事務職の志望動機で伝えたいポイント3つ

事務職に応募する際の志望動機について企業側がチェックする3つポイントをご紹介。コミュニケーション能力・資格・ビジネススキルを的確に応募書類に盛り込むと採用担当者が興味を持って志望動機を読み込んでくれます。例文を参考に自分らしい志望動機を作成してみましょう。 パートやアルバイト、新卒の未経験者や転職者も使えるポイントです。

事務職の志望動機で伝えたいポイント3つ

人気の事務職に応募する際、大切なポイントとは

女性の求人人気ナンバーワンでもある「事務職」。派遣の仕事でも一般事務、OA事務、英文事務、営業事務、経理事務などの職種をチェックされた方も多いのではないでしょうか。未経験の方がイメージする事務職とは、オフィスの中で営業やその他の仕事を受け持つ社員のサポートとして、頼まれた資料を作成したり、電話を受けたりするような感じを想像していらっしゃるかも知れませんね。

でも実際には楽な仕事ではなく、求人募集をされる場合も前職で担当されていた方と同等スキルを持つ経験者を中心に採用される傾向にあります。では、事務職を希望している場合はどのように応募書類を書いたらいいのでしょうか。一番のポイントである志望動機について考えてみました。

1.コミュニケーション能力をアピール

事務職未経験の方や、新卒採用の時には自分のどのような部分をアピールしたらよいのでしょうか。事務職はデスクワークで作業するばかりではなく、社員の方やお客様とのコミュニケーション能力が必要な仕事です。お客さまからの電話対応で聞き逃してしまったり、言い間違えをしたりすることでクレームにつながる場合もありますし、上司の指示を把握できなければ大きなミスとなる場合があります。

コミュ力の高い盛り上げ担当

これまでの経験、仕事やアルバイトの経験だけでなく、サークル活動や初対面の方との対応などを盛り込んで、スムーズに相手とやりとりできるところをアピールしましょう。

例文:コミュニケーション能力をアピール

私は初対面の方ともすぐ打ち解けられる親しみやすさを活かせる仕事を希望し、探しているうちに貴社にたいへん興味を持ちました。貴社がお客様とのコミュニケーションを大切にされていることにとても共感し、お役にたてるのではないかと感じています。

接客業のアルバイト経験で、お客様の立場で考え行動することにより、感謝の気持ちを伝えられた時に仕事にやりがいを感じてきました。貴社では実務を経験しながらビジネススキルを積み成長していきたいと考えています。どのような仕事でも一生懸命頑張りますので、何卒、宜しくお願いたします。

150624_parttimejob-motivationletter2
アルバイトの志望動機の考え方と例文

2.資格はどこまで書いたらいいの?

経験者の場合は実務でどのようなことに取り組んだのかをアピールすることが大切ですが、パート・アルバイト、未経験の方が事務職に応募する場合は取得している資格にも注目されます。現在はどこでもパソコンで事務処理をするのでパソコンスキルを記載しておきましょう。資格を持っていなくてもどのソフトが扱えるのかを書いておく方が望ましいです。

高速タイピングが得意の事務員

近年ではインターネット上でやりとりするクラウド系ソフトを扱えることを求められる企業もありますので、あらかじめチェックしておきましょう。また資格名は簡略化せず、正式名称で記載しましょう。たとえば「日商簿記3級」は「日本商工会議所主催簿記検定試験3級合格」と書きます。こちらもあらかじめ調べておきましょう。

例文:取得資格をアピール

私は得意のPCスキルを活かせる仕事を希望し、貴社の求人に興味を持ちました。
これまでの経験で、エクセルで顧客管理や売上管理を担当し、パワーポイントで資料作成をする業務を一通りこなしてきました

また、タブレットを使ってお客様に資料を提示しながら提案する仕事も経験しております。
貴社の営業事務でスタッフの皆さまをサポートしながらお役に立てるのではないかと思い志望いたしました。
貴社と共に私も成長することができたら嬉しい限りです。どうぞ、宜しくお願いたします。

150602_careerchange_motivationletter2
転職の志望動機の魅力的な書き方

3.迅速・正確・丁寧を盛り込む

事務の仕事で大切な事は「迅速・正確・丁寧」の3つです。いかに早く、正確に、きちんとこなすか、という部分は応募書類だけでなく、面接でも重要視されるポイントです。スピーディーに事務処理ができると多くの仕事をこなすことができます。しかし雑な仕事では意味がありません。

電話対応に追われる担当者

ミスがなく、きちんと整理されていて扱いやすいように準備しておく気遣いも大切です。文字1文字でも丁寧に読みやすく書いてあるだけで仕事に対する姿勢がうかがえます。応募書類も曲がっていないか、写真からのりがはみ出していないかなどをチェックするよう心がけましょう。

例文:ビジネススキルをアピール

私は1つの仕事に集中し、コツコツと完璧に仕上げていくことが得意です。この強みを活かして事務職を希望し、探している時に貴社に出会い応募いたしました。事務職は細かい作業を正確且つ敏速にこなし完璧に仕上げることが求められる職種だと思っています。

前職の時も常に計画性を持って業務を進めていたので、業務で致命的なミスをしたことは1度もありません。一般事務で求められるパソコンスキルや基本的な接客スキルも経験しております。この強みが貴社で役立てられると確信しております。どうぞよろしくお願いいたします。

150521_motivationletter_interview2
志望動機を面接で話すときのポイント&NGワード

志望動機は自分の強みと企業が求める人材とのコラボレーションで書く

事務職を希望している人が企業に効果的にアピールするための志望動機の書き方をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?応募者側視点からのポイントを説明してきましたが、大切なのは応募先企業が「どのような人材を求めているのか」を求人情報から読み解くことです。

どのような事務職を採用しようとしているのか、どんな風に活躍してもらえるのか、社風に合うのかなどを事前に調べておきましょう。自分の強みと企業の求めるものがより近い方が採用につながることとなります。志望動機の例文を参考に自分らしさをアピールしましょうね。

スポンサーリンク

おすすめコンテンツ