営業を辞めたい理由といざ辞めたくなったときの対処法

「営業を辞めたい」と思う人は非常に多いです。営業は会社の花形部署でもあり、離職率も高い厳しい職種です。いざ営業職を辞めたいと感じた際にはどうすべきなのでしょうか。辞めてしまう前にこちらの記事でいま一度自分の気持ちを整理してみてください。

営業を辞めたい理由といざ辞めたくなったときの対処法

「営業を辞めたい」と思ったらどうすべきか

営業は企業の花形部署であり、その一方で離職率も非常に高い「戦場」でもあります。企業活動の最前線でマネージャーの指令に従って戦い続け、入れ替わりも激しいその特徴から「ソルジャー社員」と揶揄されることが多いのもこの職種です。

実績を残すことができれば英雄、実績がなければ奴隷のように扱われるとまでは言いませんが、実績次第で社内での扱いも大きく違ってくるのもまた事実。そんな環境下で心身ともに激しく消耗し、もう辞めたいと思っている人は今も昔も非常に多いものです。

「営業を辞めたい」と思う理由は何なのか?そして、辞めたいと感じたときに営業マンはどう行動すべきなのか?今回はこの2つのポイントについて探っていきます。

営業マンが「営業を辞めたい」と感じる理由とは

夜の屋上で悩む男

営業の世界に飛び込んではみたものの、その世界を厳しく感じるという人は少なくありません。そして、各自の状況も違いますから、営業を辞めたいと思う理由も様々です。

1 コミュニケーションがそもそも苦手

営業が苦手な人の中には、そもそもコミュニケーションが苦手な人もいます。その多くは希望して営業職についたのではなく、会社都合で配置された場合も多く、合わない仕事で成果も出ず、上記のような悩みを抱えて心身が憔悴しきっていることも少なくありません。

2 ノルマが厳しい

営業の最大のハードルといえば「ノルマ」です。毎月や毎期の目標の達成を求められますが、その目標は決して楽なものではありません。

そして、そのノルマの達成について上司が厳しく管理をしているもので、数字についてコミットメントを求められたり、また数字が足りなければどうやってそれを埋めるのかアクションプランの提出を求められたりと、とにかく達成に向けての重圧は並々ならぬものがあります。

自分でノルマを設定できるなら良いのですが、多くの場合は経営陣が計画した「都合のいい」目標数字を分解して各人に下ろしてきたものですから、いわば「天災」のようなもの。営業マンたちにも、そして中間に立つ上司たちにとっても等しく辛いものになりがちなのです。

3 同僚との比較が辛い

営業で辛いことのひとつに、「同僚との比較」があるという人は多いものです。「同期の○○は数字を出しているぞ」というような上司の激励・叱責を聞きながら「そんなこと言われても…」と思う営業マンはやはり多いでしょう。

比較先の相手が全然スペックの違う相手だったり、また営業先に恵まれている相手だったりすると不公平感から尚更つらい思いをしてしまうということも少なくありません。

社内での皆の視線も、自分の社内における影響力も、実績に応じていろいろと違ってきますし、そういった雰囲気が非常に辛く感じるものです。気づけば職場の人間関係が上手くいかなくなっていて、孤独感を感じる人も多いのです。

4 商品・サービスが売れない

ヘルメットが売れず悩んでいる営業マン

「裸足で過ごしている原住民に靴を売るのが営業」などと言いますが、要らないと思っている相手に何かを売るというのは、スタート時から不利であることは間違いありません。
ある事ない事を言って丸め込んで販売したところで、後日のクレームは避けられませんし、また自分が騙しているような気分になってしまって後で自己嫌悪ということもあります。

売れないだけならまだしも、怒られたり罵声を浴びせられたりと、嫌な気持ちになることもたくさんあります。手土産を自腹で持って行っても、営業面では何も効果がない、経費だと思ったものが清算されないなど、経済面でも損失を被ることもあります。

商品やサービスが売れればすべて良い思い出にもなりますが、売れない時は全てが憂鬱で、嫌になってしまうものです。

5 昇進・昇給が見込めない

営業を辞めたいと思う人の中には、なかなか昇進や昇給が見込めず焦るという人も少なくありません。

営業の世界は歩合給が多いので、上手くいけば若くして昇給・昇進が期待できますが、数字が上がらなければ新卒並の給料が続く場合もあります。年齢を重ねて、家族ができたりするとそれなりの収入が無ければ生活が回りませんし、自尊心も傷つきます。

もちろん成果を残した人しか昇進もできませんし、営業人員に比して昇進できる枠は圧倒的に少ないため、よほど有能な人でなければ営業の最前線を抜け出せない構造になっていることも少なくなく、先が見えずに憂鬱になることも多いのです。

6 拘束時間が長い

営業は自由な時間が多いという言い方もありますが、実際には遊ぶこともできず、仕事もできないという中途半端な時間が多いものでもあります。顧客の都合に合わせるしかないため、営業マンが拘束される時間は長くなりがちです。

「夕方以降しか空いていない」と言われれば待つしかありませんし、また訪問先が遠ければそれだけ移動に時間を費やされ、目標としている訪問件数を回れないこともあります。加えて急な接待が入ったり、御用聞きのために休日祝日関係なく呼び出されるなど、いろんな形で仕事に拘束されることも多く、そのためにプライベートがうまくいかない人も多いのです。

7 キャリアが身につかない

営業職を辞めたい理由や不安を感じる原因のひとつは、日々同じことが繰り返されるためになかなか専門的なスキルが身につかないことです。そのため、転職活動では不利になるとよく言われます。

営業の求人は常にあるため、気づけば営業職から営業職に臨まぬ再就職をする人も少なくありません。こうしたことを繰り返し、ふと自分のキャリアを考えた時に「生涯営業で大丈夫だろうか」と考える人も多いのです。

「営業を辞めたい」人が考えるべきこと

缶コーヒーを飲む営業マン

営業を辞めたい理由は実に様々ですが、以下のような対応をしている人も多いので参考にしてみるとよいでしょう。

1 営業ノルマとは別の目標を作る

営業ノルマはあくまで上からの指示で、「達成」か「未達」を見られます。しかし、未達でも成長や成功の手ごたえを感じることもあるはずです。

営業ノルマとは別に自分の達成目標を設定しておくことで、過剰にノルマを意識してストレスを抱えることが少なくなります。あまり易しい難易度にならないよう、また継続的に自分の営業力アップにつながる目標を設定しましょう。

2 空き時間の使い方を考える

拘束時間が長いことを逆手に取って、そのスキマ時間にできることを徹底的に考えましょう。資格の勉強をするのも良いですし、必要な買い物を済ませておくのもおすすめです。
ただ拘束されていると考えず、拘束時間の中で自由を探してみましょう。ストレス解消にも有効です。

3 売れている同僚を研究する

売れる営業マンにも売れない営業マンにも必ず理由があります。完全に真似をすることはできなくとも、売れている同僚を研究することで、営業力アップにつながるヒントを得られることでしょう。

161226_walkin-sales2
飛び込み営業で初対面の相手の心を掴む成功の極意

4 上司・先輩と仲良くする

先輩とこれから飲みに行く営業マン

営業マンの最大の敵のひとつは孤独感です。それを紛らし、また自身の仕事にも役立つためにも上司や先輩とのコミュニケーションを増やしておきましょう。

距離を縮めておけば、仕事面でも助けてくれたり、有用なアドバイスをくれます。仲良くして話を聞いてもらえるだけでも精神的な負担は少なくなり、ノルマ未達の際のカミナリも幾分かは軽減されるでしょう。

5 配置転換をお願いする

営業がどうしようもなく無理だと感じる場合には、上司や人事に配置転換を申し出ましょう。新規営業からルート営業くらいの配置変更は考慮してもらえることも多いです。

他の部署だとしても、適職と思われる分野があれば考えてもらえる場合もあります。この時、希望する先に必要な資格を取得していると成功する可能性が高まります。

6 会社を辞めてしまう

上記の方法でも難しい、またはやってみても無理だったという場合はスッパリその会社を辞めるのが最良の方法でしょう。

もちろん、とにかく辞めれば良いというものではありません。少なくとも、自己都合の退職となりますから、3ヶ月は失業保険が出ませんので経済的な準備も必要となります。また、家族などにもきちんと了解を取っておく必要があります。次の職については転職エージェントなどを活用して、事前に目星をつけておきましょう。

営業を辞めたい時も最後までできることを考えよう

営業を辞めたいと思ったことのある営業マンは非常に多いものですが、そういった経験をしながらも乗り越えて一流の営業マンとなり、営業マネージャーとなる人は少なくありません。

営業を辞めたい理由は様々ですが、できることが全くない八方塞がりという状況もそこまで多くはありません。ですから、辞めることは最後の選択肢として取っておいて、まずはできることを最後まで考えて行ってみましょう。

そして、いざ辞めることになるなら、その前に準備するべきことはしっかり準備し、スムーズに次の仕事を始められるようにすることが大切です。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ