自分に合った仕事を見つける3つのポイント

自分に合った仕事とはどのようなものでしょうか。曖昧なイメージを具体的にする仕事の探し方や見つけ方の3つのポイントを紹介。転職を考えている社会人の方や就職活動中の学生の方など、自分自身をしっかり把握する事でやりたい事が見つかります。

自分に合った仕事を見つける3つのポイント

1.目標をはっきりさせ自分に合った仕事を探す

好きなことを仕事にしたい、自分に合った仕事をしたい、と考えている方は具体的なビジョンが見えているのでしょうか。曖昧な方は再度自分の中のやりたい事や好きな事を確認する事ではっきりとした道筋や目標を捕らえる事ができるでしょう。

目標もなく働く男性

自分自身を知ることでやりたい仕事が見えてくる

自分にあった仕事を探す近道は自己分析をする事です。自分自身を知る事で何をしたいのかを確認する事ができるでしょう。

自己分析というと難しく聞こえるかもしれませんが、自分探しと捕らえてください。社会人の方は仕事で、学生の方は学業やアルバイトなどで忙しい毎日を過ごしていると思います。そんな生活の中で自分を見失っている方も多いのではないでしょうか。

再度本来の自分を探すために自己分析をしてみては如何でしょうか。

過去を分析して手がかりを見つける

まずは過去の自分を思い出してみましょう。自分がやりたかった仕事を全て紙に書き出します。その書き出した仕事について、何故その仕事に就きたいのか理由を考えます。

何故その理由になったのか、それを実現するにはどのようにすれば良いのか、深く考えていくと自分の性格や自分に合った具体的な仕事を探し出す手がかりを見つける事ができるでしょう。

今と過去の共通点から自分に合った仕事を探す

今の自分は過去に考えていた、やりたかった仕事に就けているのでしょうか。就けていない方は何故そうなったのでしょうか。

次に今の仕事について書き出してみましょう。仕事内容や待遇などについて不満に思っている点、満足している点をそれぞれ書き出す事で現状を理解する事ができます。現在の自分と過去の自分の相違点や共通点を照らし合わせる事で自分の合った仕事を見つける事ができるでしょう。

未来の自分を考える事が重要

自分に合った仕事を探す事が出来たら未来の自分を想像してみましょう。その仕事に就く為にはどのような生活をすれば良いのかを考える必要があります。

1年後の自分、5年後の自分、10年後の自分、というように近い未来から一歩一歩考える事でこれから自分がやるべき事が見えてくるでしょう。未来の自分を想像するのは難しく感じるかもしれませんが、自分について考える、という事が重要なので深く考えすぎなくても大丈夫です。

2.視野を広げ自分自身を成長させる事がポイント

自分に合った仕事を探す上で重要なポイントなのが視野を広げると言う事です。視野を広げるというのは自分を成長させる事に直結します。今は自分に合った仕事が見つからない方も好き嫌いせずに新しい世界に飛び込む事で自分を成長させる事ができるでしょう。

リュック一つで旅立つ男性

普段と違う環境は視野を広げるチャンス

旅行は視野を広げる良い機会になります。自分の知らない場所には新しい発見が山ほどあるでしょう。海外へ行くと価値観が変わる、というのは本当の事なのです。しかし海外に拘らなくても初めて行く場所には沢山の新しい情報があるでしょう。

忙しくて旅行に行く時間がない方は、いつもと違う駅を使う、普段交通機関を使用するところを徒歩で移動する、など工夫次第で視野を広げる事ができます。

苦手な食べ物を克服して自信をつける

偏食の方は新しい食べ物に挑戦するのも良いでしょう。普段口にしないものや苦手なものに挑戦する事で自分の成長を実感する事が出来ます。

新しいレストランで食事をするなど、場所を変える事で苦手な食べ物もおいしく食べられるケースもあるので挑戦してみるのも良い経験になるでしょう。

苦手を克服したという自信は視野の拡大に繋がります。視野が広がると自分を客観的に見る事が出来るので自分に合った仕事も見つけ易くなります。

150702_want-to-work2
やりたい仕事が見つからない時の適職を探す7つのヒント

人と積極的に係わることで自分自身が成長する事ができる

普段自分と係わりの少ない人の話を聞く事でぐっと視野が広がるでしょう。会社の同僚や疎遠になった友人などと積極的に係わる事をおすすめします。自分の知識にない新しい話は自身が成長するために重要な要素になります。

飲み会の席で知り合ったばかりの人や、イベントなどで知り合った人ともコミュニケーションを取り見聞を深めることで視野が広がり、結果的に自分を成長させる事ができるでしょう。

3.今の仕事から自分に合った仕事を探す

自分に合った仕事が見つけられなくてモヤモヤしている方も焦る必要はありません。今の仕事を通じて自分に合った仕事が見つかる事もあるのです。今の仕事が嫌でも、もう少しだけ我慢すると自分の新しい道が発見できるかもしれません。

同僚と仲良くする男性

真面目な姿勢が自分に合った仕事を探す手がかりに

真面目に一生懸命仕事をしていると自分に合った仕事が見つかる事があります。今まで受身だった仕事も自分から積極的にこなす事で、やりがいを感じ今の仕事が楽しくなるかもしれません。

真面目な姿勢を上司や会社が評価してくれると、その先には昇進や昇給も待っています。部下も何人か出来ることでしょう。その頃になると任される仕事も比較的大規模の案件になるので仕事のやりがいを感じられるようになります。

このように自分で仕事を回せる地位まで行くと、今の仕事が自分に合った仕事と言えるようになるでしょう。

150507_habitskive2
サボり癖を直したい人の7つ改善克服法

会社の人脈を活用して自分の見聞を深める

会社であまりコミュニケーションを取らない人はもったいない事をしています。その話の中には自分に合った仕事を探すヒントや手がかりが隠されている可能性があるからです。

上司や同僚や部下は自分の体験した事のない経験があるかもしれません。会社は人脈の宝庫なので少しでも自分の見聞を広めることが重要で、偏見をなくし積極的にコミュニケーションを取ることで自分に合った仕事も自然と見つかるかもしれません。

150513_reliance_features2
【頼りになる人の特徴】職場のこんな上司や先輩を味方につけろ!

今の会社が自分に合った仕事の可能性も!

会社で苦手な人がいる方は自分から積極的に会話してみましょう。自分が苦手に思っている、というのは相手にも必ず伝わっています。普段話しかけられない相手から話しかけられるというのはビックリする以上にとても嬉しい事なのです。

このように苦手な人を克服して行く事で会社の不満は少なくなっている事でしょう。そして苦手な人が居なくなった会社はとても居心地が良いと感じるはずです。今の会社に不満があるから自分に合った仕事を探したい、という方にとっては、今の会社が自分に合った仕事の可能性もあるのです。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ