通勤バッグレディース用の選び方ポイント体験談15

レディース用通勤バッグを選ぶときはこの体験談を参考にしてください。トートとリュックどっちを選ぼうか、重いのはイヤだけど軽すぎても良くなさそう、ブランド物は生意気に見えないかなど、様々な疑問を解決してくれるレディース用通勤バッグ選びのポイントを先輩の女性が教えてくれました。

通勤バッグレディース用の選び方ポイント体験談15

新入社員に知ってほしい!女性用通勤バッグ選びのポイント

「これがいい!」「これしかない!」と思って買ったのに、使ってみると意外と使いづらくて失敗してしまう経験が多いのが通勤バッグです。

通勤バッグを買う時は、どんな視点で選ぶといいのでしょうか。今回は、女性社会人の方から教えていただいたレディース通勤バッグの選び方ポイントをご紹介します。

「先輩には聞きにくいな」と思っている女性新入社員は必見です。女性ならではの視点がいっぱいの体験談を、ぜひ自分の通勤バッグ選びに役立てて下さい。

先輩が考えるレディース用通勤バッグを選ぶときのポイント

ここでは、女性社会人の先輩が考えるレディース用通勤バッグを選ぶときのポイントをご紹介します。選び方のポイントは、その人が置かれている環境やバッグを使う目的で異なります。自分と同じケースはないか、参考になるポイントはないか、考えながらご覧ください。

  • ブランドはやめたほうがいい
  • ポケットが多いもの
  • A4サイズが入るもの
  • 軽いもの
  • 雨に強い素材
  • 黒は、就活生と間違えられやすいので避ける
  • バッグの外側にファスナー付のポケットがあると便利
  • まずは安いものを使ってみる
  • デザインはシンプルがいい
  • ショルダーや手提げになる2wayタイプ
  • どんなファッションにも似合うもの
  • マチの広いもの
  • 通勤用の服と靴に合う色を選ぶ
  • 耐久性があるもの
  • バッグの中がぐちゃぐちゃになりにくいバッグインバッグ
  • 周りの女性社員が持っているバッグを観察してから浮かないものを選ぶ
  • ストラップ付は便利
  • 自分が好きなものを持つとモチベーションが上がる

気になるバッグの中身

新入社員がちょっと気になるのは、先輩たちのバッグの中身です。体験談では財布の他、化粧ポーチ、薬、通帳、ポイントカード、手帳、筆記用具、マグ、折り畳み傘、ハンカチ、ティッシュ、スマホ、メガネ、お弁当、歯ブラシ、充電器、替えのパンスト、お菓子など、学生時代と同じような定番品が入っていました。

営業職だと、ipadや電卓、仕事の書類など、仕事関係のアイテムが増えます。やはり、人に会う仕事をしている女性は、持ち物が多くなる傾向にあります。

バッグには「これを入れなければならない」という決まりはありませんが、何かトラブルが起きた時にスムーズに対応できるように気の利くアイテムが入っていると、誰からも一目置かれる女性になれるかもしれません。

新入社員の通勤バッグはポイントを絞って選びましょう

通勤用バッグ選びは、意外と難しいものです。ある程度の容量があって、ポケットもいっぱいあって、デザインも色もかわいくて、自分でも気に入って、女性の先輩に睨まれない新入社員らしい通勤バッグは、そう簡単に見つかるものではありません。

通勤用バッグを選ぶときは、ポイントをひとつかふたつに絞って選んでみて下さい。自分にとって、どうしても妥協できないポイントを中心に選ぶと、「いいかな」と思える買いたいバッグ候補が絞られてきます。

また、バッグ選びに失敗はつきものだと思ってください。体験談でアドバイスをしている方がいるように、初めはあまり高くないものを買いましょう。何度か買い替えることでバッグ選びの目が肥えてきます。体験談を参考に、ぜひバッグを手にした通勤が楽しくなるようなバッグを選んでください。

レディース用通勤バッグ選びの体験談

ブランド物は避ける

まい(26歳 イベント会社員)


大きなポケットがついた白いトートバッグ

通勤に使っているバッグの値段は5,000円程度でした。たまたま、その前に使っていたバッグがボロボロで、ずっと買い換えたいと思っていたので。衝動買いしました。

いつも鞄にいれているのは、通帳関係、商業施設のポイントカードや病院の診察券、化粧品、目薬やメガネ、耳鼻咽喉科から処方された薬、ミンティア等の簡単なお菓子です。

通勤バッグは遊びのものとは違うので、ブランドものも憧れますが避けたほうがよいとおもいます。

なぜなら、急に床に置く場面や、入れたくないものをいれる瞬間などもあるからです。色も奇抜なものよりは地味なもの、ポケットも多い方がいいです。

あまりお金をかけてももったいないので、ある程度長く持つことは大事ですが、どんなファッションにもあう、荷物も入る(A4は必須)鞄をオススメします。軽さと雨に濡れても傷まない素材も重要です。

パソコンなども持ち歩きがある方はリュックでもいいのでしょうが、新卒の女性なら手提げが無難かとおもいます。学生の時と違いキーホルダーをじゃらじゃらさせるのはやめましょう。

まぁ、販売職のかたや、オフィス勤めで荷物を一番に預けるかたはあまり重要ではないかもしれません・・・

就活生と間違われない落ち着いた色を選ぶ

ひつじ(24歳 広告代理店)


マチの広い紺色のトートバッグ

通勤用に購入したのは、4000円程度の青っぽい鞄です。取引先に書類等を持っていくことが多い為、A4以上が入るマチの拾い物を選びました。

私は普段から持ち物が多いのですが、通勤鞄には、ポーチ(リップクリーム、ハンドクリーム、絆創膏等)、薬用ポーチ、筆箱、手帳、水筒、折りたたみ傘、財布、書類用クリアファイル、ティッシュ、ハンカチ、定期入れ、会社用スマートフォンを入れていました。

私は新入社員時、スーツ通勤から始まったのですが、スーツをネイビーにしても鞄が黒いと就活生に間違われてしまう、と先輩に言われました。就活生と間違われないようにしてほしい、ということで鞄は黒ではなく落ち着いた青を選びました。

おそらく、最初は書類を持ち帰ることも多いとおもいます。そのためA4サイズ以上が入るものを選んだほうが良いかと思います。

また、外側にファスナー付きのポケットがあると何かと便利です。物をさっと仕舞えるかどうかも、営業であれば大事なポイントかと思います。

消耗品なのでまずは安いものから買う

おこめ(20代前半 営業)


大きな黒いロートバッグ

学生の時に使っていた就活かばんは持ち手が短く、肩にかけて歩きたかったので買い換えました。

初めは安いフェイクレザーの2,000円くらいのものにしましたが、安い分ぼろぼろになってしまったので、丈夫なものに変えました。

約5,000円のフェイクレザーなのですが、しっかりと形がついていて、大きいので荷物もしっかり入ります。それまでは資料は別のかばんにいれていたのですが、荷物をひとつにまとめたかったので「大きさ」がひとつの基準になりました。

歩きが基本なので、飲み物はもちろん、ipadや電卓、ほとんどは仕事の資料がバッグの中身を占めています。

通勤バッグは、いいものを買うのがいいですが、ある意味消耗品なので、まずは安いものから初めてみたほうがいいかもしれません。使っているうちに求めているバッグ像ができてくるので、そのときにイイモノを買いましょう。

機能性があるシンプルなデザイン

なな(30代後半 事務員/金融)


A4サイズが余裕で入る黒いトートバッグ

通勤に使っているバッグの値段は5000円くらいのものです。セールで購入しました。私が好きな国内のアパレルブランドのバッグで、シンプルなデザインとA4サイズの書類がすんなり入る大きさ、丈夫な作りに惹かれて購入しました。

通勤バッグにはいつもマグボトル、お直し用の化粧品ポーチ、財布、入館証、ハンカチ2枚、筆記用具と印鑑が入っています。

私は若い頃、機能性をあまり考えず、デザインのかわいいバッグばかりを持って通勤していました。

しかし、実際に電車や移動する時に持ちにくかったり、荷物があまり入らなかったりして徐々に考えを変えました。

機能性があり、シンプルなデザインのバッグのほうが長く愛用できます。また雨に強い素材、軽い素材など素材にも目を向けて選ぶと使い勝手のよいバッグに出会えると思います。

手提げとショルダーにもなる2wayタイプがいい

ももじん(36歳 サービス業)


白と紺色のツートンの革製バッグ

バッグの値段は35,000円です。通勤用なので長く愛用出来るように、革製でアフターケアのサービスがついているものを選びました。

バッグの中に常備しているものは、筆記用具や化粧ポーチはもちろんですが、通勤バッグにだけ新品のストッキングを一足入れています。いつストッキングに伝線が入っても履き替えられるように、袋に入ったままの新品を用意しています。

バックに関しては白と紺色のツートーンを選んだこと、少し後悔しています。白の部分の汚れが気になってしまうからです。全体が紺色や黒の方が安心して持てます。

通勤バッグはついつい荷物が増え、重たくなってしまうのでショルダーにもなり、手提げでも持てる2WAYタイプはとてもオススメです。

たくさん入る

サクラ子(45歳 派遣社員)


Manifatture Campaneの1枚皮のバッグ

今、通勤に使っているバッグの値段は5000円でした。セレクトショップのセールで15000円のものが、5000円になっていたので即購入しました。

このバッグはイタリア製のバッグで「Manifatture Campane」というブランドです。一枚皮のバッグで柔らかい皮をつかっており、とても軽いのが魅力でした。

仕事に行くときは、化粧ポーチ、めがね、日傘、お弁当と飲み物、財布と意外と荷物があるのです。バッグ自体が重いと持っているだけで疲れてしまうので、軽量のものが良いです。

私の場合は、荷物はひとつにまとめたいので、なるべく沢山入るバッグを選びます。デザインもシンプルで、どんなファッションにも合うのも気に入っています。

A4サイズが入るもの

さゆ(29 事務)


持ち手が長く肩がけでるきトートバッグ

通勤に使っているのは、2,000円のバッグです。3,000円の持っていたカバンが壊れてしまい、買い替えることにしました。何にでも使える黒いのが良かったのと、内ポケットがあるからです。

取っ手の部分の長さも肩にかけられる丁度良い長さで気に入っています。前持っていたカバンよりマチが小さいのであまり多くは入れられませんが、安いわりに今のところ壊れるという心配はないです。

いつも入れている物は、財布、筆箱、手帳、クリアファイル、スマホ、ペットボトル、ポーチ、電動歯ブラシ、ティッシュです。

A4サイズが入るものだと便利です。マチも広いものを選ぶと楽ですね。実際に手に持ってみて壊れなさそうなものを選ぶと良いと思います。

ノーブランドのもの

りな(25歳 事務職)


茶色いビジネスバッグ

私がこの通勤バックを選んだのは、シンプルな形だからです。やっぱり職場に持っていくものとなると、奇抜であったり、個性的なものよりも、周りに馴染むようなものにしたいという思いがありました。

そして、ブランドものだと浮いてしまう可能性もあるし、目立つ可能性もあると考えて、ノーブランドのものにしました。

そのため、値段も5000円と、かなりリーズナブルです。通販サイトのセール時期に購入できたということも大きいです。

普段はこのバックに、携帯、メモ帳、お昼ご飯、タオル、メイクポーチなどを入れています。容量は結構ありますが、あまりモノを持ち歩くのが好きではないため、割と少なめです。

いろいろな通勤バックはあるかと思いますが、まずは失敗しづらいシンプルなものを選んでみることをおすすめします。そのあとに、自分らしいものを選んでみると良いと思います。

自分の持っている通勤用の服と靴を思い浮かべて選ぶ

pino(35歳 会社員)


縦長の小さめの黒いハンドバッグ

通勤には22000円で購入したイタリアのプレミアム・カジュアルブランドで、A4ファイルが入るサイズの黒い色の物を使っています。

パンツスーツにもオフィスカジュアルな服装にも合わせやすい色と、通勤用バックには横長のデザインが多い中、縦長のオシャレな形が気に入って、一目惚れで買ってしまいました。

バックには、お財布と携帯、化粧ポーチと500mlの水とハンカチ、テッシュなど、必要最低限の物しか入れていません。

通勤バックを選ぶ時は、自分の持っている通勤用の服と靴を思い浮かべ、数年間を通して使える素材や色を選ぶといいと思います。

通勤バックの中には社員証やお財布、ポーチなど様々な物を入れるので、毎日服装に合わせて変えなくてもいいよう、はじめから、自分の持っている服に合わせて買っておくと便利です。

バッグインバッグがおすすめ

スマイリー(52歳 事務職)


ターコイズブルーのトートバッグ

私の通勤で使っているバッグは4900円でした。色が綺麗だったので春から夏用にピッタリだと思い選びました。

バッグの中に入れているのは、お化粧ポーチ、財布、手帳、ハンカチ、ポケットティッシュ、キーケース、スマートホン、ボールペン、日除け用手差しなどです。

いつも、かばんの中はたくさんの物でぐちゃぐちゃになります。サイドポケットなどがあればいいのですが、特にキーケースは探しがちになります。

必需品であるお化粧ポーチや、常備薬等も入れておけるバッグインバッグがおすすめです。

最近はたくさんの種類があります。整理整頓できているのは、身の回りの整理整頓に通じます。デスクのまわり、仕事場のロッカーにも反映すると思います。そこも見られているはずです。

先ずは自分の持ち物から始めたいです。新人の頃から心がけるといいですね。

派手なものは控える

もも(20代前半 医療関係/パート)


ベージュの大きくて丈夫そうなトートバッグ

私が通勤時に使っているバッグは服屋さんで4000円程のものなのです。このバッグを選んだ理由としては、普段から荷物が多くなりやすいので、たくさん物が入るもので破れにくく頑丈なもの、仕事だけでなく休日やいつでも使いやすく、私服に合わせやすいシンプルなデザインの物をと思ったからです。

基本的に通勤の際は荷物はあまり入れないようにしていますが、普段は財布と化粧用ポーチと薬用ポーチ、スケジュール手帳、スマホ、夏場はそれにプラスして日傘と扇子を入れています。

通勤バッグは個人的にはあまり派手なものは控えた方がいいと思いますが、それなりに自分が気に入ったものを持つだけでモチベーションも上がると思いますし、自分に合ったサイズの物を考えて購入されたらいかがでしょうか。

他の女性社員が持っているバッグの雰囲気を見て考えるといい

とり(24歳 会社員 営業)


プラダのA4サイズが入るビジネストートバッグ

通勤バッグは270,000円で購入しました。安いものを何個も買うより、気に入ったブランドの鞄を1つ長く使い続ける方が自分に合っているので、少し値段は張りますがこれにしました。

A4サイズのクリアファイルも曲がることなく入り、底もしっかりしているので荷物の整理がしやすく、もちあるく荷物が多いため全て入るもので、好きな色、ということで選びました。

通勤バッグには、いつもメイクポーチ、ミラー、お財布、定期、飲み物、携帯電話、筆箱、お菓子、シガレットケース、手帳、ハンカチ、ティッシュ、充電器、替えのパンストを入れています。

これから通勤バッグを買うなら、まず他の女性社員さんが持っているバッグの雰囲気を見て、許されるカラーの範囲やデザインの範囲を知ってからのほうが良いと思います。

中途半端なサイズよりも、クリアファイルがすっと入るサイズにすると荷物が1つにまとまるのでオススメです。

機能性とさりげないデザインで選ぶといい

とも(28歳 広告代理店営業)


中にPCポケットがある茶色いトートバッグ

私が使っている通勤バッグは、トリーバーチのトートバッグです。楽天のブランドショップで購入したものなのですが、30000円程で購入しました。

私が元々トリーバーチが好きであるのと、機能性が良いデザインなので長らく愛用できると思いました。

中にはPCが入れられる内ポケットが付いており、商談の時にPCが必要になった時サッと出せるのがメリットです。

また、外見はパッと見ただけではトリーバーチとは分かりません。ワンポイントでさり気なくトリーバーチのロゴが入っているので、商談相手が女性だったひしても、さほど嫌味っぽく好印象だと思います。

これから通勤バッグを選ぶ新入社員さんも、「機能性」「さり気ないデザイン」を重視して買ったほうがいいと思います。

新入社員だと5000円くらいのバッグを選びがちですが、「長く使う」と考えると、少しくらい値がはっても「これだ!」と思うものを買ったほうがいいです。

自分の好きなもの

あやの(30代後半 航空会社社員)


肩がけストラップもついた茶色いトート

通勤バッグは、その人の人となりを表す大変重要なアイテムです。仕事だからと仕事一辺倒の堅苦しい物だとモチベーションが下がります。

ある程度ちゃんとした感じを演出しつつもおしゃれ度の高いもの、そんな通勤バッグを探していました。もちろん通勤なので仕事で必要なものが入ることは大前提です。

今使っている通勤バッグは、そんな私の願いを100%かなえてくれる優れものです。値段は五万円程しましたが、毎日使うものなのでお金をかけても惜しくありませんでした。

このバッグはよくある四角ではなく、三角形ぽい形をしているところで遊び心を感じました。生地がしっかりとしているところ、そして肩掛けができるストラップ付も荷物が多い時便利です。

このバッグにはお財布、携帯、マグ、仕事のファイル、お菓子、化粧ポーチ、ハンドタオルなどが入っています。

新入社員のころは、着慣れないスーツをきて毎日緊張して通勤することと思います。バッグだけでも自分が好きな、自分の個性を発揮できるものを選ぶことをお薦めします。長く使うものなので、とびっきりのお気に入りに出会えることを願っています。

あまり硬くないもの

オハル(40代前半 会社員/事務職)


花柄の刺繍がついた布トート

バッグの値段は、9800円だったと思います。ラフな会社なので、バックもいつもカジュアルなものを使っています。

とにかく軽かったことと、花柄の刺繍が可愛くて買いました。また、柄物でもベースがグレイで落ち着いた色なので、派手すぎないことと、大きさが程よく、内装のポケットも充実しているので、気に入っています。

バッグの中身は、手帳・ペン・スマホ・ハンカチ・ティッシュ・化粧ポーチ・薬・鍵・定期・お財布です。

職種にもよると思いますが、就職活動をしている時は、みなさん、黒の四角いトートバックをお持ちだったと思います。いざ、会社に入社すると服装もかわり、どんなバックを持ったら良いのか?戸惑うこともあると思います。

私のオススメは、合皮や革のシンプルなトートバックで、あまりかっちり硬くないもの、色は黒よりも、ネイビーやグレイが良いと思います。

シンプルな形を選べば、通勤のみならず、取引先に行く時にも重宝すると思いますし、何かポイントをつけたければ、バックチャームやスカーフ等でアレンジする事も出来ます。

最近は、トートにも、ショルダーバックにも、リュックにもなるような形も出ていますので、ご自分に合ったお気に入りのバックを選んで下さい。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ