職務経歴書を書く時にアルバイト経験しかない場合の書き方

職務経歴書は今までのキャリアをアピールするためのものです。でももし経歴がアルバイトのみの場合どのように書けばいいのでしょうか?そもそも職務経歴書にアルバイトの記入は必要なのでしょうか?ここではそんな疑問を解決します。

職務経歴書を書く時にアルバイト経験しかない場合の書き方

アルバイト経験しかない場合の職務経歴書の書き方とは

職務経歴書は、これまでのキャリアをアピールするためのものです。しかし、アルバイトしか経験がない場合、どう書いたらいいのでしょうか。そもそも職務経歴書にアルバイトは書く必要があるのでしょうか?書き方と合わせて紹介します。

職歴がアルバイトのみでも職務経歴書に書く

結論から言うと、経歴がアルバイトのみの場合でも職務経歴書は必要で、必ず書くべきです。職務経歴書はあなたが過去にどんな仕事をしてきたのか、どのように働いてきたのかを自由な形式で記入しアピールするためのもの。

就職する為に職務経歴書を書いている女性

たとえ過去の仕事経験がアルバイトのみでも、これから面接を受ける企業と同じ業種や関連性の高いアルバイトだった場合、その経験からすでに基礎知識が身についていると見なされ、会社の即戦力として活躍を期待されることも大いにあり得るのです。職務経歴書に書けるものがアルバイトのみだったとしても、ネガティブに捉えず、自信を持って記入しましょう

面接官の不安を取り除く職務経歴書の書き方がポイント

職務経歴書に書けるものがアルバイトのみの場合、面接官側が抱く不安として「正社員として責任を持って働けるか」「組織の一員としての帰属意識を持って働けるか」などと思われることが予想されます。

若干不安だけど採用に前向きな男性

そういったことを踏まえ、職務経歴書を作成するときは以下の3点を意識して書くと、面接官に好印象として残りやすく、且つ、不安も払拭することができます。

面接官の不安を払拭する書き方のポイント

・正社員として必要な仕事への意欲や責任感があることを示す。

・アルバイト経験しかなくても仕事で活かせるスキル・資格を持っていることをアピールする。

・働くにあたって不足している経験やスキルは日々自主的に勉強し補っていることをアピールする。

この3つがきちんと伝えられていれば、たとえ正社員でずっと働いてきた人と比べられても「この人良いね」と思ってもらえる可能性が高いです。「この人だったら即戦力になってくれそう、活躍してくれそう」そんな風にイメージしてもらえるような職務経歴書を作成しましょう。

150602_syokureki_handwriting2
職務経歴書は手書き?パソコン?正しい書き方

実際の書き方の例を見ながら書いてみよう

では実際に書いていきます。職務経歴書の書き方はこれ!というような決まった書き方はないので、ネットなどで見本を検索して色々参考にしながら書くといいでしょう。また職務経歴書は手書きよりもパソコンで作成したほうがレイアウトもしやすく見やすいので一般的です。

テンションの高い中年男性

  1. まず職務経歴書の右上に書類を作成した日付と氏名を書きます。
  2. アルバイトが複数ある場合には面接を受ける業種と関連性の高いアルバイトから順に記載します。
  3. アルバイトとして入社した日付と、働いていた期間を退社した日付として記入し、その横に「(アルバイト)」と書きます。
  4. 次の行から仕事で担当していた業務、仕事で学んだことなど熱意を込めて書きましょう。
  5. 取得した資格を、必要度の高いものから記載します。
  6. 将来の展望や自己PRがあると尚良いでしょう。

職務経歴書の例文

職務経歴書

                             平成27年○月×日
                             自分の氏名
【職歴】

平成24年○月×日~現在 株式会社○○(アルバイト)

アルバイト2年目でサブチーフ、3年目でチーフとなり、メンバーのシフト表の管理と後輩の指導、接客に携わりました。また、始業前と終業後の申し送りでは司会進行を担当し、店長からの連絡事項を伝達する役割も担っていました。連絡の徹底や、チームの連携力の重要性を学びました。

また接客ではお客様のニーズに合わせて知識を身につけ、難しい要求にも対応できるように努めてきました。お叱りを受けることもありましたが、そういったときはまず真摯に受け止めお詫びし、できるだけ早く改善策をご提案できるようにすることが大事だと学びました。

【取得資格】

平成22年○月 普通自動車第一種運転免許取得
平成24年○月 マイクロソフトオフィススペシャリストエキスパート(Windows7)
Microsoft(R)Word version2010合格
Microsoft(R)Excel version2010合格
平成25年○月 実用英語技能検定 2級合格


【将来の展望】

正社員として事務の実務経験を積み、ゆくゆくは専門性の高い業務にも携わっていきたいと考えております。また、上司や先輩方のお役に立つべく、秘書検定の資格も取得したいと考えており、現在も勉強中です。


【自己PR】

○○会社でのアルバイトは人と接するのが好きなこと、また、大学に通いながら夜間にできることから選びました。アルバイトでしたが、仕事をやっていく中でお客様の目線に立つことの大切さや強調性など、仕事に携わる社会人として必要なものは養ってきたと思っております。

就職経験はありませんが、このアルバイト経験を活かし、接遇やコミュニケーション能力の優れた事務職員を目指したいと思います。

就職経験がない分、将来のキャリアプランがしっかりしていると、採用担当者の目を引くことができます。経験で足りない部分は熱意でカバーしましょう。

150227_syokureki-writing-thumb
【職務経歴書の書き方】様式自由で困惑するあなたに

「これから」に目を向けて、どう働きたいかをしっかりと示すこと

アルバイト経験しかなくても、書き方次第で魅力的な人材に見せる方法はいくらでもあります。大事なのは「これから」(未来)に目を向けて、社員の一員としてどう働きたいかというビジョンをしっかりと示すことです。

あなたが熱意を持って伝えようとすればきっと、採用担当者の目にも好印象に映るはずです。しっかりと先を見据えて、自信を持ってアピールしましょう。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ