Loading

アパレル業界未経験の時の志望動機の書き方

アパレル業界で働きたい方の志望動機の書き方と例文です。洋服への情熱はあるけれど、どのように言葉に表現したらいいか分からない人も多いはず。ここではアパレル業界で働きたい人が知っておきたい「未経験でも相手に伝わる志望動機」の書き方を伝授します。ポイントを押させて採用をゲットしましょう。

アパレル業界未経験の時の志望動機の書き方

採用はこれで決まる?アパレル未経験者のための志望動機の書き方

「アパレル業界で働きたいけど経験がない」、そんな人たちが履歴書を作成する時に気を付けたいのが「志望動機」の欄です。

新しい人材を採用する側もアパレルで働きたいという気持ちや理由を記した志望動機の欄に必ず目を通すからです。したがってアパレルの仕事が未経験の人でも志望動機欄を工夫すれば、採用に繋がるチャンスを掴むことができるのです。ここではアパレル未経験者におすすめの志望動機の書き方をご紹介します。

アパレル未経験者の志望動機・4つのポイント

アパレルの仕事に興味はあるけれど経験が無いので自信がない、そんな人でも履歴書の書き方を工夫すれば未経験でも採用に繋がります。アパレル未経験の人が志望動機にぜひ盛り込みたい内容がこちらです。

ガーリーファッションの女性

1.ファッションへの情熱

やはり洋服が好き!オシャレが好き!という熱意無くしては続けられる仕事ではありません。

2.働きたいお店の知識をアピール

「アパレルで働けるならどこでもいい」ではいけません。履歴書を出すお店についての個人的な見解を添えると好印象を持ってもらえます。

3.アパレルでも通用する経験を披露

アパレルの経験がなくても、何かしら仕事に活かせる経験をしているものです。学生時代の経験や日々の生活の中で得たスキルをアパレルの仕事でも活かすことができると主張することが大切です。

4.自分の目標や将来の夢を語る

志望動機の終わりには、アパレルで働く上での将来の夢や目標を記しましょう。「自分はこうなりたい!」という考えを明確に記すことで、説得力のある志望動機に仕上がります。

150617_motivationletter-example2
志望動機の例文を参考にした企業にアピールする書き方

アパレル未経験者が店舗販売員を希望するときの志望動機の例文

ではアパレル未経験者が志望動機に盛り込みたい3つのポイントを踏まえて、志望動機の文章を作り上げていきましょう。

何処かへ飛び立とうとしている女性

ファッションへの情熱

子供の頃より手持ちの服を組み合わせてコーディネートすることが大好きです。学生時代は文化祭などで衣装係を担当したり、と常に洋服に関わることに率先して取り組んできました。

自分が日常的にもファッションに興味があることをアピールします。アパレルで働く以上、やはり普段から洋服に情熱を注いでいる人の方が良いのは当然のことです。学生時代にも積極的に洋服に関わる仕事を任されてきたというアピールも効果的です。

働きたいお店の知識をアピール

○○○(具体的なショップ/ブランド名)の原宿店には、個人的によく足を運ばせて頂いております。ファストファッションでありながらシンプルでシーンを選ばない上品なデザインが、他の洋服と合わせ易く誰でも自分なりのコーディネートに取りいれられるところが魅力だと感じております。

働きたいお店と自分との関係(常連客、憧れのブランド、など)を紹介し、そのブランドが持つ特徴を自分なりにいくつかまとめて記しましょう。

表情を作りポーズを決めるファッションリーダー

アパレルでも通用する経験を披露

アパレルの仕事は未経験ではありますが、学生時代は生徒会やボランティア活動をしていたため人と接したり話したりすることには自信があります。毎回新しく出会う仲間とひとつのことを成し遂げていく経験は、何に対しても前向きに人と協力して取り組む楽しさを教えてくれました。来店されるお客様が何度も足を運びたくなるような接客はもちろんのこと、一緒に働く先輩スタッフの方たちとのチームワークを意識した働き方にも今までの経験を活かせるかと思います。

未経験なりにもアパレルで働く上で活かすことができる経験やスキルを持っていることをアピールします。販売員の場合、人と接することが不可欠です。社交的で人と会話をすることに長け、一緒に働くスタッフとも協力し合える人材だと販売員に適しています。自分の経験から学んだことを織り交ぜながら販売員としても働いていける要素を兼ね備えていることを記しましょう。

自分の目標や将来の夢を語る

大好きな○○○で働きながら多くの人にファッションの楽しさを伝えていけるような販売員になれるように努力致します。よろしくお願い致します。

志望動機の欄の締め分を短めに添えましょう。ただ「頑張りますのでよろしくお願いします」ではいまいち説得力に欠けてしまいます。アパレルで働く上での具体的な目標を記すことで、「アパレルで働きたい!」という本気度がより一層伝わります

150521_motivationletter_interview2
志望動機を面接で話すときのポイント&NGワード

志望動機・4つのポイントを押さえて夢のアパレル業界で働こう

誰でも初めは未経験者です。もちろん経験や知識を持っていると採用に繋がる可能性が高くなるのは確かです。しかし未経験でも以上に挙げた4つのポイントを組み合わせて志望動機を作成することで、「アパレルへの情熱が伝わる説得力のある履歴書」にすることができるのです。

スポンサーリンク