Loading

新入社員が効率よく貯金をする7つのコツ

新入社員が貯金するコツを紹介します。新入社員は手取りの給料が多くありません。平均16万程度です。けれども、もらった分全部を使い切るのはあまり良くないですよね。計画的に貯金しなければいけません。お金を効率よく貯めるコツと節約術を紹介します。少ない年収でもあなた次第で1000万円貯まるのも夢じゃないかもしれません。

新入社員が効率よく貯金をする7つのコツ

新入社員の上手な貯蓄術とは

突然ですが新入社員の皆さんは貯金できていますか?学生の頃のようにもらった分だけ全部使い切るということをしていては、将来結婚資金やマイホーム資金が必要になった時に困ってしまいます。今から将来を見据えて計画的に貯金しましょう。ここでは新入社員が効率よくお金を貯める方法を紹介します。

1.無理のない金額から始めよう

貯金は無理のない少ない額から始めましょう。新入社員の平均手取り額は大卒で16~17万、高卒だと15~16万程度です。一人暮らしをしている人は家賃に光熱費に食費と出費がかさみますのでまずは5000円~1万円くらいからはじめましょう。

無理を言われて困っている男性

少ない金額でも、塵も積もれば山となるので、毎月貯金していけば確実に貯まっていきます。初めに無理な金額を設定してしまうと、初めは頑張れても段々と貯金を続けることができなくなり、挫折してしまいます。長い目で見て、継続的に続けられる方を取りましょう。

2.給与から天引きされるように設定しよう

自分で貯める自信のない人は給与から天引きするようにしてはいかがでしょうか。口座を2つ開設しなければいけませんが給与の口座とは別に作り、毎月一定額自動的に天引きされるようにしておきましょう。自動的に引かれることで意志が弱くて継続して貯められないという人も安心して貯金することができます。

150604_earnwork2
場所や性別を問わない稼げる仕事5つ

3.自動積立の定期預金を利用しよう

給料から天引きされるようにしても自由にお金を引き出すことができると使ってしまう恐れがあります。その不安がある人は定期預金の利用をオススメします。定期預金は自由にお金を引き出すことができないので貯金に手をつけることを抑止してくれます。

150730_comfortable-bytes2
楽なバイトでお金が稼げる4つのタイプ別ベスト3

4.固定費を減らそう

「固定費」とは毎月変わらず一定の額が掛かる費用のことです。たとえば家賃や公共料金、携帯電話代、インターネットの通信費とプロバイダ料金、保険、習い事の月謝などがそうです。固定費は毎月かかる額がほぼ変わりません。

カードで毎月の固定費を支払う男性

一度見直しをかけて無駄を省くと節約効果はずっと続きます。家賃なんかは固定費の中でも特に大きくかかる部分ですから、金額を下げることができれば大きな節約になります。家賃の安い郊外に引っ越すとか、ほかにも条件や間取りにこだわらないと決めるなど家賃を安くする方法があります。

それから携帯料金や保険料であればプランの見直しが可能です。「もう少し安いプランに変更できませんか?」と聞いてみるのがいいでしょう。保険料の場合は「きちんと補償してもらう部分」と「必要最低限の補償をしてもらう部分」とで分けてメリハリをつけるのがポイントです。

5.食費を管理しよう

食費は住宅費に次いで家計の中で占める割合が大きいです。食費を安く済ませるにはあまり食べないようにするのが手っ取り早いですがそれでは身体がもたず倒れてしまいます。きちんと栄養も摂れて、且つ、節約するための方法としては、一週間の予算を決め、週末などにまとめ買いをするのが効果的です。

食費を節約する気がない男性

ポイントは決めた金額以上は何があっても使わないことです。昼食は会社にお弁当を持参すれば良いですし、どうしても外で食べないといけない人は週の予算からランチ代だけ差し引いておきましょう。毎日自炊をする余裕も時間もない人は休日に一週間分の食事をまとめて作り、冷凍して保存しておきましょう。

6.小金を無駄にしない

貯金できない人は往々にして小さなお金を無駄にしています。「このくらいどうってことない」と思っていてもそれが継続して毎日のように続けば不必要な出費は確実に増えていきます。

散財が得意な男性

近くに安いスーパーがあるのに値段の高いコンビニへ行ったり、買い物に行くと買う予定のなかったものまで買ってしまったり、仕事場の自販機で毎日何本も飲み物を買ったり、職場の飲み会で必ず2次会まで参加したりなどなど、思い当たる節はありませんか?小さなお金を大切に出来ない人は大きな貯金をすることは難しいでしょう。

7.適度に息抜きをしよう

せっかく汗水たらして働いて得たお給料をほとんど貯金していたらやっぱりストレスが溜まるものです。時々は美味しいものを食べたり、欲しいものを買ったり、自分に頑張ったご褒美を挙げましょう。

サイクリングの最中に休憩する男性

あまり自分に我慢ばかりさせているとイライラして貯金そのものが嫌になり、途中で挫折してしまいます。効率よくお金を貯めるコツは適度に息抜きをすることです。けれど使い過ぎてしまっては元も子もないので、上限を決めてその範囲内で自分を甘やかしましょう。

150805_fun-work2
楽しい仕事をするための4つの考え方

お金の管理ができてこそ社会人

貯金できるかできないかはその人の環境によっても変わってきます。実家暮らしであれば月々に貯められるお金は一人暮らしの人より2~3万多いでしょう。また、社会人2年目からは住民税も天引きされることになるのでますます手取りは少なくなります。

生活を切り詰めながらの貯金をするのは難しいかもしれません。けれども将来のために貯金することは必要なことですし、お金の管理ができてこそ社会人といえます。あなたにとって一番良い方法を見つけ、無理のない範囲でお金を貯めましょう。

スポンサーリンク