【飲み会が苦手な人に】飲み会を乗り切る方法と断り方

飲み会が苦手な人にとって、会社の飲み会はまるで針のむしろ。さぞかし辛い時間をお過ごしのことでしょう。そこで、飲み会嫌いの人のために、どうしても飲み会に出席せざるを得ない時の上手な乗り切り方と、波風を立てずに飲み会を欠席するための断り方を紹介します。これで飲み会が怖くなくなるはず!

【飲み会が苦手な人に】飲み会を乗り切る方法と断り方

飲み会が苦手な人も安心!飲み会を上手に乗り切る方法&スムーズな断り方

社会人になると忘年会・新年会・歓送迎会など、職場の飲み会に参加する機会があります。でも「会社の飲み会って苦手なんだよね」という人も意外と多いのではないでしょうか。職場によっては、何となく飲み会に参加しないといけない雰囲気があったり、中には半ば強制的に参加を求められる職場もあるとか。

飲み会が苦手な人にとって職場の飲み会というものは、楽しむことができない気が重いイベントになのかもしれません。そんな、つらいイベントを克服するにはどうすればいいのでしょう?

ここでは、上手に飲み会を乗り切る方法と、角を立てることなくスムーズに飲み会を断る方法を紹介します。どうしても飲み会に参加しなければならない人や、何とかして飲み会をバッくれたいという人の参考になるはずです。

参加せざるを得ない!苦手な飲み会の乗り切り方5つ

飲み会が苦手な理由は人それぞれ。「お酒が苦手」という人や「飲み会の雰囲気が苦手」という人もいれば、職場の人間関係やコミュニケーションに苦手意識を持っている人もいるはず。そんな、会社の飲み会が苦手!という人のために、飲み会をそつなくこなすポイントを紹介します。

酔っ払うと止められない上司

ポイント1.話すのが苦手なら聞き役に徹するべし!

「人とうまく話せない」「場を盛り上げるのが苦手」という理由から、飲み会が苦手な人は多いはず。職場の飲み会で、同僚と楽しそうに話している人や上手に盛り上げている人を見ては、羨ましいと感じていることでしょう。でも、だからといって無理をする必要はありません。話をするのが苦手なら、聞く方の立場に回ることでも立派なムードメーカーになれるのです。 特に、人は誰でもお酒が入ると色々と語りたくなるもの。そんな「誰かに聞いてほしい!」という人のために話を聞いてあげたら、自分も話をする必要もないし、相手も満足してくれるので一石二鳥なのです。話好きの上司のお相手をして、普段聞けないような興味深い話や役に立つ情報を聞ける可能性もあります。

話すのが苦手な人は、うまく話そうと思えば思うほど失敗してしまうものです。おもしろいことを話して、相手を楽しませなければならないと思い込んでいませんか?強すぎる思い込みは捨てて、自分の得意なことに徹すれば、あなたの飲み会嫌いを克服できるかもしれません。

ポイント2.苦手な人がいるなら適度な距離を保つべし!

苦手な人や嫌いな人がいて、せっかくの飲み会が楽しめない!という理由から、飲み会に参加したくないパターンです。そんな時はできるだけ離れた場所に座って、その人と接触しないようにするのが得策だといえます。

本当は顔を見るのも嫌になるくらい嫌いな人がいるとしても、職場の人間関係に私情を持ち込むのはご法度。あなたの社会人としての資質が問われてしまいます。飲み会の楽しい雰囲気を台無しにしないためにも、相手と距離をおいた大人の態度をとる必要があるのです。

苦手な人がいる場合、「飲み会は仕事の延長」と考えて行動しましょう。そうすれば好きな人や嫌いな人に関わらず、仕事の相手としてうまく対応することはできるはず。嫌いな人がいるからといって仏頂面をしていると、場の空気を悪くするだけでなく、あなたの株が下がる可能性もあります。

ポイント3.お酌を断りきれないなら「飲んだふり」テクをマスターすべし!

お酒が苦手な人にとって、無理にお酒をすすめられるのって困りますよね。いくら「飲めないので」とお断りしても、酔っぱらっている人には通用するはずもなく、結局は強引に注がれることに・・・。自分のペースでじっくり飲みたい人にとっては、苦痛以外の何物でもありません。

「お酒がたくさん飲めない」「自分のペースで飲みたい」という人は、以下のような「飲んでいるように見えるテクニック」を身に付けて、強引お酌野郎を撃退しましょう。
・途中からノンアルコールビールに変える
・ウーロン茶をウーロンハイと見せかける
・グラスに口を付けても決して飲まない
・常にメニュー見ながら悩んでいるフリをする
・グラスに山のように氷を入れて薄くする
いかにも飲んでいるように見せるためには、あなたの演技力も求められます。

また、席を決めずに他の人にお酒を注いで回るのもおすすめの方法。ずっと同じ場所にいると飲んでないのがバレてしまいますが、常に位置を変えていれば飲んでいないこと気づく人はいません。もし相手にお酒を注がれたら、忘れたふりをして飲まずにコップをその場に置いて、さらに移動を続けましょう。

150501_work-_humanrelations2
仕事の人間関係を円滑にする6つのポイント

ポイント4.「飲み会ぼっち」が嫌ならおいしい席をおさえるべし!

職場に親しい人がいない人や、自分から話しかけるのが苦手な人が陥りやすいのが「飲み会ぼっち」です。「周囲の会話に入ることができない」「気付いたら孤立していた」など、飲み会ぼっちになるくらいなら、飲み会なんて参加しない方がマシだと感じてしまうのも無理もありません。

飲み会ぼっちにならないためには、以下の5つの方法がおすすめです。楽しいかどうかは別として、とりあえず周囲からは「アイツぼっちになってるよ」と思われることはありません。
・親しい同僚や上司の近くに座る
・できるだけ端っこの席は避ける
・他のぼっち仲間を探す
・興味がなくてもそばにいる人の会話を聞いているフリをする
・トイレに行って戻ってきた際、一番盛り上がっているグループの輪に入る

ポイント5.アルコールが苦手なら周囲にきちんと理解してもらうべし!

お酒が弱い人やお酒が飲めない人が、飲み会を苦手だと感じる理由の一つに「周囲に理解してもらない」ということがあります。世の中にはまだまだ「お酒は訓練すれば強くなる」と信じている人がいるので、無理にすすめられて嫌な思いをしたという人は多いはず。

お酒が飲めない人や弱い人は、アルコールを分解する酵素の働きが弱いことから、頭が痛くなったり、顔が赤くなる、心臓がドキドキするなどの症状が出やすいといわれています。そのため、まずは自分の適量をしっかり理解することが必要です。そして、時には毅然とした態度で「お酒が弱い」ということをアピールしましょう。

どうしても参加したくない!波風たてずに飲み会を断る方法4つ

会社の飲み会に出ることで得られるメリットが多いことから、参加した方がいいのは分かっているけど、どうしても負担に感じてしまう場合は欠席するのもやむを得ないことです。

しつこい誘いを断る女性

ただし、たとえ気が乗らない飲み会でも、あからさまに「行きたくない!」という態度を取るのはNG。飲み会の誘いを断る際は、どんな場合でもせっかく誘ってくれた相手に、忘れずに感謝の気持ちを伝えましょう。「お誘いはありがたいのですが…」「ぜひ参加したかったのですが…」など、一言添えるだけでだいぶ印象が変わるはずです。

それでは、どのように断れば角が立たないのか上手な断り方をご紹介します。

歯医者の予約が入っている

どんな時でも使えるオールマイティな断り方です。
虫歯のようなお口の中のトラブルは、病気やケガほど重篤ではないけれど、放ってはおけないのであっさりと納得してもらえるはず。「別の日に変更できないの?」なんてツッコまれないように、なかなか予約がとれない病院だということをしっかりアピールしておきましょう。

どうしてもやらなければいけないことがある

当日になって、急に飲み会に誘われた場合におすすめの断り方です。 「夜に宅配便がくることになっている」「犬にエサをあげる」「友達の結婚祝いを買いに行く」など。とにかく「今日じゃないとダメ!」という理由をあげましょう。さらに、「どうして事前に言ってくれなかったの?」と残念そうにすれば、逆に誘った方が申し訳ない気持ちでいっぱいになるはずです。

医者からお酒を止められている

しつこく誘われて困っている人におすすめの断り方です。
具合の悪い人を無理に誘う人もないので、一度断れば当分の間誘われることはありません。ただし中には「飲まなくてもいいから」と、参加を無理強いしてくる人もいるはず。そんな時は「飲みたくなっちゃうから勘弁してください」と、飲みたいけれど飲めないもどかしさを切実に訴えましょう。

田舎から親が出てくる

親元を離れて暮らしている人におすすめに便利な断り方です。
本人の都合ではなく、家族の都合なら角が立つことはないでしょう。親がはるばる子供に会うためにやって来ることを聞いて、逆に相手から「しっかり親孝行しろよ!」なんてゲキを飛ばされてしまうかも。ただし頻繁に使えないので、いざという時の奥の手として使うことをおすすめします。

誘いを断った飲み会の当日は、SNSの書き込みには注意が必要です。断ったことすら忘れて「仲間と飲んでまーす♪」とか「彼女とらぶらぶ☆」なんてリア充メッセージをアップして、職場の誰かに見られでもしたら、あなたの信用問題に関わりますよ。

150514_workplace_human2
職場の人間関係を改善して快適なオフィスライフにする方法

自分なりの乗り切り方を身に付けて

何事においても無理を続けると、必ずほころびがでるもの。「飲み会に参加しなければ」「嫌いな人と話さなければ」「苦手なお酒を飲まなければ」と自分を追い込んでしまうと、ますます飲み会が苦手になってしまいます。

どんなに飲み会が苦手でも、飲み会に対する考え方を変えたり、上手な断り方を覚えたりすることで、随分と気持ちが楽になるはずです。さっそく、次の職場の飲み会から実践してみてください。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ