Loading

人と関わりたくない4つの心理と仕事

人と関わりたくない心理を理解することで、自分自身を見つめ直しましょう。本当にこのままで良いのか迷うこともあるでしょう。しかし無理をするのは辞めマイペースに自身と向きあうことが大切です。劣等感や負けず嫌いなど様々な心理と人と関わりたくない方にお勧めの仕事を紹介します。

人と関わりたくない4つの心理と仕事

人と関わりたくない方の心理とお勧めの仕事

人と関わりたくない方の心理には様々なものがあります。劣等感が強すぎて人と関わると疲れる、八方美人が過ぎて気疲れする、人の存在がストレスに感じるなど、人と関わりたくないと感じることには理由があります。どのような心理状態なのかを理解すると自分を見つめ直すこともできます。人と関わりたくない心理と、お勧めの仕事を紹介します。

1.極度の劣等感と負けず嫌い

人と関わりたくない理由は気疲れするから、その心理は人と比べてしまうからです。人と比較すると気疲れすると分かっていながらなぜマイペースを保てないのか、それは劣等感の強さと極度の負けず嫌いが関係してきます。

負けず嫌いの競輪選手

劣等感や負けず嫌いは人としてなくてならないことです。この要素がなければ大人として成長することができません。しかし過度の劣等感や負けず嫌いは自分の心を傷つけてしまいます。どちらも他人と比較して自分の自信を削いでしまいます。

このような過度な感情が強いと次第に人を避けてしまいます。その行動は自分を守るため、という非常に納得できる心理と言えます。このような方は無理に克服などせずにマイペース作業できる仕事、人と比較されない仕事が向いています

例えば農作業などは最適な職種と言えます。他人と競うことなくマイペースに仕事ができ、人との距離も保てます。また、農業に携わる方もマイペースな性格の方が多いので職場環境としても理想的と言えるでしょう。

150707_complex-overcome2
劣等感を克服する5つの方法

2.意に反する八方美人

八方美人の方は人と関わると愛想良く笑顔を振りまいてしまいます。その反面1人になると自己嫌悪が激しく落ち込む傾向があります。このような方は人が好きなのですが、仕事として継続的に人と関わることが苦手です。

社内でも評判の美人社員

そのため人と関わらない仕事を探している方が多いでしょう。八方美人は人に愛される良い性格です。他人からは好かれるのですが、自分はその性格を気に入らない方が多いです。それは人と関わると気疲れしてしまうからです。

心底人が好きというわけでもなく、その場の空気に合わせてしまうことが気疲れの原因になります。八方美人は性格なので直すのは難しいでしょう。人と関わる仕事では仕事の疲れと人による気疲れが起きてしまいます。

このような方には介護の仕事が向いていると言えます。介護は人とふれあう機会が多いのですが、対象となる相手は年配の方が殆どです。同年代の方と比べて人当たりが柔らかく、こちらから愛想良くする必要もないでしょう。

話を聞くというスタンスが取れるので八方美人の方には適職と言えます。

3.コミュニケーションが苦手

人と関わりたくない心理としてコミュニケーションが苦手、という方も多いのではないでしょうか。コミュニケーションは仕事では必須です。会社によっては能力よりもコミュニケーション力を優先して採用することもあります。

コミュニケーションが苦手なカメラマン

元々話すのが苦手、過去のトラウマから人と話すのが苦手になった、など状況により程度も変わります。これは人それぞれ抱える心の問題なのでコミュニケーション力の欠如を解決するのは大変でしょう。

それほど大切なことなのですが、人と関わりたくないと思っている方にコミュニケーション力を求めるのは酷なことです。ですが少しずつ人と慣れることで克服は可能です。そのうち理解者も現れるので安心しましょう。

このようなコミュニケーションをとるのが苦手な方はあえて、人と関わる仕事がお勧めです。しかし接客業などを選択すると心が辛くなり仕事が嫌いになってしまいます。

クリーニング屋などあまり頻繁にお客さんがこない職場が最適です。接客も最低限の事務的なものばかりなので、人と関わるのが苦にならないでしょう。

150707_incompatibility-person2
社会不適合者の仕事と特徴から見つける6つの生き方

4.そもそも人が嫌い

そもそも人間嫌いで人と関わりたくない人もいます。このような方は人間不信など人を信じることが難しい方によく見られます。根本的に人が嫌いなのでイベントごとや家族や親戚などと集まることも苦手です。

部屋に篭る人間嫌いの男性

人が嫌いな方はニートになる傾向があります。そもそも人混みが嫌いなので仕事をしても通勤の満員電車に耐えられません。職場でも人との距離感が辛く、すぐに仕事を辞めてしまいます。このようなことが繰り返されることで自分は社会不適合者だと思い込みよりいっそう自分の殻に閉じこもってしまいます

閉じこもる中で自分を守るために責任転嫁が起こります。もともとの人間嫌いが相まって、他人が悪い、世の中が悪いと感じてしまいます。このような心理状況になる前に対処が必要です。

まずは簡単に始められるアルバイトやパートが良いでしょう。夜勤の仕事は人と関わることが少なく給料も悪くありません。初めて働く、またはブランクがある方には特にお勧めです。

職種は清掃のアルバイトや工場などがあります。また荷物の積み下ろしなど体力仕事も広く募集しているので、体力をつけたい、人との信頼をもう一度作りたい、給料もたくさん貰いたい、という考えがあるならば挑戦する価値はあるでしょう。

このような人との関わり合いが人間嫌いや人間不信を緩和してくれます。

150709_misanthrope2
人間嫌いの特徴と4つの克服方法

人と関わりたいと思う気持ちが大切

人と関わりたくない心理は複雑に絡まり、放置しておくと、うつなどの精神的な病に掛かってしまいます。人間が嫌いな方、気を使ってしまう方、コミュニケーションが苦手な方など様々な理由から人と関わりたくないと思っているでしょう。

しかし人生は人と関わらずには成り立ちません。少しずつマイペースに克服しましょう。コンビニで買い物をしたらレジの人に「ありがとう」と言う、近所の方とすれ違ったら「おはようございます」と言うなど、簡単な挨拶からチャレンジしましょう。人との関わりを持ちたい、と思う気持ちが大切です。

スポンサーリンク