Loading

履歴書の健康状態の欄に書く適切な記入例

履歴書の健康状態の欄は、「良好」と書くことだけが正解ではありません。持病や既往症がある場合に、どの程度まで詳細に書くことができるのでしょうか。具体例に花粉症や喘息などと書いても良いのでしょうか。これからアルバイトを始める学生や新卒で就職する方に参考になる具体的な記入例を一緒に見て行きましょう。

履歴書の健康状態の欄に書く適切な記入例

履歴書の健康状態の欄に、ぜひ書いておくべきこととは

学生がアルバイトのために履歴書を書く場合、健康状態の欄には「良好」とのみ書く人が多く見られます。もちろん、アルバイトやパート等、時間や曜日を決めて仕事を行う場合、その仕事に差しさわりが出ないのならば、「良好」という情報だけで雇用者側にとっても十分であることは事実です。

ですが、今後長い時間を会社で過ごすことが予想される「就職活動」において、履歴書の健康状態欄が「良好」とだけでは、雇用者側にとって十分な情報と言うことはできません。どんな風に書くことが望ましいと言えるでしょうか。

非常に元気で、病気も滅多にしない場合

とにかく元気がウリ!と言う方は、せっかくのアピールチャンスでもあるので、健康状態の欄に「良好」とだけ書くのはもったいないと言えます。そのような方は、「良好」のあとに括弧でくくってどれくらい元気なのかをアピールする文章を加えましょう。

めちゃめちゃ元気な笑顔の男性

非常に元気で、健康であることが特徴とも言える方の場合

良好
(風邪も滅多に引きません。免疫力の強さには自信があります。)

良好
(大学在学中、全ての講義に無遅刻無欠席でした。健康であること、毎日快眠できることが自慢です。)

良好
(風邪気味でも1日で元気になります。回復力の速さと体力がアピールポイントでもあります。)

普通に元気で、普通に暮らしていける場合

普通に元気で、とくに病気がちでもない人の場合も、履歴書の健康状態の欄にただ「良好」と書くだけでは、人事の人に対して印象を強めることはできません。「良好」のあとで、括弧で括ってから少し控えめにアピールしてみましょう

ダブルピースで笑顔を振りまく女性

普通に元気な方の場合

良好
(風邪やインフルエンザなどの流行病以外に、大きな病気をした経験はありません。)

良好
(けがと歯医者以外で病院にかかったことはありません。)

良好
(毎日、快眠・快食ができています。基本的に体を動かすことが大好きです。)

150804_rirekisho-parttimejob2
バイト履歴書の写真と学歴・職歴の書き方

持病がある場合

喘息や花粉症などの持病がある場合は、履歴書の健康状態の欄に前もって書いておくことで、就職後のトラブルを減らすことができます。ですがあくまでも自己アピールの手段として書くのですから、「持病はあるけれども、業務には支障が出ない」ことをしっかりと書いておくべきです。

持病の虫歯がうずく男性

「持病があるために仕事にも差しさわりがある」ような表現方法をしてしまうと、「ちゃんと勤まるのかな」「入社してすぐに辞めることにはならないのだろうか」などと、面接官や人事担当者に思わせてしまいます。そのように「仕事に差しさわりがある程度の病気を持っている」と判断されると、就職できないこともあるので、表現方法には注意をしましょう。

持病がある方の場合

良好
(業務には全く差しさわりもなく、学生時代も全ての講義に参加することができました。一カ月に一回のみ喘息のために半日通院していますので、ご配慮下さると幸いです。)

良好
(業務には全く差しさわりはありませんが、ブタクサの花粉症ですのでその季節はマスクを着用しています。)

良好
(どんな仕事でも楽しく頑張っていこうと考えています。ですが、アレルギー性鼻炎がありますので、変なくしゃみをして驚かせてしまうかもしれません。季節が過ぎると症状も全く無くなります。)

150526_rirekisho_specialskill2
履歴書の特技欄のおすすめ記入例7選

既往症がある場合

今は病気ではないけれども、過去に病気があった場合は、状況に合わせて書くか書かないかを判断した方が良いでしょう。今は全く通院する必要が無い場合や後遺症が無い場合には、あえてそのことに入社前に触れる必要はありません

健康になるように応援する女性

ですが、定期健診のために会社を休む必要がある場合や、けがや病気をしてしまったために重いものを持つことができなくなっている場合には、前もってその旨を伝えておく方が良いと言えるでしょう。

既往症がある方の場合

良好
(業務には全く差しさわりがありませんが、学生時代にヘルニアになり、今も3カ月に一度は定期健診を受けています。平日に受診しますので、お休みをもらうことになります。)

良好
(業務には全く差しさわりがありませんが、大学在学中、部活動で腰を痛めてしまいました。重い荷物を持つことができませんので、ご了承いただけると幸いです。)

150224_rirekisyo-photo-thumb
【履歴書の写真】正しい撮り方・サイズ・服装・表情のポイント

病気やけがのために、離職や長期休学の経験がある場合

病気やけがが理由で仕事を辞めた経験がある方や、新卒の方でも在学中の病気やけがのために長期休学を経験した場合には、その病気やけがが今は完治していることをアピールする必要があります。この場合には、履歴書の職歴の欄や、長期休学で規定の年数で卒業できていない場合には学歴の欄でも、「病気やけががあったこと」が分かりますので、なおさら「今は健康であること」をはっきりと示しておかねばなりません。

履歴書の健康状態の欄に「良好」と書いた後に括弧で括って、「学生時代、けがのために半年休学をしてしまい、卒業が遅れることになりました。現在は完治し、業務には全く支障がありません。」と書きましょう。

持病や既往歴がある方もいつでも仕事を行える状態であることを、上手に表現しておきましょう。上手に表現することで、仕事に対する熱意も示すことができます。

スポンサーリンク