Loading

コミュニケーション能力を鍛えて向上させるコミュ力増進法

コミュニケーション能力は鍛えることで向上させることができます。高校生や大学生の就職活動ではもちろん社会人になっていからも必須スキルのコミュ力を上げ会話を楽しむ方法を紹介します。話が続かない、そもそも会話が苦手な方もすぐに実践できるので試してみましょう!

コミュニケーション能力を鍛えて向上させるコミュ力増進法

会話が苦手な方必見!コミュニケーションを鍛える方法

相手と会話が続かず沈黙が続いてしまう、そんな経験のある方は「自分にはコミュニケーション能力がないんだ…」と諦めている人もいるかもしれません。
今の社会は就職活動も人柄重視の傾向があり、その中でもコミュニケーション能力は採用の可否にかかわるほど大きな要素となっています。
今すぐ実践できるコミュニケーション能力の鍛え方についてご紹介します。

コミュニケーションとは何かを知る

面と向かっては話せない恥ずかしがり屋さん

コミュニケーション能力という言葉を聞いたことが無い方はいないですよね。でも「それはどんな能力なの?」と質問されて具体的に答えられる方は少ないと思います。そもそもコミュニケーション能力とはどのような能力を指す言葉なのかを考えましょう!

コミュニケーション能力とは

コミュニケーション能力とは、簡単に言えば相手とのコミュニケーションを上手に行うことができる能力のことを指します。コミュニケーションの取り方は言葉で話すことだけではありません。非言語コミュニケーション、つまりジェスチャーなども含めてコミュニケーション能力といえます。

また、相手とコミュニケーションを取るためには話す能力が高いだけではなく、聞く能力も高くなければなりません。
人の話を聞くことができなければ、相手に意志を伝えることもできませんし、話す能力だけではなく、聞く能力も含めてコミュニケーション能力であることを覚えておきましょう。

学生や社会人に必要な論理的コミュニケーション能力

コミュニケーション能力という言葉よりも論理的コミュニケーション能力という言葉を使う人もいます。これは相手の話を聞き、ある物事に対して筋道を立てて相手に説明する能力です。学生や社会人はこちらの能力の方が必要とされています。
「論理的」とついているので、相手が納得できるようなコミュニケーション能力を求めることになります。このような論理的コミュニケーション能力を一般的にコミュニケーション能力という場合もあるので注意しましょう。

コミュニケーション能力が高い人の特徴

コミュ力の高いイケメン上司

コミュニケーション能力が高いと言われている人にはどのような特徴があるのでしょうか。自分が話すことはもちろん、相手の話しやすい環境を作り上手に話しを聞くことができるのもコミュニケーション力がないとできないですよね。詳しく見てみましょう!

161114_career-advanceer2
出世する人と出世しない人の違いは?特徴から見る出世の道

1.相手が話しやすい環境を作る

コミュニケーションというと自分が話すことを想像している人もいますが、そうではありません。コミュニケーションは相手の話を聞いて初めて成立するものです。自分が多くの時間を割いて話しても、相手に中身が伝わっていなければ意味がありません。
自分の意志を相手に伝えるためには、まず相手の話を聞く姿勢が必要です。コミュニケーション能力が高い人は相手が話しやすい環境を作るのが上手です。聞き上手ということです。相手に気持ちよく話してもらう。結果として自分の話も聞いてもらえるという好循環が生まれます。

2.人の話をよく聞き相手の気持ちを理解する

上の話に近いのですが、相手の話をよく聞いたうえで相手の気持ちを理解する必要があります。よく相手の話を聞いて「それはダメだ」と否定してしまう人がいますが、それではコミュニケーションはうまくいきません。
たとえそれが自分の意見と違ったとしても一度それを受け止める必要があるのです。その上で、相手の気持ちを考えて自分の意見を伝えます。コミュニケーション能力が高い人は上手に自分の意見を相手に伝えているのです。

3.言いたいことを相手に伝わるように話す

コミュニケーション能力の高い人は言いたいことを相手に伝わるように話すことができます。自分の意見を伝えることに一生懸命になってしまうと、相手のことを考えずに自分の意見ばかりを話してしまいます。
結果として自分の言いたいことは相手に伝わりません。自分の意見を相手に伝えるためには、相手に伝わる工夫が必要だということです。

4.笑顔を絶やさない

コミュニケーション能力が高い人は笑顔を絶やさない人が多いです。笑顔とコミュニケーション能力は無関係だと思うかもしれませんが、そんなことはありません。
皆さんは笑顔の人と怒っている顔の人ではどちらの方が話しかけやすいですか。当然ですが、笑顔の人ですよね。笑顔の人には話しかけやすいので、コミュニケーション能力が高い人は笑顔を絶やさないのです。相手が話しやすくなるような雰囲気作りはとても重要ですよね。

私もそうかも…コミュニケーション能力が低い人の特徴

独りになりたカピバラ

コミュニケーション能力が低い人の特徴は、コミュニケーション能力が高い人の特徴の反対になりますよね。

1.相手のことを考えていない

コミュニケーション能力が高い人は相手の気持ちを汲んだり、相手の意見を考えた上で自分の意見を言うのですが、コミュニケーション能力が低い人は相手のことを考えていません。相手のことを考えず自分の話ばかりをする人が多いです。
本人はとても気持ちが良く、自分の意見をしっかり相手に伝えることができたと考えているのですが、実際には相手に何も伝わっていないということもあるわけです。コミュニケーションは相手がいてこそ成立するもの。相手のことを考えてコミュニケーションを取りたいものです。

2.自分の意見を押し付ける

コミュニケーション能力が低い人は自分の意見を押し付ける人が多いです。本人は自分の意見を押し付けているという感覚はないかもしれませんが、相手の意見を聞かずに自分の意見を言うので、自分の意見を押し付けていると相手は感じてしまいます。
相手の意見を聞いてこそコミュニケーションは成立するので、相手の意見を聞かずに自分の意見を言っている人は改めるようにしましょう。

3.責任を人に押し付ける

コミュニケーション能力が低い人は相手に責任を押し付ける人が多いです。例えば自分の意見が相手に通じなかったときに、自分の伝え方が悪いのではなく、相手の理解力がないと考えてしまいます。相手が理解できなかったときに相手の責任にしてしまうので、より分かりやすく相手に伝える努力をしません。
そうした考えであればコミュニケーション能力が向上することはありませんよね。自分の考えが相手に通じない時は相手が悪いのではなく、自分の伝え方が悪いと考えられるようになりたいですね。

150709_pass-the-buck2
責任転嫁する人の心理と特徴4つ

コミュニケーション能力を向上させる方法

コミュ力の高い大学生

コミュニケーション能力が高い人、低い人の特徴について書いてきたので、どのようにすればコミュニケーション能力が向上するか分かると思います。

1.相手に対する気遣いをする

コミュニケーション能力を向上させるためには、相手に対して気づかう態度が必要です。相手が本当はこんなことが言いたいのではないか、相手は今、こんな風に思っているのではないかなど相手に気を遣うことができれば、自分の意見を押し付けるようなことはできなくなります。
また、相手に自分の話が通じなければ、相手が悪いのではなく、自分の言い方が悪いと、別の言葉に言い換えることもするでしょう。こうした気遣いをするだけでコミュニケーション能力は飛躍的に向上します。ぜひ実践してみましょう。

2.相手が話しやすいような質問をする

話し上手は聞き上手という言葉を聞いたことはありませんか。相手が話しやすいような質問をすることで、自分の話も上手にすることができます。
コミュニケーションは相手がいて成立するものですから、相手が話しやすいような質問をすることで、相手が話すことができ、自分も話ができるのです。相手の話を引き出す努力をすることで、コミュニケーション能力が向上するのは間違いありません。また、コミュニケーションを取ることが苦手な人にも有効な方法です。

コミュニケーションは相手があって成立するものです。つまり、自分だけ話をする必要はありません。
相手に話してもらえばコミュニケーションは成立します。コミュニケーションそのものが苦手な人は、相手が話し続けてくれるような良い質問を考えましょう。

3.相手との会話を楽しむ

コミュニケーション能力を向上させるためには会話を楽しむ必要があります。コミュニケーションが苦手な人は、どうしても緊張してしまい会話が止まることが多くなってしまいます。相手との会話をまずは楽しむこと
会話を楽しんでいれば自然と話題も提供できます。そうした会話を続けることで自然とコミュニケーション能力も上がりますし、相手とどう接すれば良いか分かるようになります。

4.笑顔で話したり聞いたりする

コミュニケーションは会話だけに限りません。表情やジェスチャーもコミュニケーションの一部です。会話が苦手な人はまずは表情を笑顔に変えるようにしましょう。そうすることで相手が話しかけやすくなり、会話も続くようになります。
会話が苦手であれば、相手に話してもらえば良いですよね。そのために笑顔はとても重要なコミュニケーションツールですよ。毎日、鏡の前で笑顔の練習をするだけで笑顔が上手になるので、ぜひチャレンジしてみましょう。

5.相手が知っている話題を提供する

コミュニケーション能力を向上させるには、話題を上手に提供することが必要になります。天気の話や趣味の話は導入としては良いのですが、なかなか会話が続きませんよね。コミュニケーション能力を向上させるためにはどうしても長続きする話題が必要です。
さて、みなさんならどのように話題を提供しますか。時事問題やスポーツの話は確かにいいのですが、相手に興味が無いと話が続きません。もちろん、そうした話題も持っておいた方がいいのですが、他に何かないかというと相手の会社や住まいの周りの様子を話題とするのが良いでしょう

例えば会社で会う場合、相手の会社の周りをまず一周してみましょう。おいしそうな店はないか、特徴がある場所はないか、駅はどうかなど待ち合わせ時間の少し早め到着し、会社の周りを調べておくと意外と会話が弾みます。
しかもお店の話になれば次に会った時に「あのお店に行きましたよ」という話もできます。話題が見つからない人はぜひ試してみましょう。

就活している人、転職したい人必見!就職に必要なコミュニケーション能力

大手企業に勤めるOL

コミュニケーション能力が最も取り上げられるのは、就活する時や転職する時ですよね。コミュニケーション能力がないということで、内定がなかなかもらえない大学生の話は毎年のように出てきます。
大学生が考えているコミュニケーション能力と就職に必要なコミュニケーション能力についてご紹介します。

大学生が考えるコミュニケーション能力

大学時代のコミュニケーション能力が高い人の印象は相手と仲良くできる人ですよね。話し上手、面白い人などもコミュニケーション能力がある人の部類に入るでしょう。
しかし、就活や転職をする際にはそれだけではすまなくなります。相手のことを気づかい、相手に分かりやすく説明する能力が問われてきます。

就活・転職に必要なコミュニケーション能力

就活や転職に必要なコミュニケーション能力は大学生が大学生活で培われたコミュニケーション能力とは違います。就活や転職で必要となるのは論理的コミュニケーション能力です。
就活や転職で必要なのは相手の意見を聞いた上で、相手に自分の意見を論理的に説明する能力です。こうした能力を鍛えるために、話を相手に分かりやすいように説明できるようにしておきましょう。

161130_leadership2
リーダーシップとは?組織を成功へ導くスキルアップ術

コミュニケーションに対する苦手意識を払拭しましょう

コミュニケーションが苦手だと思い込みすぎると、人と接することが怖くなり、ますますコミュニケーション能力が下がってしまいます。
コミュニケーション能力を上げるためには会話をする機会を増やし、会話を楽しみましょう。そして相手のことを気づかって、相手の話を聞いてあげるようにしましょう。コミュニケーションが苦手な人は自分が話をしなくてもいいのです。相手に気持ちよく話をしてもらうのもコミュニケーションの一つですよ。

スポンサーリンク