履歴書の免許や資格の正しい書き方とアピールのコツ

履歴書に書く免許や資格は、自分がもっている技術・スキルを相手に伝えるために最も効率性のあるものです。面接での話題にもなりますし、相手にとって有用な資格を持っているとしたら、とてもよいアピールポイントとなるでしょう。英検やTOEICなど有用な免許や資格をもっているのなら、積極的に記載するのが採用へと繋がります。

履歴書の免許や資格の正しい書き方とアピールのコツ

免許・資格の書き方

自分が持っている免許や資格は、それぞれ資格した日付と、その資格の名前を時系列に列挙していきます。資格の名称は正式なものを記載しましょう。例えば、車の運転免許であればその区分もはっきりと書き、「普通自動車免許」もしくは「普通自動車第一種運転免許」と記載します。また、一般的に「英検」と呼ばれているものは「実用英語技能検定 ○級合格」となります。基本的に免許・資格の名称のみで構いませんが、マイナーな資格であったり、アピールできる補足があれば記載しても問題ないでしょう。尚、免許・資格は有効期限内であるかを必ず確認しましょう。

有用な資格だけを書く

履歴書に資格を書く女性

免許・資格欄は出来るだけ多く書きたいものですが、たくさんの資格を持っている人でもフォーマットの都合上、5、6個以内にはまとめなければいけません。アピールすべきは単に「免許・資格」というものをたくさん持っていることではなく、有用な「この免許・資格」を持っている、ということを伝える事にあります。

当然、自分のもっている免許・資格の中から、とりわけ重要なものをピックアップしなければなりません。具体的には、相手企業との関連性が大きくアピール性の高いもの、最近取得したものという形で選ぶとよいでしょう。但し、運転免許については持っているのであれば必ず書いたほうがよいでしょう。

趣味で取得したもので、相手の企業と関係の無い免許・資格については、書いてはいけないとまでは言いませんが、採用担当の方が同じ趣味で無い限り特に意味は無いかと思います。多くの場合はそのまま見過ごされるか、もしくは面接で、取得しようと思った経緯など聞かれる可能性もあり、そこから自分のアピールに繋げられる自信があるならとめませんが、貴重な短い面接時間が削られる可能性もあります。あるいは、関連の無い免許・資格のほうが目立って多くみられると、履歴書で主張したいことがそれてしまい、マイナスイメージとも取られかねません。

150420_carlicense_rirekisho2
自動車免許の履歴書への書き方は?AT限定やMTの運転免許の正式名称

資格だけを強調してもNG

何を書くか迷っているペン

免許・資格はたしかに技能・知識を示すよい材料ですが、それだけを見せてアピールすると、かえって薄っぺらくみえてしまいます。あくまで「後ろ盾」と考えて、その資格でどういったことができるのか、どのようになりたいという意欲があるのか、などを伝えなければいけません。また、その資格が有効に働いた経験や、資格取得の過程で感じたことなども付け加えられればなおよいです。持っている免許や資格の肩書きだけに頼りすぎてしまうと、中身がおろそかな張りぼてのアピールとなってしまいます。

150617_careerchange-qualification2
転職に有利になる人気資格ランキング

英検、TOEICはどこまで書くべき

英語の能力は分野に関係なく重宝されますので、できれば取得しておきたいものです。では、級やスコアなどで分けられますが、どのレベル以上であれば書くべきなのでしょうか。

英語の新聞とクッキー

英検であれば、2級が高等学校の卒業程度、3級が中学校の卒業程度、準2級はその中間のレベルと言われています。ですので、3級以下は企業ではあまり意味を持っていません。少なくとも2級以上であれば書くとよいでしょう。日本漢字能力検定「漢検」も同様です。

TOEICテストの場合は、一般的な企業であれば平均的に450点以上のスキルを最低ラインとして希望していると言われています。それ以下のスコアは逆に英語があまりできない証明となってしまいますので書かないほうがよいでしょう。470点以上であれば、「TOEICテスト ○○点取得」というように書いてよいかと思います。

150324_employment_qualification2
就職に強い取得するべき7つの資格

取得の勉強中でも書く

この免許・資格の欄は、現在まだ取得に至っていなくても、その為の勉強中であればその旨を書いてよいとされています。

資格を勉強中の女性

項目の最下部か、もしくは別途フリーエリアがあればその欄に、「○○取得に向けて現在勉強中」と記載すれば、今はもっていない資格でも、その分野への意欲と興味を示すことができます。もちろん、相手企業と関連のある資格や、英語技能など一般的に必要とされているものでなければわざわざ宣言する意味がありませんので注意しましょう。

資格欄に書く免許や資格を持っていないという方、単純に「なし」と書くと印象はよくありません。普通自動車免許を書いてもよいですし、上記のように勉強中であるというアピール方法もあります。また、TOEICなどは年8回行なわれておりますので、今から受けてみるのもよろしいのではないでしょうか?

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ