Loading

接客業のアルバイトが楽しくなる親しみやすい自分になるコツ

接客業のアルバイトをしていて「今日はなんだか仕事が上手くいかなかった…」と一人反省したことはありませんか?売り上げを伸ばすためにどんなふうに接客をすればいいものか悩んでしまう時が一度はあります。そこで、親しみやすい自分になれるコツを知って明日から接客を楽しみましょう。

接客業のアルバイトが楽しくなる親しみやすい自分になるコツ

接客業のアルバイトが楽しくなる6つのコツ

販売や飲食店、サービスを提供する際に接客は必要不可欠なものです。ノルマのあまり必死になってしまったり、対応の仕方が分からずに嫌になってしまう人も中にはいるのではないでしょうか?

接客とはとても難しいものなので初めは苦労する人が多いと思いますが、コツを掴むと楽しく働くことができますよ。
明日から簡単にできる、接客業のアルバイトが楽しくなる6つのコツを紹介します!

1.元気な自分を演じて乗り切る

元気な笑顔で接客するアルバイトの女性

常に元気でいることは簡単なようでとっても難しいことです。一見元気そうに見えても、悩みを抱えている時や、気持ちは元気でも体調が悪い時など様々なケースがあります。しかし接客は人と人とのコミュニケーションが重要なので、本当は万全ではなくても元気な自分を演じましょう。

例えばディズニーランドに行ったときに「現実にもどりたくない!」と思います。それはディズニーランドのキャスト全員が「すべてのゲストにハピネス(幸せ・幸福)を提供する」ことを第一に動き、元気に接してくれるため、自然と親しみやすさを感じるからです。

外食をした時、買い物をした時に、店員さんに元気がなくなんだか不安な気持ちになったことはありませんか?
ディズニーランドでは不安が全く感じられない元気な接客をすることで自然と全員を笑顔で幸せにすることが出来ています。私たちは不安のある現実に戻りたくないなという気持ちになり心から幸せを感じ楽しむことができます。

150805_fun-work2
楽しい仕事をするための4つの考え方

仕事だと割り切り感情を表に出すことをグッと押さえ、元気な自分を演じ切りお客様第一の行動を心がけることが自分に親しみやすさを感じさせるコツです。
そうすることで自分も元気になり、行動も自然と変わってきます。
仕事中には悩みを忘れて元気な自分を演じることでお客様も元気になり楽しい相乗効果が生まれます。

2.口角を上げる意識をして表情を柔らかくする

柔らかい親しみやすい笑顔の店員

接客で大切なこととして挙げられやすいのは笑顔でいることです。
しかし「何も楽しくないのに、笑顔を作るのは無理」と感じる方も多いため笑顔でいることは一見簡単そうで難しいと言えます。

ではどうすれば表情が柔らかくなり笑顔に見られるのでしょうか?
無理に笑顔を作る必要はありません。口角を上げていることを意識することで自然と笑顔でいられるようになります。

無意識でいるときに初対面の人から話しかけ難い、なんだか怖い印象があった、と言われたことはありませんか?
口角が下がっていると怒っているのかな?不機嫌なのかな?という印象を与えてしまい、知らず知らずのうちに暗い表情に見られ親しみやすさを感じられなくなります。

口角を上げていることを意識することによって顔の筋肉がほぐれ、自然と柔らかい表情にすることができます。周りからも自然と笑顔に見え、明るい印象を与えることが出来ます。

口角を上げるのが苦手な方は少しの時間でも、意識して表情を作ると笑顔でいることが簡単にできるようになります。笑顔で接客できるとお客様も自然と笑顔になり、お互い気持ちのいい接客ができるようになります。

3.挨拶に一言加えてコミュニケーションを取る

一言多い声かけで人気のフリーター

お店がお客様に与える第一印象は挨拶で決まります。
そのため「いらっしゃいませ」の一言でも店舗や業界により言い方や声のトーンに違いがあります。店舗の運営マニュアルとして挨拶の方法が決まっている事もあるほど、挨拶が接客業をする上で大きな影響を持っているのがわかります。

ただ「いらっしゃいませ」と言うのは簡単ですが、明るいイメージを与えられると第一印象で好印象になります。元気よくハキハキと挨拶するのが理想的ですが、店舗により大きな声でなく声のトーンを上げて挨拶をするよう指導される場合もあります。
声のトーンを上げるだけでも自然と元気な声に聞こえ、明るい雰囲気を感じられるようになります。

また飲食店部門の接客好感度で世界をリードするスターバックスコーヒーでは、店員さんがお客様に対して「いらっしゃいませ」と言わず「おはようございます」や「こんにちは」と時間に合わせた挨拶でお迎えするよう指導しています。
「こんにちは」と言われると自然と挨拶をしませんか?そこでお客様とのコミュニケーションを作ることが出来ます。

スターバックスでは、お客様とのコミュニケーションはもちろん、スタッフ同士のコミュニケーションも大切にしています。それによりお互いを認め合い、自分の居場所を作ることができ、働きやすい環境を構築しています。
職場や接客だけでなく、あらゆる場面で挨拶は人間関係の中でとても大切なことだと言えます。

150915_shyness2
人見知りの原因は?気軽に実践できる5つの克服方法

挨拶でコミュニケーションを作るコツは「いらっしゃいませ」の一言の後に「こんにちは」をつけることです。そうすると親しみやすい印象を与えることができ、お客様も挨拶を返してくれるかもしれません。一言加えるだけで自然とコミュニケーションが生まれるのはとても素敵なことで、接客が楽しく感じられる瞬間です。

4.お客様の顔を覚えて親しくなる

常連のお客様の顔を忘れない学生アルバイトの女性

いつも来店する常連さんか、今日初めて来店した方なのか、お客様の顔を覚えることはとても大切なことです。

顔を覚えて認識することは簡単なことではありませんが、来店してくれたお客様を自分が接客をしていなくても一目見ておくだけで「あれ?見たことあるかな?」と感じることが出来ます。
人の顔を覚えることは難しいことですが、習慣のように出来るようになると人との付き合いがとっても楽しくなります。

あるコンビニエンスストアで常連のお客様が買っていくタバコの銘柄を覚え、お客様の顔を見ただけで言われる前に用意できる、という店員さんをテレビで見かけたことがあります。店員さんはそのコンビニエンスストアで評判もよく、人気の店員さんだと言います。

人の顔をどうやって覚えているか、という問いに「毎日来てくれているともちろん自然に覚えられるけど必ず会計の時にお客様の顔を見るようにしています」と答えていました。

その店員さんは人の顔を覚える時に上手く特徴をとらえることができているので自然に覚えてしまうのです。お客様の顔を覚えるコツはしっかり相手の顔を見ることなのですね。

今日はどんなお客様が来てくれたのか、自分が接客したお客様だけでも顔を覚えておけると、二回目に来店してもらった際、コミュニケーションを取ってお客様に親しみを与えることができます。親しいお客様が出来ると「今日もきてくれた」となんだか嬉しい気分を味わえますよね。

5.聞き上手になり信頼を得る

お客様の相談に乗る信頼の厚い女性

聞き上手な女性はモテる、という話もあるように聞き上手になることによってお客様が自分に信頼を寄せてくれるようになります。
充分な商品知識を持ち自信満々に商品の説明をすることも大切ですが、お客様に対して一方的に話しているようで退屈させてしまうこともあります。

アパレルショップで人気のある販売店員は褒め上手でもあり聞き上手でもあります。
渋谷のファッションビルには人気のアパレル店員に会いに行くために地方から足を運ぶ人もいるほどで、お店の服が欲しいだけではなく、話をする楽しみも目的となっているようです。

ショップ店員さんにプレゼントを渡しに行ったり、話をするためだけに行く人も中にはいるようで、学校であった出来事や相談も聞いてくれるなど、洋服も選んでくれるのはもちろんのこと、友達に会いに行くような感覚でお客様は来店します。

その結果、お客様がショップ店員に信頼を寄せるようになり顧客を増やすことが出来ます。顧客が増えると売り上げにも繋がるのでお店にとっては嬉しいことですね。

150923_humanrelations-tokusyu2
人間関係を円滑にする!働きやすい職場環境の構築法

聞き上手になることは単に楽しい会話をするだけではなく、お客様が話をしたくなるような雰囲気を作ることも大切です。お客様の話を上手に聞き、信頼を得ることが売り上げのアップに繋がっていくのです。

6.言葉だけで伝わらない時は表情を豊かにする

表情豊かなソバ屋の店員

ドラマや映画を見ているときに感情移入してしまって泣いたり笑ったりした経験は誰にでもあると思います。表現力が豊かな役者さんのお芝居にはより感情移入しやすくなりますね。表情を豊かにすることで自分の伝えたいことがより伝えやすくなります。

自分がミスをしてしまった時に口で謝ることは簡単に出来ますが、へらへら笑っていては申し訳ない、という気持ちが見られません。お客様の要求に応えられない時、むすっとした顔でいてはお客様の気分を害してしまいます。

そこで表情を変えることによって自分の伝えたい思いがより伝わりやすくなるのです。悲しそうに「申し訳ございませんでした」と謝る人に怒りを覚える人は少ないと思います。「とてもおいしいのでおすすめですよ!」と笑顔で勧められると、「本当に美味しいんだろうな」と感じる人が多いと思います。

また、お客様が話しているときにも驚いたり、笑ったりして笑顔を見せると話しているほうも自然と楽しくなります。
何かを伝えたいとき、表情を豊かにすることによりこちらの想いを伝えやすくなり、相手にも伝えやすくなります。
接客をする時に伝えたいことを言葉だけで表現しきれない場合のコツは表情を豊かにして伝えることです。

接客業のアルバイトはコミュニケーションが大切

接客業のアルバイトは休みが少なく、忙しい時間帯だとバタバタして気持ちも焦ってしまいます。「こんな仕事はもうヤダ!」と思うことも一度や二度ではないはずですよね。
でも仕事が終わった後にお客様から言われた「ありがとう!」の感謝の言葉に元気を貰った方も多いでしょう。

接客業の魅力はなんといっても人と人とのコミュニケーションです。おもてなしの心は必ずお客様に伝わっています。今回紹介した6つのコツでお客様に満足してもらい楽しく働きましょう!

スポンサーリンク