Loading

やりたい仕事が見つからない時の適職を探す7つのヒント

仕事を惰性でやっている方は子供の頃には夢があったはずです。その夢は今も同じでしょうか。その仕事に就けているのでしょうか。本当のやりたい仕事をもう一度考えてみましょう。やりたい仕事の見つけ方や探し方の方法を紹介します。

やりたい仕事が見つからない時の適職を探す7つのヒント

7つの方法でやりたい仕事を見つける

自分が本当にやりたい仕事は見つかっているでしょうか。今就活している方や会社員として仕事をしている方もそれが本当にやりたい仕事なのか疑問を持っている方もいるでしょう。「この仕事をやりたい!」という明確なビジョンを持つために、やりたい仕事を見つける7つの方法を紹介します。

1.外の世界に注目する

やりたい仕事が見つからない、わからない方は今よりも外の世界に注目しましょう。会社員の方は通勤に使う駅の中や電車の中などにもやりたい仕事のヒントは隠されています。例えばポスターや中吊り広告など、毎日毎週変わることに気が付いているでしょうか。

外の世界に憧れる男性

就活中の学生の方は移動する機会が多いので更に多くの情報を取り入れることができるでしょう。自分のやりたい仕事を探すためには多くの情報を集める必要があります。その情報は多ければ多いほど自分の選択肢が広がります

後はその選択肢を自分自身が選択することで本当にやりたい仕事にたどり着くことができます。まずは外の世界に注目して情報収集から始めましょう。

外の世界に目を向け自分の情報量を増やすことがやりたい仕事を探すコツ。

2.様々な人の話を聞く

人の話を聞くのが苦手な方がいますが、それでは本当に自分のやりたい仕事を見つけるのは難しいと言えます。自分だけの考えはとても狭いもので、時には全く役に立たない情報もあります。様々な人から自分が体験したことのない話を聞く事で知識を得られるので、機会があれば積極的に話を聞き情報量を増やしましょう

同僚の話を聞く優しい女性

その知識は多くの場面で参考にでき、やりたい仕事を見つける手助けもしてくれます。あの人は嫌いだから話を聞きたくない!苦手だから距離を置こう!という考えはできるだけ、しないようにしましょう。

人の好き嫌いをなくすことで新しい情報が手に入り楽しいひと時が過ごせます。楽しい会話の中にやりたい仕事が見つかるヒントがあるでしょう。

好き嫌いせずに話を聞く事でやりたい仕事を見つけることができる。

3.遠回りの考え方をする

人は遠回りすることを嫌い最短距離で物事を進めます。それは良い事なのですが、やりたい仕事を探す上ではあまりお勧めはしません。それは最短距離を走ると情報量が少ないため、自分の選択肢を狭めてしまうからです。

スローライフを満喫するカメラマン

やりたい仕事を見つけるには多くの情報が必要で、その情報を自分なりに整理し選択することで、やっと本当にやりたい仕事にたどり着けます。最短距離で物事を進めるとやりたい仕事の前段階である情報を集める、ということができないということになります。

少し面倒で時間が掛かっても、寄り道を選ぶと新たな発見があるかもしれません。新鮮な気持ちになり発想力も今より高くなるでしょう。余計なことだから、と決め付けずに遠回りする気持ちを持つのがやりたい仕事を探す手がかりとなるでしょう。

遠回りすることがやりたい仕事を探す手がかりとなる。

4.好奇心を絶やさない

好奇心のない人はやりたい仕事が見つからないと断言します。それは何故か、やりたい仕事を見つけること自体に興味が無いからです。まずはどんなことにも好奇心を持つことが非常に大切なことです。

初スマホに興味が尽きない男性

では好奇心を持つにはどうしたら良いのでしょうか。それは好きなものを探すことです。好きな食べ物でも良いですし、好きな動物でも良いでしょう。その好きなものは何故好きなのか、疑問を持つことが好奇心となります。

この好きなものに向ける好奇心を様々な事柄に対して向けます。テレビのニュースであったり周りの友人であったり、対象はどのようなものでも構いません。好奇心を持ち調べる癖をつけることが情報を取り入れるための大きな武器となります。

その武器を持ち続けることが、やりたい仕事がわからない方の手助けになります。

何に対しても好奇心を持つ事がやりたい仕事がわからない人の手助けとなる。

5.好き嫌いを克服する

人に対しても、食べものに対しても好き嫌いはやめましょう。好き嫌いをすることで自分のやりたい仕事を見つける選択肢を無くしています。そしてこの好き嫌いを克服することが、やりたい仕事を見つける大きな原動力となります。

ついつい目をそらす女性

例えば嫌いな食べ物に挑戦し、克服したとき大きな達成感を得られます。それと同時に何かが開けたような感覚があります。それこそが新しい情報を得た感覚と言えます。閃きに近いその感覚は嫌いなものを克服する度に実感できます。

それがやりたい仕事を探すときの武器となります。嫌いなものを克服したときの感覚、今まで嫌っていたものの情報など、自分の中には多くの情報が蓄積されます。

この繰り返しがやりたい仕事を見つけるための大きな糧となります。

嫌いなものを克服する度にやりたい仕事を探す選択肢が増える。

150616_interesting-work2
世の中にある面白い仕事ランキングBest3

6.自己分析をする

子供の頃に就きたかった仕事や夢はあるでしょうか。もう一度確認して今本当にやりたい仕事を見つけるヒントにしましょう。ではどのように思い出すと良いでしょうか。

会社で自己分析をする若手社員

それは自己分析をすることです。就活中の方にも是非活用して頂きたい方法です。

  1. 過去の自分の夢ややりたかった仕事を整理する
  2. それを現在の自分の状況に当てはめ比較する
  3. その結果未来をどうしたいのか設計する

こうすることで現状のキャリアプランが確認することができます。それが本当に自分のやりたい仕事なのかどうか、自分の未来はこれでいいのか、自問自答することができます。

人によって自己分析は苦痛を伴う可能性もありますが、今の自分を客観的に見るという点では効果的な方法と言えます。

自己分析で自問自答することでやりたい仕事を見つける手がかりを掴むことができます。悩んでいる方は是非お試しください。

自己分析を活用することで本当のやりたい仕事が見えてくる。

150604_earnwork2
場所や性別を問わない稼げる仕事5つ

7.興味のある仕事にチャレンジする

どうしてもやりたい仕事が見つからない方は無理に見つける必要はありません。焦っていても本当の答えにたどり着くのは困難と言えるからです。やりたい仕事が見つからない就活中の方、社会人の方、両方に共通するのはどこかにある「どうでもいい」という気持ちです。

表面張力を測る仕事をする男性

この気持ちは客観的に見るとやる気がない、熱意がないと映るかもしれませんが、やりたい仕事を見つけるには大切な感情と言えます。

それは拘りがないため気軽に「興味のある仕事」にチャレンジできるからです。その仕事が自分に合わなければ次の仕事をしようと思える、フットワークの軽さこそが最大の武器となります。

このような方は今就いている仕事が「やりたい仕事」なのか、判断するだけで本当のやりたい仕事を作り出すことができるため非常にタフな方と言えます。

今の仕事がやりたい仕事の可能性があるのでしっかりと考えることが大切。

150526_workthatsuitable_foryourself2
自分に向いてる仕事と適職の見つけ方5つ

やりたい仕事を見つけることに大きな価値がある

本当にやりたい仕事を見つけることは容易ではありません。その仕事に就くことは更に困難な道のりとなる場合が殆どです。いくら努力をしても報われない可能性もあるでしょう。

しかし殆どの方が惰性で仕事をしている中で、やりたい仕事を見つけただけでも価値があると言えるのではないでしょうか。本当にやりたい仕事を見つけたい方にこの記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク