失敗の名言集まとめ~ミスを糧に未来が輝く言葉~

失敗したときの名言集です。失敗は成功の基と言う通りしっかり反省したら気持ちを切り替えて前向きな姿勢で臨むことが大切です。挫折を経験しても何度も挑戦したくなる偉人達の勇気の言葉で未来を明るく照らしましょう!失敗してやる気がない、仕事から逃げ出したいときに読みたい偉人の名言集を紹介。

失敗の名言集まとめ~ミスを糧に未来が輝く言葉~

もうダメだ!仕事を失敗したときに元気を出すための名言

最近では名言集なども流行り様々な著名人の名言もあります。
その中でも、仕事で失敗して落ち込んだ時や、やる気を無くしたときに力をくれる名言を集めてみました。失敗は自分に何をもたらすのか?失敗を知ることは成功を知ることでもあります。

どの偉人達も挑戦と失敗を繰り返して、数々の挫折を体験し、それでも恐れず前へ進んで行きます。自分が一番不幸と思う前に、失敗は成功の基と言う言葉を忘れずしましょう!
名言を読んで仕事への姿勢や考え方を少しでも変えるだけで、気持ちが楽になるかもしれませんよ。

人それぞれの個性があるように、物のとらえ方、感じ方はみんな違います。
少しでも前向きな自分を取り戻せるような、名言に出会えることを願って紹介させていただきます。

仕事を失敗したときに頑張れる自分を見つける

仕事で失敗して落ち込むOL

仕事で忙しくて辛い、時間がなくて辛い、辛くて苦しい時の名言

責任をとって仕事をする人間は、会社、工場、その他どんな会社においても、必ず頭角を現す。
責任ある仕事を歓迎しよう。仕事の大小を問わず責任を果たせば、きっと成功する。

デール・カーネギー(1888~1955)
米国の実業家、作家、ビジネスセミナー講師。

どんな仕事、場面でも、真剣に取り組んで一生懸命することが出来れば、頭角を現し必ず良い結果に繋がる。責任ある仕事を任せられて嫌だと思うのではなく、チャンスがきたと考えよう。

過去の出来事に傷つけられることもあるだろう。
でも私が思うに、そこから逃げ出すことも出来るが、そこから学ぶことも出来る。

ウォルト・ディズニー(1901年~1966年)
異名は世界一のエンターテイナー

逃げ出すのは簡単。でもよく周りを見回してみよう。そこには必ず学びは隠れているから。
辛い時こそ読んでほしい名言の一つです。逃げ出すより学んだ方が自分の為になるのですから。

踏まれても叩かれても、努力さえし続けていれば、必ずいつかは実を結ぶ。

升田幸三(1918~1991)
日本の将棋棋士、実力制第四代名人。

どんなに辛いことがあっても、頑張っていればいつかは良い方向へと向かって行く。何事にも諦めないで努力をしてこそ成果がでる。踏ん張ることは大切ですね。
くじけて諦めてはそれでおしまい。でも諦めず努力をしていれば先は開けると未来への希望を伝えてくれています。

「やってられないよ」と思ったとき「でも俺、頑張っているよな」とつぶやいてみてください。「頑張っている私って、結構いいな」と自分を好きになって下さい。その方が生きやすくなるとは思いませんか。

松岡修三(1967~)
日本の元プロ男子テニス選手、スポーツ解説者。

自分を褒めてあげましょう!「頑張ってお疲れ様」の一言がイライラしている自分を落ち着かせられるかもしれません。なかなか自分で自分は褒めないですから。

161118_work-quotation2
仕事を辞めたいときに見る名言集・偉人からの励ましの言葉

仕事で挫折したとき、やる気を無くしたときに読む名言

自分を信じて仕事をするOL

失敗の原因を素直に認識し
「これは非常にいい体験になった」
というところまで、心を開く人は、後日進歩し成長する人だと思います。

松下幸之助(1894年~1989年)
パナソニックを一代で築き上げた経営者。異名は経営の神様。

自分の失敗を受け入れ反省をして、しっかりと次に繋げようとする姿勢が大切です。

他人の意見で自分の本当の心の声を消してはならない。自分の直感を信じる勇気を持ちなさい。

スティーブ・ジョブズ(1955年~2011年)

米国の実業家、資産家、作家、教育者で、アップル社の共同設立者の一人。

自信を持って行動しよう。他の意見に流されないで意思をしっかりもつ勇気をもとう。

ローマは一日にして成らず。
あなたのアイディアも形にするには時間がかかるかもしれない。
でも、まずは最初の一歩を踏み出そう。
結果は必ず後からついてくる。

スティーブ・ウォズニアック(1950年~)
米国のコンピュータ・エンジニアで、商用パーソナルコンピュータで世界初の成功を収めたアップルの共同設立者の一人。

どんなに時間がかかっても、何もしないことには、何も始まらないので、まずは行動しなきゃ!と心に響きます。思っているだけでは何も始まらない。何をするにも時間がかかり忍耐力も必要だけれど、頑張って前に進みましょう!

挫折を経験したことがない物は、何も新しい事に挑戦したことが無いということだ。

アルベルト・アンシュタイン(1879年~1955年)
天才倫理物理学者、ノーベル物理学賞受賞。

何か新しいことをするには、沢山の困難や失敗はつきもの。失敗の中から成長が出来ると言われているように感じますよね。仕事で成果を出すには、挑戦→挫折の繰り返しが大切なのです。

失敗したわけではない。それを誤りだと言ってはいけない。勉強したのだと言いたまえ。

トーマス・アルバ・エジソン(1847~1931)
米国の発明家、起業家。

失敗を恐れてないで、失敗は失敗ではなく全て自分の学びとなることを身にしみて感じることができます。

環境など何でもない。環境などは自分で作り出すものだ。

ナポレオン・ボナパルト(1769~1821)
フランスの皇帝、政治家、軍人。

どんな職場においても、自分で業務改革していこう。

世の中に失敗というものはない。チャレンジしているうちは失敗はない。諦めた時が失敗である。

稲盛和夫(1932~)
日本の実業家、京セラ・第二電電(現KDDI)創業者。

失敗をしても諦めずに先に進めばそれは失敗にはならない、諦めないことが大事なのです。

成功を祝うのはいいが、もっと大切なのは失敗から学ぶことだ。
失敗にどう対処するかで会社が社員の良い発想や才能をどれだけ引き出し、
変化に対応しているかがわかる。
どんな会社にも、ミスをして、それを最大限活かしたことのある人が必要だ。

ビル・ゲイツ(1955~)
米国の実業家、Microsoft創業者。

失敗は恐れることはなく、次へのステップアップと考えよう。それに気が付かなければ会社がわかる。

失敗が人間を成長させると私は考えている。失敗のない人なんて本当に気の毒に思う。
私がやった仕事で本当に成功したものは、全体のわずか1%に過ぎない。
99%は失敗の連続であった。
そして、その実を結んだ1%の成果が現在の私である。
わたしの現代が成功というのなら、わたしの過去はみんな失敗が土台作りをしていることにある。
仕事は全部失敗の連続である。
日本人は、失敗ということを恐れすぎるようである。
どだい、失敗を恐れても何もしないなんて人間は、最低なのである。

本田宗一郎(1906~1991)
日本の実業家、技術者、本田技研工業の創業者。

どんなに失敗をしても失敗をするからこそ成功をしているのではないのではないでしょうか。諦めない心。失敗がその人を一回りも二回りも大きくするのではないでしょうか。

161128_life-quotation2
人生に響く名言・格言集!仕事の疲れを癒す心のビタミン剤

仕事を失敗したときに名言から勇気をもらう

仕事のミスを反省し前に向かうOL

前向きな自分になるための名言

「俺は絶対落ち込まないのよ」
落ち込むっていうのは、自分のことを過大評価しすぎやねん。
過大評価しているからうまくいかなくて落ち込むのよ。
人間なんて、今日できたこと、やったことがすべてやねん。

明石家さんま(1955~)
日本のお笑いタレント、司会者、俳優、歌手、ラジオパーソナリティなど多種多様。

なるほど!と思ってしまう名言です。

どんな仕事でも喜んで引き受けてください。
やりたくない仕事も、意に沿わない仕事も、
あなたを磨き強くする力を秘めているからです。

稲盛和夫(1932~)
日本の実業家、京セラ・第二電電(現KDDI)創業者。

今の仕事が楽しくないと感じている方に是非読んでもらいたい名言です。どんな仕事も自分を成長させる糧になると考えることで仕事への意欲が沸き上がりますよ。

夢をつかむことというのは、一気にはできません。
小さなことを積み重ねることで、いつの日か
信じられないような力を出せるようになっていきます。
ここまで来て思うのは、まず手の届く目標を立て、
ひとつひとつクリアしていけば、最初は届かないと思っていた目標にも、
やがて手が届くようになるということですね。

イチロー(1973~)
日本のプロ野球選手、日本及び米国で活躍。

小さなことの積み重ねが大事だということを改めて感じさせてくれる名言です。仕事の成功を夢見て諦めずにやっていけば、いつかは、目標に手が届くようになるかもしれません。

挑戦すれば成功も失敗もあります。
でも挑戦せずして成功はありません。
何度も言いますが、挑戦しないことには始まらないのです。

野茂英雄(1968~)
元プロ野球選手(投手)、NPBとMLBで活躍。

その通りの一言しかありません。ですが最近では、その挑戦する心を忘れてしまいがちです。楽ばかりでは何も始まらないのです。

希望を捨てなかった人だけが最後に笑う。
未来に目を向けていれば嵐の去るのは早い。

松下幸之助(1894年~1989年)
パナソニックを一代で築き上げた経営者。異名は経営の神様。

どんなに嫌な事があっても、自分のやりたいことや目標がある人はどんな困難でも去るのが早く感じることができて頑張れるのです。

変えられることは変える努力をしましょう。
変えられないことはそのまま受け入れましょう。
起きてしまったことを嘆くよりも
これからできることを皆で一緒に考えましょう。

加藤諦三(1938~)
日本の社会学者、評論家、早稲田大学理工学部教授。

仕事で失敗したときは気持ちが落ち込みますよね。でもその失敗を受け止め次はどのようにするべきなのかを考えることが大切です。前向きな姿勢で仕事をすることが成功の近道になると教えてくれる名言です。

ドタバタしてもしょうがないので、やることはやってみて後は素直に受け入れ、みんなで考えましょう前進あるのみです。
自分のしている仕事がすばらしいものだと何度も繰り返し唱えているうちに、本当に素晴らしいものになってきます。絶対にいけないのは自己を卑下することです。

ジョセフ・マーフィー(1898~1981)
米国で活躍したアイルランド出身の宗教者、精神法則に関する世界最高の講演者の一人。

思い込みは良くも悪くも働きます。どうせなら、良い方向へ向かうために自分を沢山褒めて、プラスにしましょう。そしていつか成功を掴むのです。

161114_effort-quotation2
努力の名言でやる気アップ・読むと勇気が出る偉人の名言集

仕事を失敗した人を叱咤する前に読む名言

部下を叱ってしまい反省中の部長

自分が利を得るために、不必要に自分の膝を屈することは決してすまい。なぜなら、そうして得られた応援や協力は、またみえないしがらみを生み、道を暗くするからである。

松下幸之助(1894年~1989年)

いくら自分の成果を出すために偽の努力をしても、それで得たものたちは全て本当の成果ではない。みんな簡単に得をしたいと考えているから気をつけましょう。

部下の失敗はただ叱れば良いというものではない。失敗を自覚している時には慰めも又必要です。

松下幸之助(1894年~1989年)

叱るばかりではなく、時には慰める優しい言葉を一言かけられるだけでその人の今後の努力に繋がるかもしれませんよね。何でも叱ればいいってものではありません。

誰でも怒ることはできる、それは簡単なことだ。しかし、正しい人に、正しい程度に、正しい時に、正しい目的、正しい方法で怒ること、それは簡単ではない。

アリストテレス(紀元前384~紀元前322)
古代ギリシアの哲学者。

正すことが目的ではなく、怒ることが目的となってはいけません。今怒るのは適切なのか?一度考えてから行動に移すことが大切です。

成果とはつねに成功することではない。そこには、間違いや失敗を許す余地がなければならない。

ピーター・ドラッカー(1909~2005)
オーストラリア出身の経営学者、現代経営学の発明者と称される。

どうしても会社の業績ばかりを考え、仕方のない事ですが。成果、成果と言ってしまいますが、失敗の中の成果というふうに考えると失敗しても頭ごなしに怒るのではなく、余裕のある注意の方法が出来るのではないでしょうか。

この人には、これだけしか能力がないなどと決めつけては、能力は引き出せません。

井深大(1908~1997)
日本の電子技術者、実業家、SONY創業者の一人。

すぐに成果を知りたがるばかりで、その人の本当の能力を見抜けずダメにするのではなく、どのようにしたら能力が引き出せるかを考えたほうが計り知れない能力を出せる可能性があるのではないでしょうか。

161129_confucius-quotation2
孔子の名言集まとめ~仕事と人生に役立つ論語の教え~

乗り越えられない困難はない!前向きな気持ちが大切

偉人たちの残した名言を沢山ご紹介いたしましたが、何か心に響いた名言はあったでしょうか。沢山の名言に触れていると、どの偉人たちも結果は同じことを言っている事がわかります。
失敗はいくらでもしていいのです。

失敗を恐れずに素直に反省し前向きな気持ちで臨むこと、そこで諦めない心努力をする心向上しようとする心をもっていれば、どんな困難にであっても乗り越えることが出来るどの偉人達も言っています

乗り越えられない困難はありません。
自分の心に残った名言はきっとこれからの仕事で力強い心の支えになってくれるのではないでしょうか。
日本には古くから「ことだま(言霊)」と言われるものが言葉に宿っていると信じられていた不思議ないわれがあります。
気の持ちよう」と言う言葉もあるように、心に残った名言はきっと心の支えになってくれます。落ち込んだ時、やる気をなくしたとき、どうしていいのか分からなくなった時、是非この名言を心の糧として思い出してくださいね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ