。どんなに小さな仕事でも必ず誰かの役に立っています。また、そういう仕事は自分自身を必ず成長させてくれます。

自己実現のために仕事をする

高い目標を掲げて、それを達成させるべく日々仕事に励んでいる人もいるでしょう。このような人は常に向上心を持っているため、「やらされている感」ではなく自分から進んで仕事に取り組める人が多いです。

150702_want-to-work2
やりたい仕事が見つからない時の適職を探す7つのヒント

人との出会いを経験するために仕事をする

人間関係を求めて仕事をする男性

仕事をしているとたくさんの人に出会います。その出会いを経験し、人として成長するために仕事をしている人もいるでしょう。人と出会うことでコミュニケ―ション力も養うことができますし、チームで協力する大切さも学ぶことが出来ます。

社会と繋がるために仕事をする

社会と繋がる仕事をする男性

社会に出て仕事をするということは、社会という大きな歯車の一つになるということ。自分の仕事を全うすることで社会と深くコミットメントすることができるということです。社会は様々な繋がり、感情を生み出します。その中で少しずつ社会人として成長していくために仕事をしているという人もきっといるでしょう。

食べていくために仕事をする

誰しも仕事をする一番の理由は、これではないでしょうか。生活のため、お金を稼ぐため、食べていくために仕事をする。お金がなければ食べていくことはできません。ですがこのように本音で答えると対外的にも問題があるので、仕事に他の意味も見出そうとするのです。

150713_work-painful3
仕事が辛いときに気持ちを和らげる方法

趣味の楽しみのために仕事をする

毎日一生懸命働いているからこそ、休日が充実するものです。趣味がある人はそれをやっている時が普段仕事を頑張っていることへのご褒美のように感じられて、尚更幸せになるでしょう。このように生活にメリハリを出すために働いているという人も実際はとても多いです。けれどこの答えは就活には向かない答えなので本音ではそう思っていても言わないように気をつけましょう。

ドラッカーに学ぶ仕事哲学

考えごとをする女性

経営学者のピーター・ドラッカーは仕事に関する名言をいくつも残しています。その中からいくつか紹介します。

仕事が重要なとき、自らを重要と考える

ピーター・ドラッカー

人は目標を達成したとき、初めて達成感を得るものです。重要な仕事を成し遂げた時、自らのことも重要だと思えます。

アウトプットを中心に考える

ピーター・ドラッカー

これは仕事の仕方についてです。仕事を効率の良いもの、生産性の高いものにするにはアウトプットを中心にすることです。インプットは普通、アウトプットの前にしますが、ドラッカーの考え方ではインプットはあくまで仕事をするための道具に過ぎないため先にしてはならないといっています。

自分の強みは分かりにくい

ピーター・ドラッカー

これは自己分析についての名言です。就活で面接の時に強みについて述べる場面があったり、社会人になってからもプレゼンで自分自身について話すこともあるでしょう。自分では自分の強みを分かっているつもりでいても大抵は間違っているということです。実際に分かっているのは弱みで、強みは主観的には分からないのだとドラッカーは言います。

今さら自分を変えられない

ピーター・ドラッカー

この名言は自己革新についてです。人は成人を迎える頃には性格や価値観はカッチリと決まってしまうもの。今さら自分を変えようとしても無理なのです。そこを無理して抗うより自分の得意なことを伸ばすようにしたほうが良いということです。

誰にでも分かるように話す

ピーター・ドラッカー

最後の名言は「スノビズム」についてです。知識や教養をひけらかす人のことをスノビズムといいます。高度で豊富な知識と教養を持つほどにスノビズムは増していき、人として傲慢になっていきます。しかし本来は知識のある人はその知識や経験を相手に理解してもらえるよう、工夫する責任があります。専門家同士の内輪な会話で終始し相手を放置しておくのはとても傲慢なことだということです。

150522_iwantquitwork_tokusyu2
仕事を辞めたい人必見!ストレスを解消してやる気アップする方法

「仕事とは」それは社会人の永遠のテーマでもある

いきなり「仕事とは」と聞かれても答えられない人が大半です。ですが、誰しもが何らかの理由、目的を持って働いています。それが人に胸を張れるようなものであったり、また反対に対外的にはあまり良い理由でなかったとしても、それはそれで良いのです。あなたが納得して仕事と向き合えているのであればどんな理由でも構わないのです。改めて「何のために仕事をしているのか」自分と向き合ってみてはいかがですか。

スポンサーリンク