Loading

パワハラに遭った時の相談方法と対策

ここでは「パワハラに遭った時の相談の仕方と対策」について説明します。会社や職場で上司という立場を利用して権力的嫌がらせを行うことを「パワーハラスメント」といいます。パワハラはセクハラのように女性限定に対するハラスメントとは違い、性別は関係なく、上司から部下へ行われます。もしもパワハラに遭った時、どこに、どのように相談したらいいのか、相談方法と対策について解説します。

パワハラに遭った時の相談方法と対策

パワハラに遭った時どう対処するか…相談方法と対策3つ

職場で日常的にパワー・ハラスメント(権力的嫌がらせ行為)を行う上司に対して私たちはどのように対処したら良いのでしょうか。相談機関や対策方法はあるのか、ご説明します。

1.これってパワハラ?と思ったら同期や先輩に相談する

上司からパワハラと思われるような言動を取られた場合、それが長いこと継続して続くようなら同期や先輩に相談しましょう。第三者の意見を聞くことでそれが指導の域を超えているかどうか判断することが可能になります

パワハラを信頼する先輩に相談する女性

もしかすると相談に乗ってくれた相手も同じような経験をしている可能性もあり、経験がなくても同じようなパワハラの事例を知っているかもしれません。また、誰かに話すことで溜まったストレスを発散でき、うつ病など心の病に罹る危険性を防ぐことができますし、誰かと一緒に対策を考えることで今後の行動を起こしやすくなります。

2.社内の担当窓口や労働組合に相談する

コンプライアンス専門の部署や相談窓口が社内にあるのなら、一度そこへ相談してみましょう。コンプライアンスとは直訳すると「法令遵守」という意味で、企業の言うコンプライアンスとは単に法を犯さず条例を守るという意味だけでなく、社会規範全般を守るという意味、さらには就業規則や業務マニュアルといった会社に関わる様々な規則を遵守するという姿勢そのものを表す言葉です。

悩みを相談しようか悩む女性

しかしどの会社にも必ずそうした相談窓口があるとは限りません。ない場合はどうしたらいいのでしょう。たとえばパワハラ上司よりさらに上の上司に相談したとして、そのことがパワハラ上司の耳に入ってしまう可能性も大いにあり得ます。

そういった不安があり、なかなか相談出来ない人は、労働組合に相談するといいでしょう。ただし、労働組合は会社によって強弱があり、有効的な手段にならない場合もあり得ます。それでも何も策を講じないよりは動いてみたほうが良いので、相談して助けを求めてみる価値はあるといえます。

3.厚生労働省のサイトや窓口を利用する

社内のコンプライアンス部署や相談窓口で解決できない場合には、厚生労働省のサイトや相談窓口を利用しましょう。個人的に弁護士に相談するという方法ももちろん有効ですが、これには費用つまりお金が掛かってしまい、知り合いに弁護士がいる人以外にはどうしても敷居が高いイメージがあります。

パソコンで相談できるサイトを探している女性

その点、厚生労働省の窓口なら、「話だけでも聞いてもらってみよう」と気軽な気持ちで相談できます。厚生労働省には各都道府県の労働局に「総合労働相談コーナー」という窓口があります。労働条件やいじめ・嫌がらせなど労働問題に関するあらゆる相談を電話で受け付けています。

もっと手軽なものだと「心の耳」という労働者のメンタルヘルス・ポータルサイトがあります。こちらではパワハラの事例が載っているほか、メールで相談をすることができます。また短時間でできる職場のセルフストレスチェックページなどもあるので、インターネット環境がある方は一度アクセスしてみると良いでしょう。

以上の3つを行っても解決しないようであれば、転職も視野に入れる必要があります。

パワハラ上司への対処法3つ

パワハラ上司が職場に居る場合、どのように対処するのが良いのでしょうか。泣き寝入りしてしまうことやパワハラ上司が原因で心の病になってしまうことはとても辛いことです。そうなる前に対処しましょう。

1.パワハラだと思ったらまずできるだけ多くの証拠を残しておく

パワハラ被害者の悩みとして、パワハラかどうかの判断が難しい場合、相談相手に上手く分かってもらえないということがあると思います。また、パワハラ被害者の多くはパワハラの記録をとっていないことがほとんどです。

証拠を逃がさない敏腕カメラマン

パワハラ上司や周囲の人間にパワハラを認めさせるには、より多くの証拠が必要です。いつ、どこで、どんな言動をされたかをどんな書き方でも良いので書き留めておきましょう。より証拠能力が強いのはICレコーダーでの録音です。どう考えてもパワハラだと思った時は迷わず詳細に記録をとりましょう。

150731_boss-hate2
嫌いな上司と付き合う6つの対処法

2.パワハラ上司に対しては「それはパワハラです」と明言しておくことも大事

大抵のパワハラ上司は自分の言動がパワハラにあたるとは自覚していません。指導とパワハラの境界線が曖昧になっていることもありますが、パワハラは子供のいじめと同じでいじめている側は段々とその行為が快感になり癖になっていきます。

パワハラをする上司に注意する女性

パワハラを行っている上司の精神状態は日常的に疲れていて正常ではないことがほとんどです。またその上司が新人だった頃にされてきたことと同じことを行っている場合もあります。「俺も若い頃は厳しくされたのだから指導でこれくらいするのは当然だ」と思っているのです。

まずは相手に自分のやっていることはパワハラなのだと自覚させることが大切です。その際、上司と同じように怒りに身を任せて注意してしまうと余計に相手の感情を高ぶらせてしまい逆効果になるので、できるだけ冷静に落ち着いて相手に伝えることで相手をクールダウンさせましょう。

落ち着いた態度で相手の非を指摘することで、上司も言い返せなくなり、パワハラ行為をやめてくれるでしょう。

150803_boss-pawahara2
上司のパワハラから身を守るための確実な自衛手段

3.パワハラ上司本人と直接話し合う

相手にパワハラだと自覚させることができたら、本人に直接お話する機会が持てないか聞いてみましょう。もし話し合いの場が持てたら、「なぜこのような言動をなさるのでしょうか」と直接聞いてみましょう

上司を呼び出し真相を尋ねる女性

もしかするとあなた自身にも非があるのかもしれません。改善できる点があるならしたいし、誤解があるなら解いておきたいですよね。ですが、上司が話し合いの場を設けてくれなければお互い歩み寄ることは不可能なので訴訟や直訴なども考えざるを得ません。

150325_black_features2
ブラック企業を特徴から判断する4つのポイント

パワハラに遭ったら一人で悩まず相談すること

パワハラに遭った時、一番してはいけないのが自分一人で抱え込むことです。最初は耐えられるかもしれませんが、日々繰り返されるパワハラ行為はあなたの心を容赦なく傷つけていきます。ボロボロに壊れてしまう前に必ず周囲の人や相談窓口に相談しましょう。

スポンサーリンク