「なるほどですね」の敬語の言い換え方

「なるほどですね」は間違った使い方をされている敬語の代表的な言葉です。先輩や上司に「なるほど」や「なるほどですね」を使うのは正しい敬語とは言えません。電話やメールでも使える正しい敬語の言い換え方です。相槌として使う場合にも正しい敬語があります。その場合の変換方法も解説します。

「なるほどですね」の敬語の言い換え方

「なるほど」や「なるほどですね」の正しい敬語の言い換え方を解説

ビジネスの場では特に使われる「なるほどですね」という言葉。上司や先輩など目上の方、また部下にも使う方もいるでしょう。この「なるほどですね」という言葉は正しい敬語なのでしょうか。普段何気なく使っている言葉だけに癖になっている方もいると思います。もう一度「なるほどですね」の使い方や正しい敬語の言い換え方を確認しましょう。

「なるほどですね」の意味

敬語に言い換えるには言葉の意味を理解することが必要です。「なるほど」、「なるほどですね」は相手に同意、納得する意味合いの言葉です。また「なるほどですね」は

なるほどと納得した旅館の女将さん

  • 「なるほど」と「そうですね」が合わさった言葉

ということになります。この「なるほど」や「なるほどですね」は正しい敬語ではありません。

本来は対等の立場の方や部下などに使う言葉で、目上の方に使うと失礼にあたり怒られることもあるでしょう。ましてや社外の取引先やお客様に対して使うのはもってのほかです。営業の方や電話対応をする方は口癖となっている方も多いので、今のうちに正しい敬語の言い換えを覚えると今後の仕事をスムーズに進めることができるでしょう。

ではどのような言い換えが正しいのでしょうか。「なるほど」、「なるほどですね」を2つの意味として考えます。

「なるほどですね」の言い換え方

「なるほど」、「なるほどですね」は大きく分けると2つの意味合いがあります。

ヒゲを生やして納得の表情をする男性

  • 同意
  • 納得

この2つの言葉を正しい敬語に言い換える必要があります。

  • 同意する場合は「はい」や「そうですね」と言い換える
  • 納得する場合は「おっしゃるとおりです」と言い換える

「なるほど」や「なるほどですね」を頻発させた会話は耳障りが悪く、とてもスマートなビジネスマンの会話とは言えません。正しい敬語でもないので取引先の打ち合わせなどでは相手に不快な思いをさせる可能性もあります。

同意は「はい」や「そうですね」を言い換え、納得は「おっしゃるとおりです」に言い換えるだけで会話に重みがでて知的な会話をすることができるでしょう。相手にも好印象を与えることができるので取引も上手くいきます。このような言い換えが失礼に当たらない正しい敬語となります。

150819_goodluck-honorific2
「頑張ってください」と「お疲れ様です」の敬語変換

相槌としての「なるほどですね」の言い換え方

また話の相槌として「なるほど」や「なるほどですね」を使うビジネスマンもいます。相槌は会話をする上でクッションの役割をしてくれるので非常に重要な行為です。しかし相槌の代わりに「なるほど」や「なるほどですね」を使われると、くどく面倒な会話となります。

相槌の代わりにウインクをする女性

「なるほど」や「なるほどですね」を嫌う相手からすると好印象を与えることができないでしょう。正しい相槌は

  • 「はい」

このようにシンプルな敬語で相槌をうちます。このとき納得した表情でうなずくとなお良いでしょう。

同様に相槌の言葉として「ええ」という敬語があります。これは上司や先輩など目上の方に使うと失礼に感じる方もいるので使わないように気をつけましょう。

150819_send-honorific2
「送る」など頻繁に使う動詞の敬語変換

「なるほどですね」の丁寧な言い方

「なるほど」や「なるほどですね」を長年使っていると口癖になっている方もいるでしょう。この言葉を丁寧な言い方にすると失礼に当たらない、そんな言葉もあります。初めに「なるほどですね」は「なるほど」と「そうですね」が合わさった言葉ということを説明しました。

納得を体で表す男性

丁寧な言葉にするにはどうするか、答えは「なるほど」と「そうですね」を別々に使います。

  • 「なるほど、そうですね」

これで相手にとって失礼に当たらない言葉となります。「なるほど、そうですね」は社内、社外の目上の方にも当然使える言葉です。

注意点として、電話や打ち合わせなどの会話をする場面では使用してもなんら問題は無いのですが、メールや手紙など文章にした場合はあまり適切な言葉ではないと言うことです。

メールや手紙では「おっしゃるとおりです」を使うのが正しい「なるほど」や「なるほどですね」の敬語の言い換え方と言えます。

150820_takecare-honorific2
「お大事に」の意味や使い方と敬語変換

正しい言い換え方を覚えて相手に好印象を与えよう

「なるほど」や「なるほどですね」はビジネスでもプライベートでも良く使われる言葉です。そして間違った使い方をされる言葉の代表的な例でもあります。ビジネスでは上司や先輩などの目上の方、プライベートではお世話になった方との会話をスマートにするには正しい敬語を使うことを心がけましょう。

「はい」や「おっしゃるとおり」と言い換えるだけで好印象な立派な社会人というイメージを与えられます。特に新卒の方や営業に転職した方はまず初めに覚えるべき敬語と言えます。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ