Loading

眠気を解消する6つの方法でスッキリ爽やか作業効率アップ!

昼食の後や仕事や勉強で忙しい時、面白いテレビ番組を見て夜更かししてしまった翌日…どうしても眠気に耐えられずに居眠りをしてしまったことはありますか?毎日戦っている眠気を解消できる方法は実はたくさんあります。眠気を解消し、気分をスッキリさせて作業の効率をアップさせましょう。

眠気を解消する6つの方法でスッキリ爽やか作業効率アップ!

眠気を解消したい!大事な時こそ実践したい6つの方法

仕事や勉強、就活で毎日忙しくなってしまうとついつい夜更かししてしまいがちです。眠くて眠くて仕方がない時にはどのように眠気を解消していますか?
眠気をひたすら我慢する、という方も多いと思いますが食べ物や飲み物で眠気を解消する方法もあります。
しかし眠気を我慢しながら仕事や勉強をしていると集中できずに、逆に作業の効率が下がってしまいます。

今回は職場や学校で眠気に襲われた時に効果的な6つの方法を紹介します。毎日眠気と戦っている方は是非参考にしてくださいね!

1.眠気覚ましだけじゃない!噛むことはいいこと尽くし

色とりどりのカラフルなガム

硬いものを噛むことにより顎を動かす筋肉が活発に動き、脳の中の血液循環が早くなり、脳の働きを活発にさせることができます。脳の働きが活発になると交感神経や感覚神経が刺激され、眠気を覚ます効果を発揮してくれます。

学生の方はテスト勉強の際にガムを噛んでみましょう!ガムを噛むことにより眠気を解消することができ、さらに集中力と記憶力を高める効果も同時に得られます。

社会人の方は昼食の後に眠くなってしまって午後からの仕事がはかどらない!という経験をしたことがあると思いますが、よく噛んで昼食を食べることで午後からの眠気を防ぐことができます。
子どもの頃に「よく噛んで食べなさい」と言われたことはありますか?
よく噛んで食べることには多くのメリットがあります。

  • 消化が良くなる
  • 内臓への負担を軽減する

これだけではなく、脳が刺激され活発に活動するようになります。
脳が活性化されることで眠気も覚めるので、子どもの頃に言われていた「噛んで食べなさい」というのは健康のためだけではなく眠気解消にも効果的というのが分かります。

噛むということは人の体にとっていいこと尽くしです。眠気覚ましや集中力を高める効果、ダイエット効果など、噛むことでのメリットはたくさんあるので日頃から意識していたいですね。

2.カフェインを摂ることで眠気が解消

大好きな紅茶で眠気を覚ます女性

カフェインは主に

  • コーヒー
  • チョコレート
  • 清涼飲料水
  • 栄養ドリンク
  • 紅茶

などに含まれています。
覚醒作用や興奮作用を持つので疲労回復や眠気を覚ます効果があります。

コーヒーが苦手な方は紅茶でカフェインを摂ることをおすすめします。
紅茶にはフルーツテイストのものや香りを楽しめるものがあるので、眠気を覚ますにはとてもいい効果を発揮してくれます。香りを楽しみながらカフェインを摂ることによって、リラックス効果も得ることができ、気分をスッキリさせることができます。
砂糖やミルクを大量に入れると効果が少なくなってしまうので注意が必要ですが、眠くなってしまった時には紅茶を飲みましょう。

ただし紅茶はコーヒーよりもカフェインの含有量が多くなっています。カフェインには中毒性があり脱水症状を引き起こしてしまう可能性もあるので、紅茶の飲み過ぎには十分注意が必要です。

コーヒーや紅茶が苦手だという人はコーラや栄養ドリンクにもカフェインが含まれているので飲んでみるとスッキリと眠気が覚め集中して作業をすることができます。

3.使いすぎた目を休ませる

深夜の仕事で目を酷使する男性

仕事や学校のレポート、就活の資料作りなどでパソコンを使う機会が多くなっています。パソコンを使うとどうしても目が疲れてしまい眠気も強くなってきます。そのときは我慢せず少し休憩をとり、目を休めてみてください。

目を休ませることはとても大切なことです。時間の少ない方は

  • 緑の多い外を見て目を休める
  • 清涼感のある目薬をさす

などでも眠気解消に効果的ですが、最も眠気解消におすすめの方法は目を冷やすことです。
目元全体を冷たい水や保冷材で冷やしたタオルをあてることで血管と筋肉が収縮され、元に戻ろうとする力を引き出してくれます

目元がひんやりして疲れた目にとても効果的です。また、余裕がある場合は蒸しタオルなど温かいタオルと冷たいタオルを交互に当てると血行がよくなり、スッキリします。

どうしても眠くなってしまった時には無理をせずにいったん休憩をとり、目を休めてあげることも大切です。

4.身体を動かして気分をリフレッシュさせる

スっと立ち上がり急にストレッチをする男性

眠くなってしまった時には一度立ち上がり軽い運動をすると眠気が覚めます。少し伸びをして身体を伸ばしてみたり、軽くストレッチをすることで目が覚め、スッキリします。
激しい運動をすると逆に疲れてしまい、眠気が余計に増してしまうので、要注意です。

眠気が襲ってきたときのストレッチはとても効果的です。座っている状態であれば背筋を伸ばしたり、身体を捻ったりして眠気を覚まします。立ち上がれるときには屈伸や前屈をすることによって、筋肉が使われ、脳が活性化され眠気がスッキリします。

また、休憩の時間を十分にとっている場合は少し歩いてみるとふくらはぎの筋肉が使われ、眠気が解消できるので、余裕がある時には歩いてみることもおすすめです。
ふくらはぎの筋肉を使うことによって眠気を覚ます効果を得ることができます。

身体を動かすことによって眠気を覚まし、気分もリフレッシュすることができるのでとてもおすすめの方法です。お金もかからずに簡単に実践できるので明日から眠気と戦う時にすぐに使えます。

5.太陽の光を浴びて体内時計を整える

夏の青空で日光浴をする男性

朝起きて決まった時間に太陽の光を浴びることによって体内時計がしっかり調節されるので日中眠くなり難くなります。

太陽光にはビタミンDを体内で生成する効果があります。
また、カルシウムが骨にしっかりと定着するのを助けたり、疲労回復へと繋がる効果も期待できます。
眠気がある時に少し外に出て太陽の光を浴びると気分がスッキリします。気分がよくなるとやる気が出て集中力が高まります。

うつ病の原因の1つとして日照不足を挙げているお医者さんがいます。
脳内の神経伝達物質セロトニンとメラトニンが関係していると考えられ、セロトニンの不足によりうつ病が起こる報告は数多くあります。セロトニンは暗くなると活動を停止し、代わってメラトニンが活動するためだといいます。

セロトニンとメラトニンは体内時計に強く結びついているため、体内時計を調節する日光を浴びるということは人の体にとって最も重要なことになります。
眠気がどうしても覚めない時には太陽光を浴びて、リフレッシュすることがおすすめです。

6.どうしても目が覚めない時は短時間の仮眠をとる

会議中に居眠りをしているのがバレている女性

どんな方法を試しても「とにかく眠い!!」

そんな時には一旦あきらめて、短時間の仮眠をとりましょう。

仮眠をとる前になるべくカフェイン入りの飲み物を摂り、座ったまま15分から20分の短い時間の仮眠をとります。カフェインを摂り座って眠ることで深い眠りに入るのを防ぎ、寝すぎることのないスッキリした目覚めの睡眠をとることができます。

眠気解消のポイントは『短時間の睡眠』です。
仮眠が30分を超えると睡眠慣性が強く働き、深い眠りにつく準備に入ります。そうなると夜の寝つきが悪くなり次の日も「とにかく眠い!!」状況になってしまいます。

特に昼食後の眠気はごく普通の自然な現象で、体内時計が正常に動いている証拠です。短時間睡眠は疲労が回復だけでなく、記憶力や学習能力が上がることも期待されるので最近では昼寝の時間をつくっている学校や企業もあります。
15分~30分の短時間の昼寝は、夜の熟睡と同じくらい万能な効果があり気分転換やストレスの解消にも繋がります。

どうしても眠たい時や、日頃から昼食の後に決まった時間に短時間の睡眠をとることによって眠気を解消でき、リラックス効果を得ることができます。
健康への効果も高く期待できるので短時間の昼寝をすることはとてもおすすめです。

満足できる睡眠時間の確保が大切!

仕事で忙しい社会人の方や就活で時間が少ない学生の方は睡眠不足になりがちです。肝心な時に眠気に襲われないようにするには、自分に適切な睡眠時間をキッチリ取ることが大切です。

睡眠の大切さは分かっていても、「毎日忙しくてそんな時間はない!」という方も多いかもしれませんね。そんな時に試してもらいたいのが紹介した6つの方法です。

  • 今日中に仕事を終わらせないとクビになる
  • 明日までにレポートを提出しなければ単位を落とす

というような人生をかけた場面ではぜひ紹介した方法を実践して眠気を解消しましょう!

スポンサーリンク