Loading

上司のパワハラから身を守るための確実な自衛手段

上司のパワハラにはどのように対処することができるでしょうか。仕事をスムーズに行っていくためにも、我慢すべき場合と対処すべき場合があります。実際に、どのように対処することができるのかご説明いたします。

上司のパワハラから身を守るための確実な自衛手段

上司のパワハラに悩む人がすべきこと

上司であるという立場を不当に利用して、「権力的嫌がらせ(パワーハラスメント、パワハラ)」を行う上司には、どう対処することができるでしょうか。「ただの指導ではない、パワハラだ」と感じる行為が続く場合に、まずすべきことについてご説明いたします。

指導とパワハラの境界線を明らかにする

パワハラの事実を上司に直談判する女性

上司が「契約を今月末までに○件、とってこい!」と言う場合は、それが無理な要求の場合でも叱咤激励していると分類できますので「指導」と判断することができます。ですが、「契約を今月末までに○件取って来なければ、辞めてしまえ」とか「辞表を書いてもらう」、などと言った場合は、上司であるという権力を使ったパワーハラスメントになってしまうのです。

このように明らかに「指導」や「激励」の枠を超えた発言や行動がある場合はパワハラですので、これを境界線として認識する必要があります。

150731_boss-hate2
嫌いな上司と付き合う6つの対処法

境界線を越える行為を行う上司にパワハラである事実を確認する

パワハラの事実を上司に確認する女性

上司が激昂しているといって、同じように感情を高ぶらせてしまうなら冷静な対応をとることができません。

境界線を越える行為や発言をしてしまった上司に、落ち着いた態度でパワハラをしているという事実を認識させることがまず大事です。

大抵のパワハラ上司は、自分がパワハラを行っていると言う事実に気付いていません。どこまでが指導でどこまでがパワハラなのかが曖昧になっているのです。また、上司自身も若かったときに上司からパワハラを受けていて、上司はそのような言葉を使うものと思い込んでいるのかもしれないのです。「あなたはパワハラを行っていますよ」と本人に認識をさせることが、まず一番初めに行うべき事柄なのです。

パワハラを行っていることを自覚させる方法

パワハラを行っている上司に、「あのときおっしゃった○○という言葉はパワハラですよね」と伝えても、「覚えていない」「そんなことは言っていない」と言われてしまう可能性が高いです。

パワハラ発言、パワハラ行為があったときにすぐに「今、辞めろとおっしゃったのは言い過ぎではないですか?」「辞めろと言うご発言は、パワーハラスメントに当たるのではないですか?」「辞めろと言うお言葉は、たいへんこちらも苦しくなります。お取消し願えますか?」と、落ち着いた態度で相手の非を指摘することが大事です。

一度言っただけでは、上司に「説教するつもりなのか?」「馬鹿にしているのか?」と逆切れされてしまうかもしれません。ですが、何度も「侮辱行為は辞めて下さい」とはっきりと落ち着いて伝えることで、上司もクールダウンしてきます。また、周囲の目もありますので、上司も侮辱行為を辞めざるをえなくなるでしょう。

パワハラを常習的に行っているのか調査する

何度もパワハラ行為やパワハラ発言を受ける場合には、裁判や会社の上層部に直訴する必要がありますが、一度だけパワハラを受けた場合も、心の傷はなかなか癒しにくいものもあります。そのような場合は、気のおける同僚に、同様の経験がないか相談して見るのも良いかもしれません。

同様の経験を皆が受けている場合には、訴訟に発展した時の証言にもなりますし、悩みを共有することで気持ちが少しでも軽くなることもあります。

150325_black_features2
ブラック企業を特徴から判断する4つのポイント

上司に個人的に相談する

自分のパワハラについて相談されて呆然とする男性

普段から常習的にパワハラを受けている場合は、上司と話すだけでも非常に大きなストレスになります。ですが、一度我慢して、個人的に時間を取ってもらえるように頼むことも必要です。なぜ、そのような人格を否定するような発言を行うのか、侮辱的な発言や行為を行うのかを直接聞いて見ましょう。自分にも改善するべき点があるかもしれません。

ですが、「個人的な時間はとれない」と上司に話し合いを拒否される場合は、歩み寄りの機会はないものとして、訴訟や直訴など次の手段を考える必要があります。

150501_work-_humanrelations2
仕事の人間関係を円滑にする6つのポイント

上司のパワハラがなくならない場合

冷静に対処しているにもかかわらず、上司のパワハラ発言・パワハラ行為がやまない場合は、どうすることができるでしょうか。心が疲れてしまいうつ病になってしまう前に、なんとか対処する必要があります。

発言を録音する

常習的にパワハラ発言がある場合は、発言を録音することができます。法的に訴える場合の物的証拠にもなりますし、会社の上層部に直訴する場合にも提出することができます。

病院で診断を受ける

体だけでなく心も病気にかかります。「生きて行くのが辛い」「会社を辞めたい」と思う前に、病院に行って相談することができます。ストレス性の疾患であることが分かるなら、診断書も法的措置の物的証拠になります。

プライベートでは我慢ができないことでも、仕事の場合はつい我慢しなくてはと無理に自分を押さえこんでしまうことがあります。ですが、上司が明らかに「パワーハラスメント」を行っている場合は、自分を抑え込む必要はありません。冷静に対処することで、問題の解決を進めて行きましょう。

スポンサーリンク