バイトを辞めたい時に使える理由5つ

ここではアルバイトを辞めたい時に使える理由を紹介しています。どんな理由ならば上司を納得させた上で引き止められずに辞めることができるのかお教えします。また伝え方の時期や伝え方など退職意思を伝えるときのマナーも掲載していますので参考にしてください。

バイトを辞めたい時に使える理由5つ

アルバイトを辞めたい時どうする?

様々なアルバイトを経験していると自分に合う仕事と合わない仕事が出てくるのは仕方ないことです。合わなかった仕事だと今すぐにでも辞めたい、一日でも早く辞めたいと思ってしまいますが、悩んでしまうのが「辞める時のマナー」と「辞める時の理由」です。辞めたくてしょうがないのは分かりますが、無断欠勤した末、そのまま去るなんてことはしないようにしましょう。

退職意思の伝える時期

民法上では遅くとも2週間前には辞める旨を伝えなければならないことになっています。基本的にはバイト先の会社で決められた規則に従いましょう。辞める1か月前までとしている会社が多いようですが、中には2か月前、3か月前の会社もあるので気をつけましょう。

150414_hatarakitakunai2
働きたくない人の7つの心理と脱出方法

退職意思を伝える相手

職場の一番偉い人に最初に伝えましょう。店であれば「店長」、事務などのオフィスワークであれば「社長」もしくは「部長」、「課長」あたりです。先にバイト仲間に話してそれが間接的に上の人に伝わってしまうのはマナーとして良くありません。くれぐれも気をつけましょう。

150713_work-painful3
仕事が辛いときに気持ちを和らげる方法

退職意思の伝え方

基本的には直接会って伝えるのがマナーです。何となく気まずいからといって電話やメール、LINEでは失礼にあたります。上司が多忙でなかなか会えない時にはまず電話かメールで「大事なお話があります。お時間頂けないでしょうか」とアポを取りましょう。いくらもう辞めるとはいえ、お世話になったバイト先なのですから最後まで責任を持って誠実に対応しなくてはいけません。

150702_wantto-quitwork2
仕事を辞めたい人のやる気アップ術7つ

バイトを辞める理由5つ

バイトを辞める時は引き止められて結局ズルズル働き続けるなんてことにならないよう、相手を納得させられるような理由を言わなくてはいけません。「嘘も方便」と言いますが本音と建前を上手く使い分けて気まずくならないように伝えましょう。相手も納得して、且つ、気まずくならない「バイトを辞める理由」をお教えします。

1.家庭の事情で辞める

家庭について悩み事がある女性

家庭の事情と一口に言っても色々ありますが

  • 「家族の介護をしなければならなくなった」
  • 「これまで介護をしていた人の具合が悪くなったから、代わりをしなくてはならなくなった」

など緊急性を要する理由であれば、よっぽどのことがない限り、すぐに聞き入れてもらえます。アルバイトは就職と違って、何が何でも働かなければならないというものではなく、家族の理解や協力があってこそ成り立つものです。

体調を崩した家族の代わりに家事全般をしなくてはならなくなったとか、妹や弟の面倒を見なくてはならなくなったとか、アルバイトを辞める理由として家庭の事情は一番問題なく受け入れてもらえる理由ではないかと思います。

2.長期に渡って体調が悪いので辞める

体調不良で床にころがる男性

アルバイト中、体調が悪くなることは誰もが経験あると思います。体調不良が長期に渡って続いている場合、それを理由に

  • 「せっかく頂いたお仕事ですが、いっこうに体調が良くならないのでしばらくお休みを頂いてもよろしいでしょうか?」

と切り出すのもアリです。しばらく休暇を頂いた後、それでも回復の兆しが見られないため、辞めますという流れでもいいかと思います。無断欠勤をして何も言わずにそのまま去ったりなど職場に迷惑を掛けるよりは、きちんと体調が悪いことを予告しておいて辞めますと伝えたほうが相手も納得しやすいですし、体調が悪い人を無理に引き止めたりはしないはずです。

3.学業に専念したいため辞める

勉学に集中する女性

学生ではこの理由が一番多いのではないでしょうか。本音はともかくとして

  • 「学業との両立が難しくなってきたため」とか「将来のために今はしっかり勉強したい」

などと言われれば相手も納得せざるを得ません。また、学生でない場合でも

  • 「将来この資格が必要になるので資格取得のための勉強がしたいです」

と伝えれば、引き止められたりすることはないでしょう。

4.勤務条件が合わなくなったため辞める

割りに合わない仕事で悩む男性

この理由を言うのは少し勇気が要ります。たとえば夜のシフトだった場合

  • 「両親が共働きに出ることになり、夜に妹や弟の面倒を見られる大人が居ないため、夜にはバイトに入れなくなりました。午前のシフトでも入れる仕事を探すことになりましたので、申し訳ありませんが辞めさせてください」

このように伝えると気まずくならないですし、給料面で好条件のバイトを探したい場合も

  • 「親や子供たちに仕送りをするため」
  • 「今度から専門学校へ通うことになるため」

など出費が増える理由、短期間でお金が必要な理由を述べれば分かってもらえる可能性が高いでしょう。給料面の場合はあなたが正直に伝えたことで給料がアップする可能性もゼロではありませんので、もしそのように待遇が良くなった場合は一生懸命働くことで感謝の気持ちをお返ししましょう。

5.本音を言って辞める

とにかく土下座する男性

この理由は一番勇気が必要です。人間関係や仕事が大変など本当のことを言って辞めるという方法です。正直に伝えることで上司も職場環境の見直しを図ってくれることもあります。また、一番引き止められる確率は高いですが

  • 「どうしてももうこれ以上は働けない」

と押し通せば相手もそれ以上強引に引き止めることは出来ないでしょう。嘘を吐いていないのであなた自身罪悪感を引きずることもありません。時と場合によりますが、本音を言うことは必ずしも悪いことではないのです。もしかすると言った後に一番スッキリする理由かもしれませんね。

アルバイトを辞める時は最後まで責任を持つこと

いかがでしたか。「立つ鳥跡を濁さず」ということわざがあるように、どんな理由を伝えるにせよ、アルバイトを辞める時は一人の大人として最後まで責任を持つことが大切です。辞める側も受け入れる側も気持ちよく「今までありがとうございました」と言えるような辞め方を心がけましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ