Loading

総合職と一般職の違いは?就活生が会社選びをする時の注目点

総合職と一般職と別れている求人を見たことはないですか?特に大手企業に多いこの職種の分類ですがいったい何が違うのでしょうか。仕事内容や給料や待遇の違いや、職種を選択する割合などを紹介します。自分が将来どのようなキャリアを描いているかを重視して、どの道に進むのか参考にしてくださいね!

総合職と一般職の違いは?就活生が会社選びをする時の注目点

総合職と一般職の違いとは?就活の参考になるそれぞれの特徴

総合職と一般職ですが、仕事内容にどのような違いがあるのでしょうか?同じ募集要項でも職が違うだけで仕事内容やお給料に違いがあるのでしょうか?これから就活活動を控えている方や中途で採用試験に臨む方も各企業の募集要項に注目してみましょう!

総合職とは会社の中核を担う将来の幹部候補

未来の幹部候補を目指す就活生

総合職とは言葉の通り、会社内で総合的な判断が必要な仕事につき、責任の重さが大きい業務に就く職のことを指します。様々な業務を総合的に経験していき、業務量も多く仕事内容は多岐になります。そのため将来的に管理職などの中核を期待される幹部候補になるわけです。

期待に応えるためにはそれなりの苦労も付いてきます。
企業にもよりますが、会社の様々な職種を経験し業務を学び、残業はもちろん(現在では、残業時間が騒がれていますが)移動や転勤なども国内外に問わず当然のように発生する職になります。

総合職になると会社の利益を考える必要があります。会社の利益を上げるためには数字を考え効率的に仕事をする必要があります。会社の目標を達成するために責任と努力が求められます。

総合職は一般職よりも給料が高い

そのため、一般職と比較すると給料が高めとなっていて昇給の上り幅も多くなります。そして何よりも、沢山の事を学ぶことができ目に見えるスキルアップが出来ます。よって、一般職より結果も出しやすく評価されやすいのが特徴です。

将来目指すキャリアにより細分化されることもある

現在では、総合職と言っても将来のキャリアにより事務系総合職(営業、企画、管理など)技術系総合職(生産、研究、設計など特定の専門職)とわかれていることもあります
大学の専攻によって職種を選択できる会社もあるようなのでチェックしましょう。

金融や総合商社にあるそうですが、地域総合職(特定総合職)などと言われる、総合職よりも責任や業務の幅、転勤の範囲などを狭めた職種設定を設けている企業もあるようなので、総合職では不安でも一般職では物足りないかもと悩んだら、一度チェックしてみると良いかもしれませんね。ただ、責任が軽くなった分の給料、昇給などは期待できません。

一般職とは総合職を補佐する職

自分らしい働き方を模索する大学生

基本的に一般職は総合職を補佐する業務であり、仕事の範囲は総合職ほど広くないと言われています。
総合職と比較すると残業も少なめで総合職をサポートする事務全般に従事します。就活生でプライベートの時間を大切にしたい人は一般職を選択する傾向があります。
責任のある仕事もほとんどなく上司が変わる事があっても、移動や転勤などの可能性もほぼ無いため少しだけ気楽に仕事ができるかもしれませんね。

一般職の方は総合職の方が掲げた会社の目標を達成するためのサポートをします。担当業務の質を良くしスムーズに、そして効率的に仕事が出来るようにしっかりとした足場を作ることが求められます。

一般職はルーティンワークが多くなる

ですが、一般職は決まりきった業務の繰り返しになります。基本的に総合職のサポート業務なので、雑務が多い事になります。気が付いたら何となく会社でいつもの業務をこなしているのです。
やりがいなどは見出すのにはよほど努力をして業務のエキスパートになり、会社で頼りにされる必要があります。社内で信頼されることは一般職で長く働く秘訣とも言えるのではないでしょうか?

一般職から総合職へスカウトされることもある

最後に、よほど優秀だと一般職からの総合職への可能性も企業によってはあります。
上司や責任者の目に留まり一般ではもったいないという社員もでてきてもおかしくないと思います。そんな時は総合職への推薦を行うこともあるようです。それでも、一般職にとどまりたい社員は、その部署や支店などのリーダー的な役割になる職になれるようです。

総合職と一般職は出身大学も性別も違うことがある

有名大学に通う女子大生

総合職と一般職を分けて募集するのは大企業がほとんどで、その中でも総合職を選択するのは4大出身者が多く占めています
総合職には男女間の違いはまだまだあり、女子にとっては狭き門となってしまうのが現実のようです。

だからと言って一般職が気楽に受かるわけではありません。とくに一般職は女子の募集が主なのですが、上位はほとんど有名大学の名が連なっているようです。大企業への就職を狙っているのであれば、それなりの学力が必要なのが現実です。

総合職と一般職の違いの注意点としては、雇用形態や給与、福利厚生のチェックなども出来たら事前に調べられると良いでしょう。当然のことながら、業務内容が異なるので給与の差、昇給の頻度、利用できる福利厚生も違う場合があります。

入社時は給料や待遇は一緒かもしれませんが、同期入社した総合職の方がどんどんと昇給や出世をして10年後には自分の上司になった、なんてこともある話ですね。
出世の近道となる総合職か、プライベートを重視したい一般職か、自分のやりたいことを明確にして胸を張って仕事が出来るようになりたいものですね。

150630_graduate-salary2
大卒初任給の手取りランキングと給料の疑問

総合職・一般職以外の技術職や専門職とは?

サーバールームで仕事中のエンジニア

技術職は名前の通り特定の技術が必要な職種です。理科学系、測定、品質、生産の管理など専門の知識を持っている人の事で、職人やエンジニアなどとも呼ばれています。身近な技術職では飲食店で働く料理人も技術職に含まれますね。

専門職は特定の専門分野の知識が必要となる職種です。医師、歯科医師、弁護士、薬剤師、社会保険労務士、税理士などの資格が必要な分野も多くあります。広告プランナー、マーケティングディレクターなども専門職になります。

技術職は企業の業種によって募集がかかります。専門職になるとそれぞれの業種からの募集となり通常の求人とはまた違う求人になることもあります。
現在ではネット求人にて自分に合った求人情報を得ることができるので、沢山の求人情報から情報収集をしていき自分に合った職種を見極める事が大切です。

161202_popular-occupation2
人気の職業は?安定志向急増の年代男女別職業ランキング

総合職や一般職に限らず自分の進みたいキャリアを明確にする

将来の道を探し中の女子大生

現代では年功序列の賃金制度がなくなりつつあります。なので、特に何をしなくても勤続年数いれば確かな給料がもらえる時代ではなくなってきているのです。

せっかく入社しても、希望の仕事に配属されず我慢して仕事して慣れてきたら転勤を言い渡される。このような会社では自分を見失ってしまいます。これからの時代は自分がやりたいことを明確にして、スキルを磨き、また新たな挑戦をしていく。このように、自分のキャリアを積んでいける会社に就職できればよいですね。

昔のような会社に忠誠を誓って、言う通りに何でもする。そのような古い考えでは現代では取り残されてしまいます。業績不振の為、突然の解雇、早期退職など、自分は何が起きてもどこでもやっていけるようなスキルを身につけなければいけない時代になっていることを忘れないでください。

スポンサーリンク