ロジカルシンキングとは?論理的思考力が身に付く考え方

ロジカルシンキングとは論理的思考法のこと。プレゼンなどの際に相手を論理的に説得する効果的な手法として、最近日本でも注目を浴びるようになりました。ロジカルシンキングの手法を用いて、就職活動の面接やビジネスで効果的に相手に伝える方法についてお伝えします。

ロジカルシンキングとは?論理的思考力が身に付く考え方

ロジカルシンキングは就職活動や仕事でも大活躍

ロジカルシンキングとは、論理的に考えること、つまり論理的思考法のことです。一貫して筋が通っている考え方、説明の仕方を指します。日本においては2001年に「ロジカル・シンキングー論理的な思考と構成のスキル」照屋華子・岡田恵子著において、米国の大手コンサルティング会社であるマッキンゼー流のロジカル・コミュニケーションの新しい手法として紹介されてから広く知られるようになりました。そう言うと難しく感じる方もおられるかもしれませんが、そんなことは全くありません。

小さな子供でさえ、3・4歳を過ぎる頃になると、「ピーマンは苦いから食べたくない」というように話すことがありますが、それも立派なロジカルシンキングであると言えるのです。

一般の人、特に学生においてロジカルシンキングを意識するのは、面接の場が多いのではないでしょうか。あるいは、部活動やサークルなどある一定の人数の意見をまとめる際にもロジカルシンキングは大いに役立つスキルと言えます。社会人で言えば、コンサルタントや営業職など、言葉によって相手先企業を説得する必要がある職種の方には必須となるスキルと言えるでしょう。就職活動の面接や企業へのプレゼンなど仕事でも大活躍するロジカルシンキングの活用方法を紹介します。

ロジカルシンキングは結論から話すことが大切

ロジカルシンキングでプレゼンする男性

ロジカルシンキングにおいて結論から話すことはとても大切です。日本語よりも英語の方がロジカルな言語と考えられているのは、英語は日本語と語順が逆であり、最初に何を伝えるかを明確にする必要があるからです。
その点日本語は、結論を考えずに話始めることができてしまうので、話しているうちに何を言いたかったのか忘れてしまう、あるいは話の焦点がずれてしまい、相手に言いたいことがはっきりと伝わらないということが起きやすくなります。

面接などの場において、限られた時間の中で伝えたいことを明確にするためには、結論から先に話す必要があります。
つまり、

「結論から言うと~、なぜなら~だからです」

という流れを意識して話をすることです。

就職面接におけるロジカルシンキングを応用した自己アピールとは

憧れの企業で面接を受けている男性

その昔、就職氷河期の時代に、知人の短大卒のAさんが日本の最大手自動車メーカーから内定をもらうことができました。「当社の志望理由は何ですか?」という企業側の問いに対し、彼女の答えは極めて明確なものでした。

「私は環境問題にとても関心を持って学生生活を過ごして来ました。自動車という大きな排気ガスを発生させる機械を世界中で生産している御社で環境問題に取り組むことができれば、それはひいては地球環境にも貢献できることだと考えています」

その上で、なぜ環境問題に関心を持つにいたったのか、学生時代に取り組んできたことについて説得力を持って語ることができた彼女は見事内定を勝ち取りました。

ですが同じことでもこのように言い換えたらどうでしょうか。

「私は学生時代に、フィリピンを訪れました。そこでは、貧困だけでなく、衛生面でも様々な課題を感じました。鼻水をかめば黒い鼻水が出ることも珍しくありません。理由は車や工場などの排気ガスで、昼間でも空気がよどんでいます。そのような経験を経て、一番空気を汚す車を数多く作っている世界企業である御社で、環境問題に取り組むことができたらどうかと考えるようになりました……」

このような話の流れですと、確かに最後まで聞けば何を言いたいかは分かるものの、忙しい面接官はただ長い話を聞かされているように感じてしまいます。親切な面接官ならば、分かりづらい点があれば、話の内容をより深く理解しようと質問をしてくれるかもしれませんが、新卒の採用面接において、まずそれは期待しない方がよいでしょう。
上記のような、論旨がすぐに分かりづらい話をするということは、しいてはコミュニケーション能力のなさや、志望度の低さを疑われても仕方がありません。

150909_group-interview2
グループ面接でよく聞かれる質問と対策

なぜなら~の部分は最低でも3つは用意する

学生の意見を聞く面接官

まず結論を述べた上で、次に必要なのはその結論に至る理由です。この理由に関しては、最低でも3つは用意したいものです。

大抵の物事には、そこに至る原因や理由が数多くあります。ですがその全てを伝えたところで、相手はその結論に対してより理解を深めるどころか、把握しきれず逆に何が言いたいのか分からなくなってしまいます。

先ほどの大手自動車メーカーから内定を得たAさんを例にとってみましょう。

結論

自動車という大きな排気ガスを排出する機会を扱う世界的メーカーで、環境問題に取り組むことで企業に貢献し、ひいては地球環境にも貢献したい。

理由

・学生時代、フィリピンを訪れ、そこでの排気ガスによる大気汚染がきっかけで、環境問題について考えるようになり、自分も何か力になりたいと感じたこと。


・学生時代、バスケットボールのマネジャーとして、初の県大会へチームの出場をサポートした経験から、たとえ小さな積み重ねであっても継続することでそれは大きな結果となって表れることを学んだこと。


・マネージャーというどちらかといえば縁の下で選手たちを支えてきた自分の経験が、「節約」や「カイゼン」に表されるような質実剛健とした企業風土に合っていると感じること。

このように志望動機から、理由をつなげていくと、人物像が一つの線でつながっていくのを感じます。理由は三つありますが、互いに関連しており、齟齬はないですね。

ロジカルシンキングとはつまり、論理の穴、抜け、洩れが一切ないように論理を組み立て、それをプレゼンなり文章にしたりしていくことに他なりません。つまりそれについて考え抜いていれば、ある程度誰にでもロジカルシンキングは可能ですし、磨きがかかっていくはずです。

ロジカルシンキングを仕事で活用する方法

ではロジカルシンキングを活用した話し方にはどのようなものがあるでしょうか。

PREP法

論理的に話をする営業中の男性

先述した「結論から話す」方法がPREP法といいます。

PREPとは

・P(POINT)=結論
・R (REASON)=理由
・E(EXAMPLE)=具体例
・P (POINT)=再度、結論

それぞれの頭文字を使い、PREP法と呼ぶこの方法の特徴は、初めに結論から述べることです。
例えば、あなたが顧客に自社のサービスを提案する場合を仮定します。

POINT(結論)
「当社のサービスの最大のメリットはコストパフォーマンスに優れている点です」

REASON(理由)
「こちらの表を参照して頂ければ分かる通り、ランニングコストにおいては他社に比べて圧倒的にコストを安くして提供できます。なぜ当社がここまでコストを抑えることができたかというと、広告宣伝費をほとんどかけていないからです」

EXAMPLE(具体例)
「コストだけで言えばA社とそう大差はないと思う方もいらっしゃいますが、当社の強みはアフターサービスサポートがついている点です。何か不具合がありましたら24時間専用のコールセンターが対応していますし、購入から3年間は無償にて修理・交換を承っていますが、同じサービスが付属しているのはB社しかなく、費用も若干割高になります。

POINT(再度結論)
以上のことから、当社のサービスが同業他社の中でも一番コストパフォーマンスに優れていると自信をもってお勧めできます。

SDS法

ロジカルな考えで打ち合わせをする社員

SDSとはSummary Detail Summaryの略で、最初に要約を伝え、次に説明をした後、最後にまとめを述べる構成法をいいます。結論を早く伝えたい時に使います。

S(Summary)
「当社のコストパフォーマンスは業界の中でも一番だと自負しております」

D(Detail)
「このようなコストを実現できたのは、広告販促費がほとんどかかっていないからです。」

S(Summary)
「コスト面だけでなくアフターフォローに関しても他社に引け目をとりません。自信をもってお勧めできます」

PREP法とSDS法どちらを選択するかですが、発表する内容によって変わります。
一般的にはストーリーを重視したければPREP法、結論を重視したければSDS法がおすすめです。

150701_presentation-knack2
プレゼンのコツを抑えて魅力的にする4つの方法

ロジカルシンキングで相手を説得するためには「型」を意識する

ロジカルシンキングにおいては何よりもPREP型やSDS型などの「型」を意識し話すようにするのが大切です。そうすることによって、よくよく見れば論理に穴があろうとも、納得がいかない意見があろうとも、一見すると論理的で、筋の通った話に聞こえてくるものです。まずは体裁を整えることが大切で、場数をこなしていく中で、どんどん上手になっていきますよ。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ