フレックスタイムのメリットとデメリット

企業によってはフレックスタイム制度を活用した働き方を採用しています。従業員、企業ともにメリットの多い働き方なのですが、デメリットをしっかり理解せずにいると問題点が浮き彫りになり双方とも良い影響にはなりません。フレックスタイム制度を正しく理解し良い職場環境を実現しましょう。

フレックスタイムのメリットとデメリット

従業員にも企業にも恩恵があるフレックスタイム制度

フレックスタイム制度を採用する企業は年々減少傾向にあります。しかし正確なメリットやデメリットを知ることでフレックスタイム制度を最大限活用する事ができます。上手く活用して従業員にも企業にも恩恵のある職場環境を実現しましょう。

知っておきたいフレックスタイム制度とは

フレックスタイム制度とは自分の出勤、退勤時間を決めて働く事ができる制度です。1日8時間、1週で40時間の労働時間内で自由に勤務する事ができます。 採用している企業はデザイナー事務所、設計事務所、商社など多岐に渡りますが、主にIT系の企業に採用されるケースが多いようです。

疑問を持った社員達

フレックスタイム制度を導入する目的は社員の仕事効率化やプライベートの充実化などありますが、企業側からもメリットがあり閑散気の仕事量を減らし、忙しい時期にはより多く労働してもらう事ができる自由な労働体系です。

フレックスタイム制度にはコアタイムとフレキシブルタイムと呼ばれる2つの労働時間帯があります。

コアタイム

コアタイムとは1日の中で必ず勤務しなければいけない時間の事。例えば10時から15時までをコアタイムに設定されている場合、その時間帯は必ず勤務していなければならず、それ以外の時間を含めて1日8時間の勤務が必要と言う事です。

フレキシブルタイム

フレキシブルタイムとはコアタイムとは逆で働く時間を自由に決められる時間の事。コアタイムの時間以外の事を言います。

労働時間帯を全てフレキシブルタイムにする事も可能ですが、コアタイムの時間が長すぎる場合はフレックスタイム制度とはみなされません。

従業員側の最大のメリットはストレスのない職場環境

フレックスタイムを導入する従業員側のメリットを紹介します。

ストレス無く食べる男性

仕事の効率化が図れるのでプラベートが充実する

プライベートが充実すると仕事に対するモチベーションが向上します。自分で勤務時間を決められるので、上手く時間管理をすれば趣味に時間を割くこともできます。子供や介護者がいる家族にもフレックスタイム制度は強い味方になるでしょう。

効率的に時間を使えるので余計な残業が減る

通常の労働体系の場合閑散期でも8時間の労働が課せられます。しかしフレックスタイム制度にする事で、閑散期は10時から15時まで、繁忙期は10時から20時まで勤務する等して時間を有効に使う事ができます。

自主性が促されるので労働意欲も活性化される

自分自身で労働時間を決められるので従業員自身の自主性が促されます。それにより主体性のある勤務体制が生まれます。

通勤ラッシュのピークの時間をずらした勤務が可能なのでストレスも軽減される

都会の通勤ラッシュは従業員のストレスの原因に多く挙げられます。フレックスタイム制度の場合そのようなストレスを感じさせない労働環境を構築できます。

従業員の意識の変化を促し自由な発想を促進できる

通常の勤務体系にはない自由さがフレックスタイム制度のウリなので従業員の意識の変化や伸び伸びとした自由な発想が生まれやすい環境作りが可能です。

ストレスの少ない環境なので優秀な人材が定着しやすい

職場の環境は従業員の定着率にも影響を及ぼします。ストレスのない自由な環境は従業員側にとって最大のメリットではないでしょうか。

上記のようにメリットがとても多いフレックスタイム制度なので今後も長く定着する働き方になるのか注目が集まっています。

デメリットを理解して企業成長を図る

フレックスタイム制度による従業員や企業がうけるデメリットもあります。

デメリットを問い詰める男性

従業員の出退勤にバラツキが出るので従業員同士のコミュニケーション不足に陥る

フレックスタイム制度の良いとこでもあり悪い事でもあるのが従業員同士のコミュニケーション不足。メールやイントラネットなど社内のコミュニケーションツールを使用するなどして工夫する事が課題になります。

会社の会議や必要な打ち合わせにも不憫が生じる

大きな会議などは事前に予定されている事があるので問題ありませんが、急な社内会議や打ち合わせなどに対応させる事は難しいでしょう。このような事態を避ける為にコアタイムを導入する企業が多くあります。

照明や空調など社内設備の使用頻度が増えるため経費がかさむ

従業員が会社に滞在する時間が明らかに伸びるので社内設備の経費が多く掛かる事になります。中小企業では経営を圧迫する可能性もある為注意が必要です。

元々日本人には合わないと言われる事があるフレックスタイム制度ですが使いようによっては企業をさらに成長させてくれるでしょう。

フレックスタイム制度の問題点を認識する必要がある

フレックスタイム制度が抱える大きな問題点は2点あります。

問題点を見つけた男性

従業員が自己管理できない場合

従業員が自分勝手に都合の良い自己解釈をする可能性があります。決して遅刻してもよいだとか、納期が迫っている仕事があるのに残業の必要は無いなど、時間の使い方に問題があるケースがでてくるかもしれません。結局制度を導入する前のほうが効率的だった、なんて事になるとフレックスタイム制度を見直す必要に迫られるでしょう。

現実的に導入できる企業がすくない

フレックスタイム制度を導入するにあたり社内のコミュニケーションの複雑化は避けられません。会議をするのにも従業員と個々にやりとりする必要があるので作業効率の低下を招く恐れがあります。 営業が主な企業やサービスを提供する企業なども導入は現実的ではないでしょう。フレックスタイム制度を導入したばかりに、顧客サービスの低下などを起こさない為にマネジメントをしっかりする必要性がでてくるでしょう。

フレックスタイム制度を導入している企業やこれから導入を検討している企業は、フレックスタイム制度をしっかり理解して説明する必要がある事を認識するのが重要なポイントと言えます。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ