Loading

よく使うエクセルのショートカットキー5選

エクセルのショートカットキーはたくさんあってわからない!そんな方は今回解説する5つのよく使うショートカットキーを覚えるだけで業務効率がアップします。シート移動、セルの行と列の追加と削除、色の塗りつぶし、日付や時間の入力、範囲の選択など便利なショートカットキーを解説します。

よく使うエクセルのショートカットキー5選

使用頻度が高いショートカットキーをピックアップ

エクセルをより使いこなすにはショートカットキーが必須です。ショートカットキーを覚えることで業務効率が向上することは間違いありません。しかしエクセルのショートカットキーは数多くあります。そのため全てを覚えることは難しいかもしれません。今回紹介するショートカットキーはエクセルで使用頻度が高いものをピックアップしました。覚えておくとより便利にエクセルを使いこなすことができます。

1.シートを移動するショートカットキー

素早いダッシュで移動する男性

データの量が増えると複数のシートに渡ってデータを入力する場面がでてきます。入力の度にシートを選択していては時間がかかり仕事が滞ってしまいます。そんなときに便利なのがシート間を移動するショートカットキーです。

エクセルシートの右に移動する場合は

  • Ctrl+PageDown

エクセルシートの左に移動する場合は

  • Ctrl+PageUp

でエクセルのシート間を移動できます。

シートを追加することもショートカットキーで対応できます。これは便利なので是非覚えましょう。新しいシートを追加するショートカットキーは

  • Shift+F11

これで新しいシートが追加できました。

2.行と列にセルを追加・削除するショートカットキー

追加の依頼がきてうんざりする男性

エクセルの行や列にセルを追加・削除するのを簡単にするショートカットキーです。セルの追加や削除は使用頻度が高いのでショートカットキーを使用すると大幅な時間短縮ができます。ショートカットキーも簡単で覚え易いです。

行や列を追加するショートカットキーは

  • Ctrl+「+」

行や列を削除するショートカットキーは

  • Ctrl+「-」

となります。今までマウスの右クリックやエクセルのメニュー画面で行っていた作業がキーボードで簡単でできるようになります。追加は「+」、削除は「-」とわかり易いのも良いですね。これで行や列の追加と削除が簡単にできるようになりました。

3.セルの色を繰り返し塗りつぶすショートカットキー

色とりどりのカラフルな色鉛筆

セルに色を付けることは多くあるでしょう。その度にセルを選択して色を指定するのは手間以外のなにものでもありません。これをショートカットキーで行うと短時間で作業が終わります。しかし色を塗りつぶすショートカットキーはありません。

ではどのように作業するのか解説します。

  1. 事前に特定のセルに色を付ける
  2. 塗りつぶしたいセルに移動して
  3. Ctrl+Y

この作業でセルに色を付けられます。このCtrl+Yというショートカットキーは直前の動作を繰り返すというもの。そのため直前にセルの色を付けた場合は、Ctrl+Yは「セルの色を塗りつぶす」というショートカットキーに変わります。

このショートカットキーはあらゆる場面で使用できます。そのため使い方次第では一番使えるショートカットキーと言えます。

150806_excel-division2
エクセルの割り算を使いこなす方法5つ

4.今日の日付と時間を入力するショートカットキー

時計を指差して催促する男性

エクセルで書類を作る場合に今日の日付を入力します。そのとき日付の間違いが起こる可能性を減らせるショートカットキーを紹介します。このショートカットキーは使用頻度が高いので労務関係の方や経理で働いている方には嬉しいでしょう。今日の日付を表示するには

  • Ctrl+「;(セミコロン)」

を入力します。そうするとパソコンに設定されている日付を自動でセルに入力してくれます。このショートカットキーと関連して「:(コロン)」を入力すると同じくパソコンの時間を入力してくれます。

  • Ctrl+「:(コロン)」

これらのショートカットキーの時間や日付はエクセルを開いたときに更新されます。そのため常に新しい日付が自動入力されることになります。

これで日付を間違えると大変なことになる、書類の日付を正確に記入することができました。

150811_excel-autofill2
エクセルのオートフィル使いこなし術5つ

5.カーソル位置やデータ範囲を選択するショートカットキー

器用な指使いでショートカットキーを入力する男性

カーソル位置を選択するのにマウスを使っているか方は、ショートカットキーで大幅な時間短縮ができます。

データ範囲の先頭や末尾にカーソルを移動するショートカットキー

  • Ctrl+「上、下、右、左の各方向キー」

カーソルをエクセルの先頭に移動させるショートカットキー

  • Ctrl+Home

カーソルをエクセルのデータの末尾である右下に移動させるショートカットキー

  • Ctrl+End

データがアクティブのセルを範囲選択するショートカットキー

  • Ctrl+Shift+*

カーソルの置いたセルから先頭のセルまでを範囲選択するショートカットキー

  • Ctrl+Shift+Home

カーソルの置いたセルから末尾のセルまでを範囲選択するショートカットキー

  • Ctrl+Shift+End

これらのショートカットキーを覚えておくとエクセルのデータをより簡単に短時間で管理することができます。作業マウスとショートカットキーの両方を上手く組み合わせて効率よく仕事をしましょう。

150721_excel-week2
エクセルで曜日を表示する方法

業務でエクセルを使う方には必須のショートカットキー

エクセルのショートカットキーを覚えるのは、仕事としてエクセルを使用する方にとっては当たり前かもしれませんが、あまり詳しく知らない方にとっては難しく感じるかもしれません。しかし作業をより効率よくこなすためにはショートカットキーは必須と言えます。

ショートカットキーを知る事でエクセルを操っている感覚が感じられ、楽しく作業ができます。毎日同じ作業の繰り返しで仕事に嫌気がさしている方は、ショートカットキーを活用すると新鮮な気持ちで仕事ができるようになります。

スポンサーリンク