転勤は拒否できる?解雇や降格の可能性・拒否できる理由

転勤拒否はできるのでしょうか?会社の業務命令である転勤ですが拒否することで降格や解雇など退職に追い込まれ会社とトラブルになる可能性もあります。転勤を拒否するための特別な理由や拒否できる条件など転勤の拒否について解説します。

転勤は拒否できる?解雇や降格の可能性・拒否できる理由

転勤を拒否するとどうなるのか

単身者の方も家族を持っている方も、転勤という言葉に嫌なイメージを感じる方もいるかもしれませんね。
慣れた会社から全く知らない土地への転勤という不安。精神的に辛いと思います。しかし、新しい自分に出会える。成長できるチャンス。などポジティブな考え方も大事かもしれません。会社としても不要な社員にわざわざコストをかけてまで転勤を進めたりしないものです。

会社という企業に勤めている以上転勤辞令は絶対

転勤拒否を認めない上司

拒否はよほどの理由がない限りは認められないことを知って下さい。必要以上の頑固たる拒否を続けてしまうと解雇や降格の対象になりかねません。
そちらのほうが、これからの生活自体を激変させてしまう可能性もあるのです。転勤が原因となり離婚やストレスによる病気の発症も考えられますが、それは個々の考え方次第になるのではないでしょうか。

会社は組織という中で成り立っています。社員一人一人の理由で辞令を簡単に変えることは出来ないのです。
転勤を拒否することができるのか、拒否するとどうなるのか、考えてみましょう。

特別な理由があり会社に認められた場合のみ転勤拒否ができる

転勤の辞令がでて落ち込む男性

突然の転勤命令。現実の問題として配慮すべき特別な事情がない限りは雇用の継続は不可能になりクビを言い渡される可能性があります。
特別な事情の無い転勤拒否に対する雇用の解雇処分は有効と認められています。
就業規則に転勤についての文言が記載している場合、社員は転勤があることを了承し会社との労働契約を結んでいることになります。
全国に支店、営業所があるような企業の場合では通常では転勤は覚悟している、理解しているものと会社は認識していることになるのです。

残念ながら、就業規則に転勤の有無が記されていない場合であっても、転勤辞令は会社の業務範囲となるので、拒否はできません。頑なに断り続けると、業務命令違反(就業規則違反)となり懲戒の対象になってしまいます。最悪は解雇となってしまうこともあるので辞令を受けたなら覚悟するしかないのかもしれません。

どうしても嫌なら、いざという時に備えて転職や独立を出来るまでのスキルを磨いておくべきです。
人事異動は自分のとらえ方によって、よくも悪くも変わりご自分の考え方次第ともいえます。不当な転勤でない限り、前向きに検討して自分にとっても会社にとっても最善でありたいですよね。

150617_careerchange-qualification2
転職に有利になる人気資格ランキング

転勤を拒否できる特別な理由

転勤拒否の理由を検索する男性

  • 転勤なしの地域限定採用。
  • あからさまにわかるような、嫌がらせ、男女差別。
  • 転勤によって社員が著しく不利益が生じる場合。

以上のことが拒否できる事柄となります。

転勤なしが前提として入社した地域限定採用の社員は就業規則により転勤することはありません。そのため転勤を拒否することができます。

不当な動機とあからさまにわかる報復人事や男女差別ですが、これにはきちんとした証拠を出さなくてはいけなく、嫌がらせとわかる録音テープなどの物的証拠が必要になることもあります。何となく感じるなど曖昧なものでは転勤拒否の理由にはなりません。

著しい不利益が生じる場合の例としては

  • 家族に重症の健康上の問題がある。
  • 介護をしなくてはならない事情がある。

などが会社との話し合いをもって、転勤拒否できるとされています。

代替不可能であると判断される場合、持病のある子供がいて専門的な治療のために転院が不可能な場合などの「通常の甘愛すべき不利益」の程度を著しく超えると認められる可能性が高いようです。特に現在では親の介護などでは転勤拒否が認められるケースが高いと言われます。
(認知症の親と同居。重度のうつ病の親と同居。環境の変化が良くないなどで医師からの診断書などの証明が得られるとベストです)
このような事が会社を納得させられる正当な理由になります。単に家族の承諾が得られない、転勤すると離婚の可能性がある、などでは転勤を拒否することができないのが実情です。

150513_black_identify2
ブラック企業に就職する前に出来る見分け方

この転勤は降格?解雇の可能性は?

パワハラにより転勤を言い渡された女性

人事異動を言い渡されたら確認するべき給与の条件。
移動後の給与については職種が変更になったからと言って会社側が一方的に給与を減額することはできず、必ず本人の同意が必要になります。
ただし以前の職種に付いていた職種固有の手当(乗務手当、営業手当など)は、なくなっても文句は言えません。

また、業績不振や能力不足のため会社に多大な不利益を与えた場合は職位が下がるのは当然と考えられ降格、降任は仕方ないことです。

転勤拒否においても降格や解雇はあります。十分に会社側との話し合いは必要ですが、配慮すべき特別な事情もなく態度も頑として聞き入れなければ最悪、解雇もあり得ます。上司とのトラブル、人間関係で納得いかない降格なども、残念ですがよくある話です。職種乱用の人事となりますが、はっきりとした証明できるものが必要となります。

転勤を言い渡されたら転勤理由や転勤内容の確認をしてください。内容に違法性が認められた場合は転勤拒否することができます。

161216_restructuring2
リストラとは?人員整理の実例や対象にされやすい社員

最近の転勤拒否に多い理由

仕事よりもプライベートを優先させるカップル

かつては出世が目標!会社の為に頑張って認めてもらい早く昇進して偉くなって周りに自慢したい!なんて話はあまり聞かれなくなりました。
今では出世なんて興味はない。家族との時間を大切にして自分の趣味も楽しみたい、会社よりも家族や趣味などを優先する考え方も増えてきているようです。
そのような社員に転勤などの命令が下されると自分はキャリアップは求めていないし責任をとるのは嫌だ。などの理由での拒否が増えて上層部の方々の頭を悩ませているようです。

今の時代では出世をしても責任だけが増え、給料は増え難くなっています。逆に転勤して出世しても業績不振の為に給料やボーナスカットなどもありえるくらいです。
出世は喜ばしい事とは考えにくいのが現状で責任を負わせ負担だけが増す。損得を考えたら損ばかり。と考える社員が増えたのではないでしょうか

勤続年数が長く職場の人間関係が大変良好で尚且つその仕事に愛着が出てしまった。などの転勤拒否の理由は中堅やベテラン社員によくみられます。わざわざリスクをおわなければならない転勤の出世街道よりも、現状維持でストレスをためない生活を望むのは人間の素直な心理なのかも知れませんね。

拒否が難しいなら転勤を楽しむ余裕を持とう

転勤を拒否するのはよっぽどの理由がないとできない事が分かりました。それなら転勤について前向きに考えてみてはどうでしょうか?

転勤をするということは出世の道を一歩ずつ確実に進んでいるということです。出世することで年収も少しずつ上がるでしょう。そうすると趣味や習い事、買い物などを今以上に楽しむことができます。

また新しい職場環境で様々な出会いもあるかも知れません。心機一転し仕事もプライベートも充実させることができるチャンスが転勤と言えます。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ