Loading

人間関係がめんどくさいときの原因と克服法

人間関係がめんどくさいと感じたときの原因と克服法です。私たちが生きてくうえで人付き合いを避けることは出来ません。職場やアルバイト先、学校、そのような集団に属する時は周囲との関わりは必須です。人間関係はとても重要で、且つ、関係が悪くなると、とても面倒なものになります。人間関係が原因で「仕事を辞めたい」と思っている方、「もう疲れた」とやる気を失くしている方にこそおすすめの克服法を解説します。

人間関係がめんどくさいときの原因と克服法

人付き合いは面倒?そう思ってしまう原因を紹介

私たちはどこかの集団に属する時、必ず周囲と関わらなければ生きていけません。学校であればクラスメイト、アルバイト先であれば店長やバイト仲間、そして職場であれば上司や同僚と必ず誰かしら人と関わります。

どんな人も人付き合いをゼロにすることはできません。最近ではSNSツールの発達もめざましく、いつでもどこでも連絡が取れるようになりました。それを良いことと感じている人も居れば、面倒だと感じている人も居ます。ここでは人間関係を、めんどくさいと感じている人の原因を紹介します。

原因1.素の自分を出せないから

人間関係をめんどくさいと感じている人は自分を作っていることが多いです。素の自分を出せないことがつらくて、自分を偽ることに疲れてしまうのです。素の自分を出せないのは自己肯定感の低さが原因といわれています。

素はちょっとオネエ系な男性

自己肯定感とは読んで字の如く、己を認めて肯定する感覚のこと。自己肯定感が低いと自分に自信が持てず、何をするにも尻込みするようになってしまいます。他者と関わることになると特に「変なことを言って嫌われたらどうしよう」と不安になり、素の自分を出せなくなってしまうのです。

原因2.口下手だから

元々話すのが得意でない口下手な人も人付き合いが苦手です。口下手な人は自分が口下手だという自覚がある人がほとんどです。思っていることを上手く言葉にすることができないので、誤解されやすいと思っています。

彼らは基本的に一人で行動することを好む人が多いです。人と関わるとなると嫌でも話さなくてはいけません。口下手故に「相手の気分を害したらどうしよう」とか「沈黙が怖い」などと思ってしまうのです。

150706_work-trouble2
仕事の悩みの人間関係を解決する方法

原因3.人間嫌いだから

何らかの理由で人間嫌いになってしまった人も人間関係がめんどくさいと思っています。特に過去に人間関係でトラブルになった人はそれがトラウマになっている可能性が高いです。人間嫌いになって人間不信に陥ると、人と話したくない、人と接するのが面倒になります。

原因4.便利なコミュニケーションツールが増えたから

昔はコミュニケーションツールといえば自宅の固定電話か手紙、そして直接会うかの3つしかありませんでした。それが現在では近代技術の発達により携帯電話(スマートフォン)やパソコンが人々に普及。

SNSを使ってコミュニケーションを取る男性

様々なSNSツール、アプリが開発され、いつでもどこででも他者と繋がることが可能な時代になりました。それを便利だと思う一方で、わずらわしい、疲れたと感じている人も多いのも事実です。一時期大学生の間でLINEの「既読疲れ」なども話題になりました。

常に相手に見張られているような感覚になり、「あーもうめんどくさい!」とすべての繋がりを切ってしまいたくなります。世の中が便利になればなるほど、人間関係が面倒になっていきます。

円滑な人間関係を築くためのコツ

人間関係が面倒だからといって、それを職場やアルバイトを辞める理由にしてしまっていいのでしょうか。「辞めたい」と思う前に、人間関係が面倒だという気持ちを打破することはできないのでしょうか。克服法をこちらにまとめてみました。

克服法1.違う自分を演じていることもアリだと認める

素の自分を出せないから人間関係が面倒だと思っている人は、無意識に自分を偽るのは良くないと思っていませんか。職場やアルバイト先での付き合いは、あくまで仕事をするために必要なものです。何も本当のあなたである必要はありません。人間関係を円滑にするために違う自分を演じているのならそれはそれでOKなのです。

自分自身を認めてあげましょう。そうすることで割り切って相手と接することができ、わずらわしさからは解放されます。誰しも、いくつもの顔を持っているものです。それは人が上手に世の中を渡っていくためにどんな人にも自然に身についているもの。決して悪いことではないのです。

150817_workplace-human-relations2
職場の人間関係が辛い時の6つの対処法

克服法2.聞き上手になる

口下手で話すのが苦手なら思い切って聞き上手になることを目指してみましょう。話し手と聞き手両方あって初めて、人間関係が成立します。相手が一方的に話しているのを受け流しているだけでは良い関係は築けません。

相手の目を見て、しっかりと話に耳を傾けることで相手にあなたの聞く姿勢が伝わり、良い印象を持たれます。適度な相槌は必須です。上手な相槌の打ち方を収得すると人間関係を円滑にする上でとても便利なものになります。

150821_human-relations-tired2
人間関係に疲れたときに気分転換する方法4つ

克服法3.環境を変えてみる

人間嫌いが原因で人間関係をめんどくさいと思っている場合は人間嫌いを改善する必要があります。ですが、人間嫌いの改善はそう容易ではありません。特に過去のトラウマから人間不信になっている場合はトラウマを払拭するのはなかなか難しいです。

夕日に黄昏る男性

まずやれることは、環境を変えてみましょう。住んでいる場所を引っ越す、職場を変えるなど自分の周囲の環境を変えてみることで人間不信の症状が和らぐ可能性があります。人をまた好きになることができたら、人付き合いも楽しいと思えるはずです。

克服法4.自分本位ではなく相手を思いやる気持ちを持つ

人はどうしても自分の価値観だけで何でも判断してしまいます。けれどそれでは円滑な人間関係は築けません。「相手は自分じゃない」ということは常に頭に入れておきましょう。あなたにはあなたの価値観があるように、相手には相手の価値観があります

思いやりのある暖かい女性

意見が食い違うことがあるのは当然なのです。自分以外の他者を思いやる気持ちを持ち、それを相手に示すことができれば、相手も同じだけ気持ちを返してくれるでしょう。

人付き合いとはそういうものです。「自分のことを分かってほしい」ではなく、「あなたのことを理解したい」にシフトチェンジできれば、きっと良い関係を築くことができるでしょう。

面倒がらずに原因から克服方法をみつけよう

人の感情というのは伝線するものです。あなたが「めんどくさい」と思いながら相手と接しているなら、相手にもそれが伝わって、あなたも同じように思われているはず。人間関係をめんどくさいと思ったらまずは原因を見つめ直して、克服できるように努めましょう。あなたが良い関係を築きたいと思うのなら、相手は必ずそれに答えてくれますよ。

スポンサーリンク