Loading

職務経歴書に志望動機は必要?

職務経歴書にも志望動機は書いた方が良いのか?悩んだことありませんか?「履歴書にも書いてあるのに必要ないでしょ」と思う反面、「いや、書いた方が親切なのか?」と。そんな疑問を解決します。

職務経歴書に志望動機は必要?

職務経歴書に志望動機は書く?書かない?

履歴書に志望動機を書く欄があるから、職務経歴書にも書いてしまうと同じことを繰り返しているだけではないか?というのが書かない人の意見です。つまり無駄だと言う事です。

それに対して書くべきという人の意見は、履歴書に書かれている志望動機をより具体的に職務経歴書にも書いたほうが印象は良くなるというものです。つまり、履歴書では簡潔に、職務経歴書には具体的にということです。

また、職務経歴書の書き方に決まりはないので職歴や自己PRは入れるとしても、志望動機については入れる方もいれば、入れない方もいると思います。今回は職務経歴書に志望動機を書く場合の注意点や、志望動機の書き方を説明します。

志望動機を書いた方が良い理由

まずは、なぜ職務経歴書に志望動機を書いた方がいいのかを説明します。間違えやすい点としては、履歴書とまったく同じ内容を書いていてはダメだということ。「まったく同じもダメだし、まったく異なってもダメ」です。履歴書の志望動機をそのままコピーした文章を職務経歴書に記載しても、何の意味もありません。

書類作成に戸惑う男性

反対に履歴書の志望動機とまったく違うことを書いてしまえば矛盾してしまうので、会社として信用できる人間とは見られず印象は悪くなります。最もおすすめの書き方は、履歴書に書かれている志望動機をより具体的に職務経歴書に書き、アピールすることです。

入社したいという熱意を示さなければ相手には伝わりません。では、アピールするとは具体的にどういうことか。それは、会社が求めている人材にマッチするようなスキルや経験を中心に書くことです。採用担当者は志望動機を見て、求めている人材に適しているかチェックしています。

150701_jobhunting-motivationletter2
就活の志望動機の重要さと好印象な答え方

職務経歴書における志望動機の書き方

次に職務経歴書における志望動機の書き方について説明したいと思います。職務経歴書の志望動機を見て採用担当者は、あなたが会社にとって有益な人材になり得るかどうかということをチェックします。大まかなところは履歴書に記載し、具体的にアピールするのは職務経歴書の志望動機です。その際に気を付けるべき点は2つあります。

就活中で書類の作り方を閃いた女性

会社に貢献できる部分は自信を持ってアピール

採用する会社も優秀な人材・会社にとって有益な人材を欲しいと思うのは当然。では、どのようにアピールするべきか。それは、あなたが会社にどう貢献できるのか、これまでの経験を元にして具体的に書くと良いでしょう。職務経歴書の志望動機の中では「私が経験してきた○○が、貴社の○○の面に貢献できます。」というように、自信を持って書くようにしましょう。

自分本位な書き方をしない

職務経歴書の志望動機の書き方でNGポイントをあげるとすると、「貴社でスキルアップができると思います。」というように自分本位な書き方をしないということです。あなたにとってメリットがあっても、会社にとってメリットがなければ意味がないからです。

150602_careerchange_motivationletter2
転職の志望動機の魅力的な書き方

志望動機に書くべき3つのポイント

志望動機を書く際にはしっかりと企業のことを調べておく必要があります。特に新しい情報などを知っておくと印象付けることが出来ます。事業や理念などについて把握することはもちろん、新聞など様々なメディアから企業の情報を集めましょう。同業他社についても調べ、応募する企業の強みや魅力について自分なりに分析すると更に良いです。それを踏まえ志望動機に書くべき3つのポイントをご紹介します。

しっかりと話を聞く真面目な男性

3つのポイント

1.自分のキャリアが入社後に活かせることをアピール
2.将来のビジョンを明確に伝える
3.志望動機と転職理由に一貫性をもたせる

まず、「自分のキャリアが入社後に活かせることをアピール」ですが、応募先に活かせる経験・スキルは積極的に伝えましょう。その経験とスキルを活かして貴社で何ができるのかまで説明できるとより効果的です。未経験の職種でも、これまでの経験から学んだことがいかに次の仕事に活かせるのかアピールできると良いでしょう。

次に「将来のビジョンを明確に伝える」ですが、会社として入社してもらうことがゴールではなく、入社してからがスタートになります。それは応募者も同じです。なので、入社してから何をしたいと思っているのか、何を目指して仕事をしていきたいのか「熱意」をアピールすると良いでしょう。とりあえず入る事ばかりに目が行きがちですが、入ってからのビジョンが明確になっていると採用担当者の印象も変わってきます。

最後に書くべきポイントとして「志望動機と転職理由に一貫性をもたせる」です。ここの一貫性が無いばかりに矛盾が生じてしまい面接官に突っ込まれるなんてことも。転職理由と志望動機は繋がっていなければいけません。

150415_parttimejob_rirekisho2
【アルバイト履歴書】好印象な志望動機の書き方

書くということが最終的には大事になる

マイナスになるような事までは書く必要はありませんが、ちょっとでもプラスになる可能性があるものなら、書かないのは非常にもったいないです。とにかく、自分の魅力的な部分は何でも書くという精神を持つことが大事です。

スポンサーリンク