Loading

履歴書の訂正方法とやってはいけない訂正方法

履歴書の訂正には修正液や修正テープを使っても良いのでしょうか。そんな疑問を解決する正しい履歴書の訂正の仕方を紹介。そもそも履歴書を訂正しても良いのか、これからアルバイトや就活を始める方に正しい方法を教えます!

履歴書の訂正方法とやってはいけない訂正方法

履歴書は訂正しても大丈夫!?

履歴書を書く時に書き損じや誤字脱字などミスをする事があると思います。その時、履歴書を訂正しても良いのでしょうか。履歴書は就活の採用試験で企業に提出する正式な書類です。一度提出してしまうと取り返しがつかないので必ず正しい方法を取る事が重要です。間違った方法では自分の印象を良くする事はできないので履歴書を書く前に正しい知識を身につけておきましょう。

履歴書を書き損じたら書き直すこと!

履歴書とは応募者の経歴を確認するものです。しかし面接官は履歴書から他の情報も読み取っているのです。それは応募者の性格です。

頭を抱えた男性

履歴書から自分の性格を知るなんて不可能と考えている方もいると思いますが、それは大きな間違いです。あまり見栄えがしない字でも、丁寧に書かれた文字は応募者のやる気や覚悟がストレートに伝わり好印象を与えられます。逆に綺麗な字でも気持ちがこもっていなければ、面接官は素っ気無い印象を感じ取ってしまうでしょう。

そのため履歴書を訂正するという事は、慎重に物事をこなす事ができない人、注意力や集中力に欠けている人、という印象を与えかねません。そのような悪い印象を面接官に与える事は採用にも響く可能性があるので履歴書を訂正するという事はしてはいけないのです。

面倒でもまた最初から書き直すことが就職を成功させる近道になります。

アルバイトの履歴書も訂正不可!

ではアルバイトをする時に提出する履歴書は訂正して良いのかというと、これも訂正してはいけません。就職する訳ではないので訂正しても良い、と考える方もいますが給料を貰うという事はアルバイトも立派な仕事なのです。

やり直しに不服な男性

アルバイトだからと言って気を抜いて書いていると何度も書き直すはめになるので注意が必要です。就職する時と同じ感覚で、気を引き締めて履歴書を書く事をおすすめします。

もし訂正した履歴書を提出した場合、アルバイトだから中途半端な覚悟で面接にきたのではないか、と疑いを持たれてしまう可能性すらあるので、書き損じしたら書き直す、という気持ちを忘れないでください。

代えのきかない履歴書の訂正方法

企業から渡された代えのきかない履歴書の場合はどうすれば良いのでしょうか。修正液?修正テープ?二重線?どれが正しい訂正方法なのでしょうか。就活中の方やアルバイトを始める方は必ず知っておきたい履歴書の訂正方法を紹介。正しい訂正の仕方を知って面接官に好印象を与えましょう。

修正液、修正テープで訂正するのは絶対にダメ!

書き損じが無いように慎重に履歴書を書くのが一番良いのですが、もし誤字脱字をしてしまった場合は修正液や修正テープは絶対に使わないで下さい。

訂正を食らう男性

履歴書は正式な書類です。修正液を使った場合誰に履歴書を修正されたか分からないので書類の信頼性が下がってしまいます。修正テープも修正液と同様で絶対に使わないで下さい。

信頼性の無い履歴書を提出すると面接官によりその時点で採用候補から外されてしまう可能性もあるので注意が必要です。修正液や修正テープを正式な書類では使用しない、というのはビジネスでは常識なのでこのルールを守れない方は採用候補にはならないというのが、面接官の考えです。

二重線で押印する訂正方法が正解!

ではどのような修正方法が良いのでしょうか。答えは、間違った箇所に二重線を引いて訂正印を押印する事です。

何かに勝ち誇った男性

修正液や修正テープでは誰が履歴書を訂正したのか分からないので履歴書自体の信頼性を疑われてしまいます。しかし二重線で押印した場合は訂正前の文字も分かり、訂正した自分の印鑑を押す事で誰が訂正したのかを証明する事ができます。

書き損じた箇所や誤字脱字の文字に二重線を引いて、その線に重なるように押印します。印鑑がしっかり見えるようにしなければ意味がないので慎重に押印しましょう。

この方法が正しい履歴書の訂正方法になります。就活中の方やアルバイトを始める方は忘れないようにしましょう。

一番良い訂正方法は企業から代えの履歴書をもらうこと!

やはり履歴書は訂正しないほうが面接官には印象が良いです。訂正するとどうしても履歴書が汚く見えてしまうので、面接官は同じレベルの応募者がいた場合は履歴書の綺麗な応募者を採用するでしょう。

履歴書の書き損じを誤る男性

代えがきかない履歴書でミスをした場合でも、書き損じをして訂正が必要な事を面接官に申告し、もう一枚履歴書をもらい最初から書くようにすると企業の印象を損なわずに済みます。

履歴書を訂正するのはあくまでも最終手段と考えましょう。

履歴書の基本は訂正しない事!

履歴書は応募者を選考する為の重要な書類になります。応募者の人となりを判断するには十分な情報が詰まっているので、手を抜かず真剣に書く事をおすすめします。

履歴書の書き直しは時間と手間はかかりますがその努力は面接官に必ず伝わります。自分が納得できるまで、何度失敗しても良い覚悟で書き、一番見栄えの良い履歴書を企業に提出する事が就活を成功させるカギとなるでしょう。

スポンサーリンク