Loading

働きたくない人の7つの心理と脱出方法

生活するためにはお金が必要で、お金を稼ぐには仕事をしなければなりません。しかし働きたくない、仕事をしたくないという感情は誰もが持っています。この心理を理解する事でネガティブな心理を脱出する事ができます。就職にも転職にも参考になる7つの改善策を紹介します。

働きたくない人の7つの心理と脱出方法

自分の心理的状況を理解する事から始めよう

誰もが働きたくない、仕事をしたくないと思っていることでしょう。では人は何故働くのでしょうか。それは生活するのに必要なお金を稼ぐ為に働いているのです。

人は学校を卒業すると同時に就職をして社会人となります。それが当たり前になっているのですが、一度挫折をすると社会復帰が難しいというのが現実です。挫折を味わった人はもう働きたくないという思いが強くなってしまうのですがもう一度、自分自身の心理的な状況を踏まえて脱出する方法を探してみましょう。

生活習慣を改善してポジティブな感情を持つ

就職活動が面倒くさい。働きたくない人、仕事をしたくない人の考えに共通するのがこの心理です。就職活動は非常に面倒で手間のかかる行為です。その考えには全く持って賛成なのですが、この就職活動をしなければ働く事はできません。

ポジティブ態度の男性

  • ハローワークや求人誌で仕事を探す。
  • 見つけた求人先に電話の連絡を入れる
  • 履歴書や職務経歴書を準備し、場合によっては郵送する。
  • 就職試験を受ける

文章にしてしまうとこれだけの事なのですが実際にやるとなると多くの準備や労力が必要になります。この就職活動が面倒くさいという心理状態を脱出するのは容易ではありません。

ではどうすれば良いのかというと、日々の生活習慣を改善して、徐々に、就職活動=面倒くさいという心理を改善する事が必要になります。

これは考え方を変えるというよりも自分の就職活動に対する気持ちを前向きに向上させるという事になります。今の生活環境を変える事でこの心理を良い方向へと変換する事ができるしょう。

距離をおいてリフレッシュする事が重要

意欲がわかない、やる気が出ない、というのも働きたくない心理の代表的な例です。実はこのようなタイプの方は機会があれば働きたいと考えている方が多いので一時的にこのような心理状態になっているケースがほとんどです。

リフレッシュし過ぎた男性

何故このような心理状態になっているかというと、仕事や就職活動を頑張りすぎて疲れてしまったのが原因となっている可能性が高いのです。

意欲や、やる気がでない時の脱出方法は焦らずに休養を取る事です。一度あらゆるものから距離を取る事で自分のやるべき事に対して使命感を感じる事ができるでしょう。このような心理になれば働きたいという意欲もでてくるので脱出も容易になります。

150420_spend_the_holiday2
社会人にお勧めの休日の過ごし方!カップルや一人で楽しむ方法

積極的に外出して意欲的に生活する

働く目的がないので働かない。これは何らかの理由があって働かなくても生活が出来る方に共通した心理となります。

外で食事するサラリーマン

若者の間で広がったニートの問題も、近頃は中高年の方まで広がってきています。働く目的がないので働かないというのは、このニートと呼ばれる方に共通している心理でもあり、社会的な問題となってきています。大学生の間でも目的が無い為就職活動をしないという方も一部で確認されているようです。

この心理を脱出する方法はただ一つで、目的をもって行動する事を心がける。これしかありません。この目的という部分ですが具体的には

  • 趣味を見つける
  • 欲しいものを見つける
  • 恋人をみつける

など人間の欲に係わってくる目的を探す事が脱出のきっかけとなります。これらの事は自分から行動しないと達成できないケースが多いので意欲的に生活してみましょう。

集中できる環境の職場を見つける

働かない期間が長いと他人が怖く感じる心理状態に陥り易くなります。これは当然の事で人と係わる時間が短いと適切な距離感がわからなくなるのです。その為、就職しても人間関係に嫌気がさし長続きしないという事になってしまうのです。

集中できる環境で働く男性

しかし働きたい、仕事をしたい、という意欲はあるので比較的改善しやすい心理状態と言えます。職場選び次第で脱出する事は容易なので、なるべく人間関係がない職場を選択しましょう。

例えば工場勤務や清掃の仕事など自分の仕事に集中できる環境にある職場を選択することで仕事に対する楽しさ、や充実感を味わう事ができるでしょう。続けて行く事で働きたくない、仕事をしたくないという感情はなくなるでしょう。

人材派遣に登録して面接を回避

人間関係の恐怖が起因となっている心理状態で就職活動の面接が怖い、という方もいます。これは人間関係をうまく構築できない人や、他人との接点についてトラウマがある人、長い間他人とのコミュニケーションを取っていない人もこの傾向があります。

肩をつかまれる派遣社員

面接は働くときに必ず行われる試験なので避けて通る事はできません。しかしどうしても苦手な人は人材派遣の業者に登録してみるのをおすすめします。

派遣に登録すると面接は派遣業者が代わりに行ってくれるケースが多いので、面接が苦手な人には強い味方となってくれるでしょう。しかし派遣に初回登録する時には簡単なアンケートに答える必要があるのでそれだけは覚えておきましょう。

逃げクセを治す方法は自分を追い込むこと

若い方に多いケースで逃げクセがついている事があります。一度逃げてしまうとクセとなり、それでもなんとかなる、と思い込んでしまうのが問題となります。

箱に逃げ出す男性

この逃げクセはなかなか改善が難しいのでなるべく人間関係の少ない職種、単純業務がメインの職種を探して、1週間、1ヶ月、1年間と自分の中で期間を決めて働いてみると良いでしょう。それでも仕事を辞めたくなった場合は職場の上司などに自分の事を相談してみると一緒に改善策を考えて貰えるかもしれません。

辛いときは辞めれば良い、という心理は一度持つとなかなか離れる事はできません。時には強制的に自分を追い込む事も必要なので、一人暮らしをしてみる事や金銭的に追い込まれる状況を自分で作ってみるなどして工夫する事が重要です。

働きたくない時はアルバイトをしてみよう

仕事が覚えられない為に働く意欲がなくなり、仕事をしたくない状況になっているケースもあります。仕事はしたいのに覚えられない辛い心理状況と言えます。

バイト中に休憩する男性

これは一人で考え込まずに職場の上司や同僚に相談する事が必要です。仕事の事なのでプライドもあるかと思うのですが相談せずに悶々と仕事をするとさらに効率が落ちて仕事をクビになる、なんて事にもなりかねないので早めに打ち明けると精神的負担は少ないでしょう。

仕事を覚えられず働くのに戸惑いを感じている方はアルバイトなど比較的覚える事が少ない働き方を選択するのも良いでしょう。

いずれにしても、このような心理状態の方は労働意欲が高いので脱出する事も難しくありません。

150326_neet_escape2
ニートを脱出する方法9選

自分探しで働きたい目的を見つけよう

このように働きたくない、仕事をしたくない、という人にも様々な心理状況があります。この状態を自分自身が理解する事で脱出方法を探し出す事ができるでしょう。

脱出、改善策が分かると労働意欲も沸いてくるので働きたい心理に変化するのは時間の問題です。無理せず時間をかけて自分探しをする事からスタートしてみましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ